仙界伝封神演義単語

センカイデンホウシンエンギ

仙界伝封神演義』とは、藤崎竜による漫画版『封神演義』を原作としたテレビアニメである。1999年放映開始。全26話。

長きにわたって動画配信やDVD-BOXの再販などの音沙汰はかったが、2018年6月末より、dアニメストアあにてれなどの動画配信サイトでの配信が決定した。

概要

放送当時は原作が連載中であり、『藤崎版」を原作とし再構成したもの』と公式ページに記載がある通り、漫画とはかなり内容が変されている。途中までは大局的に見れば同じ話をなぞっているという状態ながらも細かい中身は全くの別物、加えて終盤は全なオリジナル展開となっている。作者く、漫画が正統<オルト>な封神演義(安版)のメタ封神演義とするならアニメメタメタ封神演義まあ漫画原作としてる安訳の封神演義も原典からすればメタとなりうるのでメタメタどころではないのかもしれないが

原作から大きく変されている事や、漫画通りではなくいかにも90年代な造形になっているキャラデザイン、後述する弾きなどから、原作通りの展開を期待した漫画ファンからは黒歴史扱いされがちな作品。細かなキャラの言動の違いだけでなく、元が何分特徴的な喋り方のキャラが多い作品なだけあってか、口調・尾の違いをミスとしてしばしば摘されている(そもそも別物として構成されている為、大きな逸脱のない範囲での口調などの変をミスとするのもどうかと思うが)。逆に、ネットを使いだしてから初めてネット上で悪評が多いことを知り意外だった、というも少なからずあり、連載中の原作読みつつリアルタイムで視聴していた層と、年数が経ってから視聴した層とで意見の相違があるとも考えられる。そもそも原作が連載中な上に2クールしか尺がく、原作にめぼしい区切りどころがないため、オリジナル展開になるのは仕方がないともいえる。また雷震子関連の部分はオリジナル要素の中でも較的評価されている。

一方で題歌やBGMを始めとした音周りに関しては幅広く非常に高い評価を得ている。特にOPの「WILL」は十数年たった今もなお個人的神曲として挙げる人がネット上に多く見られる(余談であるが、2001年、第83高等学校野球選手権愛媛大会の特集番組のテーマソングとして起用された)

また、登場キャラクターの人数が多い中で声優営もに組まれている。

原作漫画との相違点

ほぼ別物なので細かい点を挙げるとキリがないが大きな点では以下のようなものがある。

あと序盤からその存在のみが示唆されていた、漫画最大の独自要素である「歴史標」もの三人組という形でアニメ独自解釈で描かれている。これらの正体については言及されていない。視聴者的解釈には伏羲・農・女禍ではないかと考察もあるが、前途の通り詳細はられていないため不明。

主なキャスト

ゲーム(後述)の追加キャスト

スタッフ

関連ゲーム作品

いずれもアニメゲーム作品という名で出されており、パッケージアニメイラストで描かれているが、中身は全に漫画準拠という全体的に大人の事情が垣間見える形になっている。ジャンルRPG多めに色々、評価は大体ハードごとで分かれている。ただ、全作品に渡って明が全く自重していないという点では共通。スタッフされすぎだ。

仙界伝 封神演義

ワンダースワンで発売されたRPG時系列漫画開始前。主人公は原典の人物を元ネタとしない全にオリジナルキャラクターな作品である。若干時間軸に矛盾が生じるものの、キャラ再現度およびキャラゲーとしての評価は非常に高い。

仙界伝弍 〜TVアニメ仙界伝封神演義より〜

ワンダースワンカラーで発売されたPRG時系列漫画終了より数年後。
成長した祥が主人公であり、再び暗躍し始めた妲己たちを追っていく物語となっている。こちらも前作同様キャラゲーとしての評価は高いが、妲己の扱いには賛否が別れている(というか妲己は元々漫画の時点でそのラストを是とするか否とするかが人によって別れる扱いであったため、その逆を行った本作もまた賛否が別れるのもやむなしといったところか)。漫画において太公望が作り上げたシステムを信じるか疑念を呈すかの選択肢がいくつか発生し、それによりEDが二つに分岐する。太公望は隠しキャラ

仙界異聞録 準提大戦 〜TVアニメ-ション「仙界伝封神演義」より〜

GBCで発売されたSRPG物語漫画の仙界大戦決着直後からスタートし、州列」からの脱出を的として戦い進めていくこととなる。
タイトルが示す通り、漫画未登場だった原典の人物である準提人をキーパーソンとし、彼を取り巻く本作のオリジナルキャラクターと関わりを持っていく。評価の極端なWSソフト系列とPSソフト系列に挟まれて空気気味だが、作品としては手堅い作りとなっている。シナリオ分岐やキャラの取捨選択、会話差異などが多い周回プレイを前提とした作品。あと攻略本にないアンニュイ学園EDが存在する。

仙界大戦 〜TVアニメーション仙界伝封神演義より〜 

PSで発売されたRPG漫画の仙界大戦までのストーリーアニメとはまた異なる運びで再構築した作品。
キャラ主人公とした章分けシナリオの後、一つのストーリーへとつながる形となっている。妲己最終形態がアニメからさらに(エグい方向へ)グレードアップした。ステータスオーバーフローするバグも存在し、エンディングは後味の悪いものとなっていることなどからその評価はクソゲーの一言に尽きるテラ子安

仙界通録正史 〜TVアニメーション仙界伝封神演義より〜 

PSで発売されたサウンドノベル形式のソフト。その評価はバカゲーの一言に尽きる。各キャラセリフや演出などを自由に組み合わせて独自の物語を作っていくゲームであるのだが、ギャグ台詞も充実しておりプレイ次第ではとにかくカオスな事態が出来上がる。テラ子安

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%99%E7%95%8C%E4%BC%9D%E5%B0%81%E7%A5%9E%E6%BC%94%E7%BE%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仙界伝封神演義

65 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 21:43:03 ID: 2CyLyL4GzT
ニコニコで有料配信始まったんだ。
別の配信サイトでも仙界伝の配信やりだしたし、これもはきゅうの影なのか?
66 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 17:02:42 ID: GUlylBQfH0
がもたらした本当の波及は仙界伝の有料配信と再評価。
67 ななしのよっしん
2018/07/05(木) 06:30:10 ID: USCXv9+WPN
あちらの方で脚本家による好きなキャラ推しとか言われてるけど少なくともキャラ推しに関してはこっちの方が酷いと思うんだがなぁ
女性ファンに配慮してるんだろうが)
68 ななしのよっしん
2018/07/06(金) 22:23:49 ID: NlwzUiRrmF
>>67
べつにそうは思わんが
そもそも主人公がしっかり描けてるし
あっちはキャラ推しよりもP贔屓キャラが思い切り腐向け変されてる上に太公望の活躍がゴッソリ削られてるのが問題なんだよ
69 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 10:05:36 ID: QOyfM3oIqV
こっちは2クールで描き切れる数のキャラ
登場のさや人界に縁のあるキャラから選んでいった結果だと思う
もちろん多少はキャラ人気の事情があるだろうけど
70 ななしのよっしん
2018/07/08(日) 15:56:59 ID: 0wmDXO4iTO
濃淡がハッキリしたアニメカラーで見ると崇虎の下乳具合(というか)ヤバイなとめて思った
71 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 22:41:19 ID: oPzoPSXnMD
GyaO!無料配信始めたみたいだし、見てみるか……
72 ななしのよっしん
2018/07/23(月) 14:58:38 ID: NYLrlcicHI
当時のインタビューでちらっと匂わせてたけど、続編出せたらぶん投げられた部分の回収する構想はあったっぽい
アニメ化するには原作途中でどうしようもなかった上に2クールってのが痛いわな
嫌な人がいるのは仕方ない
でもまるっきり黒歴史ではなくと殷王のあたりの丁寧さは評価されていいと思うわ
73 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 13:27:05 ID: 0Dh5oYCINJ
原作を再構成することを前提にした作品と
原作再現することをした作品
同じ線で評価することなど出来まい
74 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 20:25:18 ID: 4mogarMzxT
最近見たけど、言われるほど酷くは感じなかったわ
ツークールアニメ化しろっていう無茶振りに対して、ベストではないがベターには落とし込んだ感じ

急上昇ワード