艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女単語

ツムジカゼノショウジョ

艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女とは、DMMブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~」のコミカライズ作品である。著者は山崎かずま、横島かなめ。出版はKADOKAWA/アスキー・メディアワークス

概要

艦これキャラクターのひとり、島風主人公に、朝潮をはじめとした他の艦娘や、2人の人間を中心として、人類を脅かすの敵「深海棲艦」との戦いを描く。なに? 朝潮のほうが主人公してるって? 全3巻。

電撃マオウにて2014年2月号~2016年4月号にかけて連載。連載中ただの一度として休載せずに完結まで走りきった。まさに島風のごとくゴールまで一直線に駆け抜けていった漫画である。

アクションあり、水着回あり、駆逐艦パンモロパンチラあり、お風呂シーンありの成長物語である。

ストーリー

突如として世界に出現した兵器群。所属・的・生態どころか生物機械かすら判明していないその敵により制権は奪われ、世界事実上の鎖国状態に陥った。人類はこの敵たちを「深海棲艦」と呼称。対抗すべく「艦娘」を開発した。

その艦娘を運用する鎮守府のひとつ、舞鶴鎮守府に転属が命じられた一郎少尉は、少女でありながら兵器でもある艦娘という存在に戸惑いながらも、時に衝突し、時に泣き、時に笑って、彼女たちと確かなを結んでいく。だが彼ら彼女らのたる舞鶴鎮守府に、最強の敵戦艦レ級」の魔手がび寄っていた……。

登場人物

艦娘

「かんむす」と読む。深海棲艦に対抗できるを有した少女面上を滑るように移動し、魚雷といった武装を以って深海棲艦と戦う。

などが存在する。設定上は「戦艦」もいるようだが、本作には登場しない。

鶴翼の絆』のような軍艦の魂が転生したものなのか、『陽炎抜錨』のように人間少女が訓練や改造を受けて艦娘となるのか、あるいはそれらとも異なる設定なのかは明言されていない。

島風

「私は島風!! この名は…! にも追いつかせちゃいけないのよ!」

本編主人公。本作に登場するほかの艦娘たちと同様に舞鶴鎮守府第七艦隊所属。

クリーム色がかった長い白髪に、ウサギのようなカチューシャへそ出しルックのセーラー服、履く必要性があるのか疑われるほど短いプリーツスカート紅白サイハイソックスに、全に見えている紐パンという奇抜な格好をした少女。艦種は「駆逐艦」。

最大速40ノットという世界最速の俊足を誇るが、それゆえ自身の速に非常に高い持を持っており、艦隊行動の際も一人だけ突出して他の艦娘たちを置き去りにし、あまつさえ遅いほうが悪いと居直るため、扱いのむずかしい問題児の烙印を捺されている。速を活かせない命にはを貸さない。

彼女の気性と、姉妹艦が存在しない遇から、第七艦隊でも浮いており、その孤独がますます彼女を頑なにしてしまっている。

対照的な性格の朝潮とは反発ばかりでと油のようだったが、ともに戦っていくうち、島風も徐々にではあるが変わっていくこととなる。

朝潮

「はいっ、了解です! 先生!」

第七艦隊所属。もう一人の主人公。艦種は「駆逐艦」。

謹厳実直、儀で実体。規則至上義。軍務中はもちろんのこと、制服の着用から日常生活まで規則に従い、違反をなにより嫌う。それは自身だけでなく他者に対しても同様で、中将が勤務中に飲していた際には新顔であるにもかかわらず務規程違反だと堂々と苦言を呈していた。こと島風には手を焼いており、ことあるごとに喧を繰り返している。島風からの名は「優等生」。

初対面のときから井に好意的であったが、彼が教職をしていたことを知るとかせ、「先生」と呼んでさらに慕うようになる。うらやましい

歳相応の遊び方を知らないのか、水着を持っていなかったようで、第七艦隊の面々で浴に出かけた際には潜水艦用のスクール水着を着用していた。なおゼッケンに名前が書かれていなかったので、水着を着たまま井にマジックペンで記入されることに。うらやましい

を着て歩いているような艦娘で融通がきかない性分だったが、おなじ駆逐艦同士であることからバディを組むことが多い島風との共闘、井や崎とのふれあい、戦艦レ級との邂逅などを経て、彼女もまた大きく成長することになる。

余談ではあるが、ある部分が島風よりも小さいようだ。

夕立

「さぁ今日も元気にー? レッツ! パーリィ~!」

崎と既知の間柄の艦娘。艦種は「駆逐艦」。物語開始時は外地に派遣されていたようだ。第6話のラストで初登場し、第7話で島風朝潮演習に途中から乱入のようなかたちで参加。

「~っぽい」が口癖の飄々とした陽気な少女だが、その練度と戦闘技術は一流で、たった1人で敵巡洋艦および駆逐艦あわせて5隻を撃破したこともあるという猛者。魚雷を投擲したり、また相手を蹴った状態で太ももマウントされている魚雷発射管から接射するなど、変則的ながら実戦で鍛えられた驚異的な戦闘力島風朝潮を圧倒し大破させた。初対面の島風ボコボコにする容赦のなさはまさにソロモンの悪夢である。

島風らび朝潮の性格面からくる弱点を見抜いており、彼女は2人のえるべきとして、また頼れる仲間として暴れまくるっぽい。

登場した時点ですでに改二となっている。

加賀

空母としては…少々屈辱的です」

本作に登場する一の「空母」(おまけ漫画では龍驤が登場するが、本編では絡まないため)。冷静沈着で寡黙だが、島風たちが夜戦で死闘を繰り広げたときには、艦載機が飛ばせないゆえに戦闘に参加できないわが身を呪い「せめてになれれば」と悔しさを滲ませるなど、情を隠し切れない一面も。

脱ぐと島風らが呆然とするほどの豊満な肢体を持つ。ゲーム本編の丈が長い。

また、なぜか彼女の艦載機だけ作画適当えらくデフォルメされていることがある。

愛宕

「こ…の距離なら…狙いなんていらないものね…!」

崎の秘書艦を務めている「重巡洋艦」。制服の上からでもわかる巨乳くびれむっちりしたヒップを誇る。

朗らかな性格で常に笑顔を絶やさない。崎のよい飲み友達でもあるようだ。ただ最近は相伴がすぎてふくよかになりつつあるとかないとか。

高雄羽黒とともに第七艦隊の重な水上打撃戦

高雄

としてはもうちょっとしっかりしてほしいんだけどナー」

愛宕で、彼女秘書業務の補佐も務める「重巡洋艦」。

愛宕同様の巨乳の持ち。しっかり者で、やや自由奔放なところがある愛宕のよき女房役。

羽黒

「私にみんなを守る勇気を…!」

引っ込み思案で人見知りしい「重巡洋艦」。末っ子のようで、たちは外地で戦っているらしい。ちょくちょく手紙が送られてくることからたちに大事にされていることが伺える。

臆病ですぐに涙を見せるが、一度火がつくと全門を弾切れになるまでぶっ放す。愛宕いわく「この子は怒らせちゃダメね……」

人間

本作に登場する人間は軍関係者のみであるが、第15話で朝潮らがに出て甘味を注文していることから、民間人が輸入品の塊である菓子を販売できる程度には人口が維持され経済も機できているようだ。

劇中で名前のある人間は2人のみ。

赤井誠一郎

先生と呼んで慕ってくれる子たちを信頼しない教師はいません」

階級は少尉。彼が舞鶴鎮守府への転属が命じられたところから物語は始まる。朝潮と出会ったときの反応からするに、それまでは艦娘の実物をにしたことがなかったようだ。

心根は優しく実だが、若さゆえに経験が足りず、ただでさえ少女であり兵器でもある艦娘という存在にどう接すればよいか苦慮しているうえ、問題児島風に振り回され、気の休まらない日々を送ることになる。

艦娘と違ってに出て戦うことができない代わりに自分にできることを精一杯やろうとする好青年鎮守府を襲う未曾有の危機を乗り越える過程で彼自身も成長していく。

軍に志願する以前は教職を志していたという。

青崎すみれ

井…わかるか…これが上層部だ。私を肥やしたどもの巣だ」

舞鶴鎮守府を取り仕切る。舞所属の艦娘たちの最高指揮官であり、すなわち提督である。階級は中将

平和をなによりする妙齢の女性。だが先々を憂い、軍人としての勤めを果たすためなら自身の命も顧みず、一方で艦娘たちの身を案じる優秀な指揮官である。

第七艦隊の艦娘たちにとっては上であると同時にのような存在であるようだ。

深海棲艦

人類の敵。正体も的もいっさいがに包まれている。

駆逐イ級らしきものも多数登場するが、明確に名称が呼ばれるのは戦艦レ級のみ。

戦艦レ級

たった1隻で鹿屋基地を壊滅させた、恐るべき性を持つ深海棲艦戦艦と名がつくが空母のごとく艦載機を多数運用できる。その航空加賀すら駕するほど。ただしゲーム本編と異なり撃をおこなう描写はない。

戦闘力はすさまじく、総力戦を挑んだ第七艦隊と単騎で互以上の戦いを見せた。

敵を攻撃するためなら味方を巻き添えにすることも厭わず、なおかつ狂ったように笑うなど、常軌を逸した行動を見せる。

戦艦レ級朝潮がともに敵味方であることを知らず邂逅したことから物語は大きく動き出すことになる。

関連動画

艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%89%A6%E9%9A%8A%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%81%97%E3%82%87%E3%82%93%20-%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C-%20%E5%B3%B6%E9%A2%A8%20%E3%81%A4%E3%82%80%E3%81%98%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女

1 ななしのよっしん
2016/04/24(日) 23:49:28 ID: IynITP2vWl
これも近々終わりそう…
2 ななしのよっしん
2016/04/25(月) 00:04:48 ID: iL0IKhh9wK
>>1
終わりそう、じゃなくて、すでに完結して最終巻になる3巻も発売済みだよ
3 ななしのよっしん
2016/05/01(日) 15:33:39 ID: Lzn3Yth5E1
提督「速きこと島風の如し……か……似ているのは速さだけだな……」には色々捉えられる
4 ななしのよっしん
2017/09/08(金) 22:49:08 ID: D4maHAcAom
3巻ってのが何か物足りないな

急上昇ワード