福本豊単語

フクモトユタカ

掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

福本豊(ふくもと ゆたか1947年11月7日-)とは、阪急ブレーブスで活躍した元プロ野球選手外野手)で、現在野球解説者。

世界盗塁王」の異名を持つ伝説の男であり、おもろいおっさんでもある。

概要

1947年大阪市出身。大鉄高校(現:阪南大学高校)から松下電器に進み、3年富士(現:新日鐵住金)の補強選手として都市対抗優勝を経験し、社会人ベストナインに選ばれる。

1968年ドラフト7位で阪急に入団。同期には山田久志松下電器の同僚だった加藤英司がおり、同一球団の同期から名球会選手が3人も出るという歴史的なドラフトだった。しかし1位山田2位加藤べれば福本への期待度は低かった。

現役時代は2年1970年に1番・センターに定着すると、以後1988年引退まで阪急ブレーブスの不動の1番バッターとして活躍した。
なんといっても最大の武器はその足で、通算1065盗塁(当時の世界記録)、シーズン106盗塁13年連続盗塁王などなど、盗塁に関しては他の追随を許さない(通算記録2位広瀬叔功に倍近い差をつけている)圧倒的な日本記録を保持する盗塁神様。その足を止めるため、当時南海ホークスの正捕手だった野村克也クイックモーションという投球術を作り出した話は有名である。クイックモーションはメジャーよりも日本の方が発達していると言われているが、これは福本の存在があってからこそである。MLBにおいて王貞治の通算本塁打数はあくまで参考とされたのに対して、福本の通算盗塁数はMLBの正式な記録として登録されている。
実は突出して足が速い方ではなく、スタートの巧さと底した相手バッテリーの研究でクセを見抜き、その隙を突くことで盗塁を量産した。

盗塁に関する記録ばかりが有名だが、通算2543安打(歴代5位)、通算449二塁打(歴代2位)、通算115三塁打歴代1位)、通算猛打賞178回(歴代5位)、また通算初回先頭打者本塁打43本(歴代1位)などの記録も持つ、球史に残る大打者である。後に盗塁の秘を「まず塁に出る事やね」とったのも納得できる記録である。俊足を活かした外野守備(中堅手)にも定評があり、12年連続でダイヤモンドグラブ賞(現:ゴールデングラブ賞)を受賞している。ただ元々肘に故障を抱えていたこともあり肩は強い方ではなく、現役晩年はレフトに回されることも多かった。なお、本人が一番自慢したい記録は通算208本塁打だという。いわく「このチビがこの本数」打てたからとのこと。

引退は翌年に阪急ブレーブスオリックスに身売りが決まっていた1988年10月23日阪急西宮球場でのロッテオリオンズとの最終戦で、同年限りで引退を表明していた山田久志の1失点勝利の後の上田利治監督インタビューで「沢山の思い出を作って頂いたこの西宮スタジアム、また、今日の試合を以て引退をする山田とか福本とか」([1]と言ってしまった事から、本人は引退する気はかったのに流れで引退してしまったというトンでもなエピソードもある。

現役引退後は解説者として、ABCラジオテレビサンテレビ阪神戦・オリックス戦の解説をしている。関西野球ファンの間では、そのユーモラスかつ脱線しまくりの居酒屋実況ぶりはあまりにもおなじみ。特にABCアナウンサーとのコンビ人気が高い。しかし他方では「福本解説者じゃない。ただの大阪おっさんがしゃべっているだけ」など批判的な意見もある。だがサンテレビ解説者は阪神贔屓の解説が多い中、福本普通阪神の選手も批判することもあり、解説はあくまで中立である。

オリックス阪神コーチをしていたこともあるが、阪神では「ヒットが打てなければ出塁もできず、出塁できなければ盗塁もできない」と走塁コーチなのに打撃導ばかりしていたため解任されたという逸話がある(阪神にはそもそも吉田義男監督の招聘で打撃コーチとして入閣し、翌年から野村克也監督の就任で走塁コーチに配置換えになったという事情もある)。

2014年プロ野球80周年を記念してNPB80周年ベストナインに選ばれた。他の受賞者には王貞治長嶋茂雄ほかそうそうたるメンバーが選出されている。受賞者の中では一の60台で一番若い。そんな面々と肩を並べるあたりやはり記録面では伝説の選手である。

福本豊の名(迷)言集やエピソード

解説者編

その他

成績

背景NPB最高記録。

通算打撃成績

通算:
20年




































NPB 2401 10130 8745 1656 2543 449 115 208 884 1065 64 44 1234 43 1054 65 .291 .379

タイトル・表彰

タイトル
盗塁王 13回 1970年-1982年 ※最多記録かつ最長記録
最多安打 4回 1973年1974年1977年1978年 ※当時は連盟表なし
MVP 1回 1972年
ベストナイン 10回 1972年-1974年1976年-1982年(全て外野手
ダイヤモンドグラブ賞 12回 1972年-1983年 ※最多記録かつ最長記録
日本シリーズMVP 1回 1976年
オールスターゲームMVP 3回 1973年第2戦、1974年第2戦、1982年第1戦

関連動画

関連項目

脚注

  1. *この動画exitの1:58くらいから)
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/04(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/04(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP