レオポルド・シューマッハ単語

レオポルドシューマッハ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

レオポルド・シューマッハLeopold Schumacher)とは、『銀河英雄伝説』の登場人物である。

CV.中田譲治石黒監督OVA)、小谷央典(Die Neue These)。

概要

ゴールデンバウム朝銀河帝国大佐銀河帝国正統政府軍にて提督称号を受け、ローエングラム朝銀河帝国軍において准将有能ビジネスマンをおもわせる顔立ちの持ちで、帝国489年2月末に33歳。

作中もっとも数奇な運命をたどった人物のひとり。リップシュタット戦役ではフレーゲル男爵の参謀として貴族連合軍につき、男爵の死後部下とともにフェザーンへ亡命。皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世の誘拐を実行し、銀河帝国正統政府の設立に加わる。”神々の黄昏作戦と正統政府の倒壊を経て新帝国3年にローエングラム朝銀河帝国により逮捕され、のちに新帝国准将として登用されたが、宇宙海賊との戦闘中行方不明となった。

経歴

20歳で士官学校卒業してのち、軍務に就いた。キャリアは前線よりも後方での勤務のほうが多かったが、以後10年のあいだに大佐まで昇進している。

リップシュタット戦役と亡命

帝国488年のリップシュタット戦役勃発に際しては貴族連合軍に属し、フレーゲル男爵の参謀を務める。戦役末期ガイエスブルク要塞の戦い終戦では、敗があらわとなり狂気めいて敵将との一騎打ちのぞむフレーゲルに対し、戦いをやめて落ちのびるよう諫言。反発し「滅びの美学」を謳うフレーゲル「そういう寝言を言うようだから、戦いに負けるのです。要するに、自分の無能を美化して、自己陶酔にひたっているだけではありませんか」と痛批判する。これを聞いて逆上したフレーゲルに射殺されかけるが、先んじて周囲の兵士たちがフレーゲルを射殺したことで難を逃れた。

この兵士たちから今後の展望を問われたシューマッハは、「いまさらローエンラム侯の営にくわわることもできんだろう」と、いっとき身を隠すこととし、兵士たちとともにフレーゲルの乗艦でフェザーン自治領へと向かった。彼はすでに戦争にも陰謀にも嫌気がさして静かな生活を望んでおり、フェザーンで艦を売却した代兵士たちに分配し、各自の自由にさせようとする。しかしそこは生き抜くフェザーンの商業社会帝国まれの兵士たちはその恐ろしさを誇大に認識しており、とうてい単独で生き抜ける場所ではないように感じていた。

そこで彼らは、解散することなく引き続き参謀の思慮に頼ることとした。命の恩人たちに頼られたシューマッハも彼らを見捨てられず、とはいえ彼とて商才に自信があるわけではなかったため、より堅実な選択肢を選んだ。シューマッハたちは代をアッシニボイヤ渓谷に土地と住居を得るもとでとし、集団での開拓農業を始めたのである。

銀河帝国正統政府軍へ

帝国軍人としての過去を捨て去り、フェザーン農業を始めたシューマッハだったが、僅かに数ヶ後に転機が訪れる。自治領の補佐官ルパート・ケッセルリンクが彼のもとを訪問し、帝国旧体制による幼エルウィン・ヨーゼフ2世の”救出”――つまり誘拐への参加をめてきたのである。「悲しいかな、作物は市場で売れないことには意味がない」という素らしくフェザーン的な脅迫を受けると、彼は要請を受け入れざるを得なかった。

フェザーン自治政府が発行した別人名義のパスポートを持ったシューマッハは、同様にフェザーンに亡命していた伯爵アルフレット・フォン・ランズベルクとともにオーディンへと赴く。彼らは見事に皇帝誘拐を成功させ、フェザーンを経由して自由惑星同盟へと脱出した。そして同盟の地で、”宇宙七九八年のねじれた協定”により、レムシャイド伯ヨッフェンを首班とする銀河帝国正統政府が設立されることになる。

これにともない、シューマッハ皇帝を”救出”した功を賞されて提督称号を与えられたが、もとより正統政府軍に実体などく、しかも正統政府をめぐる状況は見る間に悪化していった。ラインハルト・フォン・ローエングラムによる対同盟宣戦布告、”神々の黄昏作戦の発動、フェザーンの占領、そしてバーミリオン星域会戦を経て、バーラトの和約において同盟は帝国の属となり、銀河帝国正統政府泡に帰した。

逃亡と逮捕

ハイネセンが帝国に占領されたとき、ランズベルク伯は皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世とともにいずこかへと逃れた。このときシューマッハがどうしていたか、ランズベルク伯に追随したのかは不明であるが、いずれにせよ、シューマッハもまた姿を消し、新帝国の官から逃れ続けた。どうやらフェザーン自治領アドリアン・ルビンスキーロイエンタール元帥叛逆事件と前後してハイネセンに逃れていた)と関係を持ち、ランズベルク伯の動向だけでなく地球教関係の情報も多少得ることができる立場にいたようである。

その姿がふたたび浮かび上がるのは、新帝国3年7月のことである。”ルビンスキーの火祭り”に巻き込まれて負傷入院したなかに偽造された身分明書を持つ者がおり、帝国憲兵隊が取り調べたところ、レオポルド・シューマッハであると名乗ったのである。彼はすなおに尋問に応じ、いくつかの新事実った。年頭に”皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世の遺体”とともに逮捕されたランズベルク伯の供述は創作であり、ほんもののエルウィン・ヨーゼフは逃げ出していたこと、そして地球教最後の実働集団がいまだ皇帝ラインハルトの身をねらっていること、その二点であった。この情報は、ハイネセンへと帰還する軍務尚書パウル・フォン・オーベルシュタインのもとに伝えられている。

二ヶ後、彼は恩赦によって釈放され、フェザーンにもどった。彼の希望は旧部下たちが残っているはずの農場に合流することだったが、フェザーンを取り巻いた数年の動乱を経て、アッシニボイヤ渓谷からは集団農場も旧部下たちも消えていた。居場所をなくしたシューマッハは、アルツール・フォン・シュトライト中将に推挙されて新帝国軍に准将の地位を得たが、のちに宇宙海賊との戦闘中行方不明となったという。

なお、作中において、ゴールデンバウ、正統政府ローエンラムという帝国系三政府すべての軍隊に属した経歴を持つ人物はシューマッハ一の存在である。

能力・人物

理性に富み、任務遂行にすぐれ、必要に応じて自分ひとりで行動することも集団を行動させることもできる。きわめて”使いでのある男”のようであった」と評される有能な人物。するどさと勁さを兼ね備え、理性と思慮はフレーゲル麾下の兵士たちから高い信頼を受けていた。皇帝誘拐にあたっても、フェザーンの思惑を常に警しつづけるいっぽう、成功を期すべく各種の陽動作戦を提案し、フェザーンの弁務官事務所をほとんど脅迫してまで最低限の陽動実施と速な保護を約束・実行させている。

実際、軍内でも将来を嘱望されていた軍人のひとりであり、貴族出身でなく、後方勤務体で前線での武勲を得る機会も少なかったにも関わらず、士官学校卒業後わずか10年で大佐まで昇進している。これはカール・グスタフ・ケンプ32歳前後/帝国485年に大佐)のような、のちのローエンラム元帥府の面々にも匹敵(場合によっては駕)する昇進速度であり、軍から高い評価を受けていたことがわかる。人材収集には余念のないラインハルトも、のちに経歴を確認した際、それまで彼を見逃していたことを残念に感じたほどで、ラインハルト崩御後の新帝国軍への復職も「旧王時代の才識と経験をかわれ」てのものであった。

人格面でも、けして守旧的な人物などではなく、皇帝の誘拐と正統政府の成立といった自分の関わっている事柄が時勢に逆行する意味なものに過ぎないことをはっきりと認めていた。しかしそれでも彼は情勢に流されるまま反ラインハルト・正統政府の一員としての立場をとりつづけざるをえず、信じてもいない正義人生を賭けなければならない身を自嘲することもあった。

彼のその後について

宇宙海賊との戦闘中行方不明になった」というシューマッハの行く末は、銀英伝ファンの中でしばしば話題となる事柄の一つである。文章を単純に解釈すれば、宇宙海賊との戦いのさなかに明確には断言できない形で戦死し遺体も発見されなかった、ということになるが、他にも様々な考察が展開される。中には、当の宇宙海賊シューマッハの離散した旧部下であり、それを知ったシューマッハが彼らと合流して宇宙海賊となった/新地の開拓に向かったのだ、といったものもある。

しかしいずれの考察にせよ、作中に明確にされていない以上、あなたはこの考察を信じてもいいし、なぞめいた形で乗員を失ったシューマッハの乗艦が大宇宙をさまよっているのだと思ったり、大和型四番艦めいた謎の独立戦闘艦に乗って人類の敵と戦い続けているのだと考えたり、あるいは旧帝国軍の再建を目指して銀河の何処かでドリル戦艦を造っているのだとみなしてもよいだろう。たぶん。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レオポルド・シューマッハ

4 ななしのよっしん
2018/10/04(木) 21:46:15 ID: VzXHjNFVph
>>3
「”リップシュタット戦役”においては貴族連合軍に属して、最強の領袖フレーゲル男爵の参謀をつとめた」って原作に記述があって、元から上だったフレーゲルに従って貴族連合軍についたとは断定できない、というかどうもそうじゃなさそうな、貴族連合軍に参加してからフレーゲルの参謀になったかのような書き方だったりする
5 ななしのよっしん
2018/10/04(木) 23:43:02 ID: M4U8jZfPHX
フレーゲルは確かに将官だったけど、ブラウンシュヴァイクとかみたいに階級だけ持ってる予備役っぽい気がする
ミュッケンベルガーにくっついて第四次ティアマト会戦には参加してるけど、
あれはミュッケンラインハルトへの嫌がらせ吹き込むために参加したような気が

普段は軍務なんてやってなかったんじゃないかなあ
それともやってたのかな
6 ななしのよっしん
2018/10/05(金) 08:25:23 ID: LCkNsseBfE
ブラウンシュヴァイクは、実はクロプシュトック討伐時にF4陛下に願い出て現役復帰してるんだよね。
その功績で元帥に昇進してるんだけど、シューマッハはその「ブラウンシュヴァイク元帥府」に登用された幕僚のひとりだったかもしれない。
元帥府での任務内容は、たぶんインテリジェンス方面だったろうけど。

逆に、内戦まではブラウンシュヴァイクフレーゲル縁だったとすると、ファーレンハイトみたいに「貴族連合軍が勝ちそうだと思ったからついたけど、とんだ計算違いだった」ってところだと思う。

ただ、どちらにしても、この人はラインハルト革は評価しても「なんかあいつ気に入らない」と思ってそうで、それが後々の脱走説すら囁かれるようなMIAにつながってるんじゃないかな。
7 ななしのよっしん
2018/10/05(金) 21:45:20 ID: iv0ZCW0seS
ガイエスブルク陥落時の「給料係」の会話からすると、貴族連合軍も純貴族の私兵ってわけでなく正規軍も結構参加してるし、一応将官なファーレンハイトとかはともかく佐官下士官クラスだと「そこにいたから貴族連合に組み込まれた」みたいな感じで、別に自分で両勢秤にかけて選んだわけでもないと思う。
きわめて使い出のある割にラインハルトが全く把握してなかったあたり、元々どっちの閥でもなかったっぽいし。
8 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 20:37:54 ID: M4U8jZfPHX
意外と地球出身だったりしないのかな
ラープと同じ名前だし

地球教の最後のテロ計画なんて大事な話を知ってたのはルビンスキーラインで聞いたとかいうが、
そんな大事な事、ルビにだって伝えない気がするし
そうなると実はシューマッハ地球教徒だったとか

…ないか
9 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 14:17:48 ID: LCkNsseBfE
>>8
迷走しだしたボスを見限ってド・ヴィリエの手下になったルビンスキー配下がいて、そいつらから聞いたんじゃないかな。
というかシューマッハ自身、正統政府崩壊後はルビンスキー配下の雇われ工作員やってそうだし。
10 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 22:23:37 ID: ++FXhKyibH
正統政府に居たならメルカッツにくっついてバーミリオンで戦えば良かったのに
11 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 21:35:52 ID: iv0ZCW0seS
ランズベルク伯にはそこそこ好感情(同情的というか)を抱いてたみたいだし、伯爵の方をほっとけなかったんじゃね?
元部下に対する態度とかも考えると、世話焼きの気質が強いし。
12 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 16:51:29 ID: k0ivVvGwxl
ほっとけなかったのは伯爵だけじゃない、
誘拐の実行犯としてこんな事に巻き込んだ、まだ幼い子供に対する責任感もあるよ。
そう、ベルンハルトシュナイダーに話してた。

しかし、某ZEROのおかげで
逃げて!ファーレンハイト提督逃げて!!
ネタぶっ込みたくなる悲しい性よ・・・そしてその後はバイエルライン提督っと。
13 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 10:35:06 ID: HlSNkYWQ3t
DNTでシューマッハフレーゲルに諫言を言うシーン
石黒版よりも態度が冷淡に感じた