スイープトウショウ 単語

69件

スイープトウショウ

2.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

制覇の条件

勝ちいそぐ者も 長な者も
成功からは遠ざかる

いまなのか、まだなのか
逡巡の中でもが頼れる何かを探す

まずは直観にしたがい胆にふるまえ
迷いを断ち切ることが制覇の条件となる

JRA「名馬の肖像」スイープトウショウexit

スイープトウショウとは、2001年産の東・渡辺栄厩舎所属、渡辺引退後は東・留明雄厩舎に所属していた元競走馬である。

な勝
2003年:ファンタジーステークス(GIII)
2004年:秋華賞(GI)、チューリップ賞(GIII)
2005年:宝塚記念(GI)、エリザベス女王杯(GI)
2006年:京都大賞典(GII)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
スイープトウショウ(ウマ娘)を参照してください。

概要

エンドスウィープタバサウショウ、ダンシングブレーヴ日本でも種牡馬入りしていたフォーティナイナーの後継種牡馬として、2000年から日本でスタッドイン。しかし日本共用時に3世代を残して他界。はトウショウ牧場の基幹牝系・ソシアバターフライにつながる「トウショウ牝系」。

2003年の2歳デビュー時から人気を集め、新馬戦ファンタジーステークスと連勝。しかし本番の阪神ジュベナイルフィリーズでは一番人気に押されるものの5着と敗れてしまう。

3歳時、オープンレースでの勝利後、渡辺師が定年のため引退留厩舎へ所属を変更する。このときに騎手角田晃一から池添謙一へと変更された。
桜花賞トライアルチューリップ賞優勝。しかし、桜花賞では5着、優駿牝馬では2着とG1での勝利恵まれないまま3歳を終える。その後ローズステークスを経て秋華賞に出走。見事、今までのリベンジを果たし優勝する。

となってからは人気を落とすものの安田記念で2着、宝塚記念で39年ぶりとなるでの優勝を果たした。さらににはエリザベス女王杯優勝する。さらに年を重ねても重賞ではたびたび連対し、G1戦線で存在感を示し続けた。

6歳のエリザベス女王杯を最後に現役を引退。故郷のトウショウ牧場で繁殖入りした。2015年10月にトウショウ牧場閉鎖され、スイープトウショウはノーザンファームへと売却された。

2020年12月5日スワーヴリチャードの子を受胎した状態で腸捻転により永眠。享年19歳。

産駒は2頭が準OPを勝ったのが最高成績で重賞勝利っていない。しかし5頭の駒はいずれも繁殖入りし、その中から2番ジュートウショウの産駒であるスウィープフィート2024年チューリップ賞勝利ファミリーから初の重賞ホースが誕生している。

スイープたんハァハァ

2~3歳時は出遅れ、古になっても馬場入りを極端に嫌がるなど周りを悩ませ続けた。
特に調教ではどれだけ関係者が努しても1時間近くその場から動かず、調教が出来ないこともままあった。これが原因でレースを回避したこともあり、そのワガママっぷりはファンにも知られるようになっていた。
その難しい気性により、通常だと入る順番が決まっている[1]ゲート入りもスイープトウショウだけは一番最初に入るなど、特別な措置がとられていた。

しかしそんなワガママっぷりからレースになると一変して素直に走り、切れる脚を最大限に生かし素晴らしいレースを展開した。混合を含めGI3勝の実績がそれを裏付けており、後に現れたウオッカダイワスカーレットブエナビスタアパパネジェンティルドンナアーモンドアイなどへ続く名の時代の礎を築いた一頭である。

そんな周囲の人間を困らせながらも最高のパフォーマンスを見せる女王様っぷりにファンは惹かれ、スイープたんにハァハァとえ続けていた。競馬界きってのツンデレである。

ちなみに留厩舎で担当した鎌田修一厩務員にだけは甘え倒していたらしく、そんな隠れた一面もされた理由の一つである。

血統表

*エンドスウィープ
1991 鹿毛
*フォーティナイナー
1985 栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
Continue
Broom Dance
1979 鹿毛
Dance Spell Northern Dancer
Obeah
Witching Hour Thinking Cap
Enchanted Eve
タバサウショウ
1993 鹿毛
FNo.5-j
*ダンシングブレーヴ
1983 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
マンサトウショウ
1985 黒鹿毛
トウショウボーイ *テスコボーイ
*ソシアバターフライ
マーブルウショウ *ダンディルート
チャイナウショウ
競走馬の4代血統表

クロスNorthern Dancer 4×4(12.5)

産駒成績

2024年3月2日現在

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *通常は大外以外の奇数番→偶数番→大外の順番。ただし、入りや駐立がよくないは先に入れられるのが通例。また、2003年ジャパンカップでは、17番と18番のが先入りを希望したため、最内タップダンスシチーが最後になっている。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
紲星あかり[単語]

提供: Kefi_Ades͏͏͏͏͏͏͏

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 05:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP