アドリアン・ルビンスキー単語

アドリアンルビンスキー

アドリアン・ルビンスキー(Adrian Rubinsky)とは、小説OVA銀河英雄伝説」の登場人物で、フェザーン自治領5代目にして最後の自治領

の担当は小林清志石黒監督版)、手塚Die Neue These)。
漫画版のアドリアーナ・ルビンスカヤについてもこちらで言及する。

略歴

帝国446年生まれ。前半生は不明だが、息子であるルパート・ケッセルリンク愛人であったドミニク・サン・ピエールの発言から若い時分から将来を嘱望された政治家または官僚であったようだ。

帝国482年、急死したワレンコフの後をついで弱冠36歳でフェザーン5代目自治領となる。当初はフェザーンの伝統的な路線である、帝国と同盟を適度に疲弊させ自らは漁夫の利を得つつ必要以上に覇権めない三立政策を継承。帝国487年のアスターテ会戦では、ラインハルト・フォン・ローエングラムが率いる帝国軍が大勝利を収めつつもヤン・ウェンリーの機略により同盟軍が一矢を報いたところをみて、若い才の台頭に時代の変化を感じ取っている。

同年の同盟による帝国領侵攻作戦とそれに伴うきまでの敗退、同488年のクーデターによる内戦により、同盟はもはや・兵ともに回復しようがないほどの痛手を負う。一方の帝国は、ラインハルトのもとで国家を腐敗させていた門閥貴族が排除された上に社会・軍制革により劇的な変化を遂げ、もはや二差はたとえフェザーンが同盟と組んでも対抗できないほどのものとなった。

この変化を冷静にくみ取ったルビンスキーは三立政策を破棄し、帝国に協することで帝国による新秩序の経済的側面を(そして、ローマ帝国キリスト教の関係のように地球教宗教的側面を)握ることを決意する。また、表向き民主主義を唱える同盟と民衆のための革が行われた帝国が、相互理解の上で和解してしまう事態も憂慮。帝国489年にはフェザーンに亡命していたアルフレット・フォン・ランズベルク伯と帝国軍元大佐レオポルド・シューマッハを使って、幼であったエルウィン・ヨーゼフ2世の亡命(誘拐)を実行。そのまま同盟に送り込み、フェザーン駐在弁務官ヨッフェン・フォン・レムシャイド伯らとともに銀河帝国正統政府と呼ばれた亡命政権を立させ和解を不可能なものとさせる。

ここまでは順調であったが、ラインハルトフェザーン帝国駐在弁務官であったニコラス・ボルテックを懐柔しており、彼を通じてフェザーン回廊の通行権を奪取。そのままフェザーン回廊帝国軍を殺到させ占領してしまう。辛くも(あるいは既に察知していたのか々と)逃げ延びたルビンスキーは地下に潜り、以降は帝国に対するテロや陰謀の導者として活動することとなる。

な活動として、フェザーンにおける新帝国1年に起きたフェザーンにおける爆弾テロ事件、それに伴って起きたニコラス・ボルテックの逮捕・殺事件、使嗾した内務安全保障局局長ハイドリッヒ・ラングによるロイエンタールへの讒言とそれが要因となった同2年の反乱事件など、数々の事件を起こす。しかし、結果は全てルビンスキーにとって空振りであり、ただ単に新帝国憎しみと体制のさらなる強化を産むだけであった。この頃から持病であった悪性の腫瘍も悪化。精を欠いたままの量だけが増えると言う惨状を呈していた。また、地球教との関係も逃避行中に決裂。これは間違いとは言い難いがあまりにも時期を逸していた。

帝国3年、ついにオーベルシュタインによりハイネセンで逮捕。全宇宙病院から実在しない患者を探し、その中から怪しい者を見つけ出すと言う気が遠くなるような捜の末であったという。しかし、腫瘍はもはや手術のしようもなく裁判や尋問を行える状態ではなかったため、病院内で経過を見る措置が取られた。同年6月ラインハルトハイネセン内にいることを掴んだルビンスキーは自ら生命維持装置を外して死去。それと同時に内にセットしてあった起爆・発火装置が作動し、ハイネセン各所で爆発が発生。のちにルビンスキーの火祭りと呼ばれる大火災を起こす。一時は論み通りラインハルトを巻き込む寸前まで火勢が迫ったが、これはビッテンフェルトの機転で阻止されてしまう。

死の直前はその顔も痩せこけ、往年のぶりや異相ぶりは外見から全く見受けられなかった。

人物

作中随一の陰謀・権勢。その智謀はどの人物も勢も一おいており、い地肌とスキンヘッド、異相と表現される精的な顔つきからフェザーンと呼ばれた。また、フェザーン帝国内の自治領とは言っても世襲ではなく、自治領は有商人たちの合議の上で(と言っても、後述する地球教の影はあるのだろうが)選出されるシステムであり、この地位は実で手に入れたものである。同時代の銀河帝国皇帝であったフリードリヒ4世や同盟の最高評議会議長であったロイヤル・サンフォード選挙によってだが、政党間の政略でついた程度とされる)では及びも付かない経歴である。

年齢については40代と銀河英雄伝説キャラクターの中では高齢の部類に入る。但し、これはあくまでラインハルトらとしてであり、政治家としては相当な若手である(ヨブ・トリューニヒトと同年代)。事実、36歳で自治領選挙に立補した際は反対から「若すぎる」と非難のが上がり、老練と言われた50代の対抗補(実はこれでも国家元首としては若手)が擁立されるほどであったと言う。そう言った政治闘争を勝ち上がって来た経歴からか、ラインハルトヤン・ウェンリーが台頭した際には時代の変化をいちく感じ取り、そのも決して見くびることはなかった。

しかし、他人に強制されたり踊らされたりすることを嫌うラインハルトの気質については理解出来なかった節があり、統一に協さえすれば自分たちの権益を侵されることはないと踏んでいたようだ。経済的な面についてはあながち間違いでもなかったのだが、少なくともラインハルトにとってその長がルビンスキーである必要は全くなく、フェザーン回廊の通行権と合わせて秤にかけられた場合にどう傾くかを考慮していなかった。直接的な原因はボルテックの裏切りだが、それがなくともルビンスキーの立ち位置は難しいものであったことがうかがえる。

また、実質的にフェザーンの実権を握っていた地球教は終始、ルビンスキーの意図を理解できておらず帝国・同盟の共倒れ政策に固執していた。もっとも、自治領地球教と対立することは特にしいことではなく、実際に前領であったワレンコフは独自路線を追求したための暗殺であったとされる。ただ、このことからもフェザーンフェザーンたらしめていた表(俗界)の経済独立に対する自尊心、裏(界)の地球教根本的には相いれないものであり、帝国の侵攻に対して市民的な抵抗をルビンスキーが導できない要因ともなった。

総じて言えば、敵のと時代を見るは確かにあったのだが、フェザーンと言う国家の生命と自身の政治的なそれが一蓮托生であったことに気付かず(と言うか認められず)いたずらテロに走った人物であったと言える。この点では息子であったケッセルリンクの(夢想に近く一時的に同盟や地球教下に立つ可性があるとは言え)反帝国を糾合してその長になると言う路線の方がまだ実があったはずである。

ただ、それもルビンスキーにとっては決して恥じることではなかったのかもしれない。愛人であったドミニク・サン・ピエールは衰えて行く彼を終始冷笑していたが、ルビンスキーが死によって皇帝ラインハルトへの挑戦を終わらせたことについて、不本意だったろうと評しつつも、「でも、わたしは同情しません。同情されても喜ぶような人ではありませんでしたから」と感想を述べている。

ラインハルト命乞いをすることも和を説くこともなく、最期まで単独で足掻き続けた点では要勢の長の中では特異であった。

漫画版のアドリアーナ・ルビンスカヤについて

原かつみ版の漫画では性別が変更され、アドリアーナ・ルビンスカヤとなっている。これは作中の女性不足を補うためのもので、同様の理由で性別を変更された者に同盟のホワン・ルイが存在する。三勢の中では一の女性導者であり、おそらく銀河帝国成立以後では初(同盟はコーネリアウィンザーが初の女性議長をしているとされており、帝国に女カザリン・ケートヘン1世まで存在しない。ただし、フェザーンについては2代と3代が不明なので確はない)であろう。

女性ではあるが、原作通りのスキンヘッドのためある意味原作以上の異相である。

関連人物

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アドリアン・ルビンスキー

53 ななしのよっしん
2018/01/06(土) 08:43:17 ID: 3E3tSv6OIF
帝国にちょっかい出し続けたから
ラインハルトを怒らせた印が強い。
54 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 02:07:22 ID: IXsIBEc10q
新版も禿げてて安心した。
55 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 08:44:58 ID: M/WVPPb9Xn
DNTでは、生理的に禿げてるんじゃなくて、ファッションを剃ってるんじゃないかって考察もあったな。
それはそれで面いと思うけど、となると、後の逃亡生活時代、それも追跡と腫瘍でボロボロになってる時期にはがまばらに伸びてたり、今度こそストレス性脱毛症であちこち禿げてるルビンスキーになったりするんだろうか。
56 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 13:41:40 ID: 6Dknrekpwt
ノイエ版のルビンスキーの登場シーンの演出考えたフェザーンだとおもう。
あんなの一錯覚するじゃねえか!
57 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 14:24:23 ID: c/FBhlYE22
コミック版でスキンヘッドの迫ある美女になってたのに合わせて、徳間デュアル文庫版の表では容姿そのままで男になってたのに笑ったキャラ
58 ななしのよっしん
2018/06/04(月) 09:56:37 ID: 3E3tSv6OIF
まさに死の商人のイメージだな。
ガンダムアナハイムの重役とかやってそう。
59 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 07:00:12 ID: Pc6am7Mqpa
やり手そうに見えるし、実際に通用する範囲内においてはその通りだけど、最終的に腫瘍で弱体化するのも想像が付くという感じで
実にらしいデザインになったと思う>DNT自治領
60 ななしのよっしん
2018/07/12(木) 22:54:29 ID: lqAvDvzKLU
>>51 >>52
その辺、フェザーン価値観ではどうなるのか、興味深い。

1.「利にさとい」気コスパ重視(コスト最小化&成果最大化)なら、既得権益にぶら下がるのは、「濡れ手で」のもっとも利口なやり方と思う。

2.一方で、「冒険商人」「進取の気性」もあり「利子所得」を
潔しとしない潮もありそう。

「船乗りの算盤」「富算盤」は、また異なるのかも知れないが、その辺から、フェザーン社会政治経済事情を掘り下げるのも
そう。
61 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 21:30:00 ID: NYkw953TPh
フェザーンの背後に宗教団体があったってのが本質を表してると思う
別に全員地球教徒予備軍って意味じゃなくて拝義者に見えてイデオロギー先行の人たちってこと
それは権と言われる歴代領も同様
異常なまでの熱心さで自治領を認めさせた、帝国と同盟を結び付けようとする理想地球教コントロールを嫌い独立した、ルビンスキーとこんなんばっかり
いわゆる普通の自治領ってどんなんだよって聞きたいね、そんなの出てこないわ
62 ななしのよっしん
2018/10/12(金) 11:08:11 ID: kpwmeYiKNV
竜頭蛇尾ぶりが摘されたりするけど、陰謀なんて潰えてナンボだとアル戦尊師見て思ったよ
一通り成功させておいてなんとなく戦場に出てなんとなくエンカウントして死亡って開いた口が塞がらんかった