フェザーン自治領単語

フェザーンラント

フェザーン自治領(Phezzan land / Fezzan land)とは、小説OVA銀河英雄伝説」の登場勢首都と言う概念は存在せず、フェザーン系の第二惑星に作られた帝国内の商業的自治領である。

概要

名称について

帝国・同盟共にフェザーン。双方共に交が存在するために、特に蔑称で呼ばれることはなかった。
由来はカルタゴローマ帝国の商業地域であったフェザーン(Fezzan、現リビア西部)から。宇宙時代ではしく、地球の地名を元にしているのが成立過程を物語っているのかもしれない。 

アルファベット表記は原作ではPhezzanOVAではFezzan

地理上の位置

人類宇宙銀河系銀河帝国とサ自由惑星同盟とを結ぶ二つの回廊の一つ、フェザーン回廊内に存在する。

フェザーン自治領の存在のため、両軍事的にフェザーン回廊を利用することが出来ず、一方でほぼ一の平和的交渉の舞台ともなった。長い戦争の中で、両戦争捕虜の交換や郵便の配達、自由商人による交易がフェザーンを介して行われ、その絶妙な位置と勢故にとも明確にフェザーン自治領を敵に回すことが出来なかった。

社会体制

あくまで帝国の一自治領であり国家ではない。名上とはいえ権は銀河帝国皇帝にあり、貢納義務も負っている。帝国貴族による荘園・領地制度を取っており、実情はともかく自治権そのものが与えられていることはしいことではない。ただし、自治領がおそらく有商人の合議で選出されること(もっとも、地球教の存在は視できない)、同盟との外交が許されていること、何よりフェザーン回廊内に存在すると言う地勢上でも最重要な位置を占めるなどの特殊性から、同時代または後世の歴史からも独自勢とみなされている。

人口は20億。これは一つのに住む人口としては当時最大規模であるが、全宇宙の人口を考えるとわずか3パーセントである。しかし、については銀河系の一割の富を独占し、さらにその財産も相手国債や資であることから影は絶大であったとされる。これら経済が武器であり、軍事としては不必要な警を避けるため警備艦隊以上のものは存在していなかった(帝国では私兵を有する門閥貴族しくない)。ただし、軍事技術については相応の実があったようであり、アルテミスの首飾りなどフェザーン製(OVA設定)の兵器も登場している。

国家制度については帝国・同盟以上に不明だが、自治領(ランデスヘル)が元首の地位にある。
特段民主主義的ではないようだが、フェザーン人のほとんどはおそらく商人であり、特に交易を担う自由商人たちにとってはにはまった民主主義思想よりは商業活動の自由の保障こそ第一であっただろう。そう言った意味で自由惑星同盟よりも広範な自由を保障する必要があり、かなりの部分を実現させていたと思われる。ただし、有商人が何事にも幅を利かせていると言う愚痴もよく聞かれ、事実ラインハルトは併合後に若手商人たちを優遇し彼らを牽制、フェザーン人たちの団結心を削いだ。

また、商業国家の宿命とその地勢から情報こそが最大の財産であり、帝国・同盟双方の航路情報などは門外不出の「宝」であった。その頑迷さは「フェザーン人は親兄弟は売るくせに航路情報は売らない」とぼやかれるほど。ラインハルトの侵攻時、即座に航路局を占拠した事情はここにあったようである。

もう一つの財産としては前述した「独立自由」であり、これはフェザーンの一般人の気質にまで影を与えていた。その誇りの高さはヤンでさえ、エルファシル革命政府を作る以前に倣うべきと考えていたほどである。ただし、自治領地球教の影下にあり必ずしも独立価値観を抱いていた訳ではない。また、商人同士の寄り合い所帯と言う側面から上述の通り既存の成功者とそれ以外では溝があり、同盟のヤンやユリアンのように帝国に対して団結した抵抗を取れる旗頭がいなかったのが致命傷であった。

一般の民衆についてはユリアン摘しているように、帝国と同盟とべて非常に裕福である。ペットでさえ肥えており、裏通りも大変に清潔であったとされる。また、OVAでは3首都軌道エレベーターが存在しており、戦争とは縁であったことがうかがえる(軌道エレベーターは外部からの攻撃に対して非常に脆弱)。これらのインフラは新帝国下とそれに伴う混乱においても維持されたため、おそらく滅亡後も大いに発展が見込まれたことは間違いない。

信仰・習俗などの精面については、帝国内にありながら北欧神話に基づく習慣などは存在しない。名前は押し並べてロシア語であり、装などでもその影は見受けられる。また、商業道徳が一種の信仰に近い側面も存在し、「ベリョースカ号」の事務長であったマリネスクは「フェザーン人にとって契約なもの」と誇りをもってっている。「今年のシンドバッド賞」と呼ばれる表もあり、帝国や同盟で守銭奴と卑下されるほどけだけの集団でもない様子。

一方、地球教にとっては成立の経緯から第二の本拠地とも言え、支部も存在するがフェザーン人の気からか民衆レベルではあまり浸透していなかった模様である。OVAでは自治領府の役人が地球教祭であったデグスビイを小馬鹿にするシーンも存在し、影は上層部のみに知らされていたようだ。

その上層部も第4代のワレンコフが地球教との決別路線を取り暗殺され、あとを継いだルビンスキーも最終的には縁を切っている。このことからも表と裏の顔は決して一体とは言えず、帝国・同盟の侵攻を防ぐラインハルトの圧倒的兵を差し引いても、見かけより薄いものであったとも取れる。ヤンが常々危惧していた「先入観」が、全ての勢拘束していたことがある意味では独立の前提であったように思える。

歴史概略・成立以前

(成立以前の時代背景については自由惑星同盟ゴールデンバウム朝銀河帝国地球教を参照)

フェザーンを成立させた地球出身の商人レオポルド・ラープは、地球教からの資援助を受け急に財をなしたとされる人物である。ラープの意は不明だが、その潤沢な地球教西暦地球時代に蓄えてあった資)を生かし、「異常なまでの熱心さ」で帝国貴族たちを説得。何よりも多額の賄賂が功をなし、帝国373年(宇宙682年)に帝国と同盟を結ぶ二つの回廊の一つであったフェザーン回廊内の第二惑星に自治権を認めさせることに成功した。

当時、帝国は自身以外の国家を認めていなかったが、帝国コルネリアス1世の大親征の失敗と同盟の質的な変遷が背景にあったのではないかと推測される。

成立後~ラインハルト時代まで

成立後は第三勢としてく間に成長。もともと自治領が商人であったこともあり、軍事ではなく経済で他の二つの勢と均衡を保つ三立政策を追求する。また、裏に表に現状維持政策を実施し、特に帝国と同盟の2の接近に歴代自治領は特別な警を抱いた。

その最たる例が帝国398年(宇宙707年)に起きた帝国皇帝マンフレート2世の暗殺である。マンフレート2世は幼少期に同盟に亡命していた時期があり、自由民主思想に理解がある皇帝であったとされる。このため、帝国と同盟の間で和の機運が高まったが、即位からわずか一年足らずで暗殺されてしまう。下手人は帝国内の反動貴族であるが背後にはフェザーンがいるとされ、事実この事件を機に帝国と同盟の関係は冷え込み和の可性は消えていった。

その権謀術数の頂点を極めたのが帝国482年(宇宙791年)に第5代自治領となった”フェザーンのアドリアン・ルビンスキーであり、帝国の内政干渉にも毅然として対応。帝国483年(宇宙792年)に起きたヘルクスハイマー伯の亡命事件では数々の帝国の妨もはねのけており、帝国官僚いわく「一筋縄ではいかない男」と畏怖をもって評価を受けている。

また、彼は帝国・同盟の情報も積極的に利用。どちらかの勢が有利な場合は不利な勢情報を流すなどマキャベリズムを地で行く政策をとり続け、銀河キャスティングボードを握るのはもはや疑いようがないほどフェザーンとなっていた。

ラインハルト登場から滅亡

しかし、帝国内で着実に地歩を固めつつあったラインハルトはこれら逆もはねのけ、帝国487年(宇宙796年)には事前情報流出をものともせずアスターテ会戦で大勝。元帥に昇進ののち、同盟による帝国侵攻もきまでに撃退。続けて起きたエルウィン・ヨーゼフ2世の擁立を巡る門閥貴族との内戦にも勝利。同時に民政としての手腕も発揮。民衆重視の経済政策は大きな経済成長を呼び込み、その支持と基盤を璧なものとする。

一方、同盟は帝国侵攻により軍事を使いつぶし、救軍事会議によるクーデターとそれに伴う内戦で全に疲弊。名将ヤン・ウェンリーイゼルローン要塞を抑えていることで何とか命脈を保っている状態であった。

この状況を冷静に俯瞰したルビンスキーは三立はもはや不可能と悟り、経済面での帝国との妥協(そして宗教面での地球教による帝国支配)を論み帝国支援へとを切る。ニコラス・ボルテック帝国駐在弁務官を通じてその策謀(地球教については伏せたが)を進めた。また、自由民主主義を奉じる同盟と民衆の支持を基盤とするラインハルトの新体制が共通の価値を見出して妥協してしまう事態も考慮。帝国からの亡命貴族であったアルフレット・フォン・ランズベルク伯とレオポルド・シューマッハを通じてエルウィン・ヨーゼフ2世を亡命(誘拐)させ、同盟内に銀河帝国正統政府立させると、「帝国ローエンラム体制」と「自由惑星同盟」という二つの体制の間の決裂は決定的なものとなった。

しかし、ラインハルトはこれらの策謀を全て察知。逆にボルテックを手玉に取りフェザーン回廊の通行権を確保。帝国490年(宇宙799年)の帝国によるフェザーン回廊侵攻によりルビンスキーが自治領府から逃亡し実質滅亡した。

滅亡後

帝国により併されたのちはニコラス・ボルテックが代理総督に就任し、表向きはフェザーン人が民政を担っていたが全に傀儡であり、そのボルテックも爆弾テロの余波を受けて失脚。皇帝に即位していたラインハルトはその地の利にをつけてオーディンからフェザーンへの遷都を挙行。名実共に帝国に併合されることとなる。

なお、もともと帝国内の自治領であったことから同盟に対する「バラ園の勅」のような形式は取られず、内部的に自治権のはく奪または制限と言う形式が取られたものと思われる。

関連人物

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%87%AA%E6%B2%BB%E9%A0%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェザーン自治領

37 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 07:23:25 ID: 32DWMKwSJ1
戦争特需は、お客様がお支払いを滞りなく済ませてくれないと意味がないから……すでに同盟は国債の償還すらまともにできてないし。
38 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 09:03:55 ID: Qw8tuQAq/n
作中でも言及されてるけど、常に財産の接収や債務の棒引きの危険があるからね。同盟が
表向きは法治国家だから帝国も対抗上、フェザーンに強気には出れないだけ。

もちろん、戦争けた人も多いようだけど、どちらかと言うとフェザーン商人は
中世的な交易商中心なので貿易特権さえ守られれば統一の方にチャンスを見出す人が多そう。
原作でも商人がチンギス・ハーンの統一モンゴルに期待を寄せた故事が紹介されてるし。
39 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 11:08:21 ID: gyEUzlgCfw
帝国と同盟の共倒れプランって、今にして思うとフェザーン財界はおろか、地球教団の意向ですらなくフェザーン自治政府(下手したらルビンスキー個人?)が導だったんじゃないかな。
フェザーン財界にしたら別に両営が戦争し続けなくても稼ぐ手段はいくらでもある(交易やるならむしろ両営が平和な方がおおっぴらにやれる分稼げる)し、地球教団にしても実は事情は似たり寄ったり。

フェザーン財界でもそれに気づいた人間それなりにいたからラグナロック以後にルビンスキーの死に至るまで彼を擁立してフェザーン独立を図ろうというも上がらず、地球教にしても信頼もできず連絡も取れなくて連携もろくに機してなかったんだろうな。
40 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 23:04:05 ID: +Ja2NjDErp
漁夫の利と、統一国家の通商握、いずれがフェザーンの利か、とても面い。

ただ、その前にそもそも「フェザーンの利」という際の「フェザーン」て何か。か。
民族人種、戸籍、領土、宗教……。そういった言葉でくくれる実体を有するだろうか。

利益という「宗教」を信仰する拝教徒ではあるが、非常に新自由主義的ゆえ、彼らの方向性を突き詰めると、
国家人種民族宗教も、最後はすべてフラット化していく。

「個人の利得最大化」が行動原理である彼らにとって「フェザーンの利」なる言葉は
さして意味を持たないかもしれない。
41 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 00:19:01 ID: gyEUzlgCfw
>>40
都開発に際しても「状況に適応するのがフェザーン人だろ?」と征者たる新王に協する新ビジネスマンもいたくらいだし、「愛国心」とか「郷土」という感覚は希薄な社会なのかもしれない。
それもそれでなんとも薄ら寒いものがあるし、しかもそんな利得だけしか見ない、利得が得られなければ離反するだろう者たちの都が統一帝国の中枢と考えると、先々不安にもなるな。
42 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 22:38:39 ID: 7hv3dby5xn
>>41
愛国心はともかく、郷土に関してはいとは言い切れないんじゃないか?
個人差はあるにせよ
帝国に協するのもフェザーン人間が少しでも発言を得るために率先して行ったという考え方もできるし帝国の歓心を少しでも買って他のフェザーン人の立場を良くしようとして行動していたかもしれない
ミッターマイヤーが自軍の犯罪者公開処刑した事で帝国軍はフェザーン人相手でもに扱ってくれると認識できた可性も有るしね。その後のボルテックの自治領就任もそう思わせる方向性に働きかけたかも

実際、さえあればローエンラムでは出世できる可性もありそうだから、意外とラインハルトの死後はフェザーン出身の役人が大勢出世しているかもしれない

故郷が発展していくのは郷土が有ればうれしく思うだろうとけれどね
43 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 05:48:09 ID: 32DWMKwSJ1
フェザーン人のアイデンティティは「土地」に縛られるものではない、みたいな感じなんじゃないか?
実際>>42みたいな状況になれば、「政治帝国経済フェザーン」というルビンスキーが当初構想していた分割統治に近い格好になるし。
44 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 23:29:44 ID: +Ja2NjDErp
>>43
>フェザーン人のアイデンティティは「土地」に縛られるものではない

自分が関心を持っているのはまさにここ。
個々のフェザーン人にとって「利をもたらす他人」と「損をもたらす自人」どちらが大切か。
あるいは、彼らなら、自民が拉致された際「付加価値高い人間は救助」「付加価値低い人間は放置」という極めて経済合理的な判断を下しかねない。提携はあっても、刹那的な合従連衡のひとコマに過ぎない。

それを突き詰めると、結局、分断・孤立化した「拝教」信者が個々に存在するだけ、しかも信者はみな「利得」というを崇拝しているが、信者同士はそのの占有権をめぐって対立という、同意識が生まれがたい状況にある。

フェザーン人の独立不羈、開拓者精というのも、上記の不都合な事実からをそらし、内紛を回避して当座のwin-winを確保するために発明された「装置」だろうか。
銀河という市場広大辺、なおかつ宇宙という強大・困難な「敵」の存在によって、とりあえず団結することができる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
45 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 10:55:56 ID: gyEUzlgCfw
ユリアンマシュンゴの観察だと同盟末期ハイネセンポリスより充実してるらしいフェザーンサービスの清掃など)だけど、自治領府から受注した民間企業がやってそう。
サイバーパンク世界ではしばしば「国家に代わり社会サービス企業が担ってる」ってがあるけど、フェザーンもそんな感じなんだろうか。

フェザーン自治領の総人口は20億人というけど、フェザーン暮らしは日常的にカネが掛かりそうだし「フェザーンに定住するフェザーン公民」って、フェザーン社会では相当の上流階層だと思う。
交易船のクルーになったり、シューマッハや彼の元部下たちみたいにの外で農場開拓とか、あるいは帝国や同盟にあるフェザーン資本に買収された経済植民地で暮らしてるとか、「フェザーンで暮らしていないフェザーン公民」って、フェザーン総人口の過半数以上だったりするんじゃないかな。
46 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 13:52:18 ID: cCc8jFYfAp
フェザーンは利得をめて土地や形式にはこだわらないと言いつつ
その論理帝国フェザーンを売ったボルテックが顰蹙買ってるあたり
自分が痛い見ないと思って勝手なこと言ってるってのがあるだろう
第三者気取りで利益をめとるのが上等だが当事者になるとをたてるというか