スパルタクス(Fate/Apocrypha)単語

スパルタクス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

――その男は、筋肉(マッスル)だった。

 

 

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

スパルタクスとは、小説Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントである。

CV鶴岡聡

イラスト寺田也 / 設定制作虚淵玄ニトロプラス

なお、記事ではこれ以降スパルタクスと表記する。サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

概要

ローマ闘士。
すべてを耐えんだ果ての人間の強さがあると信じて疑わない。
彼の行動理念はただひとつ。加虐者に反し、被害者を救済すること。
そのための最善の選択として、より苦難の多いを選ぶ。
劣勢にある敵は攻撃せず、自分より優位な敵にのみ牙を剥く。
それも敵の攻撃を受け止めたうえので反撃を選ぶため、勝利の形は土壇場での一発逆転になる。
傷だらけの顔は殴るときも殴られるときも然と微笑んでおり、とても恐い。


金髪い肌の屈強な体を持ち、全身に傷跡が残る歴戦の戦士
ベルトで身体を締め付けており、押さえつけられた筋肉がはち切れんばかりである。
このイラストを見た虚淵氏が「こいつはMっぽいぜ」と決めて設定を書いた、とは武内氏の弁。
なお小説版の表絵では健康的な肌色に配色されている。

伝説

ローマに捕えられたトラキア人の闘士奴隷で、カンニア闘士養成所に属していた。
しかし紀元前73年、78人の仲間と共に脱走計画を実行する。
ローマはこれに対し3000人の追っ手をかけるも、スパルタクスを中心に奇襲をかけられ敗退。
この勝利を聞いた各地の奴隷起し、反乱軍70000人にまで膨れ上がった。
反乱軍は次々にローマ軍を打ち破りながら北上するが、アルプス越えを断念。
次にシチリすも、峡の輸送を依頼していた海賊に裏切られ、ついにローマ軍に包囲された。
この戦いでスパルタクスは戦死。死体はか分からないほどにり刻まれていたという。 

ステータス

保有スキル 

狂化:EX パラメータをランクアップさせるが、理性の大半を失われる。狂化を受けてもスパルタクスは会話を行うことができるが、彼は"常に最も困難な選択をする"という思考で固定されており、実質的に彼との意思の疎通は不可能である。スパルタクスは、やはり制御不能バーサーカーなのである。 
被虐の誉れ:B サーヴァントとしてのスパルタクスの体を魔術的な手法で治療する場合、それに要する魔の消費量は通常の1/4で済む。また、魔術の行使がなくとも一定時間経過するごとに傷は自動的に治癒されてゆく。彼の闘志は痛めつけられるほどに燃え上がり、秘めたのすべてを引き出すに至る。むしろ彼は、痛めつけられないと本気になれないのだ。"敵が与えうる苦痛のすべてを耐えて駕することで、その敵を全に駕し勝利する"というのが、スパルタクスの必勝の戦術である。 

パラメータでまずにつくのが 耐久EX
全ての攻撃を受け尽くしてから攻撃に転じる彼に相応しい、規格外の耐久を誇る。

クラスの『狂化』もランクEXと規格外で、バーサーカーでありながら普通に話すことが可
しかし思考は一つに固定されているので、結局のところ会話は成り立たない。

『被虐の誉れ』は治療魔術省エネ化を行うスキル説明文からは、彼のドM気質が伺える。
攻撃を受けてから反撃する戦法のスパルタクスにとって、このスキルは重要になるだろう。

宝具

哮(クライング・ウォーモンガー
ランク:A / 種別:対人宝具(自身) / レンジ:0 / 最大補足:1人
常時発動宝具。敵から負わされたダメージの一部を魔に変換し、体内に蓄積できる。
この魔の変換効率は、スパルタクスの体が減少するほどに上昇する。
こうして体内に溜められた魔は、スパルタクスのをブーストするために使用可である。
もし瀕死まで痛めつけられていれば、スパルタクスは眼前のすべてを破壊して余りあるほどに膨大な魔を溜め込むことになり、体そのものに至るまで変貌させ、なお戦い続けることだろう。

 彼は寄せ集まったにすぎない反乱軍をよくまとめ、強ローマ軍に連戦連勝したことから、その人望や戦闘は卓越したものであったと考えられる。
だがそれ以上に彼が人望を集めた要因は、この宝具徴された"必ず逆転によって勝利する"英雄だったということだ。
反乱軍兵士にとって戦況が絶望的であればあるほど、その先にある勝利は確かなものだったのである。
この逆転戦法は、彼自身は意識していないがショーマンシップに則ったものであり、闘士としての人気も非常に高いものだった。
彼に聖杯める確かな動機はなく、ただ戦いの場に赴くことだけを悲願する。
被虐者を救済し、加虐者に反逆することだけを志すスパルタクスにとって、戦場こそ弱き者と強き者しかいない場所であり、彼がめてやまない苦痛と試練に満ちあふれている場所だからだ。

スパルタクスが持つただひとつの宝具。彼の生き様、戦闘理論そのものを顕している。
ダメージを負えば負うだけその身に魔が溜まり、彼の強さが増していく、いわば底のようなもの。
極限まで痛めつけられた状態で使用したならば、たった一撃で聖杯戦争に決着を付ける可性すら存在するという。
耐久EXにより並大抵の攻撃では死なぬ彼にとって、この宝具の効果は非常に生かし易いと言える。
ただしその性質上、非ダメージ系の攻撃には発動しない。そのため、行動封じの類にはやや相性が悪い
みなく機』すれば非常に強だが、受動的な効果ゆえ中々に扱いにくい宝具

Fate/Apocrypha小説版

"サーヴァント"の一騎として登場。
クラスバーサーカーマスターはデムライト・ペンテル

マスターや味方のサーヴァントの言うことを全く聞かず、己が信念にのみ従う狂戦士
敵側のサーヴァントく、「バーサーカーとして狂化されたからああなったのではなく、バーサーカー以外に適合するクラスが存在しない存在」。

常時は論、戦闘時にも笑みを絶やさぬナイスガイだが、その笑顔は敵味方ともに怖がられている。
2m越えの大男がニコニコ笑いなが戦ってたらそりゃ怖いが。

戦闘スタイルはさながらプロレスラープロレスラーと聞いたら、あの淑女のフォークリフト…黙ってませんね。
相手の攻撃を全て受けたうえでの反撃が、彼の一にして至高の戦い方である。
防具らしい防具はなにも装備していないにも関わらず、その筋肉が攻撃のすべてを受け止める。
相手の攻撃が止めば、今度は彼の動きが始まる。推定三メートルゴーレムを苦もなく放り投げ、の一振りでホムンクルスの軍勢を吹き飛ばす。さらには投げ技のスープレックスで数体のゴーレムをまとめて粉みじんにしてしまう。
圧倒的破壊と圧倒的タフネスで相手をきまでに"叩きのめす"、生戦闘狂

(以下ネタバレにつき反転

"キャスター"に唆され、独断でユグドミレニア塞へと向かい始めるスパルタクス。
"アーチャー"、"ライダー"が止めに入るものの、まったく言う事を聞かずに単独進軍を続ける。

数日間歩き続け、スパルタクスはミレニア塞付近の森林に入る。
塞を護衛する大量のゴーレムホムンクルスを前に、圧倒的パワーでそれらを砕き、薙ぎ払い、吹き飛ばす。

しかしその最中、"ライダー"の宝具で足を封じられ、"キャスター"が作り上げた大ゴーレム達がその身を覆い尽くされ、まともに身動きが取れぬ状態へと追いやられる。
それでもなお歩みを止めぬ彼の前に、敵の領である"ランサー"がついに姿を現す。
圧制者を眼前としたスパルタクスは歓喜のを挙げ、その身を叩き潰さんとを振り上げた。

間、ランサー宝具である『極刑王』により、霊核を除いた全身にが突き刺される。
文字通り満身創痍な彼の体。しかし、なおも動きを止めぬスパルタクスに、彼の意を理解した"ランサー"。
弱者を守り、労り、癒すために。全ての制圧者を憎み、全ての強者に闘志を燃やし、反逆のために戦う狂戦士
それはひとえに「等なる世界を夢見た狂想」ゆえの行動であったと。
その想いを己に刻みこんだ気高き魂の持ちに、"ランサー"は反逆者という存在に初めて敬意を表したくなったとる。
そして、信念のために足掻く彼を前にして、その身を営に『隷従』させることをスパルタクスに告げた。

戦士の微笑みは途絶え、彼は壮絶な憤怒の表情をランサーへ向けた。
圧制者と戦うことこそが信念である彼にとって、その言葉は死をえる屈辱であり、絶望だった。

反転終了)

Fate/Grand Order

人理を守る戦いにおいても持ち前の反逆精で矢面へ立って戦う。メインストーリーでは一部二章の対連合ローマ軍、二部三章の中国異聞帯攻略において召喚された。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B9%28fate%2Fapocrypha%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スパルタクス(Fate/Apocrypha)

148 ななしのよっしん
2018/09/23(日) 19:03:27 ID: 4yoV9NEYz2
もし英霊化したポンペイウスやクラッススと出会ったらどうなるのかな?
いつものように笑いながら潰しにいくのかな?
149 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 07:22:35 ID: GUxKVuFdkL
今回スパさん活躍してんなーと思ったら
そうか虚淵原案だったっけ
150 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 15:38:40 ID: TzomDFkcZ+
アポコラボ台詞アシスト入りとはいえ回収しやがった
異聞帯の考え方とか人の話を聞かないわりに重要なこと言ってるよね
151 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 15:49:48 ID: WC6CQ5wD77
3章かっこよかった…
152 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 13:53:02 ID: cvPFGdsjFF
元々の塊だったけど、3章では口を開けば名言が飛び出てた
153 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 18:51:51 ID: /QYr9y2OTC
三章熱くいてたのに
のせいでも覚えてない不具合
154 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 09:36:03 ID: E8Iat+iX4J
>>153
虚淵ブラクラでもNINJAでやらかしてるからなー
アレぜったい確信犯だろw
155 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 20:17:47 ID: J9HZNyEKuP
FGO二部で子供魔獣に襲われた村を見せるのは酷だって配慮したり、子供の相手もできるあたりただのドM反逆者ではないな。
156 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 13:09:06 ID: knuxLjJ1ME
>>155
今まで「弱者の護者」という側面は見せてなかったからな
圧制を何よりも嫌い、束縛に叛逆することをこそ存在意義とする男が、
弱者を守るためなら「命じるだけで良い」とまで言ってのける。それがスパルタクスだ
157 ななしのよっしん
2019/11/23(土) 13:22:47 ID: 11ciqevwto
今更3章やったけど聞いた通りの大活躍だったな
弱者の護者とか制御不能バーサーカーぶりとかあらゆる要素が余すことなく発揮されて
あと個人的に令呪ブーストをマスターとのの燃焼と称していたのも印

急上昇ワード

2019/12/11(水)07時更新