2027単語

ニーマルニーナナ

2027とは、株式会社JPSが開発、株式会社トレードが販売した5号機のパチスロ機である。なお、このページでは以下の4機種を解説する。

  1. 2027(ニーマルニーナナ) - 2007年7月導入。2027シリーズの原点である。
  2. 2027X(ニーマルニーナエックス) - 2008年3月導入。2027マイナーチェンジ版。
  3. 2027Ⅱ(ニーマルニーナセカンド) - 2009年8月導入。2027の後継機種。
  4. 2027ⅡNEO(ニーマルニーナセカンドネオ) - 2010年4月導入。2027Ⅱマイナーチェンジ版。

他にも同社から発売され、同じようにバトルモード中にストーリーが展開されていく「タイムリミット」も存在する。

2027・2027X

概要

2027では、ボーナスレギュラーボーナスしか搭載されていない(獲得枚数28枚)。

その代わりに、バトルモードと呼ばれるART(アシストリプレイタイム)でメダルを増やしていくシステムを採用している。詳しくはWikipediaの2027のページexitを参照されたし。

基本的なシステム構造

2027では、ART突入のタイミングが一般的な機種とは全く異なる。一般的なRTART搭載機種の場合、RTART突入タイミングボーナスの"消化直後"であるが、2027では、ボーナスの"成立直後"である。これは、5号機の検定システムを逆手に取った考えとも言える。

5号機の規定では、獲得役はリプレイボーナス→小役の順でリール制御の優先順位を決めており、成立した役は必ずどんな状態でも獲得すると決まっている文章があった。2027ARTボーナスを"える"ことで終了するので、検定時には内部的にはARTに突入していても、すぐにボーナスえられる状態にし、すぐにARTを終了させ、機械割をわざと低くし、検定で合格するようにしていたのだ。

ARTシステムについて

ARTに突入する条件は、内部に「高確率モード」「低確率モード」の2種類があり、"高確率モードにある状態"でボーナスが成立することによって突入するようになっている。

チェリー当選時の2835で高確率モードに突入する。その一方で、通常リプレイ成立の50%で低確率モードに転落する。ただし、通常リプレイでも稀に(5%)高確率モードに突入することもある。

ART20Gが1セットになっており、最大3000G継続する。801G以降にART継続抽選に外れた場合は、60Gのエンディング画面に移行する。各セット1G(1,21,41…)で継続するかどうかの抽選が行われている。継続率は最低70%~最大95%

なお、7・7・7いのスペシャルリプレイ(えることに失敗しても問題なく、チャンスリプレイってくれる)が成立した場合は、高確率・低確率に関係なくARTに突入する(その際、自動的にボーナスは成立している)。そして、継続率は95%が確定する。

ART中は1.8枚/1Gペースメダルが増えていく(メーカー公式発表)だが、実際はせいぜい1.5枚/1Gである。

潜航モード

チェリー当選時の60%で、「潜航モード」という特殊なモードに突入する。

なお、先述の高確率・低確率モードとは独立して作動している。なので、潜航モード中であっても、内部的に高確率モードに滞在していた場合にボーナスを引けばARTに突入する。潜航モードでは、小役の獲得でART継続率がアップする。設定が高いほど、継続アップの度合いも高くなる。更に、継続アップの度合いがもっと高まる「スーパー潜航モード」というモードも存在する。

継続アップの度合い(潜航モードの場合)
チェリー=1%,5%,10%
10枚役(7・ベル・ベル、7・ベル・ベル、BAR・ベル・ベル)=1%,3%,5%
のいずれかである。

役構成(2027・2027X)

2027と2027Xの違い

2027X2027マイナーチェンジ版である。基本的なゲーム性(打ち方等)は"初代"と変わらない。

初代とXを較すると、

  1. 機械割の変更
    設定1の場合、初代→約98% X→約95%
    設定6の場合、初代→約116% X→約118%
    と、荒波仕様に変貌している。
  2. スペシャルリプレイ(7い)の成立確率の変更
    初代→約1/1600~約1/800 X→約1/1800~約1/1200
  3. スペシャルリプレイ(7い)成立からのバトルモード継続
    初代→95%固定 X→95%もしくは98%
  4. バトルモードスタート時に敵キャラカットインが入る(Xのみの機)
    継続率期待度はマスター→el→K→ドブロフスキーの順。
    7成立+ドブロフスキーの場合はバトルモード継続98%確定。
    逆に、非7+ドブロフスキーの場合はバトルモード継続90%以下確定。
  5. ランプり方の変更
    面画面にて、筐体右下のレーダーランプ(通称:ペンタランプ)が点・点滅しなくなり、バトルモード突入するかどうか先に判別することが出来なくなった。ただし、両機種ともレバーオンと共に液晶右下にドット抜けが発生した場合は継続確定である。このドット継続時には必ず出る。
    筐体右上の「BATTLE MODE」のランプは、筐体左上の「JAC BONUSランプと連動するようになり、バトルモード中のリプレイ成立時には消するようになった。
  6. 小役確率の変更
    チェリー成立確率アップ(初代→約1/31 X→約1/24)したが、高確率モード・潜航モードのどちらにも移行しないチェリー(通称:カスチェリー)の確率アップした。
    ※内訳
    初代 高確率→約2835%、潜航→全設定60%固定、カス→約6~12%
    X 高確率→約2025%、潜航→約43~48%カス→約27~37%
    リプレイ成立時の高確率→低確率への転落率も変更された(初代→全設定50%固定 X→約40%~約50%)。
    10枚役の成立確率若干低下(初代→約1/11.8 X→約1/12.3)し、それに伴い、通常時の10枚役ナビも出にくくなった。

2027Ⅱ・2027ⅡNEO

概要

2027Ⅱゲーム性は初代・Xとは全く異なっており、ボーナス終了後のART体にして増やすタイプとなっている。
初代・Xでは必要だったメイン小役(10枚役)の押しは不要で、南国育ちR2のように最初に停止させたリールが関与する仕様となった。

ボーナス確率は約1/65と甘いが、それと引き換えに、バトルモード突入率が低く、更に、バトルモード継続率もかなり低い(約33%~)という欠点を持つ。なお、今作では押し順に規制がかかっており、最初に右ボタンを押してはならない。ペナルティとして10ゲーム間、バトルモード突入抽選を行わないなどの措置がある。

ボーナス

今作では、ビッグボーナス(7・7・7)とレギュラーボーナス(7・7BAR)の2つのボーナスが存在する。

ビッグボーナス150枚をえる払出で終了し、約112枚を獲得可ビッグボーナス終了後は100%バトルモードに突入する。バトルモード継続率は70%以上確定だが、ビッグボーナス成立時にフリーズ演出が発生すれば、バトルモード継続率は80%もしくは95%確定となる。

レギュラーボーナスは5ゲームの入賞もしくは遊技で終了し、約35枚を獲得可。高確率モード滞在中にボーナス当選バトルモードに突入するが、バトルモード継続率は33%,44%,55%,66%のいずれかである。レギュラーボーナス消化後の高確率モード突入率が約10%20%減している(初代・Xでは100%)。

内部モード

確率モードへはチェリーもしくはリプレイで移行し、このモード滞在中にボーナス成立でバトルモード突入となる。一方、低確率モードへは、リプレイ50%で移行する。なお、通常時に右リールを最初に停止してしまうと、強制的に低確率モードへ移行し、このあと10ゲーム間はバトルモード突入抽選を行わないので注意されたし。

ごく稀ではあるが、単独REG(チャンスリプレイ重複当選していない。成立確率は約1/300~1/400)は、約10%確率で低確率モード中でもバトルモードに突入する。

潜航モードへは一部のチェリーで移行し、小役入賞で次回バトルモード時の継続率の上乗せが行われる点は初代・Xと同様である。ただし、どれだけポイントを貯めこんでも、REGからのバトルモード突入の場合は66%えることはない。消費しきれなかったポイントは次回のバトルモード突入時に消費される。

追跡モードは、黄色緑色赤色画面の3つが存在する。黄色画面は通常時のチェリー入賞で突入し、潜航モードもしくは高確率モード滞在の可性が高い演出となっている。敵艦のロックオンに成功すればとりあえずボーナス確定。その後のバトルモード突入の可性も高い。一定ゲーム消化もしくはリプレイ成立で終了する可性がある。

緑色赤色画面は、もし面画面で潜水艦が浮上(前作ではバトルモード非成立・継続失敗確定)した場合でも、自バトルモードに突入させられるかもしれないチャンスゾーンである。緑色画面よりも赤色画面の方がバトルモードが潜伏している可性が高い。敵艦のロックオンに成功すればバトルモードもしくはボーナス確定。バトルモード非成立でも、20ゲームの間、成立した10枚役全てを取りこぼさなければバトルモード突入である。

バトルモード

今作のバトルモードは、初代・Xのように押しは必要ない。押し順ナビに従うだけで小役を獲得可。1ゲームあたり2枚(メーカー公式発表)というハイペースコインが増えていく。

バトルモード突入への順序は、ボーナス消化後チャンスゾーンに移行、その後チャンスゾーン中に押し順スクリュー(10枚役)を"取りこぼす"ことで突入する。

バトルモード中は、10枚役の押し順・リプパン回避押し順を全にナビゲーションしてくれる。このバトルモードは次回ボーナス成立までずっと継続する。バトルモードには継続率上乗せ抽選が存在し、バトルモード中にボーナスが成立したときに行われている。

リプレイリプレイリプレイうとARTが終了し、ATに転落する。ただしバトルモードから転落するわけではく、次回ボーナスまではリプレイ確率が通常通りに戻るだけである。ストーリーもそのまま継続していく。

役構成

入賞ライン

2027Ⅱいては、4ライン機となっており、
①左リール上段・中リール中段・右リール上段
②左リール上段・中リール中段・右リール下段
③左リール下段・中リール中段・右リール上段
④左リール下段・中リール中段・右リール下段
となっている。

2027Ⅱと2027ⅡNEOの違い

2027ⅡNEO2027Ⅱマイナーチェンジ版である。基本的なゲーム性(打ち方等)は""と変わらない。

NEO較すると、

  1. 機械割の変更
    設定1の場合、→約96% NEO→約96%
    設定6の場合、→約115% NEO→約109%
    と、機械割が低下している。
  2. トック概念の追加
    NEOより、BIGボーナス当選ARTトックが2個確定する(またBIGボーナスによりARTに突入するため、正確には3個)
  3. ARTの純増枚数の変化
    →純増約2.0枚 NEO→約1.5枚
  4. REGボーナス及びBIGボーナス終了後の高確移行率
    ボーナス後、一定確率(12%28:設定によって差が発生する)で高確に移行
    NEOボーナス後は必ず高確。
  5. ボーナス当選確率の変更
    設定1の場合、BIG→1/2370.67 REG1/67.7
    設定6の場合、BIG→1/2048 REG1/66.6
    NEO 設定1の場合、BIG→1/2978.9 REG→1/103
    NEO 設定6の場合、BIG→1/2259.9 REG→1/98.4
    と、当選確率が低下している。
  6. バトルモード初当たり時に、前回のストーリーの続きから見るモードが選べるようになり長い連チャンができなくてもストーリーを最後まで見られるようになった。

登場人物

初代にて登場した人物

2027Ⅱから登場する人物

用語集

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/2027

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

2027

7 ななしのよっしん
2010/08/12(木) 00:11:38 ID: 0eZPhMDeFg
2007年7月に発売されたメジャーどころは戦国2027エヴァまご、マジハロ…。
今思うと2007年7月は大当たりだったんだねぇ。
この時くらいから5号機は盛り上がり始めたしね。
8 ななしのよっしん
2010/09/05(日) 20:09:22 ID: dknaywUvcl
話をまとめてアニメorOVAを出してほしい・・・
9 ななしのよっしん
2010/10/20(水) 11:51:35 ID: vtO5Q8d9Pa
ART中は1.8枚/1Gペースメダルが増えていく(メーカー公式発表)だが、実際はせいぜい1.5枚/1Gである。

流石に1.6以上はあるわ。1.8も行かないのは確かだけど
10 ななしのよっしん
2011/10/24(月) 23:34:47 ID: 2MuDknzkj8
そういや続編()の話はどうなったんだ…お蔵入り
11 ななしのよっしん
2011/11/05(土) 23:13:00 ID: wsB6+PUQjs
2027ⅡCVなのか気になるんだけどね。前作はマウスプロモーション所属の人だったけど、ダメ絶対音感をお持ちの方教えてください
12 ななしのよっしん
2011/12/04(日) 09:50:41 ID: RznO1ezxMc
>>11
ティーナの声優沢城みゆき
他は聞いたことあるんだがわかんねえや
13 ななしのよっしん
2012/08/19(日) 00:00:24 ID: 90S1pi3rZO
新台PVクソ臭出しまくってるんだが大丈夫かね
別に3Dとかにしなくていいのに
14 ななしのよっしん
2012/09/24(月) 00:17:12 ID: cEJ/424fyl
>>13
スター「2Dより3Dのが掛からないからに決まってるだろ!言わせんな恥ずかしい
こちとら喧別れしてがねぇんだよおおおお!」
15 ななしのよっしん
2015/06/09(火) 01:34:36 ID: hh1kW6Dpzi
>>11
アプリで確認したから実機とは違う可性もあるがクリス世戸さおり(当時マウス所属)だと思う
今更すぎるしもうこのシリーズの需要がめっきりいが一応書いておく
16 ななしのよっしん
2015/06/30(火) 23:54:39 ID: WxmPh68jlp
どーでもいいことだけど、8101919ハッテンイクイク)と8108(ハッテンバ)の最大公約数が2027だったよ
か気づいたかなと思ってググってみたら、こんなとこに使われてる数だったんだね