太宰治単語

ダザイオサム
  • 9
  • 0pt
掲示板へ

太宰治(だざいおさむ 1909-1948)は、日本作家である。

村上春樹が選ぶ「国民的作家10人」のうちのひとりである。

概要

太宰治

「恥の多い生涯を送って来ました。」

本名は津島修治。青森県出身の小説家
坂口安吾などと共に、戯作と称される。
東京帝国大学文学部文学科除籍。
在籍時、人妻心中を図ってに身投げするが未遂に終わる。(相手は死亡)
その後作家して井伏鱒二(『黒い雨』の作者)に師事する。
雑誌、同人誌などへの作品発表をを経て第1回芥川賞補に挙がるが落選。
相当なショックだった模様で選考委員の川端康成批判する文章を書いている。
以下引用

 

 

「私は憤怒に燃えた。幾も寝苦しい思ひをした。
小鳥を飼ひ、舞踏を見るのがそんなに立な生活なのか。
刺す、さうおもった。大悪党だと思った」

また、この時選考委員に対して「芥川賞を下さい」という内容の手紙を送っている。
芥川賞(というよりも芥川龍之介)に対しては相当な思い入れがあったようである。
以下引用

佐藤さん一人がたのみでございます。私は恩を知って居ります。
私はすぐれたる作品を書きました。
これからもっともっとすぐれたる小説を書くことができます」(佐藤夫宛書簡)
「何卒 私に与へてください。一点の駆引ございませぬ」
「私を見殺しにしないでください」(川端康成宛書簡)

続いて第3回芥川賞にも補に挙がったがまたも落選。
この時の禍根で選考委員の佐藤夫に暴露話で絡む。
対する佐藤井伏鱒二と相談して物中と言う口実で太宰精神病院送りにする。

この間就職に失敗するなど他の不運が続き、自殺未遂を2度起こしている。
また、処女短編集として『晩年』という題名の本を出版。

戦時中(日中戦争含む)は『富嶽』や『お伽草紙』『走れメロス』等較的穏やかな内容の作品を書いている。
ちなみに真珠湾攻撃の一報を聞いた後の太宰感想が残っている。
以下引用

十二月八日。…どこかのラジオが、はっきりと聞こえてきた。
…しめ切った戸のすきまから、っ暗な私の部屋に、のさし込むように強くあざやかに聞こえた。
日本も今から、違う日本になったのだ」

戦後、退的な作へと変化し、『斜陽』『人間失格』といった没後に太宰文学徴と見なされる作品を書く。

昭和23年(1948年)女性心中を図り死亡享年39歳。

その作や生き方から2ちゃんねるニコニコ動画ユーザー的な皮相的exitから見ると中二病のような存在であったと言えるのかも知れない。 もちろん文学的才や業績は否定されるべきではない事を付け加えておく。 

代表作

ニコニコ大百科内に単語記事があるものは太字とした。

上記は現在パブリックドメインとなっており、青空文庫exitにてほぼ全て読む事が可である。

コロンビアの太宰治

ハーツオブアイアンIIにおいて、コロンビアの閣僚の画像をネットで探していたParadoxの開発チームコロンビアの総合参謀総長補カミロ・ダーサ・アルバレス氏の画像を検索中に名前の表記が近いことで引っかかった太宰治の画像を精せずに使っている。 しかも、太宰先生IIIでも元気に活動しておられるようである。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 9
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

太宰治

130 ななしのよっしん
2020/04/20(月) 18:28:17 ID: F4EHlxd0Fe
お悔やみ申し上げます

津島園子さん死去 太宰治の長女
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/342256exit
131 ななしのよっしん
2020/05/19(火) 17:22:10 ID: F4EHlxd0Fe
残念です。

太宰滞在の館「玉川」閉館 文化財 来から取り壊し 
https://www.sankei.com/life/news/200519/lif2005190041-n1.htmlexit
132 ななしのよっしん
2020/06/16(火) 12:52:07 ID: F4EHlxd0Fe
太宰の孫とか小説ネタになりそうな。何かしらの才受け継いだんですね。

芥川直木賞補決まる 太宰の孫の石原さんら
https://rd.kyodo-d.info/np/2020061501002050?c=39546741839462401exit
133 ななしのよっしん
2020/07/19(日) 13:46:21 ID: Vd+6JhK6TL
>>123
ダメな部分があるからこそ格化されるパターンもあるよ
少なからず太宰人間性が素晴らしいから格化とかではない

関係ない話だけど太宰治の郷愁はいわゆるBLなんだろうか
ブロマンスって方が近いかもしれないけど
134 ななしのよっしん
2020/09/03(木) 17:02:55 ID: WvmXIpooHC
初めて読んだ時に彼に殺意が湧いたけど、既に死んでるって知って安心したわ
135 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 09:40:19 ID: qBfJGV2GH1
自分でハラキリできない
136 削除しました
削除しました ID: 2H1gVYcneC
削除しました
137 削除しました
削除しました ID: 2H1gVYcneC
削除しました
138 ななしのよっしん
2020/09/21(月) 20:48:09 ID: 93Tx+v3+bY
>>136,137
その人の記事は自意識というものを軸に戦後日本、高度成長、バブル経済といった側面から太宰治について考察しているのが興味深かった
ただ、太宰治の気質は日本土そのものだと思うが、日本土という側面にばかりを向けているととらえどころのいような面もある
日本土に個人的によく似ていると思うのはイギリス文化。アメリカ戦後日本と似通っていると思われがちだが実際は全く異なっている(戦後民主教育アメリカ文化を模倣したのだから似通って見えるのは当たり前)
60年代、ビートルズ50年代ロックンロールに憧れながらもそれを視覚的にもサウンド的にも洗練させ親しみやすいものに変え、世間一般に大流行した(ブリティッシュインヴェイション)
20年後の80年代デュランデュランやカルチャークラブといったポストパンクバンド70年代パンクへの共感と反発からニューロマンティックというファッションサウンドの様式を造り出し、これまた大流行した(第二次ブリティッシュインヴェイション)
太宰治は西洋の芸術至上義をその文学
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
139 ななしのよっしん
2020/10/26(月) 20:10:41 ID: GW0XjiV1nQ
自虐風自慢したいだけのカス

おすすめトレンド