マーケット・ガーデン作戦単語

マーケットガーデンサクセン
6.5千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

マーケット・ガーデン作戦とは、第二次世界大戦中の欧州戦線において、1944年9月に行われた連合軍側の作戦名である。この作戦を題材にした映画遠すぎた橋』が作られたことでも有名である。

概要

作戦開始に至るまで。

1944年6月から行われたノルマンディー上陸作戦(作戦名『オーバーロード』)が行われた。
結果として、フランスに駐留していたドイツ軍に多大なる損を与えることに成功した。ファレーズ・ポケットと呼ばれた包囲網から逃れた数少ないドイツ兵も重装備を失い敗走しており、この機会を逃さず追撃に移ろうとしていた連合軍は順調にパリ解放ベルギー領内にまで達していたが、その足は9月上旬には止まってしまう。補給が続かないためであった。

理由はノルマンディー上陸作戦の最優先標であった欧州大陸側の補給拠点確立に失敗してしまったためでもある。
初期標であったコタンタン半島最北にある港湾都市シェルブールは奪取に手間取り、その間に港湾施設が破壊されてしまう。大戦劈頭に英国軍、残存フランス軍が脱出したもうひとつの港湾都市ダンケルクにはドイツ軍が立てこもり(これはドイツ軍まで続く)、世界有数の良港と知られたベルギーアントウェルペン(アンワープ)の奪取には成功していたものの、全制圧には程遠かった。
こうして補給集積所から前線の距離が長くなる一方で、前線に物資を送り届けるトラック部隊の多くを、ロンドンからパリへと連合国司部を移すことや、パリ市民に対する物資搬入等に振り分けざるをえなくなってしまっていた。

物資補給はノルマンディー上陸作戦時に設置された人工埠頭などが使われていたが、あくまで急場しのぎであり、本格的な港湾都市を確保し、英国-欧州間の兵站早急確立する必要が生じていた。

ここに、英国第21軍集団指揮官であるバーナード・モントゴメリー元帥連合部内である作戦プランしだしていた。
ベルギーからオランダへと進み、港湾施設を奪取。兵站確立する一方、ドイツ要工業地帯であるルール工業地帯を突破。ドイツの継戦を失わせ戦争期終結をす、といったものだった。

これは多大なる損を受けた英国にとって早急戦争終結が望まれていたこと、また英国戦後における発言権(ルール工業地帯を英国側が握すれば、終戦後の賠償等などについても色々と優位に立てる)などのメリットがあった。
なにより、9月頭からロンドンにはV2ロケットによる攻撃をうけており、発射地点であると思われるオランダのハーグ周辺を奪取する必要性が生じていたなど複数の要因が複雑に絡み合ってもいた。
だが、それ以上にモントゴメリー元帥自らがドイツ軍領内一番乗りという功名にはやったものではないかとも言われている。

作戦計画と蹉跌。

こうした様々な理由にたいして、連合軍側最高官であるアイゼンハワーも抗いきれず、結果的に作戦にGOサインを出すことになった。
基本計画はオランダの各都市、南からアイントホーフェン、ナイメーヘン、アーネム(アルンヘム)の奪取が的とされた。これにより北海までの沿部を握、ドイツ軍ジークフリードラインを北側から回するという戦略を実現できるとされた。
そのために挺部隊による降下作戦『マーケット』作戦により、第1空挺軍(3個挺師団)が河川部の多いベルギー-オランダ領内のを押さえるためにそれぞれ分散して降下。
一方、『ガーデン』作戦によりアントウェルペン東方にあるロンメルより第30軍団(機甲師団を中核とした3個師団)が前進、アーネムまで4日間で進出する。といったものだった。

第30軍団地となるロンメルからアーネムまでおよそ200kmであり、これを4日で突破する。決して理ではない距離であった。そう時であるのなら。

しかし、これは非常にアラが立つ作戦計画だと言わざるを得ない点が多々あった。

  • もともと欧州低地諸内というきわめて狭い戦域内で軍隊を動かすことの問題性(つまり電撃戦のように敵重要拠点を回して進撃するという地理間的余裕がない)。
  • 挺部隊による進出が長距離になることによる展開・補給・支援確立の問題(挺部隊が意図した場所にすべての装備・人員を展開できるのか否か、ノルマンディー上陸作戦時には広範囲に降下してしまった問題もある。また軽装備体の挺部隊が持ち込める対装甲兵器弾薬も少ない中で4日間アーネムで戦線を維持できるのか。また補給は行えるのか)。
  • 河にかかるを落とされた場合には第30軍団の進撃が手間取ることは容易に想像され、特にナイメーヘン=アーネム間にあるワールにかかるは、工兵部隊による架もできない。これらの対策のさ。

以上の問題は作戦立案当初から軍部内でも摘をうけていた。
が、モントゴメリーはそういう摘について問題なしとして返答していた。ドイツ軍オランダ領内に展開している部隊はどれもノルマンディー上陸作戦で敗走した部隊のみであるから、というのがその理由のひとつでもあった。つまり、たいした抵抗もなく進出できるだろうと考えていたのである。

ところが現実はそうではなかった。

オランダ領内にあるドイツ軍敗残兵も多かったが、待ち構えているドイツ軍将官は経験豊富・も高い二人の元帥がそれぞれ部隊を率いていた。
ルントシュテット元帥オランダ領内に展開しているドイツ軍をかき集め8万5千の兵を再編中であったし、モーデル元帥はもともとのB軍集団に加えフランス領内から敗走していた旧A軍集団残存兵および数は減(2割ほど)していたもののSS装甲師団も臨時に揮下に加えていた。かつベルギー-オランダの運河沿いにはドイツ軍挺部隊創設者でもあるシユトウデント上級大将が配置され、敗残兵だけでなく精鋭の降下猟兵(挺兵)3千を手元に握していた。
連合軍はおそらくドイツ軍がその時点で望み得ることが出来る最良の兵指揮官が待ち構える場所へと進軍する羽なっていた。

このような齬が発生していただけではなく、作戦開始直前、連合軍偵察により最北のアーネム郊外SS装甲師団が配置されていることが確認されてはいたのが、この写真は破棄され事実を伝えられることはなかった。
また挺部隊を運ぶグライダーの輸送量は必要とされる半分の輸送量しかないことも直前に判明するだけでなく、降下ポイントにも問題があることが判明。アーネムにかかるから遠い場所が選ばれるなど、まともな作戦開始前とは思えない不手際、泥沼が生じていた。

作戦開始後の経緯

案の上作戦は第1日から混乱を生じはじめていた。
グライダーなどで降下した挺部隊はノルマンディー上陸作戦とは異なり、兵をまとめることに成功していた。が、降下場所が標であるから遠かったり、装備を失ったり、ドイツ軍抵抗にあいの確保に失敗した部隊もあった。極めつけは本当に考えられない理由(適切な周波数で通信するために必要な水晶を間違って通信機に入れたため通信できない、近距離用の線機は原因不明の故障)から線機が使用できなかったため、部隊間の通信はままならず、作戦部との連絡もままならなかった。まともに戦争する気があるか問われても致し方ない準備の杜撰だった。

ともかくも最北のアーネム確保に英国第1挺師団は成功した。が、肝心の中央、ナイメーヘンの確保には失敗していた。英国第1挺師団にしても降下した部隊は相互に連絡することも出来ず、部からの連絡もままならない中、当初作戦に従いアーネムの確保に動く。
作戦の肝となる『ガーデン』作戦を行う第30軍団も似たり寄ったりで、作戦開始時刻に進軍を開始しなかったり、進軍を開始したとたんドイツ軍の妨を受けて停滞し、1日の進軍距離は15kmで野営するなど、まともに戦争する気があるか問われても致し方ない長さだった。

ドイツ軍も似たり寄ったりの状態だったが、経験豊富な指揮官らが現場現場でよく状況を把握していた。なにより降下に失敗したグライダーから連合軍側の作戦書類をゲット。1日には『マーケット・ガーデン』作戦の全貌を把握することに成功していた。ドイツ軍モーデル元帥がナイメーヘン、アーネムにあるを(今後のことを考えて、ということもあるが囮としての的もあったと思われる)爆破をしないことを選択。これにより連合軍側は西側に回するという手立てを思いつくものの、最初の標である傷であることからの奪取に固執してしまう結果となった。

2日から3日アントホーフェンの奪取には成功した連合軍だったがである第30軍団の進撃スピードは落ちていた。解放されたことを喜ぶ市民をふさがれていたためでもあるが、もたついている間にも米国第82挺師団によるナイメーヘンの確保はままならず、最北のアーネムに立てこもる英国第1挺師団はドイツ軍により包囲下にあり満足な補給を受けられないまま絶望的な戦いを繰り広げていた。
特にアーネム南側のアーネム(つまりアーネム側)を守るフロスト中佐率いる団はの南側の確保も出来ずドイツ軍の猛攻にさらされていた。降下作戦に経験の深いシユトウデント上級大将が執拗に連合軍側の挺補給を邪魔しつづけていたのも連合軍側に不利に働いていた。

作戦は4日をすぎてなお継続されていた。もはやにも当初的を達せられないことがありありとしていた。
孤立した挺部隊を救出するために必要な第30軍団およびその他挺部隊もナイメーヘンの確保に手間取るだけでなく、アイントホーフェン=ナイメーヘンの回廊ドイツ軍と一進一退の戦いを繰り広げており、随所にドイツ軍戦車などが進出、これを分断していたため、連合軍の兵移動はままならない始末だった。
中央のナイメーヘンでは、米国第82挺師団は間、敵機関銃および迫撃砲による攻撃が行われた中でボートによる渡河作戦を決行。これに成功する。(この戦いは戦史におけるもっとも勇敢な行動の一つとして評価された)
これによりナイメーヘンを確保した連合軍だったが、もっとも遠いアーネムに続くは見通しの良いであり、戦車がすすむには危険がありすぎたため英国体の第30軍団はナイメーヘンに到着するものの進軍を拒否。
米国第82挺師団はこれに昂するものの手がなかった。何しろ、最南部アイントホーフェンすらドイツ軍の攻撃をうけ第101挺師団が必死に守っており、連絡路はドイツ軍戦車などにより寸断されるという形だったのである。

作戦開始から5日、とうとうアーネムの確保もままならない中、フロスト中佐率いる部隊は弾薬が尽きて降することを選択する。作戦はいかにアーネムに立てこもる兵士たちを脱出させるかに焦点が移っていた。増援で送り込まれたポーランド義勇挺も有効にならず、結果的に英国本土から送り込まれたボートなどにより救出作戦が始まる。結果からいうと、アーネムに降下した英国挺師団1万名のうち、事に撤退できたのは二千名であり、作戦全体でみると7千名の人員を失い、7千名を捕虜としてドイツ軍が得たことになった。
これによりアーネムに降下した英国第1挺師団は兵の70%以上を失い全滅判定を受けることになる。

作戦終了後

作戦失敗には様々な理由があげられている。

  • 当初から作戦標だけでなく作戦計画および事前準備が杜撰であったこと。また偵察情報が正しく伝わらなかったこと。
  • 作戦中の状況変化に正しく判断できず硬直した作戦揮に固執してしまったこと、やることなすこと結果的に誤った結果が出てしまったことがあげられる。
    1本を進軍することの危険性を考えれば、回するか近くにあったフェリーを用いて渡河する方法もあったし、わずかなりとはいえアーネム南側に挺を送り込めればフロスト少佐の増援になりアーネム奪取に成功し、それにより第1挺師団への援護、あるいは脱出が容易になった可性も高かった。現場指揮官からの進言に上層部が許可を出さなかった点も摘されている。
  • 挺師団に有効な対戦車兵器および重火器の手配が出来なかったこと。挺部隊は基本的に軽歩兵であり、敵側に装甲車両や重火器があった場合対抗するのはきわめて難しい。
  • 英国第30軍団の動きは作戦を通して低調であり、進撃スピード作戦の要点になるのであれば歩兵師団の移動により重点をおくべきであった。また積極果敢さを極めて欠いておりナイメーヘン確保時、アーネムまでのドイツ軍の防衛体制が整っていない状態であったにも関わらず装甲車両のみでの進出を恐れ、歩兵部隊を待つことに終始してしまった。米軍兵士たちが高するにも理由はあった。

これらはモントゴメリーの硬直した作戦導に起因するものもあったし、作戦的が間違っていたこともある。を渡れなかった場合、を渡河する方法についての代替案がなかったのも大きい。
ドイツ軍も判断を誤った点も多かったのだが、結果的には連合軍側に多くの誤判断があり、戦いはミスを多くしたほうが負けるという自明の理が明されたものといえるだろう。

ただしモントゴメリーは作戦終了後もこの作戦90%成功したと発言している。彼の言葉は以下の通りである。

「私の偏見的な見方では、もし作戦が当初から援護され、十分な航空機、地上兵、そして遂行するのに十分な資材が与えられていたなら、私の失敗や悪、アーネム地域に存在した第2SS装甲軍団にもかかわらず成功していたであろう。私はマーケット・ガーデン作戦を擁護することを後悔していない。」

論、後悔しないのは自由だが投入した3万5千の将兵のうち、半数を戦死・捕虜で失った作戦が成功と言いれるとしたら、それはそれで才といえるだろう。
彼は戦後、「名将」と称されて戦後は英軍総参謀長、欧州連合軍最高副官を歴任しているが、現在では彼の評価は玉虫色…どちらかというとあまり良い評価をされていない。

一方、アイゼンハワーは作戦結果および損を知ってモントゴメリーを信用しなくなった。最低限、当初の的であったアントウェルペン周辺の確保を命じるのみであった(スヘルデの戦い)。
またこの戦いにより、連合軍側は重な物資を失い進撃を停止。その間、兵站路の確立に時間を必要とした。

かくして、1944年12月ドイツヒットラーによる唐突な思いつきを具現化した、『ラインの守り』(ルントシュテット攻勢)作戦連合軍側のいうところの『バルジの戦い』を行うまで欧州西部戦線は停滞することになる。

ちなみにアーネム作戦失敗後、連合軍の手により爆破されたが、戦後勇戦したフロスト中佐名前をとり、「ジョンフロスト」と名前をかえて再建されている。ジョンフロスト中佐自身は捕虜収容所送りとなったものの、翌年3月米軍の手により解放1968年まで軍に在籍。少将として退役している。

映画『遠すぎた橋』と『バンド・オブ・ブラザーズ』

と、失敗に至った『マーケット・ガーデン』作戦を描いたのが映画遠すぎた橋』(原題:A Bridge Too Far = 原作では「かなる」)である。映画俳優でかつ監督であるリチャード・アッテンボローが映画化し、各有名どころの俳優がそれぞれの指揮官役を演じている。戦争映画でも不朽の名作と言ってもいいだろう。偏屈・頑固・諧謔・勇敢極まりない英国紳士な将兵たちを見れば、しも英国面に落ちる…あれ?

またTVドラマバンドオブブラザーズ』では、第101挺師団第4戦闘団第506パラシュート歩兵連隊第2大隊E中隊の隊員たちを題材としているドラマだが、第4話および第5話がこの『マーケット・ガーデン』作戦を取り上げている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%A6
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マーケット・ガーデン作戦

31 ななしのよっしん
2017/05/23(火) 02:37:53 ID: EbgSbZLABy
アフリカは左遷された前任の戦略続けてただけじゃない?
32 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 22:36:53 ID: o/dYyVZWse
物事は切りようで、評価が別れるしどうにでもなる。
33 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 01:19:42 ID: aw5BcXf4ST
むしろここまで失敗しても物量でパリまで、そしてラインまで押し切れる連合軍恐るべし
34 ななしのよっしん
2018/04/06(金) 19:02:08 ID: NG0VbXVcR1
失敗といっても挺1個師団丸々失っただけ、ともいえるからな
第30軍団挺2個師団、航空機はそこまで損受けてない。

まぁ英首の発言が低下したという意味ではイギリスからしたら大きい失敗だったろうけども
からしたら、そら見たことか、て感じだろうね
35 ななしのよっしん
2018/05/30(水) 17:01:57 ID: qXP9PHpTSk
ジンギスカン作戦よりはよっぽどマシとはいえ、老人や自信面子のために死地に向かわされて死する兵士はどこのにも居るんだなって
36 名無しさん
2019/03/13(水) 19:07:58 ID: aT21by4k+k
 そういえば当時の挺師団の装備ので重装備といえるのは何だろう。
37 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 01:48:06 ID: GFyaVN383H
>>36
野戦:だいたい口径88mm程度まで。ジョンフロストにも25ポンが残されている。
戦車:だいたい口径40mm程度。まともに撃ち合うには不足な戦車の再利用法として試験運用された感じ。

25ポンなら当時の戦車の装甲をぶち抜けるので、不意打ちを食らわせたり、防衛を敷くのであれば十分に役を果たせる。
逆に言えば、敢えてを爆破させないことによって攻撃側の進路をある程度絞り込んで、不意打ちを食らわないようにしたモーデル元帥の采配が巧かったと思うよ?
38 ななしのよっしん
2019/08/26(月) 02:59:51 ID: uigFlbJL+T
>>1
作戦内容もほぼ一緒なんですよね
マーケット・ガーデン作戦
オランダ占領およびロレーヌで停滞していたパットンの補給線の確保
インパール作戦
インパール確保および大陸打通作戦で敵中国軍の補給線である援ルートの遮断
どちらも元は支援する的の作戦
39 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 15:57:16 ID: KSWQhDEzVE
モントゴメリーの「十分な戦があれば」って言葉嫌いだな
そういうのをえられるのも将軍としての手腕
むしろそれが将軍仕事どでしょうに
十分な戦があれば日本アメリカに勝ってたしな()
40 ななしのよっしん
2022/06/20(月) 23:16:53 ID: z2W/+B8jDK
別にドイツ軍勝利を得たわけではないのがミソだよねこ作戦

おすすめトレンド