今注目のニュース
料理が苦手な45歳主婦、娘が料理上手で「娘と夫が嫌いになりそう」という悩みが話題に 「センスの問題じゃない、努力して」という激励も
「水につかった車両は水が引いても使用しないで」 感電事故や車両火災のおそれあり、国交省が注意喚起
「台風で人がいなくなった新宿」の写真がSNSで話題

ダイタクヘリオス単語

ダイタクヘリオス

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

概要

ダイタクヘリオス(1987年4月10日生~2008年12月12日没)とは、日本の元競走馬・元種であり、『新聞の読める』『ダイイチルビー婿』『笑いながら沈む走るメジロパーマーとのバカコンビ1号2号など、マイルCS連覇など優秀な成績を収めた競走馬でありながら、数々のネタ々に提供した『愛すべきバカ』である。
梅田康雄厩舎所属、戦騎手は騎手。競走成績は35戦10勝。

ダイタクヘリオス

※当記事では、ダイタクヘリオスの活躍した時代の表記に合わせて、特に記載がい限り年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記します。あと一部フィクションっぽい表現があります。

出生:普通の馬ですよ?

ビゼンニシキ ネヴアーイチバン ヴァービートという血統。
シンボリルドルフ同期として、彼の最初の生け贄ライバルとして立ちはだかったであり、皐月賞では一時シンボリルドルフを追い詰めるなど才気を見せたが、結局故障によりG1タイトルとは縁で引退した悲運のである。
はダイタクヘリオスを生むあたりでそこそこの活躍を出し始めていたものの、他にはさほど見るべきところはない・・・のだが少し血統を遡ったところの近親を見ると狂気の逃げカブラヤオーの名前が出てきたりする。

とはいえ生まれた段階では血統的にも、体的にも見るべきところはなく、気性も特に荒いところもない落ちついたであり、やたら頑丈なのだけが取り柄のだった。

3歳:出走しすぎだろjk・・・

デビューは3歳10月。まずは京都の新戦を3着とまずまずの成績。現在と違い、当時はデビューした時の開催回と同じ開催回の間なら何度でも新戦に出れた。デビュー京都開催の開幕週だったため、中1週で再び新戦に出走し、今度は惜しい2着。ここまでは普通。ここまでは。
そして次のレースは・・・連闘でまた新・・・だと・・・。使えるうちに一杯使っておけ、という梅田師の言葉が聞こえてくるような使い方である。こんな使い方をしたからネタになってしまったのだろうか。ここをようやく勝利すると、さらにデイリー杯3歳S(G2)4着、さざんか賞1着、阪神3歳S(G1)2着という成績を上げて3歳を終える。
デビューから2か半で6戦である。ただの条件ならともかく、重賞で好走するをこれだけ酷使するのもしい。それに何事もなかったかのように好走するダイタクヘリオスも相当なものである。

4歳:新聞、読みはじめました

さらに休みなく迎えた4歳初戦のシンザン記念でを2着後、クラシックを見据えてきさらぎ賞、スプリングSに出走するがここで6着、11着と惨敗し距離限界を露呈すると、クラシック戦線をあきらめて短距離路線へ転向した。
距離路線転向後、ダビスタおまQ界のクラシッククリスタルC(G3)とSを連勝して波に乗り、当時の短距離路線の大一番、ニュージーランドT4歳S(G2)に1番人気で挑んだ。が、1000m通過571というハイペースで逃げべをしたのが祟って敗れてしまう。それでもこのペースで2着にるのは恐ろしいところではあるが。

かなりの実績を上げたからか、ここでようやく休養をもらう。休養後ぶっつけで挑んだマイルCSはさすがに謀だったか17着と惨敗したが、その後のスプリンターズS(当時は12月開催)は5着と健闘して4歳のレースを終えた。なんかマイルCSスプリンターズSの間にシリウスS(OP)に出走(4着)してるように見えるけど気にしたら負け。

5歳 ~高松宮杯:ダイイチルビーは俺の嫁

5歳初戦の距離Sは4着。しかし次のマイラーズC(G2)でまさかの5身差圧勝。これで安田記念に狙いを定めるも、少しは休めばいいのに1番人気に支持されたダービー卿チャレンジトロフィー(G3)では4着。その後安田記念のステップレース、運命の出会いの地京王SC(G2)へ向かった。
そこでダイタクヘリオスはハイペースなのにかかるというの現を見せて6着敗退。その一方で麗な末脚でこのレースを勝った、それこそが後に人とまでられるようになったダイイチルビーである。

そして標の安田記念へ駒を進めたが、ダイタクヘリオスの人気はここ2戦の悪さから28.7倍の10番人気人とか以前に5.7倍(2番人気)のダイイチルビー較しようと考える人間など皆無であった。
しかし、京王杯スプリングCと同じハイペースで進んだにもかかわらず、この日のダイタクヘリオスは折り合いがつき、バテる他の先行群に包まれた1番人気バンブーメモリー全な逃げ込み体制となった。しかし、残り100mあたりでダイイチルビー脚が炸裂。この日の安田記念勝利ダイイチルビーの手に落ちた。

しかし10番人気ながら2着の大殊勲に、いよいよ本格化か、と思った矢先、CBC賞(G2)は5着に敗退。もはや強いのか弱いのかさっぱりわからぬまま次のレース高松宮杯(当時は2000mのG2)に決まった。距離が長いと見る向きが強いうえ、前走の敗退で評判を落として5番人気。圧倒的1番人気高松宮杯三代制覇のかかったダイイチルビーである。
レース安田記念再現となった。安田記念より400m長いにもかかわらず安田記念同様のり込みを図るダイタクヘリオス、そしてそれに襲いかかるダイイチルビー。しかしここは東京競馬場ではなく中京競馬場。差し切るにはわずかにゴールまでの距離が足りずダイタクヘリオスが高松宮杯三代制覇の野望を粉砕した。まさかの展開に皆呆然とし、このあたりから
ダイイチルビーと一緒だから気合入れて走ったんじゃね?」
とかダイイチルビーとの絡みが言われ始めるようになった。

5~6歳 ~安田記念:失恋

休養をはさんだ後の毎日王冠(G2)はダイイチルビーがいないのに相手に2着と頑り、今度こそ本格化か?と思いきや次のスワンS(G2)ではルビーケイエスミラクルという新しい人を連れているのにショックを受けたのか9着と惨敗。

そしてマイルCS。先の惨敗で人気は4番人気1番人気はまたしてもダイイチルビーである。2番人気ケイエスミラクル
しかし、2人のいちゃいちゃぶりにダイタクヘリオスは相当気合が入っていたのか4コーナーで一気に2番手以下を突き放した。先述の通り、ダイタクヘリオスは逃げ込みを図るとり強い。そのが後続を突き放したとなればもはや勝負あり。ダイタクヘリオスはついにG1タイトルを獲得した。ちなみに戦の騎手がダイタクヘリオスとのコンビで勝ったのは4歳のS以来である(マイラーズCと高松宮杯は別の騎手)。そのため、×ダイタクヘリオスじゃ薄い本が売れない勝てないと言われていたので彼もホッとした事であろう。
その後は人にいいところを見せようとしたのかなぜか有馬記念に挑戦。狂気度ならさらに上の大逃げツインターボがいるのに謀な・・・と思ったが意外にも5着と健闘。

6歳初戦は前年同様マイラーズCから始動し、ここを快勝し連覇。しかし1番人気ダイイチルビーは6着惨敗。前年のスプリンターズS燃え尽きてしまったのか、はたまたケイエスミラクルがそのスプリンターズSで故障、予後不良となったことにショックを受けたのか、ダイイチルビーはその後も不振続きで、それを気にしたのかダイタクヘリオスもそれに追随するかのように不振。京王SC安田記念とも両者惨敗。そしてかつてはダイタクヘリオスの人とまで称されたライバルダイイチルビーはそのままターフを去ってしまったのである。

6歳 ~有馬記念:コンビ結成

ダイイチルビー引退後もダイタクヘリオスの方は現役を続けることになった。次のレース宝塚記念。そしてここでダイタクヘリオスはダイイチルビーに続く運命の出会いをする。メジロパーマーである。まず初の出会いとなった宝塚記念では同じペースで走っていたにもかかわらずパーマー優勝、ヘリオス失速で5着という結果に。
その後、毎日王冠レコードで制してで復調気配を見せたダイタクヘリオスが再びメジロパーマーと一緒になったのは天皇賞(秋)。ここでこの2頭が馬鹿コンビと称されるようになる決定的な事件が起きる。

レースが始まると「ここはが逃げる!」「いいやが!」とお互いり合いまくって譲らない2頭。「じゃあが」『どうぞどうぞ』となる3頭がいなかったせいでハイペースとなり1000m通過が575。サイレンススズカ並みのペースり合う2頭。なぜかあまり離れずについてくる1番人気トウカイテイオーら先行勢。そしてパーマーを脱落させ、り込みを図るヘリオス。・・・このペースで残り200m付近までったのは称賛に値するのだが、結局はトウカイテイオーに並びかけられ、そしてトウカイテイオーごと外の追い込み達にズボズボ差されてレース終了。「2頭でトウカイテイオーの邪魔しに来たのかよ!」と突っ込まざるにはいられないレースとなった。
次はパーマーのいないマイルCS。前走がアレだったせいで1番人気シンコウラブリイ。だが、まるで前年のリプレイの如く4コーナー突き放し戦法を決め快勝。昔の人やライバルでも思い出したのだろうか。

そして6歳いっぱいでの引退が決まったダイタクヘリオス、残りの2レースはまさに彼の競走生活の総決算であった。間隔詰め詰めで走った3歳時のようにスプリンターズS有馬記念連闘を敢行し、かつての人とそのライバルが走ったスプリンターズSでは1番人気に推されたのを新聞で読んだかのように4着に負け、有馬記念ではメジロパーマーとの馬鹿コンビを再び結成し、2人並んで先頭をり合うレースで沸かせ、最後はパーマーにを持たせてターフを去っていったのである。

その後:まだ俺のバトルフェイズは終了してないぜ

その後ダイタクヘリオスは種となった。最初昔の人のことを思ってたのか興味を示さないというアクシデントがあったもののその後は順調に種生活を送っていた。が、サンデーサイレンスの波には勝てず、ほぼ需要がくなりかけたと思われたその時、事件は起こった。

ダイタクヘリオス引退から8年後の2000年スプリンターズS。そのレースアグネスワールドブラックホークキングヘイローブロードアピール・ビハインドザマスクなどそうそうたる良血・実績を持つが顔をそろえていた。しかしそのレースはあるがダイタクヘリオスのような4コーナー突き放し逃げ切り戦法で勝利したのである。そのの名はダイタクヤマト。16頭立て16番人気での勝利サンドピアリス以来2頭最低人気でのG1勝利である。そのの名は・・・ダイタクヘリオス。種となってなお、立たずにはいられないのか、ともう笑うしかなかった。

また、世間ではダイイチルビーとの交配が期待されたが、さすがに良血×雑草という配合はだったか現実に交配されることはなかった・・・が、ウイニングポストシリーズではせめてゲームでは交配させてやろう、という製作者の計らいなのか、ダイタクヘリオス×ダイイチルビーという血統のゲーム内強ファーストサフィーが登場した。

そんな個性とか言う域をえて立ちまくった彼も、2008年12月12日に眠るようにこの世を去った。

関連動画

20世紀の名 73

ルビーとの人対決。マイルCS動画も消され、ニコ動に残るは高松宮杯だけに・・・(´・ω・`)

バッカコーンビ!バッカコーンビ!

息子も新聞読みやがりました

関連商品

関連コミュニティ

ダイタクヘリオスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP