死刑執行中脱獄進行中単語

シケイシッコウチュウダツゴクシンコウチュウ

死刑執行中脱獄進行中とは、荒木飛呂彦漫画作品である。

概要

荒木飛呂彦の描いた短編漫画4作品を1つの書籍にまとめた作品集。
1999年11月24日に発売。2011年9月16日には文庫版が発売された。

扱われている漫画作品の中には荒木の代表作品「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する人物が出てくるスピンオフ的なエピソードも存在、外伝作品のような位置づけの作品となっている。

2015年11月にはなんと「死刑執行中脱獄進行中」の舞台が実現。同20日から、全各地で上演されている。荒木飛呂彦作品でアニメ化でも実写化でもなく、舞台となるのは今作が初である。演は俳優森山未來
作中には死刑囚の男ただ1人しか出てこないが、舞台には「ドルチ ~ダイハード・ザ・キャット~」の要素も入ってくるらしい。全く異なるシチュエーションの作品がどのように混ざり合うのか期待したいところ。

収録作品

死刑執行中脱獄進行中

本書の表題にもなっているタイトル

殺人事件を起こして死の判決を受けた主人公囚人27号。彼は高級マンションの一室のような奇妙な監へ収監される。しかしそこは、照明スイッチを入れようとするとが襲ってきたり、椅子に座ろうとすると折れた椅子断面が突き刺さるように出来ているなど、囚人27号は「この部屋は屋ではなく、自分を処刑するために作られた『処刑室』である」事に気づいていく。
そんな中彼は、部屋のを掘って奇妙なからの脱獄を決行するが・・・

荒木く、「死刑脱獄を同時にさせるというアイデアから思いついた、ひたすらサスペンスを描くために描いたサスペンス」であるとの事。作中には囚人27号以外に一人影も姿も見えない上、作品中で描写されている仕掛け以外にも様々な展開や考察を考えさせられるストーリー構成が特徴である。

ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット

どこかの上で転覆し、沈没を待つのみとなったヨットの上での、1人の男と1匹のストーリー

ガールフレンドと共にヨットへやってきた一級建築士・愛子。そしてその飼い猫ドルチ
しかしヨット事故で転覆してしまい、彼女溺死してしまった。成す術もなく救助隊を待ち続け、やがて線機も故障しも食料も尽きてしまう中、段々ととドルチの仲は険悪になっていく。
ついには、は生き延びるためにドルチを・・・

巻末のコメントによれば、「当時の担当編集者を『生活の上での心の希望なんだ』とまで溺愛していたため、『でもアンデス山中で遭難したら食べちゃうよ、きっと』と考えた意地悪な(自分の中の)性格が生み出した作品」とのことらしい。

岸辺露伴は動かない ~エピソード16:懺悔室~

ジョジョの奇妙な冒険・第4部「ダイヤモンドは砕けない」の登場キャラクター岸辺露伴ストーリーラーに据えたエピソード。「動かない」というタイトルには、『岸辺露伴り部なのであって、主人公ではありませんよ』という意味が込められている。

とある事故で叩きのめされ執筆を一月ほど休んでいた頃、露伴は取材のためイタリアへ赴きとある懺悔室へ入った際に一人の男が懺悔室へやってきた。露伴神父と勘違いしている男は露伴に対して懺悔の言葉をり始めるが、「体験は作品をリアリティに生む・・・」と考えた露伴は自分は神父ではないことを黙ったまま、その男の「恐怖と恨みのストーリー」にを傾けるのだった。

本編ストーリーの核心である人生幸せの絶頂を迎えた時に、過去の過ちや悪行の報いを受け絶望の底へ叩き落される」というテーマは、作品のストーリー仕立て(懺悔の男の、その後の人生)と合わせて多くの読者に恐怖やトラウマを刻んだ事だろう。これは巻末のコメントく、荒木子供時代にや祖から言われた「自分を叱る時の言葉」に由来しているらしい。

ちなみに2008年1月発売のジャンプスクエアでは、本ストーリーと同じタイトルを冠した「岸辺露伴は動かない -六壁坂-」が掲載された。その後も、「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」「岸辺露伴 グッチへ行く」など、岸辺露伴主人公としてスピンオフ作品が製作されている。
(参照→岸辺露伴は動かない
なお、後述の「デッドマンズQ」も同様だが、いわゆる外伝作品的な扱いであるため「ジョジョの奇妙な冒険本編中のストーリーとは直接の関わりはい。

デッドマンズQ

上記と同様に第4部の登場人物である吉良吉影主人公に据えた、スピンオフ作品。
スタンドと生前の記憶を失った吉良が、死してなおも幽霊として幽霊世界で「心の穏」をめて殺し屋として生活する日々の話を描かれている。

詳細はデッドマンズQを参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%BB%E5%88%91%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E4%B8%AD%E8%84%B1%E7%8D%84%E9%80%B2%E8%A1%8C%E4%B8%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

死刑執行中脱獄進行中

12 ななしのよっしん
2015/05/21(木) 13:24:27 ID: rJg1hECtdx
「ドルチ ~ダイハード・ザ・キャット~」の要素も入れる舞台化らしいな。
舞台向きに原作とは違う感じにもなるんだと思う。
それはそれで気になるから見に行きたいな。
13 ななしのよっしん
2015/06/08(月) 15:53:53 ID: W+lGF2QMuj
>>6
黙ってろよ浮浪者 てめえみたいなクズがいるからニート調子に乗るんだよ。く働けニート
14 ななしのよっしん
2015/07/03(金) 19:44:14 ID: oNePU3iTf8
懺悔室の何がすごいって聞かれたら、ポップコーンを上に上げて口に入れるって言うしょうもない行為を荒木らしい奇妙な戦いに昇する発想だと思う

15 ななしのよっしん
2016/02/19(金) 22:32:15 ID: Xe0DteB8eG
>>5
関係な召使い巻き込んでる時点で十分悪人だと思うんだがな
16 ななしのよっしん
2016/05/05(木) 20:46:48 ID: NXR5+0kBwX
懺悔室はキングの「痩せゆく男」が元ネタだっけか。
元ネタからして理不尽だから導入部がいささか強引になるのは仕方ないかもな
17 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 00:08:39 ID: OgcwJ7/gZS
>>15
でも自身の命がかかっていた以上、主人公にも同情はする
の他人を犠牲にして生きるか、死を選ぶかの二択だったら
万人が自分の死を選ぶとは思えん まして現状が幸せだし
なおかつほぼ逆恨みで殺されるなんてだったらごめんだ
18 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 00:19:35 ID: 7pVovMgHJ+
>>15
召使も騙したにしても整形してるんだから一応了承してたんじゃないの?
おどして理矢理整形させてた様には見えなかったし
19 ななしのよっしん
2016/06/05(日) 22:02:39 ID: mZtIPvgrWU
少なくとも持ちが召使に自分の変装させるって事は影武者だってことくらい了解してるだろう
ヤクザに殺されるかもしれないことくらいは覚悟してないと
ただ,弾で殺されることは覚悟してても超常現象に襲われることは覚悟してないだろうし説明もしてなかったから
それを悪ととらえるかどうかってのはあるかな

あと根本的な話としてで人をにする悪人じゃないのかってのもあるかも
20 ななしのよっしん
2016/06/05(日) 22:15:29 ID: QKLIXuF1am
善か悪かで言えば悪だが同情はするし責められない
生き延びるを懸命に模索した結果仕方なく選んだ
正義を執行する側も善人かといえば必ずしもそうではあるまい
21 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 00:28:36 ID: GJANdnC3eQ
>>13
バカだなぁ
呪われた原因は浮浪者の「五日間何も食べてない」っていう心からの言葉を信じなかった倫理的ケアレスミスであって、それ自体は全にあの男自身の落ち度だろ。相手の社会的身分とかカンケーねぇんだよマヌケ