編集  

マジカル頭脳パワー!!単語

マジカルズノウパワー

マジカル頭脳パワー!!とは、1990年10月27日1999年9月16日に放送されていた日本テレビ系列クイズ番組である。
通称「マジカル」。

1990年代日本テレビ黄金期を支えた番組の一つ。

概要

これまでのクイズとは違い、解答者の頭の柔らかさを競い合っていくクイズ番組である。

会は板東英二日本テレビ女性アナウンサーが「マジカル・オペレーター(アシスタント)」として板東と共に進行する。初代は木村優子で、2代目永井美奈子はこの番組で一躍人気となった。また、この番組の問題読み(兼ナレーション)は森功至ナレーションとして来宮良子などが起用されていた。

初期は「あるなしクイズ」や「マジカルミステリー劇場」など、数々の人気コーナーがあった。また、中期には「マジカルバナナ」や「マジカルチェンジ」などのコーナーも誕生し、視聴率が常に20%ほどある人気クイズバラエティ番組であった。

1980年代末に日本テレビ内部で裏番組打倒を標に企画された「クイズプロジェクト」で番組の一つで、番組開始当時強な裏番組として君臨していた「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(TBSテレビ)を倒すという使命を与えられ、土曜20:002054で放送を開始を開始した。開始後半年で視聴率争いのしい土曜8時で15あまりの視聴率を獲得するようになり、「ごきげんテレビ」や「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」(フジテレビ)などと熾な視聴率闘いを繰り広げることとなる(土8戦争)。
しかし、のナイターシーズンとなるとドル箱番組として日テレを支えていた巨人戦ナイター中継の放送が優先となったため、人気があるのになかなか放送できないジレンマに苦しめられることとなる。の影を受けない東京ドーム巨人戦に加え、甲子園広島のビジターゲームの一部も中継したため、土曜日は他の曜日以上にナイター中継で通常番組がつぶれやすい曜日であった。
このため、1994年4月からは放送時間をナイター中継が較的少なかった木曜19:542054に変更している(後年開始時間は変動あり)。この編を機に1970年代1990年代日本テレビの特別番組として定着していた「木曜スペシャル」を終了させ、「マジカル」移動後の土曜に新たな特別番組スーパースペシャル」を設置し、ナイターシーズンでも通常編成時の影が少ない編成に切り替えることとなった。

木曜移転を機におこなった、いわゆる開始時刻の「フライングスタート」の採用はゴールデンタイムの番組では最初とされている。

得点を「頭数」と呼び、この頭数が1000点をえると、「マジカルミステリーツアー」と題し、獲得した解答者が世界旅行一週間楽しめる賞品が存在した。また、1000点に行かなくてもトップだった場合、当初は「世界の一流ステーショナリグッズ」と称したブランドものの文房具、後期は商品券10万円分がトップ解答者に「トップ賞」として送られていた。
このミステリーツアーを獲得するのに所ジョージはかなり苦労していた。最後の「エラーを探せ!」までで700点台と、あと一歩でミステリーツアーの所を、正解した間違った所を当てた際に出た頭数が240だったり250だったりで、「990点」となる時もあった。久々1000点をえた際にはとてつもなく喜んでいた。

レギュラー解答者のうち、特に長らく1に座った所ジョージの解答の仕方は有名で、問題開始後素く正解に導いていった。中には問題を見ずに正解をするという、チートと思わせるような場面も見られた。あまりの所ジョージの凄さに、番組は「板東VS所」「出題スタッフVS所」の様相を見せ、どんなに難易度を高めたり、プレッシャーをかけても飄々と好成績を上げる所ジョージ視聴者は驚き、板東英二は苦笑いし、スタッフは素でうめいた。一方、「あるなしクイズ」などでは視聴者からの投稿問題も採用され、その問題で所ジョージの正解が遅かった場合は出題した視聴者サインプレゼントされることもあった。逆に、最終で当時上したてだった間寛平解答を連発していったが、たまにトップ賞を取るような回もある。最終回の1回前に間寛平が悲願のミステリーツアー獲得を達成している。

番組の顔として存在した所ジョージの降1997年の大幅編をに視聴率は低迷して行き、ゲームコーナーの大幅増加や裏番組に「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ)や「うたばん」(TBSテレビ)など人気番組が移動してきたため、1999年に番組は終了。
この番組終了の際に関東地区の視聴率を基準に打ち切りを断行したため、まだ較的好調な視聴率だったネット局側と日テレの間に轢が発生したとされる。

番組終了後もファンからは根強い人気があり復活を希望するも多いが、番組終了2年後の2001年に復活スペシャルが1回あったきりである。2012年からは「マジカルコンセプトを受け継ぐ」として「快マジかるハテナ」が放送されたが、番組内容がマジカルとは似ても似つかないものだったため不評であり、1年ほどで打ち切りになった。

番組史

放送された9年間を区切るとこうなる。

大まかに1990年1993年を初期、1993年1997年を中期、1997年1999年を後期とすることもある。

出演者

司会

主な解答者(番組ではパネラーと呼ばれた)

所ジョージ(1990年-1996年10月) 板東と並ぶ「マジカルの顔」。1レギュラー板東との丁々発止のやりとりはマジカルの名物であり大きな魅となった。上述のとおり抜群の頭の切れの良さを見せる一方、わざとボケ解答をして笑わせることもしばしばあった。番組スタッフとの轢が原因で降したが97年に一度だけ復帰。2001年の復活スペシャルで正式に復帰し相変わらずの切れの良さを見せた。

千堂あきほ(1991年-1995年10月) 当初は準レギュラーだったが後に2代目の2レギュラーとなる(初代2レギュラー田中律子)。出演を重ねるうちに所をも脅かす好成績を残すようになり、所の対抗となる。「エラーを探せ」にて高得点のエラーを発見し、所のミステリーツアー獲得(1000点突破)を阻止することもしばしば。好成績を残しつつも自身はなかなか1000点に届かなかったが第111回にて念願の1000点突破を果たし、感動の涙を流した。

俵孝太郎(初回-1995年3月) 3レギュラー。今にいうとインテリ。「あるなしクイズ」「回転ワードクイズ」では所をもぐ好成績を残すこともあったが、当時の若者文化には弱く-50で居残りになってしまうことも多かった。初期の頃はしぶしぶ出演していたと後に本人は振り返る。

間寛平(1991年-最終回) 最後レギュラー。今にいうとおバカ。他レギュラーが高得点を残す一方で寛だけはゲスト回答者とマイナス得点ということも多かった。一方で千堂と同じく「エラーを探せ」では所のミステリーツアー阻止する活躍を見せるなど、まさに大穴の存在であった。寛にとっては全ネットでの初レギュラーであり、この番組が東京でもブレイクするきっかけとなった。

主なコーナー

初期

中期

後期

ゲーム化

トミー(現:タカラトミー)がボードゲームとして過去に7種類発売している。年に1度のペースで発売しており、全部持っていると番組の変遷や各コーナールールが分かる。

また、セガによってアーケードゲームとしてゲームセンターに置かれていたことがあった。

その後、プレイステーション家庭用ゲーム機で発売され、2008年末にニンテンドーDS版として復活した。

関連動画

関連マイリスト

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E9%A0%AD%E8%84%B3%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%21%21
ページ番号: 4142626 リビジョン番号: 2485740
読み:マジカルズノウパワー
初版作成日: 09/08/18 00:52 ◆ 最終更新日: 17/05/03 10:06
編集内容についての説明/コメント: 関連動画追加、見れなくなった動画を削除しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ナイショ

マジカル頭脳パワー!!について語るスレ

75 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 17:23:53 ID: JEY69ueZY/
ダメだ、何か書き込もうと考えていたなのだが、ブロッコリーの白いのだとか、さしみ回転だとか、産物がいっぱい獲れるオレゴン州だとか、所さんの解答を思い出してがよじれてどうでもよくなったw

Wikiによれば、スタッフ側がめるテンポの良さに対し、所さんは出演者同士のやりとりを大事にしたいだとか、面い演出を気に掛けていたようだな。インスピシャウトに関しても、そりゃ冷静に解答すりゃ間違いなく正解するだろうけれど、あえてヤマをった方が、間違ったとしても盛り上げられるし、その意味で解答は所さんなりの工夫の産物だったのかもね。
76 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 17:38:10 ID: 4URip9QSFL
初期中期辺りのガチだった頃は最高に面かったけど
途中から突然ぬるくなってつまらなくなった記憶がある
やっぱり勝負事はガチンコじゃないとダメだな
77 : ななしのよっしん :2014/09/17(水) 21:26:25 ID: I+lJe3WPiM
既に言われてるけどマジカルバナナの功罪からおかしくなっていったな
末期は頭も大して使わず視聴者置いてきぼりの芸人の宴会と化しても当てられなかった
78 : ななしのよっしん :2015/08/18(火) 03:11:44 ID: gQ8Cih9hSa
バナナ自体は嫌いじゃないけど結果的にあれを皮切りに一気にクイズとしてのレベルが下がってったよね。
良く言えばでもできるような、悪く言えば頭をひねることもなく大して差がつかないゲーム(そもそもクイズじゃなくなってる)が多くなった。
マジカルのすごかったところは当時小学生だったでも見てて楽しめたけど、まともに当てに行こうとすると大の大人でも真剣に頭使わせるようなガチで凝った問題ってたところだと思う。
そしてそれを気で当ててく所さんは見てて気持ちよかったw

無双状態からなるべく点数を坦化させたり、子供でも理解しやすくしたかった意図はあったんだろうけど後期のあのタレントがただガヤガヤしてるだけの感じ見てるとちょっとね・・・

所さん降してから全に終わったのは間違いない。よく言われるけど今田も頑ってたのは確かだけど存在感として所さんには遠く及ばなかった。
クイズがほぼなくなって解答で魅せることができなくなった中後期になってもインスピの回答だったりで盛り上げようとしてる姿勢が強く感じられたし、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
79 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 00:55:35 ID: tikR8Rmunb
晩節を汚したってやつか…良くも悪くも影のどでかい番組だったからなあ
まあどうしてもパズル系のクイズネタに限りがあるから、ある期間を越えるとそうなるのも致し方ないのかもな
少し話は逸れるけど、レイトン教授とかも最終盤は本当に苦しそうで「もう理すんなよ…」と思ってしまったことを覚えてる
80 : ななしのよっしん :2016/11/17(木) 03:33:04 ID: OvKoNzzHJR
極細松茸もどきは覚えてる
81 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 20:34:33 ID: EYF4OtH3QF
振り返るとあの間違い探しスローモーション映像とかかなりシュールだったな。MADとか想起するから今あれ見たら吹きそうな気するわ
82 : ななしのよっしん :2017/02/26(日) 20:33:21 ID: ychKHhbDV1
裏打ちクイズで「前は〜こ、では後ろは?」って問題が出た時に飯島愛が「前はナイショ、後ろはお尻」って答えて会者二人が慌ててた想い出
83 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 18:40:04 ID: Lad5sfsiTX
八百長臭い回も多かったけど、昔はああいう馬鹿馬鹿しさで世の中の仕組みを学べたのに
今は八百長臭の薄い番組ばかりで全然面い。
実は今もやってるんだろうけど分かり難い八百長で嫌になる。
子供達はの底から大笑い出来るし大人は作り手の作為にニヤリと出来た。
84 : ななしのよっしん :2018/11/06(火) 14:46:28 ID: bPQN184q72
マジカルバナナとかはクイズ作らなくていいから制作が楽なんだよな
楽して番組を作るようになったら飽きられて視聴率下がるってのは現在まで変わってないな(そして同じ轍を踏んだ番組の多いこと)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス