ジオング単語

ジオング
3.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ジオング(MSN-02 ZEONG)とはTVアニメ機動戦士ガンダム』に登場するジオン軍MS(モビルスーツ人型ロボット兵器)の一種である。

概要

宇宙世紀0079年、1年戦争末期ジオン公国で開発されたニュータイプ専用モビルスーツである。
両腕先(先)からビームを発射して攻撃をするが、サイコミュシステムを利用することで両腕とも切り離し、独立して攻撃が可サイコミュシステムとは、ニュータイプから発せられる感応波を搭載されているサイコミュで受信・増幅し、パイロットの意のままに操作出来るシステムのことである。これは俗にオールレンジ攻撃と呼称される。
ただし有線コントロールであるため、その攻撃範囲は限られる。線の物もMAN-08・エルメスに搭載され実戦での使用もされたが、サイズMSに搭載出来る程小化出来なかったのと、信頼性の確保と言う点で有線式にされた(それでも通常のMSべれば十分大きく、脚部の未完成状態でも全長が18m近くある)。
また頭部は緊急用脱出ポッドも兼ねており、口にあたる部分のメガ粒子砲で攻撃も可

搭乗者はシャア・アズナブルで、両脚と上腕部の装甲がない完成度80%の状態でア・バオア・クー攻防戦に出撃。直前のシャアと整備士のやりとりは特に有名。 →ジオング整備士

シャアテストすらされていないジオングにぶっつけ本番で乗せられるが(サイコミュシステム直前に整備士から口頭で説明されたぐらい)、アムロガンダムと対峙するまでにMS18機、戦艦4隻を単機で撃墜するという素晴らしい戦果を挙げている。更に今まで何度も苦汁をめさせられたガンダムの左腕と頭部を破壊。最後は自動操縦のガンダムビームライフル(ラスト・シューティング)を受け頭部側面のバーニヤを破壊され撃墜されるものの、撃墜直前に自身もメガ粒子砲を放ちガンダムの右腕と右脚を破壊、相打ちという形に持ち込んだ。

アニメ企画当初は本体を頭部・胴体・部・両腕・両脚の7つに分離させて攻撃するという設定だったが、この発想は20年を経て『∀ガンダム』のターンX実装される形となった。

 

後年に製作された「機動戦士ガンダムUCOVA版ではジオングの名を冠した巨大モビルアーマーネオ・ジオング』が第7話にて登場する予定。容姿的にはジオングよりも寧ろシナンジュコアに据えたαアジールと言った方がしっくりくる構造になってはいるが。

パーフェクトジオングについて

パーフェクトジオング(以下PFジオング)とは脚部と上腕部装甲を取り付けられた完成状態のジオングのこと。全長は35mにもなる。元ネタアニメーター板野一郎が書いた落書きである。
PFジオングが有名になったのは漫画プラモ狂四郎』のによるところが大きい。最初にPFジオングを生み出したのは四郎のライバルの一人、満。1/144のジオングに1/100ドムの脚を付けるという改造で登場した。後に四郎のパーフェクトガンダムと戦うサッキー竹田のPFジオングは洋サーベルを装備しており、これはMGシリーズのPFジオングでも再現されている。

しかし最近では、宇宙空間でならジオングはTVアニメに登場した足しの状態で完成とも言われる。最もAMBACシステム間内で四肢を動かす慣性により推進を使わず方向転換するシステム)を考えれば足付きのPFジオングでもいい気もするのだが。まあAMBACシステム自体後付設定だし。

こぼれ話

シャアはジオングに乗る際は他のMS同様部から乗っている。ところが緊急脱出する際は頭部を切り離した。いつ乗り移ったのか? …実はジオングは当初複座機として製作されていて、サイコミュMAブラウ・ブロのように通常の操縦は部から、サイコミュシステムは頭部の座席から操作する予定だったのだ。だが通常操縦はどちらの席からも可なのである。シャアは最初に乗り込んだのは部座席で途中で頭部座席に乗り換えたのだ。(これがシャアの生死の分かれになった)

その他のジオング

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジオング

151 ななしのよっしん
2021/08/22(日) 10:39:46 ID: ViwWws5U20
これを言っては身も蓋もない。

大きめのボールに、可動バインダーと、有線ビーム
サービスエンジンがついて脱出後も戦闘できる宇宙戦闘機改造コクピット

それでジオングの代わりにできるんじゃないかな。
152 ななしのよっしん
2021/08/22(日) 10:45:17 ID: /kR8CfPiEZ
電池稼働で推進装置もしょぼいボールに、そんなん積んでもヒューズが飛ぶだけで身動きもできないのでは
153 ななしのよっしん
2021/08/31(火) 09:08:48 ID: k+/L5PHQc9
要するにジオングが強いならモビルスーツ=人ロボットである必要ないよね、ってことだろう(偉い人にはそれが分からんがのですのメタな意味でもある

物語的に理のない解釈するなら、アムロエルメス完封してることが戦後モビルスーツが開発された理由にはなる
154 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 13:22:52 ID: TYrroBWcAj
>>151
トニーたけざきのガンダム漫画シャア専用ボール(Ver.Ka)がまんまそれだが
それがどうなったかというと
155 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 13:28:05 ID: h+N0wviX3j
ゲームオリジナルNT試験用ジムもなんちゃってサイコミュ搭載のイロモノMS扱いされる事が多いけど、
冷静に考えると「ビームライフル2基4門搭載の、MSサイズに小化したブラウ・ブロ」なので、
ジオングアドバンテージはむしろ本体の大火力と速の両立にある
156 ななしのよっしん
2021/10/05(火) 12:31:51 ID: TYrroBWcAj
エルメスブラウブロにべると
本体も(足のAMBACこそないけど)MS的な運動もあり、本体の攻撃もかなり高い
結局、MS, 非NT用の高加速MAや高火力MA, NT用MAの折衷的機体といえる
そういう意味では高性にまとまってんじゃないの
単純に「これが強いならインコムボールメビウスゼロ)で済む」とはならない
157 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 20:12:03 ID: k+/L5PHQc9
一年戦争当時のサイコミュ兵器アドバンテージは有視界戦闘を強いられる環境下で遠距離から探知されずに攻撃出来ることにあったわけで、アムロという例外的な存在さえいなければブラウ・ブロエルメス系の優位は崩れず、小宇宙から攻撃機が発進するタイプ兵器にもっと注が集まっただろう
そういう意味でジオングの立場は十分メビウスゼロに近いと思うがなぁ。中近距離戦を想定した、モビルスーツの特徴である格闘用装備の撃特化機体なわけだし
158 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 01:03:25 ID: TYrroBWcAj
アムロがいたからエルメスのさらに先をめた、というより
むしろNTNT用機も戦闘運用に未知の部分が多すぎたから、割と手あたり次第に作られていて
その中にこのジオングのような究極NT用機、MS,MAの性を結集したような案もあったんじゃないかな
(いやアムロに対抗して短期間でって方が昔のロボットアニメらしいけどね)

生設定ではあるけど、ジオングの元のビショップ計画機自体は(旧キットのMSN-01のインストによると)ブラウブロと並行して作られている
他に「中戦闘機」の試作機があったらしい。大きさから考えてエルメスとはまた別にあったことになる
159 ななしのよっしん
2021/10/31(日) 20:27:49 ID: k+/L5PHQc9
一年戦争後のサイコミュ兵器モビルスーツオプション的扱いになったのはアムロが原因で、ガンダムによる戦果がければモビルスーツという分類自体が消えていたのではないか、という意図
例えばジオングのマニュピレータは見かけ上は手に見えるけど全にビーム兵器だし、モビルスーツという分類から逸脱しかけてると思うんだよね
言葉足らずで申し訳ない

あと「脚を付けることで性が劇的に上がる」のでないなら、やっぱりボール的なポッド代替なんじゃないかなぁと
160 ななしのよっしん
2021/11/01(月) 01:30:19 ID: TYrroBWcAj
まあだいたいわかる
ブラウブロや中戦闘機(有線遠隔)、エルメス遠隔)、ジオングやビショップ計画(MSとの複合で中距離対応)の案が並行していたとしても
仮にアムロと遭遇するなんて事態になっていなければ前2者の方がNT兵器の運用としては有効に思えるし、戦後には3番は消滅してたろうってことだよね

ただブラウブロやエルメスが有効だったのも、ブルやララァのが卓越していたってせいもあるし…
ゲームとかには何人もこれらを操れるNTが出てくるけど、初期設定では他のNTパイロット暴走・失敗していて、NT兵が量産できて同じ戦果を挙げられる保はない)
アムロさえいなければってのもララァさえいなければと同様の仮定にすぎない気もする