池田大作単語

イケダダイサク
2.1千文字の記事
  • 192
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨

ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読み誹謗中傷や暴言・煽りレッテル貼り等を控え、ほんわかレスに努めてください。

ニコニコ大百科:楽しく過ごすためにの記事も参照のこと。

人物
池田大作
基本情報
生年 1928年1月2日
生誕地 日本東京府新井
没年 2023年11月15日
死没地 --
出身地 日本東京府新井
日本
本名 池田 大作(いけだ だいさく)
別名 --
職業・肩書 宗教家作家
備考・その他
人物テンプレートボックス

池田 大作(いけだ だいさく、1928年1月2日 - 2023年11月15日)とは、第3代創価学会会長を経て現在創価学会名誉会長である人物である。

概要

創価学園・創価大学アメリカ創価大学のほか、(財)民主音楽協会、(財)東京富士美術館、(財)東洋哲学研究所、牧口記念教育会、戸田記念平和研究所など教育音楽美術・学術の諸団体を創立した。

国家導者を初め、教育者、文学者、科学者、芸術家社会活動家などと会見を多数行ってきた。また、中国アメリカロシアなど海外大学・学術機関での講演もしてきた。

モスクワ大学北京大学、グラスゴー大学、デンバー大学など数多くの大学、名誉学術称号を受けており、その数は300える。

社会的に批判中傷されることの多い人物ではあるが、その実大半は虚構・デマである。

また『成 太作(ソン・テチャク)』と呼ばれ在日認定もされているが、明確な拠はなく、憶測の域を出ない。

2010年5月の場から姿を消していたが、2023年11月15日新宿区の居宅で老衰のため死去したことが、同年11月18日創価学会より発表された。享年95歳

生い立ち

著作

な著書に、小説人間革命』(全12巻)、『二十一世紀への対話』(A.トインビーとの対談)など。また、『さくらの木』などの童話や、『青春対話』など少年向けの著作も数多い。

識者との会見

池田氏は、教育者をはじめ、宗教家政治家など多くの識者と会見してきた。以下、その一部を紹介する。

エピソード

1974年9月、当時、中ソ間が険悪な状況にあって、それをを初訪問した池田大作氏は、コスギン首相(当時)と会見。そこで「ソ連中国を攻めますか」と、率直に尋ねたところ、「攻撃するつもりはありません」との発言を受け、訪ソ後すぐに中国へ赴き、中国の首にこれを伝えた。

1974年12月周恩来総理との会見が実現した。

1990年内義雄衆議院議長(当時)を長とする日本国会代表団がソ連ゴルバチョフ大統領を訪問。来日の日程を確定するつもりだったが、「北方領土問題」に触れたことで、先方が怒ってしまい、会談は中止に。その後、池田大作氏がゴルバチョフ大統領と会見することを知った外務省は、来日の日程を確定するように池田氏に要請。結果、来日が実現した。

1996年6月、池田大作氏は、キューバ共和国カストロ国家議会議長と首都ハバナで会見。常に軍服だった議長だが、この時は背広姿で会見に臨んだことが話題となった。

2007年4月、訪日した中国の温総理と会見。その際、「政治家ではなく庶民の王者と会ってください」とった。

会合で漫才を披露した久本雅美に向って、池田氏が「おもしろかったね」とをかけた。久本雅美は感のあまり「頭がパーンとなった」(本人談)という話がある。

関連動画

補足

ニコニコではドラマーとしても高い実を持ち、一部のファンからは根強い人気がある。

関連項目

創価学会会長

第2代 第3代 第4代
戸田城聖
  1951~1958 
池田大作
1960~1979
北条浩
1979~1981

創価学会名誉会長

- 初代 第2代
                 -                  池田大作
      1979~          
    -     (    -    )
 - 

【スポンサーリンク】

  • 192
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

池田大作

799 ななしのよっしん
2023/12/04(月) 11:37:00 ID: dmK7cgjg+B
>>798
日蓮の生まれ変わりというのは創価アンチがでっち上げたネタだが(700年ぶりだねぇ笑)、テチャク先生タヌキ親父家康生まれ変わりという説は面いですね 家康と同じで自分が死んでもちゃんと機する組織を世界中に作り上げたテチャク先生は大したもんだと思う 

教祖が死んで組織がガタガタになってるエルカンターレのところみたいなヘボ宗教とは一味違うということだね(一般の新興宗教はこっちのほうが圧倒的多数)

テチャク先生が開祖ではないという点が大きいのかも知れませんね(創価学会で開祖になるのは牧口常三郎だがこちらも信徒代表で教祖ではありません)
👍
高評価
2
👎
低評価
0
800 ななしのよっしん
2023/12/04(月) 11:45:50 ID: dmK7cgjg+B
ちなみに千葉・清澄寺の250年のを見て「700年ぶりだねぇ」とテチャク先生ったという元ネタ創価顕正会よりも先に日顕宗から破門された正信会(しょうしんかい)の書籍みたいですね

まあ確かにテチャク先生が言いそうな言葉ではあるんだがそもそも富士門流(日蓮正宗)と敵対している身延(日蓮宗本山)の系統の清澄寺に当時日蓮正宗の信徒総代だったテチャク先生が行くわけないだろ!という話です ネタとしては面いんだけどねぇ…山がありがありがありねぇ
👍
高評価
3
👎
低評価
1
801 ななしのよっしん
2023/12/11(月) 22:32:07 ID: qh0ZI4y7Pt
師匠たる戸田城聖日蓮正宗の熱な信徒だったのだが、大石寺との関係を破綻させたこの人はどうしても組織を私物化したように見えてしまう。
池田個人だけの責任ではないのかもしれないが、創価学会の設立経緯や存在意義を考えれば、大石寺側に逆らいようがなかったはずだ。
👍
高評価
2
👎
低評価
0
802 ななしのよっしん
2023/12/16(土) 09:36:56 ID: qT9OHBcKjN
>>800
学会正宗は身延系の寺に行けないというのもウソ
信仰の対として「参拝」するのはダメだけど、他宗の実情や日蓮の史跡を「見学」するのはOKらしい
日蓮が生前にいた場所は、誕生寺も清澄寺も本門寺も身延の寺になっちゃってるから全面禁止すると支障が出るというご都合主義
修学旅行なんかで神社閣に行くのもあくまで見学だからOKという見解

http://monnbutuji.la.coocan.jp/syakbk/296.htmlexit
👍
高評価
2
👎
低評価
0
803 ななしのよっしん
2023/12/16(土) 10:36:46 ID: qT9OHBcKjN
>>800
清澄寺に行くこと自体はおかしくないよ
日蓮正宗は「参拝」はダメだが史跡の「見学」として他宗の寺に行っていいと言ってる
誕生寺や本門寺に行くなと言ったら日蓮の生誕の地も最期の地も見られないというご都合主義だけど
http://monnbutuji.la.coocan.jp/syakbk/296.htmlexit
👍
高評価
2
👎
低評価
0
804 ななしのよっしん
2023/12/19(火) 01:05:33 ID: YQC3McUwW3
創価の人は鳥居くぐれないって噂聞くけどどうなんだろうね。女優井上央さんも創価学会の熱心な信者さんって噂あるけど普通テレビ神社に参拝してたし実のところ個人判断で緩いのかな。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
805 ななしのよっしん
2023/12/24(日) 23:19:45 ID: dmK7cgjg+B
>>801
調べてみると2代目会長戸田城聖氏が現在の信徒(学会員)優先路線という方向を考えていたみたいですね
池田大作氏は(私利私欲うんぬんはおいておくとして)単に戸田氏の路線を実現させただけっぽいです

>>802-803
重な情報ありがとうございます ただし当時創価学会会長だった池田氏が清澄寺参りなんかやったら学会系のメディアが隠すわけがないと思うんですよね…日蓮の生まれ変わりの池田氏が250年の千年と700年ぶりに再開する話はネタとしては大好きなんですがウソいかんでしょ

>>804
随分前の話ですが石原さとみさんは2004年成田山新勝寺で豆まきやってましたので破門後の「謗法(ほうぼう)容認路線」では学会員が他宗教イベントに参加するぐらいはOKみたいですね

「一度でいいから見てみたい マチャミが豆をまくところ」こんで~す!
👍
高評価
3
👎
低評価
2
806 ななしのよっしん
2023/12/25(月) 20:10:15 ID: F5ABvtae/I
ロケや仕事神社閣を参拝したり、豆まきイベントに参加してる芸術部の芸能人って結構多いけどな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
807 ななしのよっしん
2024/01/16(火) 01:40:43 ID: Bx6Ogtvlk9
Wikipediaに掲載されてる写真を見ていると、2010年時点で脳梗塞を患っていた感じがした
恐らく後遺症が残って、著述もまともにできていたのかも疑問に思うな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
808 ななしのよっしん
2024/01/18(木) 14:08:06 ID: ExyhfGIZoK
犬作先生、次に生まれ変わる時にはにでもなってくださいね
叩き潰してやるからよ、ケケケwwwww
👍
高評価
3
👎
低評価
1

急上昇ワード改