サミュエル・B・ロバーツ(艦これ)単語

サム
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

サム
Samuel B.Roberts、出ます!
さあ、今日もしっかり護ってこう!」

サミュエル・B・ロバーツとは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん〜艦これ〜」に登場する、第二次世界大戦時のアメリカ海軍所属ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦USSサミュエル・B・ロバーツ〉をモチーフにしたキャラクター艦娘)である。
デザインZECOCVなお

概要?大事!とってあげるね!

2018年4月23日アップデートで、期間限定任務「五周年任務【:五周年艦隊出撃!】」の報酬として実装された駆逐艦娘米軍艦娘としては初の駆逐艦娘である。また、イベント以外での新規艦娘の追加は、2016年9月の「浦波」以来である。
なお、ゲーム内では英語で"Samuel B.Robarts"と記述されている。また、これまでの艦は必ず「x番艦」という記載があったが、米軍の場合は同艦の数が多すぎるためか「x番艦」があまり明確に決まっていないため、艦籍番号(ハルナバー)である「DE-413」が記載されている。

ショートカットに榛色の瞳の少女を基調としたセーラー服と、緑色のプリーツスカートに身を包んでいる。身につけている小物が色々と凝っており、被っているディキシーカップと呼ばれる兵帽に巻いているリボンの先に付いているのが、それぞれ際通信旗のN旗・T旗・I旗・K旗で、これがサミュエルBロバーツを示しているとか、そのリボンを止めているリボン留めは史実で受賞した従軍章(バトルスター)を模しているとか色々ある模様。
左胸(肩?)に付けているのバッチは、艦これではお染み特ではもちろんなくて、タフィを意味していると思われる(よく見ると、バッチの下にTaffyと書いてある)。また左肩から提げている勲章は軍十字章というアメリカの勲章である。(艦名の由来になったロバーツ准尉、サマール戦時の艦長だったコープラン少佐の双方ともこの勲章を受章しているため、どちら由来かは不明)
なお、左側に提げているバッグから覗いているは、史実でと衝突したエピソードからか?(ちなみに史実で衝突したのも左舷だったりする)

艦名が長いためか、自分のことは「サム」と呼んでくれていいよ、と言っている。なお、サムという呼び名は女性に対しても使われる(有名なホームドラマ奥様は魔女」で、ヒロインのサマンサが旦那からサムと呼ばれている例がある)。サミュエルというのはもろに男性名なので、あるいはサムと呼んであげる方がいいのかもしれない。

大分類では駆逐艦であるが、その中でも初となる護衛駆逐艦である。駆逐艦では初となる「低速」だが、タービンを1つ乗せれば高速になる。また、対潜が高く設定されており、改造することでジャーヴィスと同様に自動で先制対潜爆雷攻撃が可となる。

デザイン担当のZECO氏は台湾在住の漫画家イラストレーター艦これキャラクターデザインとしては初参加となるが、そもそも艦これサービスが開始される以前から、雪風らの擬人化キャラクター役の漫画作品「Battleship Girl -鋼鉄少女-」を連載していた。
ZECO氏のイラスト集「鋼鉄少女図鑑」には艦これ運営側からの推薦コメントが寄せられており、またZECO氏も2017年艦これイベント台湾で行われた際にも雪風(艦これ)イラストを寄せる等、艦これ運営とは良好な関係を築いており、今回満を持しての参加となった。
CV氏もまた艦これには初参加であるが、今後のイベントなどでの活躍が期待されている。大根をすりおろすとかな!

私ね、ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦、サミュエル・B・ロバーツ。
ね、覚えて!

護衛駆逐艦とは、文字通り商船護衛を任務として建造された小駆逐艦のことをす。
日本海軍においては、駆逐艦は艦隊決戦的としていたため染みが薄いが、連合側では第一次大戦でドイツUボートに商船がボコボコに沈められたのがトラウマとなっており、アメリカ海軍ではに対潜を的とした商船を護衛するための艦を大量に建造していた(何しろ、1943年から44年までに護衛駆逐艦を全部合わせて440隻ほど建造している。当然、他の艦船も建造しながら、である)。立ち位置的には、日本海防艦に近い存在である。
なお、大量生産したのは連合を組んでいたイギリスから「アメリカさんまだ余あるっしょ? んじゃうちにも回して」とか言われたためだったり(詳しく知りたい方は、「レンリース法」あたりを調べてみて戴きたい)。

ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦は、この護衛駆逐艦で最後に建造されたタイプである。余りに大量建造したために色々と間に合わなかった機関がこのクラスでようやく間に合い、設計通りの性を発揮できるようになった(この機関(ウェスティングハウスエレクトリック社製ギヤード・タービン)の名前からジョン・C・バトラー級のことをWGT、とも呼ぶ)。また戦局を見て、船団護衛だけではなく通常の艦隊決戦でもある程度は戦えるように、対艦用の三連装魚雷や12.7cm単装を装備している。とはいえ、大量生産のため装甲も薄く、乗組員達からは「ブリキ缶」と揶揄されていた、とも。
サムが「姉妹はもの凄く多いんだ」とするように、ジョン・C・バトラー級は全83隻が建造されている。なお、発注自体は実に293隻分行われたが、流石に生産が終わる前に戦争そのものが終わってしまったため、206隻がキャンセル、4隻が建造中止になっている。

USS Samuel B.Robarts,DE-413〉は、そんなジョン・C・バトラー級の一隻であり、艦籍番号で言えば後ろから3番である。ちなみに艦籍番号の分類記号”DE"は"Destroyer Escote"の略(一般的な駆逐艦の"DD"とは異なっている)。
194312月6日にテキサス州ヒューストンブラウン造船工で起工、1944年1月20日に進し、1944年4月28日に就役した。実は清霜とほぼ同期だったりする(清霜工は1944年5月15日)。
艦名は、ガダルカナル英雄的行為(1942年9月27日、撤退戦の中、揚陸艇で囮となって味方の撤退を支援し、自らは戦死した)を行ったサミュエル・ブッカーロバーツJr.軍准尉から取られている。なお余談だが、〈サミュエル・B・ロバーツ〉には艦名の由来となったロバーツ准尉のが乗り込んでいたとか。
艦娘のサムも名前が長いことを気にしているが、史実でも乗組員達からはもっぱら「サミーB」と呼ばれていた。

そんな〈サミュエル・B・ロバーツ〉は、信頼性試験中の7月7日ボストンで慣熟訓練中にと衝突し、損傷を受けてドックに逆戻りとなってしまう。ぶつかったは非常に大きなもので、一時は「日本潜水艦と衝突した!?」と騒ぎになった模様。なお、そのがその後どうなったかは不明である。
なお、修理自体はあっさりと済ませて、7月22日に出港。パナマ運河を抜けて太平洋に出ると、8月10日珠湾に到着し、太平洋艦隊の一員となる。その後も演習を兼ねた船団護衛で珠湾とマーシャルエウトニック環礁の間を1往復半し、エウトニック環礁に2回の到着となった9月30日に新たな命を受領。アメリカ第7艦隊所属の第77任務部隊第4群第3集団(コードネーム:タフィ)に配属となり、レイ域へ出撃することになった。

TaffyIII、weigh anchor! 私、先頭でいい?(サマール沖海戦)

このタフィは、「ジープ空母」と呼ばれるカサブランカ級護衛空母6隻に、その護衛としてフレッチャー級駆逐艦3隻と、護衛駆逐艦4隻で編成されていた。この護衛駆逐艦の1隻が〈サミュエル・B・ロバーツ〉である。この部隊は護衛空母からの航空機による輸送船団の護衛や対潜、上陸部隊の支援などが主任務であり、艦を相手に戦うことは最初から想定していなかった。

ところが、10月25日突然戦艦4隻、重巡6隻、軽巡2隻、駆逐艦11隻の大艦隊がと鼻の先に現れ、タフィに襲いかかってきた。これが、のうちにサマールまで突撃してきた日本である栗田艦隊であった。栗田艦隊はタフィを「正規空母6隻を含む艦隊だ」と誤認して総攻撃を掛けてきたのである(栗田艦隊部の分析が低下していたのは、ここまで二連で(断続的に米軍から襲を受けていたので、寝るに寝られなかった)、おまけに当初の艦だった〈愛宕〉に加え〈武蔵〉も失ってしまい、皆が疲労状態だった、という事情もあったり)。

こうして、サマール戦が勃発した。
戦闘開始からしばらくは、全で逃げるタフィ(といっても、実はタフィ撤退禁止命を受けていたので、実際のところは逃げたというよりは、距離を取って護衛空母から航空機を発艦させるためだった)を追いかける栗田艦隊(重巡部隊)、という展開だったが、そもそもタフィの護衛空母速度は貨物船なみしか出せない(たとえば〈ガンビア・ベイ〉の最高速度は20ノットにも満たない)ため、そのままでは間合いを取ること自体が不可能であった。
そんな中、スコール煙幕に紛れて3隻のフレッチャー級駆逐艦は各自の判断で栗田艦隊の足止めを図った。この記事では詳しく触れないが、駆逐艦ジョントン〉や駆逐艦〈ホーエル〉の奮戦は有名で、自らを犠牲に格上の艦隊を足止めした。また、較的近距離にいたタフィからも支援航空が届き、これらも栗田艦隊に執拗な襲をしかけていた。

午前7時43分。タフィのスプレイは、護衛空母群を守って共にいた4隻の護衛駆逐艦にも、敵艦隊への攻撃を命した。その4隻の先頭を切って反転したのが〈サミュエル・B・ロバーツ〉だった。
コープランド艦長は、艦内放送でこう告げた。

We're making a torpedo run. The outcome is doubtful, but we will do our duty.
  「々は突撃を敢行する。結果はどうなるかわからない、だが義務を果たそう」

〈サミュエル・B・ロバーツ〉は煙幕に紛れつつ、日本重巡鳥海〉(と思われる)に薄(重巡側のが撃てないほど接近した)して魚雷を発射、さらに次々と現れる重巡群にを連射しながら1時間食い下がり、〈筑摩〉(と思われる)にも損傷を与えた。ちなみに、ジョン・C・バトラー級の定格出では速24ノットまでしか出せないが、〈サミュエル・B・ロバーツ〉はこの戦闘では缶のリミッターを解除して、実に29ノット近くの高速で航行していたという。

しかし、〈金剛〉が煙幕から出た〈サミュエル・B・ロバーツ〉にを斉射、直撃弾を受けた〈サミュエル・B・ロバーツ〉は艦体にひびが入り浸、また後部も破壊され[1]、そして弾薬を使い果たしていた。
午前9時35分、コープランド艦長は総員退艦を命じ、艦は放棄された。漂流する〈サミュエル・B・ロバーツ〉に止めをさしたのは、第十戦隊[2]の〈矢矧〉と、配下の第17駆〈浦風〉〈磯風〉〈雪風〉で、各艦は艦番号の"413"が視できる程に接近して撃し、撃沈した。

結局、栗田艦隊は圧倒的に強な戦差を持ちながらそれを生かせず、上記の3隻の駆逐艦に加えて護衛空母〈ガンビア・ベイ〉を沈めることしか出来なかった。その上、本来視しても良かったような相手に重な燃料弾薬を浪費したあげくに重巡4隻を失い(3隻喪失、1隻大破)、結局この後「栗田ターン」を行って撤退することになる。

タフィ栗田艦隊との闘を称えられて「殊勲部隊章」を受賞。〈サミュエル・B・ロバーツ〉自身も従軍章(バトルスター)を1つ受賞した。
人々は、彼女をこう呼んだ。

戦艦のように戦った護衛駆逐艦

1944年11月27日、除籍。

戦後、殊勲艦である「サミュエル・B・ロバーツ」の艦名は2代に受け継がれた。
2代目〈サミュエル・B・ロバーツ〉はギアリング駆逐艦で1946年就役、1970年に退役した。
3代〈サミュエル・B・ロバーツ〉はオリバー・ハザード・ペリーミサイルフリゲート1986年に就役、2015年5月に退役した。

関連動画出来た! Complete!

あ、いいねぇ!うれしいなぁ、静画。

Thanks!関連商品もお願い!私、使うから!

サミュエル・B・ロバーツ(艦これ)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

寂しいの?相手してあげるね!うああ!

脚注

  1. *後部を担当していたカー兵曹は、用意されていた325発の弾を全て発射し、最後の1発を腕に抱えて戦死していた。彼もまた後にミサイルフリゲートの艦名として名を残すことになる。
  2. *栗田艦隊には、二戦(旗艦〈能代〉)と第十戦隊(旗艦〈矢矧〉)の2つの戦隊がいたが、ことこの戦いにおいては配下の駆逐艦が燃料不足に陥っており、本来の機動戦が出来なかった。おまけにこの時期は既に十分な訓練も出来ず、この戦闘でも第十戦隊が敵の攻撃を回避しようとして二戦の針路を塞いだりしている。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BBb%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%84%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サミュエル・B・ロバーツ(艦これ)

95 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 21:19:23 ID: aeXcNMz5Of
半年ちょいで静画89件あるし悪くないペースだと思うが
96 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 04:10:44 ID: g5h0jyJPtU
>>95
まだ二桁って少なすぎるでしょ
97 削除しました
削除しました ID: vjNb8KuvUe
削除しました
98 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 02:05:56 ID: lbgnMV9g/I
そういえばこの子って実装時に「今年度中に再入手できます」って運営が言ってなかったっけ
そんな機会あったっけ
99 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 23:46:42 ID: omLpPTIJZH
「年内」じゃなく「今年度内」だから「3月末までには」という意味じゃなかろか?ジョントンも来たことだし♪
100 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 19:37:30 ID: g5h0jyJPtU
サムって艦これオリジナルの名称だよね
101 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 15:23:10 ID: LQyc4NGqQi
Summy Bだからな
潜水艦の呼び名とかは仕方ないとはいえ、こっちは元々の呼び方があったんだが・・なんで架の呼び名にしたんだろ?
102 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 16:06:39 ID: fVJWHpga9G
潜水艦もそうなんだが歴史上そう呼ばれてたならともかく呼びやすいからって勝手に名前付けていい物なのかね?
名前って大事だと思うけど
勝手に渾名付けられたら嫌じゃない?
103 ななしのよっしん
2019/06/22(土) 06:17:12 ID: Fls4H/P7JS
単ににわかなだけでしょ(適当)
アーク・ロイヤル級三番艦」とか
ちゃんと調べもせずWikipediaを流し読みしてつけた感じだし
104 ななしのよっしん
2019/06/25(火) 18:01:00 ID: pUtJcSBojp
実装前はさぞのような面したなんだろなと思ってたから実装イラスト見て驚いてたなぁ