ホーリーナイトメア社単語

ホーリーナイトメアシャ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ホーリーナイトメア社(HOLY NIGHTMARE)とは、アニメカービィに登場する架企業である。

概要

カービィを苦しめる魔獣デデデ大王を通して送り込んでくる、いわば悪役ポジション。第93話『カービィ感謝の日!』にて、デデデが「わしに逆らうと総会で騒いでやるゾイ!」と言っていた事から、ホーリーナイトメア社は株式会社のようである。

宇宙を支配するが付くほどの大企業であり、宇宙の各所に点在する惑星大物を相手に商売をする。ナイトメア大要塞を本拠地とし、という宝塚そっくりの四班体制で多魔獣を育て上げ、デリバリーシステム(転送装置)を介して顧客へと売る。デデデ大王も客の一人である。しかし必ずしもデリバリーシステムを通して魔獣を送る訳ではないようだ。魔獣販売がだが、魔獣ではないオタキング料理レシピ本、学校の教材・資材を送ったりしているところを見ると多経営をしている模様。子会社(?)も複数存在し、ナイトメア社環境美容グループ子会社に協すると料が割引される他、ナイトメアツーリストという旅行を専門とする部門も存在し、観光スポットをミシュランのようにで評価して好印のスポットにお付きを与える。作画崩壊アニメ星のデデデ」を全宇宙に放映したナイトメアネットワークなるものも存在する。

魔獣1体の均価格は不明だが、何体かは価格が判明している。安物と言われたサスケ980デデン、カスタマーサービス安商品と謳った魔獣キッタリハッタリが3980万デデン(解説ビデオとキッタリハッタリの武器2点込み)、甲殻魔獣エビゾウが1億デデンとなっている。割引きサービスもあるようだが、一般人には中々手が出せない額である。

デデデが新たな魔獣を要した際に飛ぶしかローラを二つに分けて売りつけたり、クーリングオフは一時間以内(参考までに日本の現行法では一週間)という契約だったり、料の取り立てに幽霊を使ってデデデを脅したり、送り込んだ魔獣宝石類を盗ませたりと企業態度にはかなり問題がある(ただ、魔獣の料を毎回デデデに踏み倒されていたという背景がある事を申し添えておく)。デデデ魔獣(ファイヤーライオン)をハッキングされたり、映画電波ジャックされた事から、サイバー攻撃に対する防御性に難があると思われる。なお、緊急時に魔獣を要すると特急が加算される。暴で高い戦闘を有した魔獣が多いが、戦闘い代わりに専門の技術を持った魔獣も存在し、用途に応じて顧客に売っているものと考えれる。また、契約を結んで一般人契約魔獣(中身は一般人のまま)にする場合もある。

基本的にホーリーナイトメア社の魔獣悪役で、カービィやその仲間に退治されるのが毎度お約束だが、中には暴性の魔獣(ファンファンなど)がいたり、特に悪い事をしていないどころかブンの虫歯無料で治療するという善行をしたにも関わらずトルネードカービィに退治されたデンタル魔獣ハーデーといった魔獣もいる。余談だが魔獣には喋れる者と喋れない者がいる。

銀河大戦時、ナイトメア社は魔獣とともに2種類の戦闘艦を用いていた。しかし大戦から数万年が経過したカービィの世代では、1隻たりともその姿が見えず、代わりにデスタライヤー戦闘艦の役割を担っていた。数万年前だけあって全て退役したと思われる。またデデデが不法投棄したゴミを運搬した輸送船も保有しており、各惑星を巡っているところを見るに航続距離は長大と推測される。

社歴

なる悪夢という企業名の下、ナイトメアウィザード会長となって数万年前に創設したのが全ての始まりであった。ナイトメアは全宇宙の支配を企み、自身が生み出した魔獣を数々の惑星魔獣を送り込んで侵略。その版図を拡大し続けていた。

しかし、自由する者たちで結成された戦士団が挙兵し銀河大戦が勃発。宇宙を巻き込んだ戦争が生起した。戦場となった各惑星は荒れ果て、当時ソードナイトとブレイドナイト盗賊に身を落としてまで飢えをいでいた。戦士団との戦闘で多くの魔獣を失ったが、ナイトメアは損以上の魔獣を生み出して対抗。また戦士団一の剣士ガールードを葬り、折りの実者だったナックルジョー父親洗脳してキャンプを襲撃させたり、強な存在だった忍者軍団を寝返らせるなど多方面から揺さぶりをかけた。戦士乗り物だったエアライドマシンもこの時に強奪、ナイトメア社の戦としている。

ついに戦士団は膝を折り、ナイトメア社は戦争勝利戦士団の導者的立場にあったメタナイト満身創痍のまま宇宙を彷徨う事になる。「生き残ったのは私だけだった」とメタナイトっていたが、実際は壊滅した訳ではなく、残党が各惑星に潜伏して決起の時を待っていた。中には戦争が終わった事を知らずに単身戦いを続ける老兵ことダコーニョもいた。戦争勝利した事で全宇宙の支配に王手を掛けるかに見えたナイトメア社であったが、支配に欠かせない宝ギャラクシアメタナイトが持っていたため達成を前にして難航。また次世代の若い戦士が生まれ始めており、抵抗の芽は至る所で芽吹いていた。

そこで魔獣を販売する形で各惑星魔獣を送り込み、戦士撃滅を論む。若い戦士カービィポップスターに流れ着いた事を知るや、デデデを通して数々の魔獣を送り込んで殺を図る。

ナイトメア大要塞

企業帝国の中核を成す、ナイトメア社の本社であり難攻不落の要塞。ここでナイトメア魔獣を生み出し、顧客に売っている。その巨大さは円盤兵器デスタライヤーが豆粒のように見えるほど。

ナイトメア大要塞の周囲には大量に配備されたデスタライヤーが睨みを利かせており、要塞内部にもデスタライヤーが配備されている。また要塞の外部面には数の対座が備え付けられ、デスタライヤーとともに侵入者を迎撃。そのしい火は、ハルバードのシールドを破壊した。よしんば迎撃を掻い潜り要塞内部へ侵入できても、自動防御システムによるビーム攻撃が四方八方から襲い掛かり、たとえビームが届かない場所へ隠れてもエアライドマシンに乗ったデビルライダー小隊が攻撃しに来るという隙のい迎撃体制が組み立てられている。この迎撃体制を担っているのはカスタマーサービス。緻密な防御システムに絡め取られ、ハルバードは撃沈されている。

大要塞は惑星にも匹敵する大きさを持っているため、移動用に高速で機動するリフトが幾つか用意されている。カスタマく大要塞は軍事施設で、会社でありながら私設の軍隊も内包しているようだ。要塞内部にはナイトメアの私室があり、そこで魔獣を生み出している。

な迎撃体制を持つ一方で、実は内部からの攻撃には滅法弱い。中央の部に設置した爆弾が起爆しただけで大要塞全体が爆発の炎に包まれ、陥落するという脆弱さを見せてしまった。

小話

余談だが、「ワドルディ売ります」の回で表示された、デデデの未払い料の総額は1170411246413708686デデンという途方もいほどのものだった。物語中盤でこの額なので終盤では更に加算されていると思われる。
もはや国体どころか惑星ごと崩壊してもおかしくない程の請額である。にも関わらずホーリーナイトメア社の取り立ては幽霊を使った脅しや金属類の盗み出し程度に留まっており、デデデへの危は加えていない。ナイトメア社の懐の大きさがえる。代の未払いが立つデデデだが、1話で登場した魔獣オクタコンの代は払っている他、リョウリガーZの部品も(村人に支払わせる形で)会計を済ませていると思われる。

また歳末の商戦では不況に見舞われ、さすがのホーリーナイトメア社も苦戦。カスタマーサービスもノルマを達成しないとクビという瀬戸際に立たされた。が、デデデが高額商品を買ってくれたおかげでクビは免れた。しかし代は未払い。こういった恩が背景にあるためデデデに対する過剰な取り立ては行わない……のかもしれない。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/17(月) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/17(月) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP