ゼットン単語

ゼットン
7.5千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

宇宙恐竜ゼットンとは、『ウルトラマン』に登場した怪獣である。

ウルトラシリーズで初めてウルトラマンを倒した怪獣として知られている。これまでにウルトラマンを苦戦させた怪獣宇宙人は多数いるものの、ウルトラマン膚なきまでに敗北させた(“死”に追いやった)のはゼットンが初。
後年のウルトラシリーズにも登場し、その強さ、存在感を遺憾なく魅せ付けている。

名前の由来は「最後の怪獣」にふさわしく、アルファベットひらがなの最後の文字である「Z」と「ん」から。

概要

宇宙恐竜 ゼットン
ゼットン
登場エピソード 最終話さらばウルトラマン
身長 60メートル
体重 30000トン
出身地 宇宙

ゼットン星人」に操られる宇宙恐竜(「ゼットン星人」の名称は後付で、劇中には登場しない)。
ゼットン星人科学特捜隊ウルトラマン殺の為に日本に襲来してくるが、科特隊の奮戦により迎撃される。基地内に侵入したゼットン星人兵戦で倒された後、大母艦から現れた怪獣が「ゼットン」である。

ゼットーン、ゼットーン」という低いと「ピポポポポポ」という電子音を組み合わせたような鳴きが特徴。
ウルトラマンとの戦いではテレポート、八つ裂き輪を防ぐバリア等の一方的に圧倒し、スペシウム光線も物ともせず、線でウルトラマンカラータイマーを破壊して倒してしまった。
最後は科学特捜隊開発した「ペンシル爆弾」の攻撃により、中に浮かせられて爆散した。

倒されたウルトラマンゾフィーによって命を与えられ蘇生。その後ハヤタ隊員と分離し、M78へと帰っていった…。

その他詳細に関してはWikipedia等のウェブサイトや関連書籍等を参照。ただし、ゾフィー兄さん言は除く。

「1兆度」という温度

ゼットンの代名詞となっている有名な物が「1兆度の炎」だろう。
「1兆度」は現代の最新工業技術でも作り出す事が困難であり、「宇宙」の生まれたての温度であると言われている(2010年理研などが作り上げた「4兆度」は、「ビッグバン」から100万分の1後の状態を再現したと考えられている)。専門的な詳細はWikipediaの該当記事exit等の関連項目が詳しい。空想科学読本く「半径402光年以内の恒星系が全滅する」とのこと。

なお、「1兆度」は公式設定ではなく、1967年当時の雑誌記事にて独自で設定された温度である。この「1兆度」という数値がファンに大きな衝撃を与えたこともあってか、現在ではほぼ公式化されている。

RPGワイルドアームズシリーズ隠しボスラギュ・オ・ラギュラ」の元ネタとしても知られており、必殺攻撃の名はズバリ1000000000000度」円谷プロとのこと)。

その他のゼットン

ネタバレ注意 この項は、下記に映画シン・ウルトラマン』のネタバレを含んでいます。
未鑑賞の方はご注意ください。(要スクロール

体制圧用最終兵器ゼットン

2022年開の映画シン・ウルトラマン』に最後の敵として登場。

本作ではウルトラマン地球人「神永新二」と融合し、彼に巨大化ウルトラマンとしてのを付与したがため、全マルチバース並行宇宙)の知的生命体に「この地球の人類は巨大化させて兵器に転用できる」ことが知られてしまった。遠からず本作世界地球はあらゆるマルチバースの外人たちから侵略を受け、人類が兵器として「輸出」され、全宇宙の安寧と秩序を乱す災厄をもたらしてしまうだろう。

これを危惧したウルトラマンの本たる「」は、裁定者として本作世界地球の即時棄処分を決定。使者ゾーフィ太陽系ごと地球を滅却する体制圧用最終兵器ゼットンを持たせて派遣した。

ゼットンは最初は人間が片手で持てるサイズオブジェクトでしかなかったが、ゾーフィが起動させると自行動を開始。衛星上まで上昇して各パーツを展開させ、その巨大な異形天空に現した。

全体的なシルエットは初代ゼットンを踏襲しつつ、数の金属的なフレームディスクで構成された機械的なデザインは、生物の面など微も感じさせず、むしろシュルレアリスム建築物を彷彿させる。

特筆すべきはその巨大さ。身長60mのウルトラマンでさえゼットンの前では釈迦の手を飛び回る孫悟空のように小人に見え、また、宇宙空間に浮遊しているにもかかわらず地上からでもはっきり全身像が視認できるほど。

全に準備が整えば、1テラケルビン=1兆度の火球地球に向け発射し、対体はおろか恒星系もろとも消滅させ、数光年先までを及ぼす火力で確実に標を殲滅してしまう。

その火球だけでなく、展開中に攻撃を受けた場合を想定してか、スペシウム光線や八つ裂き輪すらも全に防ぐ鉄壁の電磁波防と、全身に数の兵器を搭載。ウルトラマン尽きて墜落するまでただひたすら機質に弾を連射し続ける非情さは怪獣というよりまさに兵器である。

これまでの作品に登場したゼットンにとって、1兆度の火球は敵を倒すための武器のひとつという意味合いでしかなかったが、本作のゼットンはむしろ1兆度の火球を生成し発射するためだけのプラットフォームであり、火球が本体という立ち位置になっている。

火球を発射するさいは、胸部のコア開くように展開し、両手両足にあたる部位を発射方向へ向け、ゼットンそのものが台のような形状に変形する。

地球上の核兵器を集中させたとしても破壊は困難と想定され、ウルトラマンでさえ手も足も出ず勝てない上に、避難も意味をなさない、絶望の二文字を体現したようなこの最終兵器に、人類は総を挙げて攻略法を導き出す。
それは、ウルトラマン禍特対仲間に託した「ベータシステム」の基礎理論――永と融合した彼が別次元から本体を召喚して巨大化する機構――を応用し、「ウルトラマン変身してもういちベータカプセルを点火させれば、1ミリだけ別次元へのがあくので、そこからゼットンごと1兆度の熱量をこの宇宙から追放する」、つまり変身してからもう一回変身してすぐに拳で殴る」プランであった。

このプランの最大の問題は、ウルトラマン自身もゼットンとともに別次元へのに吸い込まれてしまうため、帰還が望めない片切符になる点である。禍特対田村室長は反対するが、ウルトラマンはすでに覚悟を決めていた。仲間たちに別れを告げ、最後の変身をするとゼットンに特攻。みごとゼットンを火球発射直前に別の宇宙へと追いやることに成功する。

人類が自らの生存を懸けて叡智を結集し、さらにはウルトラマンと人類の双方が固い友情で結ばれていたからこそ摑んだ勝利。ゼットンを倒してみせたウルトラマン、そして人類に興味を示したゾーフィ地球棄処分撤回を決定し、さらにはウルトラマンの願いどおり彼の命を永に与えたうえで二人を分離=永をらせるのだった。

Tips

お絵カキコ

タッチパネル謹製ゼットン ゼットン

関連動画

関連静画

関連コミニュティ

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ゼットン

627 ななしのよっしん
2022/12/05(月) 07:46:46 ID: bT26JQO1pR
怪獣にも立った特殊いけどパワーは強いタイプ
パワーは弱いけど頭の良さや特殊厄介タイプがいるが
ゼットンパワーと格闘・特殊厄介さも備えた万タイプだよな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
628 ななしのよっしん
2022/12/11(日) 00:17:06 ID: HeO3GO5apd
怪獣ファームで原作通り「スペシウム光線を喰らいつつファイナルビームウルトラマントドメを刺す」というのが達成できて満足
命中がカンストすればファイナルビームも命中率70以上いくし、丈夫さとかしこさが10000の大台までいけばダメージS必中必殺のスペシウム光線ダメージ3ケタしか喰らわないからバリアなしでも怖くないわw
👍
高評価
0
👎
低評価
0
629 ななしのよっしん
2022/12/29(木) 01:16:27 ID: FOXuCN7h+1
アラシとイデが試作ペンシル爆弾を持って走って行く直後に2~3だけ映る、発部分がすべてく塗られたゼットンって一体なんなんだろうな。当時のスタッフが存命のうちに明かして欲しい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
630 ななしのよっしん
2022/12/29(木) 11:16:50 ID: +8QhnWEW1j
機電が消えててなおかつ逆光だからく見えてるだけなんでないの
機電点いてないミスジャミラでもやってるし
👍
高評価
0
👎
低評価
3
631 ななしのよっしん
2023/09/26(火) 23:18:22 ID: 1xWfEjtz/w
初代ゼットン成田亨デザインを忠実に再現した結果、スーツの強度が犠牲になって撮が終わったら自重でダメになったとか。
耐久性と着心地を優先した結果が2代目でこちらは本編のあともアトラショーで長らく活躍できたとのこと。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
632 ななしのよっしん
2023/11/16(木) 03:18:03 ID: yaR7fBTv4t
>>626
心がないとはギャラファイ等でバット星人が言ってたが、新米ウルトラマンが楽に無双できるなんて設定ないぞ
ギャラファイでグリージョに倒されたことなら、タイマンで一体倒しただけだから無双なんてしていない
むしろ、タイガに「複製体とはいえ手ごわいぜ」と言われて、80も苦しめられてるあたり、おそらくオリジナルよりが低いと思われる複製ですら数がえば歴戦のウルトラ戦士を手こずる存在として描かれてる
無双なんてできるものではない

心がないというのも、バット星人産だけに適用されるものである可性がある
過去に闘士ゼットン不良怪獣ゼットン漫画作品だけどゼットン三世のような明らかに心がある個体がいたし
👍
高評価
0
👎
低評価
1
633 ななしのよっしん
2023/11/20(月) 14:37:30 ID: KNy7zM8cUQ
ようやく初代マン最終回を見れたんだが、ゼットンピロロロロロロって鳴き人間性や生気のカケラもなくて恐ろしいの一言
でもウルトラマンが倒せなかった敵を科学特捜隊が四苦八苦しつつなんとか倒して人間の底を見せつけるって展開を期待してたらなんか一撃であっけなく粉砕されてちょっと拍子抜けしてしまった
あのい弾強すぎ
👍
高評価
1
👎
低評価
0
634 ななしのよっしん
2023/11/27(月) 23:28:36 ID: uyyxOf5epU
>>633
TV版の科学特捜隊は歴代防衛チームでも割とチートな域なんで..回によってはウルトラマンより活躍してる。まあ当時のスタッフウルトラシリーズが半世紀以上続くと思わなかっただろうしややアッサリなのはしゃーない。
👍
高評価
2
👎
低評価
1
635 ななしのよっしん
2023/12/07(木) 20:29:58 ID: KNy7zM8cUQ
>>634
逆に言えば、シリーズがどれだけ続くかもわからなかったし、同じような番組の前例もそんなに多くなかった初代ウルトラマンという最初期の番組だからこそできた演出なのか
今考えてみると、科学特捜隊ゼットンに苦戦して何とか倒すのでは「ウルトラマンがいなくなっても本当に大丈夫…?」って思う人も出てくるだろうし、あっさり倒したことで逆に「もうウルトラマンがいなくても大丈夫!!」って説得が出たのかもしれない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
636 ななしのよっしん
2024/02/29(木) 07:31:57 ID: d19FKT4cFJ
ゼットンが跳ね返したスペシウム光線をまともに受けて爆散しない初代マン頑丈すぎん
👍
高評価
0
👎
低評価
0