今注目のニュース
オードリー若林、童心に帰ってガチャガチャを回し動揺「小学生のときと同じ気持ちなのに鏡に写った自分の顔は老けてる」
有吉弘行、いじめられた過去を告白「執拗に言われた」
「ムロアジとりに竿などいらぬ」→タモ網でガバーッ ある島民の漁法が豪快な理由とは

アクラ・ヴァシム単語

アクラヴァシム

掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アクラ・ヴァシムとは、MHFに登場する甲殻種のモンスターである。漢字表記は尾晶蠍(びしょうかつ)。
亜種アクラ・ジェビアがいる。

概要

甲殻種
アクラ・ヴァシム
別名
原種 尾晶蠍
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

MHFシーズン3.0(2008/7/2)にて実装された、漢字表記の通りサソリを模した大モンスター
名前の由来はその見たから「Acra(Acrab=アラビア語)+Bathym(大蛇の尾を持つソロモン72柱の一つ)」からだと推測される。

全身を固い褐色の外殻に覆われ、その下に様々な色へと変化する発性の体液を巡らせている。
シーズン3.0サブタイトルに変幻と付くように、体液の色が変化するのに合わせて攻撃パターンまで変化する。
MHF内においても戦闘ギミックの走りであり、後述のように結晶やられ、自分の尻尾を食べるなど後の他シリーズの先駆けと言った要素も持つ(後にそれらもメゼポルタの地に来ている)。

「アクラ・ヴァシムの書」によれば、温帯寒帯問わず幅広い地域で生息することができるようだが、ハンタークエスト間の砂漠のみとなっている。後のフロンティアクエストでは沼地にも登場した。
発覚前は尻尾の先端だけを出して砂に潜り、ハンターが近づいてくると突如尻尾を振り回して攻撃を仕掛けてくる。

特徴

ラオシャンロンのようなモンスターではないが全てのとスタン、爆破以外の状態異常効。
さらには原種は全属性効(属性質0)であり、小細工が全く通用しない。

尻尾の先の結晶に麻痺性のを持っており、尻尾を使った攻撃に当たったハンター麻痺状態になることがある。
そのため作られる武器には麻痺属性が付与され、ボウガン麻痺弾特化である。

また、尻尾から結晶液を噴出してハンターを結晶まみれにしたり、結晶そのものを地面に設置して時限爆弾にしてしまったりする。
結晶爆弾爆発するまでに攻撃することで破壊が可
それ以外にも、飛び上がって下方に結晶を撃ち出して爆散させるという荒業までやってのける。
また、これらの攻撃を喰らってしまうと後述の結晶やられという状態異常になってしまう。
なお、尻尾の結晶は非転倒時にボウガン等で破壊するかヴァシムが切り離すと消滅するが、一定時間で復活する。
結晶があるときに尻尾を切断すると結晶も剥ぎ取り可

結晶やられ状態になるとスタミナ最大値が25に減少し疲労状態のように動きを阻されてしまう。
更に後に他シリーズで登場した爆破やられのように一定時間そのままだと結晶が爆発し周囲のハンターを巻き込んで大ダメージを受けてしまう。
解除方法はレバガチャか攻撃を喰らうこと。他のハンターNPCホルクなどの攻撃でも解除可

MHF-G2(2013/7/10)にてG級対応。難易度は一般モンスターでは最高となる7。
ビームで振れると小ダメージ+結晶やられになる結晶トラップをしかけるようになっている。

MHF-GGでは新武器種:穿龍棍が登場し、アクラ・ヴァシムの武器も追加されたのだが、
この「ヴァシム・フワァール」は最大性で長いゲージ、高い攻撃、そして何より双剣クラスの手数武器としては脅威の麻痺260双剣は一双SP以降麻痺睡眠は最高で40、G9の調整後でも最高160程度)を持っており、
穿龍棍自体の優秀さも相まってナンデモフワァールと言われるほどの万性を誇った。
現在は他に強な武器が登場し穿龍棍一強自体も見直されているが、間違いなく2014年最も流行った武器だろう。

部位破壊

破壊可部位は左右のと頭、そして尻尾であるが、特筆すべきはその部位破壊条件の複雑さである。

まず左右2つの(それぞれ独立)と頭には2段階の破壊状態があり、
1段階は付着している結晶の剥離(以下結晶剥離)、2段階で部位が破壊され(以下部位破壊)報酬が手に入る。
部位破壊を達成するとヴァシムがひっくり返り転倒状態となる(転倒中は質が大幅軟化する)のだが、
起き上がる時に甲殻種ながらし体液の色を変化させる。
体液は3か所の部位破壊の進行状態に応じており、(0か所)→黄色(1か所)→(2か所)と変化する。

この部位破壊自体も特殊な仕様になっている。
破壊状態では打属性が通り易く、結晶剥離状態では属性が通り易い。
というのは割と普通でありこれだけなら片方の属性でのごり押しも効くのだが、
さらに破壊状態では打属性以外、結晶剥離状態では属性以外の怯み蓄積を体液の色に応じた割合(60黄色7080)でカットする。
ダメージではなく怯み蓄積のみカットであるため、例えば打属性だけで攻めると結晶剥離した部位に攻撃した場合、
ダメージばかり入って部位破壊は進まず達成前に討伐してしまうことになる。

尻尾切断は普通に切断属性の蓄積によって成立するのだが、
体液かつ転倒状態で体40%以下から蓄積開始」となっている。
このため基本的には最初のチャンスである3か所部位破壊時の転倒状態中を狙うことになる。
だが転倒中及び尻尾切断が可な状態だとヴァシムが暴れるのでガードや不動でやり過ごしつつ切断を狙わなければいけない。

しかしながら、まだ尻尾切断には障があり。
1か所以上の部位破壊が成立している時に結晶爆弾設置攻撃を行った場合、
自分に結晶液を吹き付けてどれか1か所を結晶剥離前の状態に回復してしまうため、
結晶爆弾に気を付けつつヴァシムを怯ませて阻止する必要がある。
また、体に関わらず3か所の部位破壊転倒が終わると哮を行わず、
同様に1か所を元の状態に回復する(これがいと尻尾切断的に1回チャンスを逃すと詰むのでどちらかというと救済かもしれない)。

この通り尻尾切断には撃打撃武器を混在させた複数人でのパーティーが必要となるが、
現在では片手剣ランス攻撃やガンランスの打属性、最も楽なものとして適応撃スキル
など色々と抜けが存在する。

体液が変わるごとにアグレッシブさを増して2連回転攻撃やジャンプレスなどを繰り出すようになり、
前述の工程を経て尻尾の切断に成功すると、哮を上げ体液状態に移行する。
ここでは更に暴性が増しており、中でも酔っ払いのようにフラフラ行しながらパンチを繰り出す攻撃はとても痛い。
また後に他シリーズで登場したイビルジョーのように切れた自分の尻尾を食べようとする。
回復されるばかりか、もたもたしていると食い尽くされ折切った尻尾が消滅して剥ぎ取りできなくなるので、尻尾を食べだしたら全で攻撃して阻止しよう。

討伐時の体液色によって報酬で手に入る体液の色も変化する。
このためHR帯の防具は作成時に使用する体液によってカラーバリエーション(性は同じ)がある。

部位破壊や尻尾切断の条件や攻略方法について詳しくは、ネ実wiki等各種攻略サイトや下記の関連動画等の解説を参考にして欲しい。

特殊個体

激個体

鋼武器アルゲン【太刀】などに登場。
クラ種には怒り状態がないが、代わりに最初から体液状態。
頭と両は初期状態のままだが体条件をクリアしてどこかの部位で転倒させれば即尻尾切断が可

特異個体

公式PVではオディバが捕食するための餌にされたり、特異個体がいなかったりと長らく扱いが悪かったヴァシムだがMHF-G3(2013/10/16)で特異個体実装された。

周囲に結晶の時限爆弾を設置後爆破、自分の周囲360度をビームでなぎ払うなどの技が追加された。
設置された結晶は破壊可でありヴァシムが近づいた時に破壊すると短時間気絶する。
ビームメインの攻撃をしてくるところでジェビア特異個体差別化がなされている。

クラ系は部位破壊をするたびにどんどん使用してくるモーションが増えていくというのが特徴だが、特異個体の場合は後述の通り部位破壊視で討伐されることが圧倒的に多いため、新モーションを使われないまま討伐・・・といったことがないように色状態から新モーションをすべて使ってくれる。はじめから全てのモーションを使ってくれる関係で特異個体実装色状態の狩りにも新鮮さが生まれることになった。
一応尻尾切断後のみの技生としてサイドタックルをするとバランスを崩してひっくりかえるというものがある。慌てて立ち上がるのが和む。

また、前述の通り特異個体は通常個体より怯みにくくなっており部位破壊が難しく、
当てはHC素材であるため、視して討伐するのが普通なのだが、
クラ種は最大の特徴として尻尾からもHC素材を剥ぎ取れる。
そのため新モーションの関係でが低打点に降りてくることが多くなっていることもあり、
尻尾切断を狙う意味が大いにある。

辿異種

MHF-Z辿異種に進出。MHF明期のオリジナルモンスターではヒプノックエスピナスに続いて3匹であり解禁は2017/2/22
体液が進化したことで結晶が巨大化、中でも一際大きな尻尾の結晶を支えるために尻尾異常発達している。外見では頭、両尻尾の結晶の変化が大きく、みを増してより鋭利かつ刺々しくなっている。鋭利さは経年で研がれたため、みは結晶から透明感がなくなり表面で拡散しているため、とのことで尻尾は「モーニングスター」をイメージしているらしい。出現フィールドは基本的にこれまで通り砂漠と沼地だが、イベクエではにも登場した。

ベースG級特異個体だが追加技ももちろんあり、を地面につき立てる際やジャンプレス時に震動が発生し体液や結晶本体や結晶の爆発に触れてしまうと通常の結晶やられに加えて麻痺が付いている(これらの詳細は辿異種の項を参照)。

既存技の変化では上記した震動・麻痺の付加以外に、前方/周囲への結晶液レーザーの軌微妙に変化しており従来と違ってしっかり本体に接近しないと当たるようになっているほか、G級個体の前方結晶液レーザー時に地面に残る結晶が体液以降少し手前から設置されるようになる。また、ジャンプレスや2連回転攻撃を最初から行ってくる。

追加技

辿異種は以下の追加技が用意されている。

  • を構えて半回転しながら引っかく半回転攻撃
  • 時計回りでの半回転攻撃の場合、回転後に叩きつけて地割れ震動を起こす
  • 大きく構えをとってから尻尾を伸ばして回転しつつ尾結晶の軌に結晶を設置する回転結晶(軽ダメージとこかし)
  • 尾結晶に結晶液を充填して膨させ地面に叩きつけるとともに周囲に結晶液を飛ばし着弾点に結晶を設置する結晶叩きつけ(振動)
  • を大きく広げながら狙ったハンターに軸合わせして飛び掛かる拘束攻撃がある。(タイミングよく回避するかガードで対処可だが、高威の連続攻撃の危険性があり、即死になる。)
  • 震動で怯んでいるハンターがいるとそちらにこの拘束攻撃を行う傾向がある

クエストランクによる変化

2からは地面に潜って尾結晶だけを出す状態になる潜行行動が追加され、ここから結晶液噴射と掴みのどちらかに生する。結晶液噴射はそのまま尻尾を持ち上げ周囲に3周半ほど結晶液を噴射するものだが、1周ごと範囲を広げていくので近づかない方が難。

掴みの場合はPTのかを追尾する砂ぼこりが起こり、数後にヴァシムがを出して掴もうとしてくる。掴まれてしまった場合地面に蟻地獄が形成され、地中に引きずり込まれあらゆる保護要素を効化され即死する。とはいえ砂ぼこりが発生してから掴むまでのタイミングは一定で回避で簡単に対処が可、掴みに失敗すると地上に出したカチカチと鳴らして少しの隙が出来、さらに本体が地上に出てきたあと威嚇をするため攻撃チャンスとなる。

ちなみに、掴みに生した場合は潜行した時に出ている尾結晶が地中からを出した間に爆発するので注意。つまり、潜行時の尾結晶は結晶液噴射では本体の尻尾の先にある本物で、掴みでは結晶だけを残したフェイク(本体は狙ったハンター下)ということ。

4では鳴きを上げながらを広げて尾結晶に結晶液を充填、前方の地面に叩きつけて震動を発生させそのまま地面に結晶液を流し込み、大爆発を起こしてその勢いで飛び上がりボディプレスを仕掛けるという最大技が解禁される。爆発に当たってしまうと打ち上げられてボディプレスによるコンボを食らってしまうので正面にいる際は注意したい技。また、ボディプレス時にも震動が発生する。

辿異種総評

基本的には対処の難しい攻撃はないが、結晶やられや麻痺震動でハンターの動きを止めて襲い掛かるというのが辿異種アクラ・ヴァシムの戦法となっている。そのため、スキルでこれらを効化することができれば危険度を大きく下げることができる。

また、これらの拘束要素が付いている攻撃は一部かつ予備動作もわかりやすいので、慣れてきたらスキル効化しなくても十分戦える。その代わりか2以降の耐久が非常に高くなっており、属性が一切通らないことも加わってかなりタフなので、質的にも大チャンスである転倒時にどれだけ削れるかがカギになるだろう。このため、尻尾切断後の戦闘が従来より長め。

部位破壊は発達部位の尻尾(切断)と頭・両(片方ずつ報酬あり)と従来通り。尻尾切断の条件もこれまで通りとなっているほか、特殊な仕様として発達部位である尻尾の切断に連動している頭と両にも辿異武器の特殊効果(発達部位への怯み蓄積上昇)が適用される。

耐久の高さから削りすぎて部位破壊前に討伐ということがなくなり、適応撃があればソロでも簡単に全破壊(=尻尾切断)が可。また、ヴァシムが切断された自分の尻尾を食べるのもこれまで通りだが、その場合は発達部位破壊素材は手に入らない・・・ということはなく切断さえすれば報酬で出るようになっており、尻尾と結晶の剥ぎ取りはコモン素材が出る。尻尾を切断すると当然尻尾を使った攻撃や結晶系の攻撃が封印され、半回転攻撃以外はG級特異個体とあまり変わらないぐらい弱体化する。ただし、攻撃は高く酔いどれパンチサイドタックルはかなり痛い。

属性は前述の通り全く通らない。弱点部位はが結晶剥離状態と部位破壊後の頭と両、打が結晶状態と部位破壊後の頭と両、弾が尻尾と結晶と部位破壊後の頭。転倒中は全体的に軟化するが尻尾、打:頭、弾:結晶が特に柔らかい。

プレイヤーからの評価

実装当初は「状態異常効にするのはモンスターだけ」という、モンハン暗黙の了解のようなものをっ向から破ったモンスターとして、世界観を意識するプレイヤーからはあまり好かれてはいなかった。
とは言えミラボレアスなどの古が登場した時点で世界観などあってないようなものであり、見た手さはあるがMHFMHMH2に準拠した形を続けている。
また、MH3以降CSシリーズが別方向へ離れて行っていることもあり現在も気にしていない。

今では武器ごとに役割分担ができるのが楽しいという意見や、ハメが存在しないためガチンコで挑めるのが楽しいという意見が多く出ており、2014年MHFモンスター人気投票でも7位になるなど評価は見直されている。

亜門のサソリモチーフにしたことで、アクラ・ヴァシムが実装された時には「生理的に理」という苦情が女性プレイヤーから多く寄せられたという逸話もある。

アクラ・ヴァシム実装のときに運営へ届いた苦情は当事の開発に大きなショックをあたえたようで、以後MHFに登場するモンスターは「気持ち悪さ」を感じさせないように作られるようになった。
フォワード2で導入されたゴゴモア生理的嫌悪感を感じないように蜘蛛からデザインが変更された話は有名だが、G3バルラガル実装するときも運営内では賛否両論だったという。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 16:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP