神鷹単語

シンヨウ
8.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

神鷹(しんよう)とは、大日本帝国海軍に所属した航空母艦の1隻である。ドイツの商シャルンホルストを購入して空母改造したもので、1943年12月15日了。ヒ船団の護衛に参加した。3回の護衛任務で敵潜の撃を受け、1944年11月17日に戦没。短命に終わった。

概要

神鷹はその名の通り、を意味する。他の補名に飛があった。

神鷹は日本生まれではなく、元々は北ドイツロイドの東洋航路貨客シャルンホルストであった。日本への来訪時に第二次世界大戦が勃発したため本へ戻れず抑留されていたが、太平洋戦争時に日本海軍ミッドウェー海戦によって正規空母を失うと、空母不足を解消するためにドイツとの交渉の上購入。空母へと改造された。南方航路を往来する輸送団の護衛に充てられたが、1944年11月17日潜水艦スペードフィッシュ撃を受けて沈没した。

搭載機は零戦21機、補用機3機、九六式艦攻6機の計30機。飛鷹を除く商改造空母の中では最大級の体を誇り、航空機に限れば祥鳳に匹敵するスペックだった。相次ぐ不調でワグナー式ボイラーを取り外さなければならなかったが、もし機関換装をしなかった場合は艦隊随伴も可な攻撃空母となりえた。ただし航続距離には不安を抱えていた(18ノットで6900里)。要排水量2万716トン、出2万6000、最大速22ノット、燃料2771トン、全長198.64m、全幅25.6m、飛行甲全長180m、飛行甲全幅24.5m。外の商空母化したケースは、神鷹ただ1隻のみである。

艦歴

シャルンホルスト時代

1934年5月3日、ヤード番号891の仮称を与えられてデジマークブレーメン所で起工。には高温高圧を誇る新ワグナー式ボイラーが試験的に搭載された。ドイツ海軍の要請で、艦に使用する前に民間テストしようとした訳である。他にも先進的な電気推進機を搭載しており、最新鋭技術の塊と言えた。同年12月4日に進し、シャルンホルストと命名。そして1935年4月30日工した。ナチス政権下で初めて誕生しただった事から工式にはヒトラー総統、ゲーリング国家元帥レーダー海軍大将などの要人が列席し、各報道機関も記事にするなど内外問わず注を集めた。洗礼は通信大臣が行った。多くの人々に祝福されて誕生したシャルンホルスト籍地をブレーメンとし、は北ドイツロイト社となった。同にポツダムグナイゼナウが存在し、その美しさから「欧州航路の貴婦人」と呼ばれた。シャルンホルスト級3隻は極東航路に就役し、21ノット(39km/h)の快足を発揮できたため極東航路最速を誇った。

1935年5月3日から処女を開始し、ハンブルクを出発。ブレーメンを経由して横浜に来訪した。シャルンホルスト級の就役は1940年東京オリンピックを控える日本に大きな衝撃を与え、造技術にをあけられた日本郵船は新たに新田丸、八幡丸、春日丸の建造に着手した。1936年2月3日よりブレーメン横浜間の極東航路に就く。ハンブルクブレーメンアンワープサザントンゼノア、ポートサイドスエズ、コロンボ、シンガポール、マニラ香港上海神戸と各地の要港を経由し、終着点の横浜に寄港。片約3万kmののりを往来する。1937年8月13日第二次上海事変により、支那事変が勃発。たまたま極東から欧州に戻る途上だったシャルンホルスト日本軍機の攻撃で撃沈された中国員を救助し、9月26日香港へ連れ帰った。1938年からは寄港先に上海が加えられた。上海では移民ビザが不必要であり、ドイツオーストリアから追放したユダヤ人の受け入れ先にする意図があった。

しかし風雲急を告げる情勢は、突如としてシャルンホルスト運命を大きく狂わせてしまうのだった。

1939年7月シャルンホルストは極東に向かうためハンブルクを出港。これが祖国との今生の別れになってしまった。8月16日神戸港を出発。シンガポール上海を経由し、次の寄港地マニラへ向かっていた8月26日ドイツから「最寄の中立港に入れ」という緊急通信が入った。欧州では第二次世界大戦の開戦が眼前に迫っており、帰途中でイギリス軍に拿捕される事を恐れたためとされる。このためシャルンホルストは一旦神戸港へ引き返し、9月1日に入港した。そして9月3日に英連合軍はドイツに対し宣戦布告第二次世界大戦の勃発によって全に帰不可能になり、給油すらままならないシャルンホルスト神戸港に抑留される事になる。乗組員は中立条約によって交があったソ連を通じて何とか本へと戻った。ちなみに姉妹ポツダムグナイゼナウドイツ所在し、離れ離れになった。9月8日日本政府神戸港に留め置かれているシャルンホルストを購入したいとロイドに打診。しかしシャルンホルストロイドから東京ドイツ大使館へ移っており、ロイドの一存で決められる状況ではなかった。9月19日ロイター通信は「シャルンホルスト仮装巡洋艦装されている」と報じたが、これは誤りだった。

しばらく浮いているだけの日々が続いていたが、1941年12月8日大東亜戦争が勃発。当初は軍用輸送としてドイツ政府から購入する予定であり、1942年2月7日戦後ロイド額(価の2倍)を支払う約束シャルンホルストを購入。しかし、6月5日に生起したミッドウェー海戦により正規空母4隻を失った帝國海軍空母の調達が急務となるが建造中の正規空母大鳳だけであり、1942年及び1943年中に就役する空母に至っては1隻もかった。そこで大空母装を促進する決断を下し、シャルンホルスト1943年中に空母化する事に。6月12日神戸からへと回航され、6月30日に第1004号艦として空母への装が正式に決まった。7月2日海軍省へ移し、正式に買い取り成立。異説として、日開戦に伴って売却され1942年4月の時点で既に空母化が内定していたとするものがある。また戦争勝利後はドイツに返還する約束も付随していたとか。完成時期未定ながら、空母装予定艦に定され、装や装備については在庫のあるものを流用。足りないものは製造という形を取った。

シャルンホルスト装は、優秀船舶を多数持ちながらも空母に関心を払わないドイツ海軍に模範を示す意味合いが含まれていたとする。

ともあれ1942年9月21日冲鷹が出渠したばかりのドックに入渠。建造中止で解体された大和4番艦(紀伊)の資材を流用して装が始まった。大鷹に準じた改造が施されたが、産の商と違って図面が存在しなかった事から難航。一応、新田と設計が酷似していたので、現場で採寸しながら図面を書き直した。格納庫を二段式にする予定だったが、これを泣く泣く中止。工期優先のため、簡略化が底された。客室にあったは、皇室がれる照宮成子内王に献上されたという。シャルンホルスト体は意外と大きく、大きさだけなら飛龍に匹敵した。艦内も予想外に広々としていて、関係者を困惑させた。復元が不足していたので、外舷にバルジを装備。多量の液体を入れて喫の増加を図った。

1943年10月7日試のためを出発して徳山で操試を実施。ところが翌8日、操試中に管が破裂する事故に見舞われ、に戻って修理を受ける。10月30日より試を再開し、11月1日装工事を了。同日中に行われた全試では21.97ノットを記録した。現存している写真はこの日に撮られたとされている。11月15日海軍への引き渡し式が行われたが、試は続けられた。11月18日終末試を実施し、翌19日からは航空兵装と電探の試を実施。しかし11月20日管がまた破裂する事故が発生し、で再度修理を受けた。12月8日終末試をやり直し、翌9日にへ入港。12月14日に発せられた艦本機密第141057番電で「機関を除く要性は良好、機関は不適につき適宜換装を要する」と報告された。

大鷹型航空母艦神鷹

1943年

1943年12月15日工。舞鶴鎮守府警備艦に編入され、装員事務所は撤去された。書類上では大鷹に分類されており、奇しくもシャルンホルスト級に対抗して建造された新田丸(雲鷹)や春日丸(大鷹)と肩を並べて戦う事になった。艦長には石井芸江大佐が着任し、軍艦神鷹と命名。神鷹は水上機母艦神威に次ぐ帝國海軍2隻電気推進艦で、マイヤーを持つ一の日本艦となった。装工事が了したものの、機関の不調が多かったため、とりあえず航空機輸送に限定して任務に就かせる事にした。

12月20日、大313号により上護衛総隊へ編入。しかしドイツ製の最新式機関ワグナー式ボイラー電気推進系統のターボエレクトリックが足を引っった。この機関は試験的に導入されたもので、技術大ドイツでも故障に手を焼く問題児であった。機関後進国日本にそんなじゃじゃが扱えるはずがく、頻発する故障に頭を悩ませた。このため翌21日にを出港し、12月23日から30日まで因所に入渠。いきなり整備を受けている。12月31日へと戻ってきたが、この時に海軍側は機関の換装を決意したという。

1944年

年が変わって1944年1月8日空母海鷹とともに南西方面へ輸送する航空機を搭載して出港。駆逐艦3隻の護衛を受けて航行していたが、不安視されていた缶が故障し、翌日に佐伯へ帰投する羽に。次に連合艦隊駆逐艦と玉波を護衛とした輸送任務を命じたが、1月19日に徳山沖で行われた試験航の結果が芳しくなく、結局実行されなかった。1月21日午前11時に徳山を発ち、17時20分にへ戻ってきた神鷹は、広海軍にあった陸上実験用の大ロ号艦本式2基と、性は高いものの使い勝手が悪かったドイツ製ボイラーを換装する工事を受ける事に。飛行甲格納庫等を突貫工事でこじ開け、ロ号艦本を挿入。復元性が悪化したため両舷にバルジを付けた結果、水中抵抗の増加を招いて最大速が22ノット程度に低下した。2月21日修理と工事を了。方面での単独訓練を命じられた。

5月23日から31日にかけて海軍で入渠整備。出渠後、実戦投入に向けた準備が始まり、6月9日弾薬類を搭載。6月15日、63機のB-29北九州を初襲し、呉鎮守府管区にも警警報が発された。強い緊の中、作戦準備第二作業を開始。6月17日には艦載機の着艦に使用する制動索の実験を実施、6月20日爆弾を積載した。マリアナ沖海戦の戦訓により対の強化がめられ、6月23日に25mm単装機12門を追加。6月26日午前8時を出港し、19時27分まで機関試を実施。翌27日午前9時を発って佐伯湾へ移動し、爆弾と基地物件を積載。6月29日から7月5日にかけて第931航空隊の九七式艦攻14機を使って伊予で発着艦訓練に従事。並行して操艦訓練と試と接艦訓練を行った。7月6日広島湾へ戻り、翌日に寄港して出撃準備のための諸物資を詰め込んだ。

出撃準備を整えた神鷹はシンガポール行きのヒ69団の護衛任務を命じられ、7月9日午後12時25分にを出港。広島湾にて輸送用の零戦5機と雷電8機を積載し、同日中に岩へ回航。7月10日、岩を出港して西進しながら対射撃教練を実施し、九七式艦攻12機を収容。関門海峡の入り口である部崎に到着して仮泊した。7月11日午前4時30分、部崎を出港。午前6時55分にヒ69団の集結地となっている六連に到着した。7月7日サイパンを失陥して以来、ヒ船団南方産資の輸送のみならずフィリピン方面への増援輸送も受け持つようになった。

1回目の護衛任務

7月13日16時20分、輸送14隻からなるヒ69団とともに六連を出港。護衛艦艇は練習巡洋艦香椎海防艦千振、佐渡、第7号、第17号、そして神鷹の計6隻だった。団には大鷹海鷹も加入しており、3隻合わせて零戦95機、雷電10機、月光9機、彗星5機、山5機を輸送。ただし海鷹大鷹はルソン向けの航空機を満載していたため、神鷹だけが対潜用の九七式艦攻14機を搭載。団のと対潜を担った。

7月16日15時12分、浅沈している敵潜水艦を発見し、対潜用の九七式艦攻を発進。海防艦佐渡との共同攻撃により敵潜撃沈を報じた。翌17日19時45分、経由地の高雄へ寄港。7月18日午前2時25分に出港するも、間もなく潜水艦ロックタイルフィッシュ、ソーフィッシュからなるウルフパックに捕捉されてしまう。まず最初に機関不調で落した2TL戦時標準タンカーはりま丸が標的にされ、午前10時50分に対潜掃討中の第17号海防艦タイルフィッシュ撃で大破し、高雄に回航された。敵潜の包囲網を突破したヒ69団は、7月20日21時にマニラへ入港。7月22日海鷹大鷹が積み荷を降ろしている横で神鷹も輸送用飛行機を揚陸した。現地で団の再編制が行われ、マニラへの輸送任務を終えた大鷹はヒ68団に加わって内地帰投する事になり、海鷹もマモ団護衛のためマニラに留まる事になった。したがって、ヒ69団を守る空母は神鷹ただ1隻のみとなった。2隻の空母が抜けた代わりに第13号と第19号海防艦が護衛に加わった。

7月25日午前5時30分、ヒ69団を護衛してマニラを出港。南方域は潜水艦跳梁跋扈する魔の域だったが、敵襲を受ける事7月31日17時45分に最終的地のシンガポールへ到着。輸送への被害皆無で護衛任務を遂させた。団の出港準備が整うまで、現地で日本へ持ち帰るための重油や南方産資を積み込んだ。ヒ69団は若干の編制変更を行い、ヒ70団に名。

8月4日21時、ヒ70団を護衛して出港。伴走者は練習巡洋艦香椎駆逐艦霜月海防艦佐渡、千振、第13号及び第19号海防艦であった。中でマニラから出港してきた軽巡洋艦北上(中破)が団に加入し、本土への帰還をす。8月12日、神鷹は敵潜撃沈を報じる(該当艦し)。8月15日14時30分、ヒ70団は門に到着。見事初任務と往復を成功させた。8月16日へと回航された神鷹は翌17日よりに入渠。体と機関を整備するとともに機の増備が行われた。入渠中の8月18日大鷹が撃沈されてしまったため、対潜掃討を専門とする第31戦隊に転属。8月31日爆弾の搭載が行われた。

9月5日を出港し、試運転をしながら佐伯湾を経由して伊予で訓練に従事。9月7日、門に回航され、出発を待つヒ75団と合流した。

2回目の護衛任務

9月8日、ヒ75団とともに門を出港。海防艦干珠、満珠、三宅駆逐艦卯月夕月とともに輸送10隻からなる団を護衛し、中国大陸に沿って南下を開始する。9月12日夕刻、浅間丸がヒ75団より離脱して基に向かい、代わりに陸軍徴用瑞穂丸が加入するはずだったが、合流に失敗した9月13日高雄に寄港。団の再編成により黒潮丸、大邦丸、富士山丸が加入し、第18号海防艦艇鵯、第28号掃海艇が護衛に加わった。規模を大きくしたヒ75団は9月14日に出港。しかし神鷹、干珠、輸送7隻が相次いで機関の不調を訴えたり、せりあ丸と干珠と富士山丸が衝突事故を起こすなどトラブルが続出する。9月17日、マニラに向かう特設巡洋艦西貢丸、秋津洲駆逐艦卯月夕月団より離脱。幸い敵襲だけはく、9月22日16時シンガポールへ到着。9月25日、神鷹は燃料の積載と物資の積み下ろしを行った。停泊中も九七式艦攻を発進させて周囲の対潜を行ったが、戦果はかった。

10月2日17時、タンカー9隻からなるヒ76団を護衛して出港。しかし10月8日未明、潜ベクーナ撃を受けて君丸が被損傷。艇鵯と第28号海防艦を伴ってマニラに向かった。沖縄を狙った十・十空襲から逃れるため、10月11日海南島三亜港へ避難。脅威が去った10月16日午前4時25分に出発したが、今度は台湾沖航空戦が生起。付近に機動部隊が存在して危険と判断し、反転して楡に避難。機動部隊によるマニラ襲もあり、10月18日まで待機する。捷一号作戦によりブルネイに進出していた栗田艦隊からの命で、海防艦、第28号、日栄丸、良栄丸は海南島に待機。残りは本土をして出港した。しかし機動部隊は既にフィリピンや南シナにまで侵入しており、10月21日台湾峡南でB-24の触接を受ける。攻撃を避けるべく、翌22日に神鷹はヒ76団から分離して単独先行。かろうじて虎口から脱出し、10月24日佐伯湾に入港。航空機と隊員を乗せ、翌25日に出発。へと回航された。一日遅れてヒ76団も事門へ到着した。

10月27日から30日にかけて燃料、食糧、弾薬を補給。訓により軽質油タンクの防御強化が施された。11月1日に三号と四号ポンプを修理11月7日を出港し、フィリピン方面から戻ってきた隼鷹の援護を実施した。

3回目の護衛任務

11月9日、神鷹はルソンへ増援を送るヒ81団の護衛を命じられ、佐伯基地から飛来した14機の九七式艦攻が神鷹に着艦した。続いて万里に回航し、ヒ81団と合流。南方各地に赴任する便乗者が乗り込み、総勢約1200名が神鷹に乗艦していた。護衛対の9000トン級輸送5隻には、窮地のフィリピンへ送る二個師団が分乗。

11月14日午前7時に六連を出港。三列縦隊となり、速12ノットで航行。玄界から五島列島西方に出た。神鷹は団の後方につき、九七式艦攻を盛んに発進させて前後左右に対潜を行った。便乗者の手を借り、二人六班体制で見りをしてもらった。対馬を航行中、待ちせしていると思われる戦艦の通信が多数傍受されたため、この日は長崎県で仮泊し、危険なの航を避けた。しかしこの時点で既にレイテ沖海戦敗北し、制権の大半は連合軍に奪取されていた。それを明するかのように対馬峡を通過した時に潜水艦に捕捉される。さらに翌15日正午白瀬灯台クイーンフィッシュ撃で陸軍空母あきつ丸が被沈没。神鷹艦内に戦闘配置を告げるラッパが鳴りき、慌しくなる。隊列から離れた海防艦が動き回り、必死に爆を投射していたが効果不明。一度崩れた隊列を整え、日没以降は艦内第二配備となった。厳重な警のもと、ヒ81団は漆黒をゆく。これを皮切りに悲劇の幕が開いた。

シナは敵潜水艦の巣窟と化している情報が入ったため、団は針路を変更して済州方面へと向かい、巨文泊地へ避難。神鷹から矢継ぎに九七式艦攻が発進し、磁探機を使って敵潜捕捉に務めた。恐怖は明け、翌16日午前8時に出発した。だが、敵の魔手は団を掴んで離さない。いつものように九七式艦攻を発進させ、対潜を実施する神鷹。だが機を飛ばせなくなる日没を狙って、暗殺者が動き出した。11月17日18時12分、ピクーダの襲撃により左舷前方の陸軍徴用摩耶山丸が撃沈された。跡を発見した時にはもう手遅れだった。

そして次は神鷹の番だった。

最期

1944年11月17日23時7分、済州西方潜水艦スペードフィッシュが右舷後方3700mから撃。10本の跡を発見した見り員が絶叫し、総員戦闘配置の号が下る。その直後にズーンという地を裂くような音がいた。10本中4本が命中し、積載していた航空燃料に引火。あっと言う間に艦の後部が猛火に包まれてしまう。真夜中にも関わらず、周囲の団を々と照らした。艦内の電消失し、暗闇に飲まれた。生き残った者は懐中電灯を手にし、飛行甲へと上った。既に10度ほど傾斜しており、九七式艦攻が何機か滑落していった。踊る火の手は、前部にある20万リットルを内包したガソリンタンクにまで及ぼうとしていた。飛行甲の下にある機座も炎に包まれ、あちこちで弾薬に引火している。まさに地獄絵図だった。乗組員や便乗者は、隙を見てへと飛び込む。「天皇陛下万歳!」「神鷹万歳!」のが何処からか聞こえてくる。

やがて神鷹にも最期の時が来た。被から30分、右へ傾きながら艦首を上にして沈没していった。「さよなら、神鷹!」と叫ぶが聞こえる。周囲では味方の艦が爆を投射している。しかし浮上してきた敵潜水艦上の生存者に向けて発し、その数を減らした。殺戮劇から生き残った者には、11月極寒が襲い掛かった。凍死したり、溺死する者が続出し、犠牲者が拡大。に広がった重油に引火し、炎が周囲をめ尽くした事も生存者を減させる要因となった。地獄のような漂流を経て、ついに駆逐艦樫と海防艦久米が救助に現れた。樫は42名、久米は19名を救助したとされる。彼らは上海海軍病院に収容された。

石井艦長以下1100名が戦死、生存者は僅か60名だったという。1945年1月10日、除籍。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A5%9E%E9%B7%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

神鷹

1 ななしのよっしん
2016/03/15(火) 19:22:07 ID: fuaqtlUNVQ
またお前か
いい加減ユーザー名変えろ
2 ななしのよっしん
2016/05/26(木) 08:09:45 ID: lkgQ9gMd7q
概要概要じゃないんだよなぁ
3 ひろポン
2016/07/22(金) 02:26:37 ID: yRmOp3m075
もし艦これに出すんだったら、デザインは是非とも島田フミカネにやってもらいたい。
4 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 00:04:27 ID: 2onLak4qFb
>>3 しばふニキになりましたね
5 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 22:09:38 ID: 85UkvJ6UF+
もしかしてエルコンドルパサー
6 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 15:15:34 ID: N4y7VuFqJn
艦豚死ね
7 ななしのよっしん
2020/06/29(月) 12:50:08 ID: FyGIxdsg2y
引用元を明記しないと全部創作転載ってことになりかねないと思うのだけど。
まぁ、ニコ百に記事の信憑性をめるべきではないのかもしれないけどね。