quiz5players生放送

クイズファイブプレイヤーズ
6.6千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

概要

ゲーム大喜利などをニコ生上で行うコミュニティBoxTV」で放送されている、自称ネット上で最も演出が凝っているクイズ番組。

以前は「タイムプレッシャークイズ Perfect5」として放送されていたが、2015年5月17日に「P5(仮題)」としてリニューアルすることを発表。5月26日に「5PLAYERS」として企画説明・第1回参加者の募集を行い、6月2日パイロット版が放送された。

2017年5月20日より 卓ゲCHANNELexit_nicochannel を間借りして行う出張開催を開始。
10月14日2018年2月3日には実際にスタジオに出演者が集まりクイズに挑戦する「Quiz 5Players the REALシリーズが放送された。

 2018年4月7日放送分にて初めて「Final Phase」陥落。橋本がめ。氏の財布から7500円が消えた。
 ネタバレのため一部反転

ルール

5人1チームで様々なクイズに挑戦する。
2チームによるチーム対抗戦で最終的により多くの得点を獲得したチームが勝者となり賞品を賭けた「Final Phase」に挑戦する。

BoxTV放送時代(5Players初期)のルール

毎回5人の解答者が1つのチームとなり、様々なクイズに挑戦する。
序盤の形式で、賞獲得のためのラストクイズPerfect5」へ挑戦するための数を溜める。

Perfect5時代のルール

毎回5人の解答者が1つのチームとなり、Perfect5に挑戦する。
Phase1からPhase5まであり、Phase1では選択肢10個の中から正解が9個、以後進むごとに問題の難易度と不正解の数が増えていきPhase5を見事正解すればクリアー

クイズ形式

公式ブロマガルール開されているものはタイトルが記事に対するリンクとなっている。

Perfect5exit_nicochannel

問題に対し、10個の選択肢が表示される。
解答者が1人ずつ選択肢の中から問題の正解だと思うものを口頭で解答する。
正解であれば次の解答者が残った選択肢の中から解答し、5人が正解すればクリアー
不正解であった場合はその時点で問題終了。正解した人数によってポイントを獲得する。
Perfect5単発(BoxTV放送期)時代

問題に対し、10個の選択肢が表示される。
解答者が1人ずつ選択肢の中から問題の正解だと思うものを口頭で解答する。
正解であれば次の解答者が残った選択肢の中から解答し、5人が正解すればクリアー
不正解であった場合は、その地点で全員失格なかやまらいでんの歌う世情exit_nicovideoとともに不正解だった選択肢を選んだ人を除くメンバーが通話から切断され[1]がめ。と反省を話す、その後通話と切断しがめ。1人で今回の感想を述べて放送終了

アイテムについて

非常に難易度が難しい&逆転要素のため、現時点で4(+1)つのアイテムが用意されている。
・「DELETE」選んでいない選択肢から不正解を1つ消すことが出来る。
・「ANALYZE選択肢を3つ選び、正解と不正解がいくつずつあるかを調べることが出来る。
 ただし、通知されるのは数のみ。(例「正解:1、不正解:2」)
・「ASK」20リスナーコメントを見ることが出来る。
・「6thSENSE」相手チームの1人を選んで選択肢に関するコメントを貰うことが出来る。
・「×2UP CHANCEチーム対抗戦のみ使用されるアイテムで負けているチームが使用可
 使用した問題の得点が2倍になるが、代償として問題の制限時間が1/2になる。
過去使用されていたアイテム
・「ESCAPE」自分がわからない場合、順番をシャッフルして別のチャレンジャーに任すことができる。
ちなみに、5人ESCAPEを使用するとパスという選択肢になる。
・「SHARE」他の回答者を1名名して答えを相談できる。
アイテム追加遍歴
2016/11/26放送分から新機が追加された。
①新アイテムESCAPE」追加。
アイテムを同問題で使用することが可になった。
卓ゲCHANNELでの放送開始に伴い、アイテムを一新。
DELETE」「ASK」の2つに減少、また逆転要素として「×2UP CHANCE」が追加された。
その後のアップデートで「ANALYZE」が復活
そして新たなアイテムとして「SHARE」が追加。初使用は卓ゲCHANNELでの第7回。
③Quiz 5Players THE REAL 3 より新アイテム6thSENSE」が追加された。

Pickup5exit_nicochannel

1問の問題に対し、選択肢が1つずつ流れてくる、
解答者が1人ずつ流れてきた選択肢が正解だと思えば「Pickup!」、不正解だと思えば「スルー」とコール
Pickup!」とコールした場合は次の選択肢を次の解答者が、「スルー」とコールした場合は同じ解答者が判断。
5人が「Pickup!」とコールする、制限時間が0となる、すべての選択肢が流れきり「打ち止め」が流れて来たら終了。

ポイント実装期より問題前にランダムポイントPerfect5で使用可アイテムの抽選が行われる。この結果により負担がかかるプレイヤーが決定するため、回答順も重要になった。

PinPoint5exit_nicochannel

数が答えとなる問題が出題される、5人の解答者が1人ずつ正解だと思う数をコール
不正解の場合は解答が正解値より上か下かが伝えられる。

2018年4月7日放送分のOPラウンドでリニューアル。Pinpointできた所に応じてPerfect5ラウンドで使えるアイテムポイントがもらえる。

Pressure5

5人がチームではなく個人戦で争い、回によってルールが違った特殊なクイズ
5人にそれぞれ持ち時間があり、選択肢を選ぶ、正解が出るまで時間が減っていき0になると敗北となる。

第1回では、15個の選択肢からPerfect5のように正解を選んでいく。
第2回では、正解が複数ある問題が出題、1人ずつ解答する。

Panic5

2015年3月28日放送分のチーム対抗戦に登場。

チーム全員映像クイズが出題され、映像が流れている間にそれぞれが記述で解答。
解答は1人それぞれ1度のみで、最もく正解した人がいるチームにはボーナスポイントが与えられる。

Pushing5exit_nicochannel[2]

2015年6月2日放送分より登場。

チーム5人で押しクイズを行う。正解するごとにPerfect5の挑戦時間を獲得できる。
ただし、不正解をしてしまうとペナルティとして一定時間の間、問題が読まれない。
なお、ボタンを押して「パス」とコールすると、正解扱いにはならないが、ペナルティを受けずに次の問題に変更することが出来る。
ただし、問題数に限りがあるためうかつにパスをするとクリアーできない状況も考えられる。

制限時間以内に規定数正解すればクリアーとなりボーナスとして残った数も挑戦時間に加算、または、ボーナスポイントが付与されることもある。
制限時間を迎えた時点で読み上げ途中であっても強制終了となる。

以前フジテレビ深夜に放送された『クイズ押しスプリンターズ』の「チャレンジステージ」のルールを踏襲し難易度を下げたもの。

Pushing5on5

2018年2月3日放送分に登場した。

5人対5人の対抗式の個人戦。各チームよりメンバーを選出し1対1の押し対決を行う。

正解すれば自チームポイントとなるが、不正解だと相手チームポイントになる。

全5回戦を行い、獲得したポイントに応じてPerfect5で使えるアイテムを獲得する。

Pitfall5exit_nicochannel[3]

2015年12月13日のSP放送より登場

まずリスナーに対し1問多答クイズを出題し(例:「スタジオジブリの長編映画」「EU加盟」「2015年新語・流行語大賞ノミネート)、合図に合わせてコメントで解答する。
合図の後のコメント10個(同じ内容を除く)を正誤判定対の有効解答とする。
問題には地雷解答とされるPitfallがいくつか設定されており、効果は後述する。

有効解答が設定された後、解答者に対し問題が開され、1番手から1人ずつ順に解答する(新Pressure5の踏襲)、
解答した答えが先述の有効解答かつ正解である場合にポイント加算、
有効解答でないまたは不正解である場合はポイント加算なしとなる。

Pitfall設定された解答が有効解答となり、また、その解答を解答者が答えてしまった場合は、その地点でその問題は終了となってしまう。(有効解答とならなかった場合はただの不正解と同じように扱われる)

2015年12月3日パイロット版ルール
有効解答の設定が終わった後に、挑戦者側に問題、合計正解数と地雷解答となるPitfall数が開される。
解答者の解答がPitfallである場合は有効解答にかかわらず、その地点で解答停止となってしまう。

フジテレビ系列で以前放送されていた「クイズ!くイッてよ」をニコニコ生放送向けにアレンジしたもの。

Pixel5

2017年12月10日 第7回放送より登場。

※点数形式が放送回ごとによってまちまちであるので、大まかなルールを説明する。

ある物が描かれた画像スライドを見てそのものが何かを解答するクイズ。ただし、最初に表示されている画像は画像がピクセル化していたり、簡素な図形で表現されているため、答えるのが非常に難しい。画像は時間の経過とともに鮮明になっていく。さらに、ヒントとしてスライドが新しい画像になるたびに一問一答クイズが出題され、その答えが画像に関連するワードになっている。

Plotter5

Quiz5Players THE REAL2 より登場。

プロッターと呼ばれる十字のスリットの後ろに隠されている画像を推測して答えるクイズヒントとして文字数や頭文字が分かっている場合がある。THE REAL2版では中央のプレーヤーレバーを操作し、他の四名が速度を決めるボタンを操作するというとてつもなくハイテクな技術が活用された。

通常放送でも何度かこの形式が登場しており、その時はスリットが制限時間にいっぱい動き回るという出題形式が取られている。

Passenger5

2020年2月11日 第23回放送より登場。

一問一答埋めクイズ。解答者は埋めクイズに答え、チームの中に1人でも正解者が居れば1階層上昇し、7階層分あるを登り切れるとクリア。ただし、埋めクイズに間違えた人は、それ以降の解答権がくなる。問題が分からなかった時の救済措置として「Pass」を選択することができ、他の仲間が正解したら一緒に次の問題へと進むことが出来る。

その問題で正解者が1人も出なかった場合、脱落しなかった人々に向けてもう一度同じ問題が出され、タイムロスになってしまう。その問題で不正解者が出て人数が減って同じ問題の場合は、ヒントとしてMC側から答えの頭文字を教えてもらえる場合がある。

ちなみに、Passengerという英単には、乗客・客という意味とともに、チームの足手まとい、お荷物というような何ともい意味もある。

アイテムについて

Quiz5PlayersREDUCEにて、感染症で3人1チームでの変則ルールで行われた。その時に数的不利を解消するために、アイテムとしてPerfect5からの転用で「ASK」が導入された。普段のASKは20間などの時間を設けてコメントを見ることが出来るが、今回のASKは効果時間制限の代わりに、制限時間の減り方が3倍速になるというギミックが用意された。タイマーの減り方がバグのようだったため、コメントが沸いた。

Pinpoint5:Reverse → Prophecy5

2020年4月18日放送回 より登場、Quiz5PlayersREDUCE よりP題。

基本10個の数字Prophecy題以降からは文字)の集合が何を表しているかを答える推測クイズ。答えが分かった時は書き・押しで解答し、解答権はヒントが1つ出るたびに回復する。着した場合は、ヒントが出され、それに伴い獲得点数が減っていく。ヒントの中には文字群が別の分かりやすい形に変化するなど、回を追うごとにどんどん技術班のテクニックが多になっていった。チーム5人の中で3人が正解した時点での点数がチーム得点となる。そのため、あと一人で得点という時に分からないチームメイトを急かすプレイヤーの姿も魅

このクイズの放送時、リスナーの中に異常スピードで正解する猛者が何名か確認されているため、プレイヤーと一緒に考えたいときはコメントOFFにすることをお勧めする。

欄外

2018年2月3日放送分にて余りにも点差があるため、以下の救済措置が行われた。

「ふういん」・・・グリーンバックの中に消える。10pts

「かいめい」・・・Twitter名前と放送中の名前午前4時クイズに疲れた時に考えた名前に変える。20pts

ものまね」・・・午前4時クイズに疲れた時に考えた名前モノマネを行う。地獄レベル。30pts

ボーナスラウンド

対抗戦で勝ったチームが、賞・賞品獲得ラウンドを行う。前述の形式がハードになっている。たとえ5vs5で戦っていたとしても、最後の敵はBoxTV。どうやら最近はプレイヤーく、賞が欲しいというよりもBoxTVに打ち勝ちたいという気持ちらしい。

ボーナスラウンドの出題傾向として復習問題(復讐問題)が出題されることがあり、この放送内の問題フォロー中にヒントが隠されていた、なんて場合もある。

Perfect5exit_nicochannel Classic

最古にして最強ボーナスラウンド。このルール普通Perfect5をPhase1(不正解1)からFinal(不正解5)までの25答をミスなく全に正解するという形式。アイテムなどは回によって違うものの、基本的には「DELETE」「ASK」「ANALYZE」の3つを装備して攻略する。その難攻不落さは随一で、間違えたら即死というプレッシャー、5問通して250という時間のさから、Finalまでたどり着くのも困難である。

Finalの最後の5答を正解すると特殊な演出が見れるのだが、本当に見られない。

36回放送より前ステージPerfect5で、Perfectを達成した回数に応じて、ボーナスラウンドのPhaseをスキップできるようになり、攻略難易度若干下がった。

Tower of Passenger5

第26回放送より登場。

一問一答埋めクイズPassenger5の10階建てを行う。問題の難易度も上がり、何せ問題量が増えているため、こちらはこちらで難しい。5人誰も知らない問題が出題されると事実上「詰み」の状態になってしまう。そのためにも人柱ヒントを少しずつ得ていくといった身を切るプレイが必要になっていく。

Pickup5exit_nicochannel(ボーナス)

Quiz5PlayersREDUCE #2より登場。あたなる5Pより再登場。

REDUCEでは「賞品獲得ラウンド」という名前で行われ、普段は点数がランダムに割り振られるが、今回は「商品が貰える人物」が割り振られ、結果的に自分のミス仲間だけが賞品を貰えないという申し訳ない展開になる可性があった。

あたなる5P回では、100pt持った状態から前ラウンドでどちらのチームも選ばなかった3つの問題を通しで行い、誤答選択肢を選ぶたびに割り振られた10点から45点までの点数が削られるという形式だった。

関連コミュニティ&チャンネル

関連動画

Perfect5通常回 Perfect5チーム対抗戦回

関連商品

ニコニコ市場関連商品紹介してください。

余談

タイトルの「Perfect5」という名称の元ネタ筋肉番付でかつて行われていた企画ESCAPE」の関門の1つ「PERFECT-3」である。

関連項目

外部リンク

脚注

  1. ^ 以前は関係なく全員が通話切断し、そのままがめ。が今回の感想を述べていた。
  2. ^押しクイズ」は本来の英語表記では「buzzer quiz」である。
  3. ^ この番組内では「地雷」という意味としており、間違いとはいえないが、辞書では「落とし穴」との対訳がされている。

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

quiz5players

1 ななしのよっしん
2015/08/06(木) 14:44:54 ID: nVBQiXOuIT
これは明らか生放送記事なので、単語記事カテゴリを移さないでください。
2 ななしのよっしん
2015/12/14(月) 00:36:12 ID: siMs0JIv9i
今日の「の顔も三度」はちょっとグレーだった気がする
3 ななしのよっしん
2015/12/14(月) 01:08:47 ID: 9zF6Hz4A14
Pusshing5はオフ会が初出なんだが、編集するべき?
4 ななしのよっしん
2017/10/26(木) 23:46:19 ID: xnSvjHx2dT
REALまで行きましたし、そろそろ卓ゲチャンネルの件を追加してもいい頃では
5 ななしのよっしん
2018/01/13(土) 01:04:42 ID: gRuPIQCaNO
卓ゲの部分を加筆しました

急上昇ワード改