元寇 単語

187件

ゲンコウ

4.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

元寇とは、13世紀のモンゴル帝国元王朝)・高麗による日本への侵攻をす言葉である。

曖昧さ回避

概要

日本には「文永の役」「弘安の役」の2回攻めてきており、この2つをして「元寇」と呼んでいる。この出来事は、江戸時代中期より前は「蒙古襲来(もうこしゅうらい)」などと呼ばれていたが、徳川光圀の「大日本史」で「元寇」が使われ始めてからは「元寇」の呼び名が定着していった。近年では再び「蒙古襲来」と呼ぶ動きもみられる。

文永の役・弘安の役の2回とも、暴風雨(※)によるで元軍は被害を受けたといわれる。しかし、文永の役では暴風雨があったかどうか自体に諸説があり、仮に暴があったとしても、そのタイミングモンゴル帝国側の軍が撤退する最中とみられている。また、弘安の役では暴風雨が来るまでの間、2ヶもの間日本戦闘が続いている。

そのため、「暴風雨で元軍は被害を受けた」というのは(少なくとも弘安の役では)事実と思われるが、「そのおかげで日本は勝てた」というのは正確な表現ではなく、それ以外の日本側とモンゴル帝国側の要因も強くしているとみられている(参考exit)。

元寇に関する史料が少ないため、上記の暴風雨以外にも元寇に関する様々な事項について、書籍の間で記述や解釈の違いが起こっている。

なお、この暴風雨を「」と呼ぶことがある。「」という言葉自体の初出は日本書紀であり、元寇ではない。しかし、現在日本では「」という言葉からは多くの場合「元寇の」か「神風特攻隊」がイメージされることが多いと思われる。

文永の役以前の日本とモンゴル帝国の関係

1259年に高麗朝鮮半島)がモンゴル帝国に征され、1266年から1272年にかけて書を携えた使節が6回日本を訪れる。最初は「(従わなかったときの武侵攻の可性を示しながら)を深めたい」という文面の内容だったが、後に属を直接的に要する内容へと変わっていった。

しかし、交渉はうまくいかなかった。詳しく述べると、当時の外交担当である朝廷が返事を7ヶもの間渋ったり(第2回使節)、返事を出そうとした朝廷鎌倉幕府の反対を受け結局返事しなかったり(第4回使節)(※)、そもそも九州にあった政庁の太宰府(現:福岡県太宰府市)を訪れる前に高麗対馬で使節が引き返したり(第1・3回使節)した。この様子をみたフビライクビライ)は、日本への侵攻を決定する。

「当時の執権北条時宗モンゴル帝国の要を拒否した」とよく言われるが、時宗が代表して拒否の書状を送ったというわけではなく、朝廷・幕府側ともに黙殺する形となった。

その間に、鎌倉幕府側もモンゴル帝国への対策を進めた。これは、南中国南部)から渡来した僧から、モンゴル帝国軍事や暴虐的な統治に関する訴えがあったことによるものである。代表的なものとして、1272年の「警固番役」の設置が挙げられる。九州御家人に対し、元軍の侵攻に備えて沿部を警備させた。

文永の役

1274年10月5日、元・高麗軍が対馬壱岐侵略し、さらに九州松浦現在長崎県北部)を攻撃した。この情報が伝わり、九州御家人太宰府に集結した。

10月20日には博多湾に元・高麗軍が上陸し、赤坂(現:福岡市中央区赤坂)が占領される。しかし、菊池武房が元軍を破り、さらに竹崎季長らの御家人の攻撃により、鳥飼潟(福岡市鳥飼)から原(福岡市良区)、姪へと元・高麗軍が移動し、最後には上へと撤退した。

文永の役において日本側と元・高麗側のどちらが優勢であったかには様々な説がある。教科書等では「最初に名乗りを上げ、一騎討ちをする戦法が中心の日本武士は元寇で苦戦した」とする記述が多くみられた。しかし、このもととなった内容が載っている史料「八幡愚童訓」の記述には異論も上がっており、他の元寇の史料と較すると矛盾する点も多いとされる。例えば、竹崎季長蒙古襲来絵詞exitでは、一騎討ちではなく集団で襲いかかる御家人の絵も描かれている。

また、元軍によって火が入った「てつはう」も使用され、御家人混乱させたともされる。しかし、「てつはう」は炸裂弾と見られているものの、戦場でどの程度の効果があったかはまだ不明な点が多い。

撤退する最中に元・高麗軍は暴風雨にあったとされる。この規模についても諸説あり、「低気圧によるものではないか」とする説や「そもそも暴風雨は吹いていない」とする説もある。

撤退の途中21日頃,合いの玄界で,低気圧による波のため,構造の劣悪な軍若干遭難した.このために,ある程度の溺死者を出した

水越允治(2009)「文永の役に嵐は吹いたのか」
天気, 56-11, p.961-963.exit

文永の役における元軍の撤退は、元軍首高麗軍首作戦上の対立と幕府軍の果敢な抵抗によるもので、暴風雨はなかったというのが今日日本の学界では通説であると思われ、…

包黎明(2010)「中学校歴史教科書における「元寇」記述についての比較研究」
広島大学大学院教育学研究科紀要, 59, p.97-103.exit

文永の役と弘安の役の間

文永の役の後、鎌倉幕府側は異警固番役を強化し、博多湾周辺に土塁や石塁などの元寇防塁(石築地)を建造し、長門山口県西部)に長門探題を設置した。使節に対しても鎌倉幕府は強硬策に転じ、モンゴルから来た2回の使節を斬首に処した。

元側も南を滅ぼし、造を進めるなど日本侵攻への準備を進めた。

中国からの渡来僧である学祖元は、弘安の役を1ヶほど前に察知し、北条時宗に対し「驀直去(まっしぐらに行け)」と伝えたと言われる。

弘安の役

1281年に弘安の役が起こった。モンゴル帝国側では、前回の文永の役の3倍以上の軍が動員された。まず、元・高麗を中心とする軍(東路軍)が5月下旬に対馬壱岐長門に襲来し、のちに再び博多湾に現れた。しかし、博多湾にはすでに防塁が築かれており、防塁の前に立って戦う御家人もおり(河野通有)、侵攻は容易ではなかった。

そこで元・高麗軍は博多湾からの上陸を断念し、付近の志賀福岡市東区志賀)に上陸した。しかし、志賀は「中道」と呼ばれる州で九州側とつながっており、路・陸路両方から攻められてしまった。6月初旬に東路軍は志賀を放棄し、壱岐へと戻った。

壱岐で東路軍と江南(旧・南の勢を中心とした軍)が6月15日に合流する予定だったが、その日を過ぎても江南軍は現れなかった。江南軍は総司令官の交代などが原因で出航が遅れ、さらに当初の予定とは異なりしていた。6月下旬に江南軍の力部隊が長崎県松浦市町)に到着した。

6月29日には少弐資能などが壱岐を総攻撃にかかり、東路軍は壱岐を放棄してに移り、両軍が合流した。7月中旬には、からさらに太宰府に近いへと力部隊を移動した。

このとき東路軍・江南軍はに停泊させており、そこを7月27日日本軍が襲撃している(戦)。さらに、7月30日暴風雨が襲来し、東路軍・江南軍ともに被害を受けた。この暴風雨については、他の史料との関連や、現地にの残骸が沈んでいること、気学的にも暴風雨が襲来していてもおかしくはない時期であることから、実際に起こっていたものと考えられている。

弘安の役では確かに台風による暴で,古勢が壊滅して決着したと考えられ,それを裏付ける史料も多く残されている.

水越允治(2009)「文永の役に嵐は吹いたのか」
天気, 56-11, p.961-963.exit

その後、軍議で撤退が決まり、諸将が日本を去った。このとき、に東路軍・江南軍の兵士が残されたとされている。その兵士たちは、2~3万人の捕虜を出して掃討されたといわれる(掃討戦)。

その後

モンゴル帝国側では3度日本侵攻も計画されていたが、高麗・大越(ベトナム北部)での内乱の発生や、チャンパーベトナム南部)への侵攻の失敗、フビライの死などが重なり、実施はされなかった。

一方、勝利した日本側だったが、自衛戦争だったため、鎌倉幕府は活躍した御家人に恩賞をすぐに与えることができなかった。さらに、異警固番役の負担も当面続いたため、御家人の不満が高まったといわれる。また、3回以降の元寇への備えのためなどもあって、鎌倉幕府内で得宗に権が集中し、「得宗専制政治」が形成された。

そのため、「元寇は鎌倉幕府滅亡の遠因にもなった」とも言われることがある。ただし、そもそも元寇に参加していない御家人もいたり、得宗専制政治の形成には他の要因もあったりするため、鎌倉幕府の滅亡は「貨幣経済の浸透」など他の要因が大きいとする見方もある。

元寇を扱った作品

あまりにも実際の歴史からかけ離れているものでも掲載する。

メインに扱っているもの

作品の一部として登場するもの

関連動画


関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/17(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/17(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP