ウルトラ兄弟単語

ウルトラキョウダイ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ウルトラ兄弟とは、ウルトラシリーズの根幹を担う設定である。

概要

兄弟とは言っても血縁関係ではなく、言ってみれば杯交わした義兄弟のようなものである。

ウルトラ兄弟の定義は「宇宙警備隊の中でも地球防衛にあたった精鋭」というのが大まかな定義であるが、時代によって細かに変遷がある。

この設定が出てきたのは第二期ウルトラシリーズからであり、当初は帰ってきたウルトラマンでさらっと触れた程度であったが、ウルトラマンAにおいて客演の増加やウルトラの父登場などその方向性が明確化され、ウルトラマンタロウにおいての存在、国家体制など非常に細やかな描写がされ、集大成を迎えた。ウルトラマンレオにおいてもその路線は踏襲されたが、ウルトラマン80では客演自体が存在しなかった為、さらっと個別のキャラに触れる程度であった。その後、ウルトラマンティガなどの平成シリーズでは昭和シリーズとは異なる時系列での設定であったので長らくウルトラ兄弟の設定は活用されなかったが、昭和シリーズと同一の時系列である「ウルトラマンメビウス」が放映されると、ウルトラ兄弟の設定が再び脚を浴びた。

評価

ウルトラ兄弟の設定はたる視聴者の幼年層の支持を強固に取り付け、とりわけウルトラマンタロウキングブレスレットに代表されるチートに奇想外でありながらも明快なストーリーで今持って人気が強い。言うまでもなく兄弟とは々の生活においては普遍に見られるものであり、よりウルトラマンの存在を身近なものとした。

一方で、第一期ウルトラシリーズからのファンにとっては個々のキャラ弱体化格化されていたウルトラマンを世俗化したと言う事で厳しい評価を下す例が多かった。第一期においてゾフィーウルトラマンウルトラセブンM78から来た事以外は詳しい出生は分からず一種の秘性を帯び、またゼットンなどの非常に強宇宙人を除けば負けなしと言う一種の絶対的であった。第二期以降に登場したウルトラマンを際立たせるためとはいえ、束になっても超獣怪獣太刀打ち出来ない姿や兄弟と言う一種の世俗性を帯びた方向性はウルトラマンの持っていたこれらの要素をかき消してしまった。口が悪い人はこの点について「子供向け」と言うがそもそも論としてウルトラマンたる視聴者層を子供向けとしている以上、この言い方はあまり適切ではない。

論、円谷側でもその点は視できずウルトラ兄弟の設定を排した作品を何度か制作している。しかし、近年においてはこの設定は再注されつつある。これは第二期ウルトラシリーズの作品を見て育った子供大人となり、結婚をし、親となった時に親子共々見られる作品として再評価されているからである。「ウルトラマンメビウス」以降の映画作品においても、中の人を出演させたりと子供だけでなく親も楽しめるような作品となっている。また、これらの設定によりニコニコでも円谷側がある意味ぶっ飛んだ4月1日を披露してくれるなど、公式非公式問わず二次創作が活発に行われている点も注される。

ウルトラ兄弟の構成員

個々の詳しい記事はリンク先を参照していただきたい。カッコ内は人間体における演者をす。

一般的にウルトラ兄弟と聞いてイメージされる組み合わせはゾフィーからウルトラマンタロウまでのウルトラ6兄弟であるが、一堂に会した映像作品はタロウメビウスの他にはチャイヨー作品である「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」、「ウルトラマン物語」程度である。メビウスゾフィー以外の中の人5人が勢ぞろいしなかったのは篠田氏のスケジュールなど、大人の事情もあるが篠田氏の解釈としてはタロウ最終回以降はあちこち世界を回っていると言う事になっている。なおウルトラ6兄弟はウルトラ兄弟の中でも別格の扱いである事が言及される。

人間体の場合、装はハヤタとダンの客演ではそれぞれの所属した防衛部隊のものであったが、ウルトラマンタロウで一堂に会した時は各々のウルトラサインを胸に表した独自のデザインとなっている。

ウルトラ兄弟に関連の深いキャラ

※1:国王であるかは不明。ウルトラマンキングは王ではない。
※2:ウルトラマンレオにおける4兄弟ゾフィーウルトラマン帰ってきたウルトラマンウルトラマンAとなっている。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E5%85%84%E5%BC%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウルトラ兄弟

48 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 13:56:33 ID: KvfjxbiBGg
初代ウルトラマンにそういった因縁は必要ないと思う
何故なら彼は全てのウルトラマンの祖であり、因縁や理由をつけずとも自然に現れ存在感を発揮できるからだ
ゾフィーも必要ない
警備隊隊長という立場から、必然的に彼を中心に戦士が集ってくる
彼ら二人は既に特別な立ち位置であり、理に特定の因縁を作ったらかえって埋もれる可性すらある
彼らは今のままでいいんだと思う




なおジャック
49 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 13:59:27 ID: H5LqYiWsiG
ジャックゼロ武器の稽古つけてたから…
50 ななしのよっしん
2021/01/17(日) 10:20:42 ID: x1hz3jTBsR
スーツデザイナー格化してたのを、今の所帯染みた世俗化路線について当時のファンの思うところが気になったところ既に記事本文で触れられてた
まあ、人気に合わせつつたまに変わり種の本格ビックリさせて貰えばいいかな
51 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:01:04 ID: ojwiWAP35P
今でも活躍し続けてる方々だが、昔からホイホイ新技使ったり自由にやっていたから現代にも適応できるのかもしれない

マン兄さんなんて今になって新技出しても違和感いし、変な親父セブンXみたいな新形態が出てもおかしくない
52 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:10:11 ID: VyHUabpPpw
他はともかくマン兄さん宇宙警備隊では基礎中の基礎であるスペシウム光線を極めた設定あるから新技は出ないと思う
53 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:25:08 ID: KvfjxbiBGg
八つ裂き輪・アタック線その他多数「スペシウム極めたから何だって?」

その場の状況に応じて、用途に合わせたぽっと出の技で打開してくるような人やで
54 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:25:08 ID: 2P30RTuypK
新技、でもないがマリンスペシウム光線をもう一度発射する可性は捨てきれない
55 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:28:52 ID: ojwiWAP35P
>>52
でも手八つ裂き輪と八つ裂きバリアを発明したお方だし
いきなりアタック線連発してモルドを本気で殺しにかかったから、なんかもう勢いで新技出してもおかしくないと思うの

そもそも初代の時からいきなり新技出す人だったし
56 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:38:23 ID: VyHUabpPpw
そういやゼットン戦ではキャッチリング、3代メフィラス星人には八つ裂きホーミングとか使ってたね…
57 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 19:45:59 ID: KvfjxbiBGg
モルド戦のアタック線をさらに発展させて、
ぶん殴ったパンチの構えから続けざまの距離アタック線とかやれそうだし
むしろアタック線のエネルギーをそのままいながら殴る格闘技とかにもできそうだ

伝のスペシウムアタックになってきそうだなw