超魔界村単語

チョウマカイムラ

6.5千文字の記事
掲示板をみる(70)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 超魔界村(ちょうまかいむら)とは、カプコンから魔界村シリーズの3作として発売されたコンピューターゲームである。
1991年スーパーファミコンソフトとして発売された。

 後にPSSSセガサターン)・PS2PSPwiiバーチャルコンソール)で移植された。
またGBAリメイク作品の「超魔界村R」が発売された。

概要

 魔界村シリーズ初の庭用オリジナルである。
 シリーズ特有であるが、難易度の高いゲームに仕上がっている。OPTION画面で難易度を4段階(BEGINNERNORMALEXPERTPROFFETIONAL)から選択できる。裏技で、ステージ選択、BGMとSEの視聴ができる。

 アーサーアクションとして、二段ジャンプジャンプ中にもう一度ジャンプ)ができるようになったが、前作の大魔界村で可だった武器の上下撃ちはできなくなった。なお、二段ジャンプ中に武器を撃つとく点滅し、威が増大する。(二段ジャンプ1回につき1発まで、二段ジャンプの上昇中のみ。)

 アーサーが着るが増え、が新登場。は、鋼→の三段階。
青銅の鎧武器の強化、はさらに魔法が撃てる&を装備する。ただし武器によっては青銅の鎧を着た結果、使いにくくなる場合もある。

 についてはを着た時点で()、さらにその状態で宝箱から太陽()が出現する。はいずれも体当たりに対しては(1発でパンツ一丁の裸に)なるが、で敵弾を1発、太陽は3発防ぐ事が可である。また「太陽なし」の順に、魔法ゲージを充填するスピードが速くなる。

 今作は、コンティニュー回数に制限があり、ゲーム開始時のコンティニュー回数は5回。これが尽きるタイトル画面に戻される。中の袋を集めることで、コンティニュー回数を増やすことができる。難易度により、コンティニュー回数が増えるための袋の数が変わる(NORMALは12個ごとに1回分)。 

主な登場キャラクター

 基本的なことは魔界村の記事に書かれているので参照してください。

アーサー
プリンセスを救い出すため、三度、魔界へ挑む騎士
プリンセスプリンプリン
さらわれたお様。今回の2周宣告係。前作同様、エンディングスリーサイズ開される。前作から3年経過しているためか、成長している。バスト88・ウエスト58・ヒップ90。
サマエル
今回のラスボス。前作のルシファー同様に巨体だが、攻撃手段は口からの全方向レーザーのみ。ルシファーと異なり、即死要素がくなった。
レッドアリーマーエース
魔界村ではおなじみの魔物。今回も強敵で、レッドアリーマー一族の中でも特に暴なものにエース称号を与えて送り込まれた。過去作品のアリーマーにべて速度が速い。エンディングの敵キャラ紹介では、サマエルを差し置いて貫のトリを務める。
また、レッドアリーマーエースノーダメージで撃破するパターンが全武器において開発されている。

ステージ構成

 全8ステージ構成。STAGE8がラスボス戦で、1周STAGE7まで。2周以降に宝箱からプリンセス腕輪が登場するようになるが、2週STAGE7クリア時点で腕輪を装備していない場合、STAGE6まで戻される。


 各STAGEの制限時間は5分。前後半に分かれているSTAGE1~5は前半5分、後半はボス含め5分となる。

なお、裏技ステージセレクトをした場合、STAGE6と7の後半はボス手前から始まるようになっている。

STAGE 1:呪われた墓場 / 暗黒の密林

 シリーズ染みの墓場からスタート。進むと地形が起したり陥没したりする。前半ラストは地面を流し去る高波に襲われるが、石柱の上に乗っていればやり過ごせる。
 後半は膨らんで破裂するローズバットと、地形の変化により坂を急降下して襲ってくるベリアルをかわしながら進んでいく。

 ボスは魔界軍突撃部隊指揮官コッカトリス。首を伸ばして攻撃し、大きなを口から吐き出して直後にから幼生(ミニウィング)が孵って突進してくる。

STAGE 2:幽霊船 / 狂気の海

 まだ序盤だがくも難易度急上昇する。前半の幽霊船は、限に湧いてくるゴーストの群れに襲われ、左右に振れるギロチンをかわしながら進む。
 後半は、面が上下にしく荒れ狂うを、イカダに乗って進む強制スクロール面。何度かいかだ乗り換える場面があるがジャンプタイミングを間違えると乗り損ねてアウトになる。

 ボスは魔界海底将軍ストームチェザリスミサイルを撃ってくるのがな攻撃手段。2周高難易度だとミサイルを連射してきて、避けきれない形で襲ってくることがある。

STAGE 3:溶鉱炉 / 溶鉱の塔

 前半は、溶鉱炉内の狭い通路を降りていく。武器は床を貫通しないので、攻撃できるポジションを常に意識して行動しないと向こうから一方的に攻撃されてしまう。途中狭い足場を渡り歩く場面があり、そこを抜けた先にはレッドアリーマーエースが待ち受ける。

 後半は、複数のの外部を渡っていく。終盤では、画面外からプチゴブリンが頭上に急降下してくることがある。

 ボスは魔界第一軍総デスクローラー。SFCの回転機と拡大縮小機フル活用した敵で、顔部分にしかダメージが通らない。時々石を吐いてきて攻撃してくるが、倒してを取るタイミングを誤ると倒した後に攻撃を食らってアウトなんという悲惨なに遭うことも。

STAGE 4:魔物の腹

 巨大な魔物の体内を進む構成になっている。前半は、一定地点に進むと地形全体にダメージ判定のトゲが発生し、特定の足場に乗り込んで次に進んでいく。このとき、前述のSFCの回転機を再度見ることになる。

 後半は画面全体が揺れるように動き、狭い足場のなか敵としのぎながら進む強制スクロール面。全エリア宝箱が一つも出現しないので、武器次第では地獄のような難易度となるボス部屋に繋がる)が少々わかりにくいので、飛び込むのを忘れるとそのまま地形がくなって転落してしまう。

 ボス魔物心臓部の守護者ヒュードラ。三つ首ので、たまに弾を吐きながら攻撃してくる。たまに小さな人に分裂して体当たりもしてくる。

STAGE 5:永久凍土の森 / 氷壁地帯

 前半は、吹雪のなかトゲに覆われた大を登り、大量に生える氷の触手フライングナイト(魔界村から再登場)の洞窟を駆け抜ける。そこを抜けた先には、レッドアリーマーエースが再度待ち受ける。

 後半は、天井ダメージを受ける氷柱がある坂を進み、視界が開けると今度は崩が何度も発生する山脈を進む。崩は梯子に捕まる or 高台に避難すること。

 ボスは魔門番ベールアロケン戦闘開始のとき下半身が崩れ、上半身だけが飛行して襲ってくる。両を投げて来たり、アーサーを凍らせてくる。凍ったら、攻撃ボタン連打で解除できる。

STAGE 6:魔帝の城

 ここからは、スタートからボス撃破まで5分以内にクリアしなければならない。敵の数は少ないが、どれも強敵。ここでは3体のレッドアリーマーエースが待ち受ける。これまでは後半ステージに進んだ後に死亡復帰すると、レッドアリーマースルー出来たが、ステージ6は構成上倒して進むことになる。
 からコッカトリスの首だけが現れるが、首を突き出しての突進しかしてこない。

 ボスは初代村長魔界村ラスボスである大魔王アスロト。一定距離まで伸びるアーサー狙いの火炎放射と、アーサー狙いのレーザーを1本撃ってくる、の繰り返し。弱点が頭部であるため、しい攻撃を食らわないタイミングを見計らって攻撃を撃ち込むことに。

STAGE7:妖魔回廊

 まず、狭い縦長の通路を登っていく。から生えるコッカトリスの首と度々出てくるブルーキラーを始末しながら進む。

 登った先にはレッドアリーマーエース、行き止まりで両からコッカトリスの首の挟み撃ち。ここの首は、の代わりにスピードの遅い弾を撃ってくる。

 ここを抜けるとが崩れ、ゴーストが大量に湧いてくる大広間に出る。

 ボスは、アスロトと、魔界軍参謀本部元帥魔王ネビロスとの連戦となる。アスロトSTAGE6と攻撃方法は同じ。ネビロスの火炎放射は、地面に着弾するまで伸び続ける。レーザーは前方に極太のものをまっすぐ撃ってくる。

 このSTAGEは、時間切れに注意することボスの連戦を含め5分で突破しなければならず、更に2週だと武器プリンセス腕輪でないと最終面に進めないため、更に難易度が上昇。で進んだうえ、3分くらい時間を残してボスまで来れるようにしたい。また、を着た腕輪の攻撃で、アスロトとネビロスの火炎放射を消すことができる。

STAGE 8:魔帝サマエルの部屋

 これまでのシリーズ同様、ボス戦のみ。ボスから出る円盤に乗って、顔の口からの全方向レーザーを回避しながら攻撃していく。

武器(裸・鋼/青銅・黄金)と魔法

 今作の武器は前作までと異なり、細かく攻撃が設定されている。
 魔法は、エフェクトが敵に命中している間はダメージを連続で与え続けるため、エフェクトの大きさや弾速・画面に残っている時間が長いものほど高性と言える。前作と較して、魔法発動後の無敵時間が少し長くなっている。

ヤリ / 炎のヤリ
 最大2連射(ゲーム画面上に存在させることが出来る武器の数が2つまで、という意味)。まっすぐ飛んで威もそこそこあり、クセがくて使いやすい。ただし弾速が遅め。
 炎のヤリは、威が増えるが連射できなくなる。
 魔法は「サンダー)の魔法」。頭上から自身に強を落とし、それを左右に放出する。頭上と横一直線を攻撃することから、クセがく安定して扱える。
/ の短
 最大3連射。当たり判定が小さくまっすぐ飛ぶ。前作までと同様の、使い勝手の良さを誇る。連射すると飛ぶ高さが若干変動する。
 の短は、威が増えて敵を貫通する、当たり判定が横に大きくなる。素い連射ができるが、画面内に残る時間も増えるので、連射しすぎて次が撃てないこと(弾切れ)がある。
 魔法は「ファイアドラゴン火竜)の魔法」。火竜を召喚して、火竜特定の動きで飛んで体当たり攻撃して去る。攻撃範囲を把握すれば、火竜の動きも速いので安定して高い攻撃性を発揮できる。
ボウガン / 追撃のボウガン
 斜め上に2本の矢を同時発射する。最大2連射のため、画面内に4発の矢を撃てるが、矢単発の破壊最低
 追撃のボウガンは、連射はできなくなるが一度に3本の矢を撃ち、さらに敵を追尾する。レッドアリーマーエース攻略に最適。欠点として、たまに敵を捕らえ損ねた矢がしばらく画面上に残ってしまい、次の矢が発射できなくなることがある。
 魔法は「シーク探索)の魔法」。画面内に隠れている宝箱を強制的に出現させる。敵を攻撃するい。先述にある、魔法発動後の無敵時間が長いことを利用して、魔法を撃って敵の攻撃をやりすごす利用法がある。また、画面に残って消えない矢を消す効果もある。
たいまつ / 火柱のたいまつ
 前方に小さな放物線を描いて飛び、地面に落ちると火柱を上げて進む。最大2連射で、一発の破壊は大きいが、飛距離が短い。
 火柱のたいまつは更に破壊と火柱の大きさが増すが、火柱の演出が長くなったので若干連射が効きづらくなる。
 魔法は「シールド)の魔法」。三つの珠がアーサーの周囲を回転して、時間経過で消滅する。敵の弾を防ぐほか、珠に攻撃判定があるので、珠を直接敵にぶつけて倒せる。ただし無敵になるわけではなく、珠の隙間から敵弾を受けることもあるので過信しないこと。
カマ / 真空のカマ
 まっすぐ飛ぶが、しゃがみ撃ちだと地面を這うように飛んでいく。前作「大魔界村」の武器円盤」に似ているが、連射できない。
 真空のカマは、威が上がる。敵に当たると、切り刻む演出が発生するので、その間は次が撃てないことに注意。いかにも2ヒットしているように見えるが、そんな事はい。
 魔法は「トルネード竜巻)の魔法」。アーサーの左右に竜巻が発生して、広範囲に拡散して飛んでいく。巨大な竜巻ゆっくり飛んで行くため、攻撃判定が長く画面に残る、最強の攻撃と言える。
オノ / 両断のオノ
 前方に大きく回転するようにまっすぐ飛んでいく。弾速は遅めで連射できない。STAGE3前半のように狭い場所ではや地面に当たって消えやすい欠点がある。
 両断のオノは、威と弾速は上がり、敵を貫通するが、独特の軌で飛ぶ。発射直後は大きく上に飛ぶため、前の敵を攻撃したい時に、直ちに当たらない。
 魔法は「ライトニング)の魔法」。アーサーから6本の線が拡散して飛ぶ。線は一つ一つが小さくて間隔が広いので、連続ヒットを期待できず、線をの軌を考えて敵に命中させる使い方になる。魔サマエルの攻撃に似ている。
クロスソード / 輪のクロスソード
 アーサー上に一定距離飛んで戻り、次に前方に一定距離飛んで戻ってくる。最大2連射。アーサー上を直ちに攻撃できるが、直ちに前の敵を狙えない。
 輪のクロスソードは、威が上がり敵を貫通する。
 魔法は「ニュークリア(大爆裂)の魔法」。演出はアーサーの頭上から左右に爆発が広がっていくもので、魔法発動時に画面内の敵にダメージを与える。攻撃範囲は最大だが、威クロスソード1発分くらいなので、過度な期待をすべきではい。
プリンセス腕輪最強武器
 波動拳のような演出で、まっすぐ飛んで、連射できない近距離武器。前作の「サイコキャノン」同様に、発射直後の威は最大で、アーサーから離れると減衰する。射程は着ている>鋼>裸)に依存する。
 入手条件は、2周かつを装備した状態で宝箱を開けること。宝箱から武器が出る条件だと、妖精が5ほど登場した後に出現する。
 魔法いが、を着た状態で撃つと、一部の敵弾を打ち消す特性がある。

超魔界村R

 SFCオリジナルを忠実に再現したオリジナルモードと、各ステージクリア後に次に向かうステージを選択できるアレンジモードがある。携帯機での発売のため、シリーズ初の中間セーブが搭載された。再開時はセーブしたステージの最初からで、武器を持ち越した状態でスタートする。

 アレンジモードには従来の8つのステージのほか、4つの新規ステージ、従来のSTAGE2〜6を難しく調整した5つのステージの、合計9ステージが追加された。4つの新規ステージは、過去作品をモチーフにしており、ボス過去シリーズから登場している。また、今作のために新たに作られたボスもいる。

 アレンジモードステージ選択には条件があり、クリア時のの状態で選択できるステージが決まる。

 鋼or裸の場合はオリジナルステージのみ、で新規ステージを選択できるようになり、5つの高難度ステージに行くためにはクリアする必要がある。全て高難度ステージクリアするとエンディングが変化する。

 シリーズをやりこんでいないと以上で各ステージを突破するのは厳しいので、アレンジモードステージ分岐はシリーズファン向けの追加要素と言える。

 アレンジモードは、条件を満たせばすぐに「プリンセス腕輪」を入手することができる。ラスボスと戦うには腕輪が必要で、持っていとSTAGE7を最初から。周回プレイい。

ニコニコ動画における扱い

 魔界村シリーズゲームセンターCXで扱われ、有野氏が大変苦労したゲームだった
せいか、たびたび実況プレイの題材として扱われている(超魔界村実況対決なと)。
 短プレイが一般的であるが、RTAじた猛者も存在する。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 68削除しました

    削除しました ID: iN0Fjwbg8Y

    削除しました

  • 69ななしのよっしん

    2019/03/01(金) 13:30:39 ID: ZQEcA9WOSt

    この掲示板に一体何が有ったんだ(苦笑)

  • 70ななしのよっしん

    2019/06/02(日) 02:45:40 ID: llNNLkzJkx

    えらい消えてるな
    ナイフが強すぎるんだよね、超魔界村
    それに反してプリンセス腕輪が最弱の武器とかしてるのが問題

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/01(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/01(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP