うつ病単語

ウツビョウ
  • 8
  • 0pt
掲示板へ
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

うつ病とは、精神疾患の一種である。

これまでDSM-ICD-10といった要な疾病分類においては双極性障害などと共に気分障の一種としても括られていたが、2013年に刊行されたDSM-5では独立した「うつ病性障」として定義された。

漢字では「鬱病」や「病」と書くが、いずれも「うつ」を表記する漢字が複雑、および画数が多いため、現代ではひらがなを用いて表記することが一般的。

概要

何らかの理由で「やる気」を引き起こす内物質(セロトニンなど)の分泌に異常を来たしていることが原因と言われている。

ストレス過多など精的な要因・の損傷など体的な要因・中には遺伝や幼少期における何らかの出来事によるの構造自体が要因となるケースなどがあるといわれている。

な症状として

に分別され、特に精的症状である抑うつ状態が一番メインの症状となる。

ちなみに、誤解されがちであるが【抑うつ状態】そのものは、一時的なストレスなどでにでも起こりえる症状である。むしろ全く気分が落ち込まないという人は、ADHD(不注意・多行動発達障害)や躁病(詳細後述)の疑いがあるかもしれない。しかし大半の場合、休養を取ったりストレスを解消することで、自然に元の状態へ戻ることが出来る。

うつ病とは、異常が生じ、自で抑うつ状態から抜け出せない状態の事をす。

例えるなら、金属が弾性変形の限界えて塑性降伏点に達した状態を考えると分かりやすいかもしれない。

また、稀に体的な症状のみが現れる場合もあり、これは「仮面うつ病」と呼ばれる。この場合、内科や消化器科などをたらい回しにされても原因が分からず、発見が遅れることもある。

うつ病の種類

症状によってに次のように分けられる。

大うつ病

抑うつ状態が長期間継続するタイプ。一般的に「うつ病」と言えば、この大うつ病、特に仕事・プライベートを問わず全般的に興味を喪失するメランコリーを示す場合が多い。ただし、ここで言う「大」とは、米国野球の「大リーグメジャーリーグ)」といった意味での「major」を直訳した「大」、すなわち「要な」「中心的な」という意味合いであり、「とても重症」という意味をしているわけではないことに注意を要する。

また、最近では「新うつ病」の存在が議論されている。この「新うつ病」は厳密には医学として存在しない。これは仕事学校など特定シチュエーションでは抑うつ状態になるが、その他の状況では問題ないというもの。一見すると都合の良い「怠け」と捉えられがちであり、医師の中にも新うつに否定的な意見が存在し、非定うつ病や気分変調症との類似性を摘する人もいる。(これについては後述の「うつ病への偏見」で詳しく述べる)

その他に、季節性の症状、女性の場合は産後などに生じるうつ病も存在する。

双極性障害(躁うつ病)

最近までは躁うつ病と呼ばれていた。

気分が異常に高揚する「躁」の状態と、抑うつ状態が交互に現れる。
(躁の状態だけが現れるのは「躁病」という)
躁病の程度によってIに分けられる。

の躁病相では顕著な躁状態を呈し、場合によっては強制入院の対となる事もある。

それに対し、躁が軽いでは本人が自覚できない場合もあり、大うつ病と誤診されるケースもある。

また、躁とうつが同時に発生する混合状態という病相も存在し、双極性障害の患者の病態は多岐に渡る。

適応障害(うつ病とよく似たケース)

うつ病と直接関係はいが、診断で誤診されやすい病気である為、こちらに記述する。

入学や入社、転校、転勤などで状況が変わったが、精的に対応できずに異常を来たす病気
症状がうつ病のそれとほとんど同じであり、軽度のうつ病と見分けることは非常に困難である。

一番の違いとしては適応障は「環境が変わってから3ヶ以内に起きること」である。

原因となっている環境学校・職場)などから離れることで症状は治まるが、逆を言うとそこへ戻ったら再発のリスクが高いということであり、ある意味でうつ病より厄介な症状である。

また、適応障からうつ病に変化するケースもある。

治療

うつ病は分類的には精科に属するが、心療内科でも診療してもらえる場合が多い。

うつ病の判定及び治療方針の決定には念入りな問診が不可欠なので、病院を選ぶ際には「初診に十分な時間を費やしてくれる」ことが一つの安となる。地域にもよるが、逆に「予約しで診察可」を謳っているところは敷居が低いが推奨しかねる。また、初回から大量にを処方するような医者も避けたほうが良い(1~2種類のを処方→次の診断で結果を基にの変更や増減をするのが一般的である)。

現在日本で一番広く用いられているのは、うつ病の症状を緩和する抗うつ薬を用いた物療法である。

但し、抗うつ薬の大半は「用成分の均血中濃度」と「者の体質」で作用が決まる。大半の抗うつ薬、特に最近なって発売されたは即効性が乏しい物が多く、最新の「SSRI」や「SNRI」、「NaSSA」といったでは効果が安定するのに最低1週間は要する。

最新のではかなり善されつつあるが、中には副作用が強いもある。これには、一口に抗うつ薬と言っても千差万別であり、個人の体質や症状によっては効果の薄いもあるため、自分にあったが見つからない場合、治療が長期化する傾向が見られる。

また、副作用の苦しさや、逆に一時的な回復を「治」と思い込んで自己判断で投を中止する人がいるが、抗うつ薬には「離脱症状」と呼ばれる、一定期間以上の定期状態から投を止めた時に生じる一時的な症状悪化があり、なおさら病気を進行させる恐れがある、これは一般に血中濃度半減期(体内においての成分が半分になるまでの時間)が短いにおいて顕著である。

なお、投治療を受ける場合に重要なのが「前回受診以降に発現した症状、庭内、職場、人間関係の問題点などを医師にしっかり、細かく、的確に伝えること」である。

これは先述した通り、抗うつ薬は千差万別であり、例えば「自殺衝動がある」という症状が発現しているのに「行動意欲を高める」を投与されてしまうと、の効果で自殺を成し遂げてしまうという、非常に恐ろしい結果を引き起こす(この場合は一般に「気分を落ち着かせる、不安を取り除く」が適正である)。

治療は広く用いられているが、忘れてはならないのは、抗うつ薬は基本的に「対症療法」に過ぎないということ。つまり頭痛に対して、傷みの原因から、痛いと判断している内への神経伝達をブロックするために鎮痛剤を飲んでいるのと一緒であり、根本的な原因はでは取り除くことが出来ない。

たとえばストレス過多が原因の心因性うつ病であれば、休養・静養で概ね症状は善される傾向にある。また併せて、認知行動療法(うつ病を引き起こした思考パターンなどの善)も行うと、回復のみならず再発防止に効果がある。

に刺を与えて機善を図る電気療法なども存在するが、日本ではあまり広がっていない。

うつ病に対する偏見

日本では「精神疾患」という概念自体が定着したのが遅く、特にうつ病はその症状が「やる気が出ない」ことであるため、「怠け病」として精論・根性論でどうにかなると考えられることが多い。特に先述した「新うつ病」は仕事事以外での遊び・飲み会などでは他人に普通に振舞えるために、余計にその傾向が強い。

また、うつ病の判定は最終的には医師の問診に頼らざるを得ない、診断基準としてDSMやICDといったガイドラインを用いた「操作的診断基準」や、マッピングを行う「トポグラフィ検」によって定量的にうつ病を鑑別する試みもあるが、これらはあくまで診断の補助材料に留まっている。

中には生活保護の不正受給の口実として「自分はうつ病である」と医者に強引に訴えかけるケースや、逆に医師が営利を的として病院に来た患者を容易に「うつ病」と判定して、治療費を得ているケースもある。

このように、客観拠がく患者や医師次第で病気と判断される事が、うつ病への偏見を強くしている側面もある。

但し、これには日本の医療制度が精科医に対して不利(短時間で多くの患者を診ないと利益が出ないので問診に時間を掛けられない)という事情や、精神疾患向精神薬理は神経伝達と密接に関わり未だ解明されていない部分もあるため、何とも言えないところである。

しかし、うつ病は軽度であれば概ね短期間の休養と投治療で善される事が多いのに、こういった「怠け病」と見る潮や、精科への偏見から軽いうちに病院へ行くのを拒んだ結果、症状が悪化し休職が必要なレベルでやっと病院へ行く→「怠け」で会社を休んでいると見られる、という悪循環に陥っているのが現状である。

なお、ネット上などではセルチェックリストが多く出回っているが、あれは大半が「抑うつ状態」の有を調べるものであり、それだけを根拠にうつ病だとは言えない。あくまでもうつ病の判定を出すのは「精科医」である。

「うつは甘え」への反論

例:アフリカメソッドによる反論

蝉丸Pのつれづれ仏教講座P316~P317より引用

(前略)先ほど、極まれば即ち返ると言いましたが、お釈迦さんも、裕福な王族の生まれであったればこそ、先の生活の苦しみではなく、根的な生の苦しみに着したわけです。しかし、どうもこのへんの部分に反感を覚える人も多く、けっきょく、お釈迦さんはニートだのなんだの、きっと何者にもなれないもの言いをする人をよく見かけますが、そんな人たちに送る「アフリカメソッド」というものがございます。

よく小さい頃に母親などから言われる「アフリカ子供はモノも食べられずに死んでいくんだ、それにべたらアンタ恵まれているんだから……」という、均的な日本のご庭で繰り広げられたお染みの小言ですが、「そりゃそうだけど、それとこれとは話が別だろう」と思った人は、まさに、子供心に反発を覚えた母親とまったく同じことを言ってるんですよ、と。

他とべて裕福であるかどうかと、個人の抱える悩みはまったく別の次元である(注釈)ということを経験的に知っているならば、脊髄反射で口を開くのは慎みたいモノでございますし、思期や厨二病などのもの言いで先人の思索や努を嘲笑するような態度は何も生み出しえないし、何も学びえないので注意を喚起したいところであります

(注釈)他とべて裕福であるかどうかと、個人の抱える悩みはまったく別の次元である:
「物質文明は精文明を汚染する」的な「直感」があるせいか、「物質的に恵まれた状況における悩みは、本当の悩みではない」という「直感」が肯定されるケースは多いように思える。しかしながらお前は物質的に恵まれているんだから」という理由で人格否定するのは、精的に成熟した人間の態度ではあるまい。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うつ病

328 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 07:33:06 ID: YbJRdaCwJo
本物のが甘えというよりはニセモノが相当数いるイメージ
ブラック企業に勤めてた頃、取引先との関係切るためにニセ鬱病の診断書取らされたことがある
取らせる会社も気で診断書出す病院うわぁ…て感じだったが今思うとあのとき辞めるべきだったな
329 ななしのよっしん
2020/09/17(木) 20:41:07 ID: Pk5I7nhb7Z
偽物をやってるって自覚ないことが多いからな
本物はほっといて治る代物じゃないしマジのは詐病だった
ネットで調べたらこうすればを装える!ってサイトもあるし、世も末やな
330 ななしのよっしん
2020/09/23(水) 13:35:37 ID: +5evRMxywB
本物のうつ病になってるヤツにも自覚ねえし
みたいな意識に偽うつ病を演じるゴミがいるせいで
みんなの言う本当に苦しんでる本物のうつ病の人が理解を受けないで死んでしまうんだ
演技やめて死ななきゃ
くらい思ってるよ
331 ななしのよっしん
2020/09/23(水) 13:40:59 ID: 3RcFz/eNcU
その辺の判別は「自分を障持ちだと思ってるただの低スペック人間」に通じる物があるな
332 ななしのよっしん
2020/09/24(木) 17:48:54 ID: r6dAbVe51o
「数値がいくつ以上あればうつ病」みたいな標があるわけでもなし医者主観でしかいよ現状
そんで患者同士で「おまえのは甘え」ってのもあるあるなわけで
333 ななしのよっしん
2020/09/28(月) 15:34:01 ID: JQHzAH1SDP
コンタクト取れてるならまだ軽いかもしれんね
うつだと他人に話すのはかなり負担になるから
334 ななしのよっしん
2020/10/04(日) 23:20:44 ID: q6lJPeRL2B
>>332
>「数値がいくつ以上あればうつ病」みたいな標があるわけでもなし
あるよ。最新の検として、血中PEA濃度が1.5μM以下ならうつ病。うつや発達障害の有波によって測定する「QEEG検」もある。

>血液検で「うつ病」を診断する時代へ 客観的な診断法としての期待高まる
https://nkbp.jp/36w8BEHexit
>川村総合診療院(東京都港区)の川村則行院長らは、うつ病患者では血液中の「リンエタノールアミン(PEA)」という物質が低下していることを突き止めた。他の精神疾患との鑑別も可なので、より正確なうつ病診断ができると期待されている。
>血液中のPEA濃度は、1.5μM(マイクロモーラー)が安で、これより低いとうつ病だと診断できる。77人を対検証した結果では、うつ病の人を「うつ病である」と正しく診断できた確率(感度)は88.1うつ病でない人を「うつ病でない」と正しく診断できた確率(特異度)は88.6だった。

>精神疾患は“物質の病気”であり、“体の病気”である──。これは川村院長の持論だという。「“心”というに見えないものでるより、体の病気と同じように物質で解き明かしたほうが理解しやすい。精神疾患も体の病気と同じように物質で説明できるようにしたいと考えている」。


(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
335 ななしのよっしん
2020/10/05(月) 12:41:59 ID: xCYqMrbDZR
知り合い、家族ですら、気のせいだ。悩んでも仕方ない。という事をよく投げかけるがこれは患者と向き合うのが面倒くさいという事なので、に受けてはいけない。
しかしうつなど精的に疲弊している状態では正常な思考が難しく、これが事実発生している体調不良期発見を妨げる要因となる。
根拠なく気のせいだと言える人は3日で音を上げるほどの苦痛を耐えている事が多い。自らを信じるのだ。
336 ななしのよっしん
2020/10/05(月) 16:58:14 ID: 59YY2QAh0d
>>327
社会庭で問題になるほど重度な「甘え」は、「自己愛性パーソナリティ障害」という精神疾患
まぁ、自己愛性パーソナリティ障害の合併症もあるんだけど

>>330
そりゃただの「演技性パーソナリティ」と「希死念慮」の合併症じゃね?
”演技したり死にたいと思ってるけど元気いっぱい!だいたい毎日楽しいです!!”ってわけじゃないなら、投治療か認知行動療法が必要だよ

>>331
スペック人間って、つまり発達障害者か知的障者、または軽度の発達障害と知的障の合併症患者じゃね?
スペックだけど特に問題ない人生送ってます、なら治療しなくていいだろうけど
337 ななしのよっしん
2020/10/09(金) 15:55:48 ID: q6lJPeRL2B
>>336
正確に現状把握するには、科や心療内科で診断を受けるべきだと思う
血中PEA濃度や波の異常を測定するとかで

それはさておくとしても、「甘え」や「演技」が病気である可性を考えないのは伝統的文化なのか、単に医療知識の不足なのか、ちょっと分からんね

おすすめトレンド