今注目のニュース
いらすとや、イラストレーターの仕事を奪い廃業する人続出!?コスパ良すぎで悲鳴。
「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫相手の妻だった
「引きこもりの弟がなんか作ってたから観てあげて~!」→緻密すぎるピタゴラ風装置に絶賛

学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!単語

ガッコウノコワイウワサハナコサンガキタ

掲示板をみる(186)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!とは原作による児童向けホラー小説、及びアニメ作品である。

1994年フジテレビ子供向け番組、ポンキッキーズ内でアニメ版を放送。
アニメは1年という短期間だったが原作の書籍シリーズ自体は今日まで続いている。

1995年PSSS3DOWinMacゲーム化、2008年にはニンテンドーDSソフト『みんなの花子さん』が発売。
2010年から新作アニメシリーズ『新・花子さんがきた!!』が放送された。

概要

闇の世界の存在である花子さんがパートナーのホワホワと共に様々な事件に関わっていくオムニバス形式。
花子さんのライバルであるやみ子さんや、花子さんのパパママなどが登場する話もある。

アニメ幼稚園児から小学生が対子供向け番組で放送していたが、救いのないホラーな展開も多く、少なからず当時の子供たちに恐怖を与えた。
そのためか放送前に「こわいはなしなのでちゅういしてね」等の警告文が入った事もある。

『新・花子さんがきた!!』では較的明るい色を多様した作になっているが、やはり救いのない展開もいくつか用意されている。

登場人物・あらすじ

町外れの朽ちた公衆電話から電話をかけると、花子さんという幽霊を呼び出せるという。
半分に花子さんを呼び出そうとした子供が、悪霊を呼び出してしまう。
そこに颯爽と現れて悪霊を退治した少女。その少女こそ、うわさの花子さんだった。

朽ちた公衆電話

花子さん

花子さん&ホワホワ主人公黒髪おかっぱ頭に生気がさそうない肌が特徴。

トイレの花子さん」をモチーフとしているが、作中では基本的に人間の味方として描かれており、人間に危を加える妖怪幽霊を強制送還したり駆除したりしてくれる。公式設定では「面倒見が良い」女の子であり、基本的に登場人物と絡んだ場合は助けてくれる。

物語に関わらず、被害に遭う人間たちの様子を淡々と見守るり部として登場することもある。り部としての登場の場合にはかなり理不尽なに遭っている主人公が助けられない反面、一端絡んだ場合は、自業自得としかいえない少年助けてくれることもある。
題歌の通り、あくまで来たら助けてくれるよ」 というだけのことらしい。

スカートについたチューリップアップリケが切り札だが、たまに利かない。 

幽霊しばりアップリケ <  ゆーれーしばりあっぷりけー。

お父さんは、妖怪を次から次へと丸呑みする食いしん坊お母さんは、幽霊幼稚園の園長をしている。実はおじいちゃんもいて、ホワホワをプレゼントしてくれたらしい。 
ちなみに、お父さんは、花子さんの髪型を変えて口ひげを生やしただけと言っても良い顔をしており、花子さんはお父さん似のようだ。 

以前はスカート黄色ワイシャツというちびまる子ちゃんのような装だったが、
シリーズからはピンクスカートワイシャツに変更、肌の色も健康的な肌色になった。

ホワホワ

ホワホワした毛玉風船のように宙に浮いて、いつも花子さんのそばにいる。

正体はホワホワの木がつける実。
稲妻を操るを持っており、たびたび花子さんを手助けする。 

やみ子さん

やみ子さん花子さんのライバル。もっとも花子さんはあまり彼女のことを敵視してはいない。
ゲーム版ではやみ子さんの代わりにヨミさんというライバルが登場する。

初登場回の「影を食べる幽霊」で登場したときは暗闇から影のように現れた。
アップリケが通用しない幽霊が現れて花子さんが苦戦している時に助けに来てくれる。
ドクロの形のペンダントが切り札で、そのペンダントで幽霊を吸引してしまう。

無口なため意は不明だが、ナレーションによると「自分以外の存在に花子さんが負けるのは許せない」らしい。
ちなみに髪型は初登場時が外ハネ、再登場時は紺色リボン着用、新シリーズではリボンしのセミロング地味に変化している。

シリーズではテーマソングも用意されたが、これが良い意味で予想外

ナレーター

シリーズ演:伊武雅刀
シリーズ演:篠井英介 

今作は普通アニメ作品とは違い、花子さん以外のはほぼ全てナレーターによって演じられており、朗読読み聞かせに近い形で進行する。

武の確かな演技に支えられた低い不気味な淡々としたそのは、今作を数多くの子供トラウマたらしめる最も大きな要因の一つ。特に、人食いランドセルの売人の笑いや、い靴履いた女の子撫では必聴モノ。
篠井の方は、武にべてのトーンが高く、やや軽やかな印を与える。 

花子さんがこない

この作品の花子さんは悪霊ではなく、人間に危を加える幽霊妖怪を退治するヒーローのはずなのだが、単にストーリーラーとして登場するだけで犠牲者が出てしまう話も多い。
そのため花子さんは本当に人を助ける気はあるのか」「花子働け」視聴者から言われる事も。

ウィキペディアの花子さんがきた!!の記事ではアニメ版のサブタイトル一覧花子さんが助けず犠牲者が出る話」という項が添えられている。

人喰いランドセル 

人喰いランドセル非常に怪しい男が「君のランドセルと取り替えてくれないか」といって、交換をめてくるランドセル。見た普通ランドセルだが、中になると大きな口といやらしいが浮かび上がり、部屋を這い回って持ち丸呑みしてしまう吸血鬼悪魔の一部がそうであるように、に映らないという欠点があるのだが、劇中で手に入れてしまったとも子ちゃんは気づけず、餌食になってしまった。

『怪しい人・知らない人の言うことをむやみに聞いてはいけない』という教訓的な意味合いも強いエピソードであるが、そもそもまだ幼い小学生を標的にした卑劣な行いである。でも花子さんは助けに来なかった。

「可哀想に。とも子ちゃんはもう、この世には戻ってこれないわ」

花子さんがきた!(一足遅く)
※なお、書籍版の続編にあたる話では助けに来てくれます。

怪人トンカラトン

怪人トンカラトントントン・トンカラトン♪』と歌いながら町を自転車する、全身包帯の怪
彼に出会うと「トンカラトンと言え!」と迫られる。言えなかったら、背中に背負った日本刀り捨てられる。人をった後は気分が良くなるのか、手放し運転で踊りながら歌うという妙技も披露する。
書籍の方ではトンカラトンの集団が登場し、ゲームではニセトンカラトンが登場する。

劇中「怪人トンカラトン」では、トンカラトンの写真を撮ろうとした少年が餌食になった。少年は「トンカラトン、トンカラトン」と唱えてはいたのだが、トンカラトンく「トンカラトンと言うのは、が言えと言ってからだ。勝手に言うやつは許さない」という言いがかりを付けられ、少年り殺されることになった。

られた人間は死の間際にどこからともなく現れた包帯によって体を覆われてしまい、トンカラトンになってしまう。
日本刀を持った怪人相手に調子をこいた少年自業自得かもしれないが、やはり花子さんは助けに来なかった。それどころか、ホワホワに至っては少年の間抜けさに爆笑していた。

「そう。こうやって、トンカラトンは増えていくの」

ちなみに原作本では集団で登場する。まず一斉に「トンカラトンと言え」と迫り、相手が必死に何度も「トンカラトン」と言った所へ、一番後ろの方にいたトンカラトンが「は言えと言ってないぞ」と怒って殺す、というチート戦法を展開する。(もちろん切られトンカラトンにされてしまった)

赤い靴の女の子

赤い靴の女の子公園像に乗り移った幽霊。通りかかった女の子い靴を履いていたら、
その靴を奪ったあげく、女の子へ連れ去ってしまう。
伊武雅刀撫でで「い靴ちょうだぁい」と言いながら女の子を追っかける様は、恐ろしいの一言。

劇中では女の子が実際に連れ去られたが、花子さんは助けるどころか
女の子は、いつもこの公園一人ぼっちで立っていて、とても寂しかったんだわ…」
と、連れ去った幽霊に同情するそぶりすら見せている。
も私と遊んでくれないの」「いいわよ、遊んでくれなくたって」と言って変していたことから、花子さんの推測は当たってはいるようだ。 

犠牲になってしまった女の子較的可かった事もあってか、
花子さんは自分より可愛い女の子は助けない」などと言われてしまう事も。

さっちゃんのうわさ

さっちゃん 史上最恐、みんなのトラウマ

さっちゃんの噂話をした、聞いた者の元に現れ、手足を刈り取っていく幽霊
助かるには、さっちゃんが好きだったバナナか、その絵を描いておかなくてはならない。
(好きな割には まるで敵に出会ったかのように絶叫して退散する)

劇中で話を聞いた主人公女の子は絵を描くのを忘れてしまったが、
夜食用にバナナを置いていったため、刈り取られる寸前で助かった。
が、翌になって、たまたま話を聞いてしまっていた担任の先生が手足を刈り取られて死んだことが判明した。 

少年少女必死バナナの絵を描かせた本人。
バナナが大好き」「足をとられる」などからわかるように、元ネタ童謡サッちゃん」。1959年NHKで発表された、れっきとした近代童謡なのだが、都市伝説として数多くの尾ひれがついていることは有名である。

「そうだったのです。あの時小野先生は、廊下でさっちゃんの噂話を聞いてしまったのでした。」
やっぱり花子さんは助けに来なかった。 
ちなみに、書籍の方ではさっちゃんが成長した姿で現れる話があるが、そこでも花子さんは助けに来ない。大人になったさっちゃんは、バナナ気になったが代わりにりんごが苦手になっており、従来の方法では撃退出来ないというさらにたちの悪い幽霊になっていた。 

恐怖のマラソンマン

人間の形を大きな石がごろごろと転がっている暗い路地。
少年真夜中の渋滞尿意を家族に伝えて、おしっこをする為に立ち寄った。
そこへなにやら路地ののほうから足音がするではないか。
うわさの恐怖のマラソンマンであった。
マラソンマンはの前までかけてきてサングラスゆっくりと外すと「この世の者とは思えない恐ろしい顔」を見せ少年を石に変えてしまうのだった・・・――--



人間とは思えないキャベツカボチャに似た頭をしていて、メデューサの様にを見た者を石にしてしまうを持っている。近くには被害者と思われる人の石がそこら中にある。
花子さんが助けにきてくれるのだが、アップリケが効かなかったのか話の終わりに後ろの方でマラソンをしている姿が描かれている。

劇中では男の子がタチションをしている最中に現れ、そのまま石にされてしまった。
おそらく作者は”立小便をしてはいけないですよ”と伝える意味をこめて書いたのだろうが、その怖い顔と現れ方、さらには花子さんに退治されたと思わせて話の終わりで復活しているシーンがあり、トラウマになった人も少なくないのでは。

自転車に乗るメケメケ

登場人物はタマネギナスジャガイモといった野菜を思わせる奇形少年たちといった笑い要素もあるが、もが使用したことのある自転車での怖い話
このメケメケは対者の自転車に前ぶれとしてペダルが重くなり背中が寒くなる。現れるとをふさぎブレーキを封じて事故を起こさせるようだ。
しかも対以外に姿は見えないので助けをめた少女をふさいだまま猛スピードで走って行ってしまう。
噂を信じていなかったヨッちゃん(ナス顔)だったが、自転車をこいでいるとメケメケに襲われる。
見えない奇跡的にお寺の近くへ行くとメケメケは消滅。花子さんによるとお経に弱いらしい。(タスケテヤレ)
デザインはどこか嬌のあるものだが現実にいたら恐ろしいバケモノである。

ちなみに原作の方では自転車関係として「とぶ赤ちゃん」というメケメケの数倍恐ろしいお化けがいる。
こちらは坂に突如現れブレーキを封じ坂を猛スピードで下らされ電柱突させられる。
ちろん花子さんは助けにきてくれないので被害者は悲惨な運命をたどってしまう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 184ななしのよっしん

    2019/06/11(火) 09:15:38 ID: U7nRTlKAa5

    花子さんが助けない=その怪異花子さんよりもかに格上説

  • 185ななしのよっしん

    2019/06/18(火) 11:55:01 ID: ZuynoESIRG

    助けない事自体じゃなく助けない基準があやふやすぎるのがツッコミどころだな
    >>184 位しか理矢理にでも納得できる理由がない

  • 186ななしのよっしん

    2019/07/08(月) 05:58:44 ID: GeMKz9sBhN

    大人になったらホラー耐性もある程度身についたけどい靴はビジュアルやら演出やらが秀逸で、未だに怖い

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP