プリシス・F・ノイマン単語

プリシスエフノイマン

プリシス・F・ノイマンとは、とは、ゲームソフトスターオーシャン セカンドストーリー』および『スターオーシャンブルースフィア』『スターオーシャンアナムネシス』の登場人物である。

概要

初出はスターオーシャン セカンドストーリーで、当時16歳
惑星エクスペルリンガに、グラフトと親子二人で暮らしている少女である。
2月29日生まれ、155cm 43kg 、スリーサイズはB79W60H83とやや小柄。
(胸はレナと同じサイズですよ!)
CV住友優子が担当。 リメイク版およびアナムネシスでは釘宮理恵が担当している。

大きなポニーテールサングラスを基調とした装で、背中マジックハンドハンマーを搭載したリュックを背負っているのが特徴的。(漫画アニメ版ではピンクを基調としたに変更されており、リュックを背負っていない場面も多い)。武器となるマジックハンマーなどはPSアナログコントローラーの形をしているコントローラーで操作している。

得意なことは、機械工作創意工夫バージョンアップ。 好きなものはハンダゴテ、ターボザック人くん、チョコバー 、嫌いなもの:爬虫類、ぬめぬめしたもの。
好きなタイプは「やっぱ、かっこよくないとだめじゃん?あ、でも、ばかはだめだかんね!」 とのこと。

親子で発明をやっており、色々なアイテムを開発している。
その中でも『人くん』は彼女の最高傑作で、AIで自動稼働して攻撃もサポートもできる凄いロボットである。
ただし、エクスペルではほとんど科学が発展しておらず、周囲から奇異ので見られている。それが原因で母親にも逃げられてしまった模様。

性格は爛漫な元気っ子で、困難でも滅気ずに立ち向かっている。
とはいえ、流石に惑星エクスペル消失した際のショックしく、元気に振る舞っているプリシスをクロードが抱きしめるプライベートアクションも存在する。

ちなみに人くんは1号2号がおり、ブルースフィアでは3号も出てくる。

スターオーシャンセカンドストーリー

本作のメインヒロイン(誇表現)で、リンガでプライベートアクションを起こすことで仲間となる
ボーマンと排他となっており、ボーマン加入後は仲間にすることができない。
どちらも魅的なキャラのため、どちらを加入させるかで非常に迷うところである。

メインストーリーでは特に活躍するところはいが、クロードアシトンとのイベントが多く、どちらカップリングさせるかで悩んだ人はきっと多いハズ。

初期タレントは「動物好き」や「野生の勘」を持っている事が多いが、何故か「器用な先」や「デザインセンス」を持っている確率30%と低め。(天才発明設定はどこいった?)
その代わり、シークレットタレント「器用な先」や「デザインセンス」を開する確率は非常に高い。

戦闘では『人くん』などの発明品を使用した物理アタッカーで、トリッキーな攻撃が多い。
マシナリーで作成できる「プラズマびりびり棒」で覚える「ばーりあ」が非常に強
リアなのに最強とはこれいかに。

SO2漫画版

作画担当:東まゆみの作品。全7巻。
基本的にはストーリーに沿って進み、プリシスは途中まで同行する。
最初はクロードに一惚れしているが、アシトンに徐々に好かれていく描写がされている。

後半では、何故か物語終盤でボーマンと共にリンガで待つという展開になってしまう。
(ただし最終戦シン戦では二人とも再登場する。)

なお、エニックスお家騒動の影により、漫画版はエクスペル編で打ち切りとなってしまった。
続いていた場合、彼女がネーデ編にも登場していたかどうかは気になるところ。

ゲーム版のブルーを基調にした装からピンクを基調とした装に変更されている。(ゲーム内のドット絵デザインに準拠したものと思われる)サングラスもほぼ装着していない。

後に、よしだもろへにより別にて再度漫画化された際はネーデ編も掲載されたが、3巻で打ち切りとなってしまったため非常に展開がい。

スターオーシャンEX(テレビアニメ版)

CV半場友恵が担当。
もしも見たい人は、ゲームのことは記憶から消去してオリジナルアニメとして見ましょう。

SO2リメイク版

正式名称はSTAR OCEAN Second Evolution(スターオーシャンセカンドエボリューション)。
立ち絵が一新されており、賛否が別れる。(CV釘宮理恵)

技解説

ロケットぱーんち

初期技の一つ。ロケットパンチを発射する。
隙が少なく連射もしやすいため扱いやすい。

ほっぷすてっぷ

初期技の一つ。飛び上がってハンマーく。
ロケットぱーんちにべると隙が多いため使い辛く感じる。

モール

レベル17で取得。人くんで地面に潜って出てきて攻撃する。
潜っている間は物理攻撃効だが、動作が長いため扱い辛い

えーい、やあっ

レベル25で取得。人くんを投げつける。
熟練度が上がると人くん2号も投げる。
ロケットぱーんちの強化版的な感じだが、人くんが可そうにも見える。

パラボラビーム

レベル38で取得。パラボラアンテナらしきものからビームを放つ。
ビームは連続ヒットしやすくヒット数を稼ぎやすい。

ぽかぽかアタック

レベル49で取得。ハンマーをぽかぽか振り回す。
ハンマーかれるので痛い。
射程は短いが、隙が少ないためリーチを間違えなければ強い。

ブラッディマリー

レベル57で取得。人くんが巨大化して、それに乗ってドリルゴリゴリする。
巨大化する時に隙があるものの、射程も威も高いため強

ほろほろグラフ

ファンティのプライベートアクションで取得。
アシトンが加入済みかつ、互いの友好度が高く、ソードダンス取得済みでないとできない。
人くんがアシトンのソードダンスホログラム投影して攻撃する。
元のソードダンスと違い、隙だらけ。

無人くんスーパービーム

マシナリーで作成できる「ハイメカランチャー」で取得。
人くんが極太レーザーを放つ。
ゲームアイテム呪文を許さない人の極太レーザーとは違い、
見たと取得の苦労に見合わない弱さと隙の多さでがっかりする。

ばーりあ

マシナリーで作成できる「プラズマびりびり棒」で取得。
人くんを投げつけ、広範囲にバリアを発生させて攻撃する。
(それバリアの使い方間違ってませんか・・・?)
隙が少ない上に広範囲で中にも判定があり、威も強で、取得も簡単と間違いなく最強技。

スターオーシャンブルースフィア

前作から2年後となり、18歳身長も高くなっている。
前作の人気の影か、最初に仲間になる8人の中でも中心人物であり、メイン主人公となっている。

博士号も取得しており、その天才っぷりは今作も健在。同じ天才キャラレオンとの絡みも多い。対称的にクロードとの絡みは減った。(クロードの加入が終盤であり、レナとの関係が進展したためと思われる)
また、アシトンとは今作で正式にお付き合いをしている。

性格は前作同様爛漫な元気っ子。2年経過しても性格が変わらなかったのは、レオンとともに2年間地球へ留学した際、「アシトンに嫌われるのが嫌だったため、昔の性格のままでいようとずっと頑っていたため」とプライベートアクションで明かされる。(該当イベント選択肢を間違えると本人の口から明かされる)

フィールドアクションよりの性となっており、戦闘では若干扱いにくい。

ブルースフィア漫画版

作画担当:。全7巻。
ゲーム版以上にメインっており、アシトンとの恋愛要素も。
オリジナル要素が多いもののストーリーはしっかりしており、ゲームの最後まで描かれて完結している。

アナムネシス(スマートフォンアプリゲーム)

設定はセカンドストーリー準拠だが、CVリメイク版同様釘宮理恵が担当する。

装自体もほぼセカンドストーリーと同じだが、コントローラーアナログコントローラーからスマホに変更されている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BBf%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プリシス・F・ノイマン

1 ななしのよっしん
2019/07/27(土) 23:43:09 ID: JyuQwDdrdL
追記してくれた方ありがとうございます
プリシスもボーマンも好きなので二者択一いつも困ってたわー

ブルースフィアも面かったので、
あれがPS2とかで出てたらもっと売れてただろうになーと惜しく思う。
そして東まゆみさんの漫画版の続きを見たかった・・・

急上昇ワード

2019/09/21(土)05時更新