死霊のはらわた単語

シリョウノハラワタ

『死霊のはらわた』(原題:The Evil Dead)とは、1981年アメリカのスプラッタ映画である。

映画スパイダーマンシリーズで有名なサム・ライミ監督の長編デビュー作。
後にシリーズ化され、続編と合わせて傑作カルト映画として非常に有名。

ストーリー

の別荘で楽しい休暇を過ごそうとやって来た5人の若者たち。主人公アッシュシェリルアッシュリンダ、友人のスコットとそのシェリーという顔ぶれだった。
彼らは別荘を探索し、地下室で偶然「死者の書(Necronomicon」なる古文書とテープレコーダーを見つける。だがそこに録音されていた音は、に封じ込められていた悪霊をらせてしまう呪文だった……。

霊感体質のシェリル方角から何者かに呼び寄せられて迷い込むが、木々に襲われて強姦され、命からがら逃げ帰った。錯乱して帰りたいと訴えるシェリルを町まで送り届けようとしたアッシュだが、が通ってきたは破壊されており、やむなく二人は別荘に引き返す。
一同は救助が来るまでやる事もなく、興味本位でテープを再生してしまった。これにより、邪悪な死霊が次々と復活する。死霊は最初にシェリル、次にシェリー憑依し、おぞましい不死の怪物になった彼女達はかつての仲間に襲いかかった。
やがてスコットリンダも死霊に支配され、ただ一人残されたアッシュは果敢にも立ち向かうのだが……

解説

サム・ライミ中学校時代からの親友であり俳優ブルース・キャンベルと組み、制作したB級ホラー映画である。映画ヒットと共に、80年代のスプラッター・ブームの火付け役となった。

シリーズは共通してサム・ライミ監督特有のマンガ的な演出があり、中にはコントを思わせるシーンも数多く、恐怖と笑いは一重を体現している。
特に3作キャプテンスーパーマーケットに関しては、もはやスプラッター描写はほぼ皆無であり、ホラーアクションコメディになっている。

2013年には1作を設定の段階から作り直したリブート映画『死霊のはらわた』(原題:Evil Dead)が開され、2015年にはドラマシリーズである死霊のはらわた リターン(原題:Ash vs Evil Dead)がスタートした。

「死霊のはらわた」

1981年開。シリーズ1作にしてスプラッタ映画傑作

計算された恐怖演出が数多く使われ、シリーズ中最も怖い。
低予算ながら、くどいまでの残酷描写、パワフルショック演出とカメラワークによって世界中でたちまち話題となった。サム・ライミは本作によってその名を一躍かせる事となる。

左右に揺れる不安定なカメラワークは、木材のん中にカメラを固定して左右から支えて全速で走りながら撮影された。本当はステディカムを使いたかったが予算の関係上できなかったとのこと。
終盤、主人公の後ろから悪霊の手に捕まれる演出があるが、監督の手である。当時、予算と配役の関係上カメラマンと二人っきりになってしまい、そのような演出に変えることにしたそうな。

「死霊のはらわたII」

1987年開。続編とは言いつつ、実質的には1作セルリメイクに近い作品。

1作と違い、主人公アッシュとそのリンダの2人が最初に山小屋に向かうのだが、見てる観客がすでに前作の展開を知っていることを想定してか、開始10分ぐらいリンダに死霊が憑りつくその後アッシュに襲い掛かり、争いの末、主人公は自身の人をスコップ首チョンパするのだった。
しかしその後はアッシュ右手に悪霊が憑りつき、自分の手首との大格闘の後に床に刺しにし、チェーンソーで切り落とすというトンデモ展開となる。その後切断した右腕にチェーンソーを取り付け、もう片手にショットガンを持ち、果敢に悪霊たちに立ち向かう。なんだこれ

予算が大幅に増え、前作より手な演出が多くなり、とても楽しめる映画になっている。
ホラー作品でありながらコメディ要素もあり、押し寄せてくる展開と衝撃のラスト、前作のヘタレぶりからは一転して色々な意味で吹っ切れたアッシュが見どころ。特に自分の右手フルボッコにされるシーンは屈の名シーンである。

「キャプテンスーパーマーケット」

1993年開。原題は「Army of Darkness」、DVDでは「死霊のはらわたIII/キャプテンスーパーマーケット」。
なんでキャプテンスーパーマーケットなのかというと、主人公職業スーパー(Sマート)の店員だからである。

オープニングの際、タイトルが「Bruce Campbell VS Army of Darkness」と現れ、最アッシュではなく役を演じるブルース・キャンベル自身メインのような映画となっている。

前作のラスト中世の時代にタイムスリップしたアッシュ
元の世界に戻る為に元である「死者の書」を探すが、いつもの如く失敗をやらかし死霊軍団をめさせてしまった。死霊に襲われるを守る為、アッシュはア-サ-王と共に軍団に立ち向かっていく。
元々バカっぽい主人公が、本作においてホンモノのおバカヒーローになるという胸熱の展開。映画前半、民衆にショットガンの説明をする際のThis is my boomstick!(こいつはショットガンだ!)」というセリフが有名である(boomstickスラングショットガンという意味)。

内容はホラーアクションコメディであり、子供が見ても楽しめるものになっている。
映画シリーズの中で最も人気のある作品で、コミカライズと続編コミックが出ている。ちなみに劇場開版とディレクターカット版とではエンディングが違う。

「死霊のはらわた リターンズ」

2015年放送開始。原題はAsh vs Evil Dead映画から30年後舞台となる、
手なスプラッタ描写やアクションハイテンションギャグの織りなすホラーコメディ作品。もちろん主人公アッシュを演じるのはブルース・キャンベル

トレーラーハウスに住み、スーパー店員として勤めながら、バーナンパに精を出す、すっかりチャラおっさんと化したアッシュ
ある日トイレでお楽しみの最中に、女がかつて見た死霊に取り憑かれた顔になる幻覚を見る。悪い予感がしたアッシュは記憶を思い起こす、そういえば数日前にに連れ込んだ女と一緒にドラッグで楽しんでいる時に、死者の書の呪文読み上げちゃったような……?
アッシュうっかりにより復活した死霊どもをどうにかするため、スーパーの同僚達を巻き込みながら死霊退治のに出ることになる。

過去作品の因縁や、重要なシーンにはきっちり回想や説明が用意されているので、過去作を見たことがなかったり、うろ覚えでも楽しめる配慮がなされている。見せたいものがはっきりしており、非常にテンポよく進む展開とあわせてダレにくいのがポイント

2016年まででシーズン1&2の合計20話(各10話)が放映されており、2017年シーズン3(全10話)が最終となった。日本では2016年からHuluで独占配信中。

笑えるシーンの例

派生作品

「EVIL DEAD THE MUSICAL~死霊のはらわた~」

まさかのミュージカル化。
2003年カナダで初演されて大ヒットし、2006年にはオフ・ブロードウェイに進出。その後世界中で上映され続けており、いずれも高い評価を受けている。

内容はロックミュージカル/コメディホラーだが、残酷描写と血のりの量に容赦はない。観客席まで血しぶきが飛び、前方列では文字通り頭から血を浴びる羽になる。血しぶき避けのビニール合羽が配布されるが、剛の者ともなるとわざわざ全身血まみれになって大喜びし、お祭り騒ぎになるそうな。

日本でも2009年に上演され、演出はゾンビ映画マニアとして知られる河原が担当。アッシュ諸星和己が演じ、歌にダンスにスプラッターにと破天荒舞台は好評を博した。

メディアミックス/クロスオーバー

その外にもゲームコミックが多数リリースされている。ここではその一部を紹介。

この他にもダークマン(人工皮膚を移植された変身を持つヒーロー)、ヴァンレラ吸血鬼特性を持つ宇宙人ヒロイン)、ハーバード・ウェスト映画『死霊のしたたり』の、死体を開発したマッドサイエンティスト)など、往年のアメコミヒーロー映画作品とのクロスオーバーが多い。めっちゃドヤ顔チェーンソー構えてキメてる表など、璧にヒーローとしての扱いである。
更にはアッシュ死霊軍団からオバマ大統領を守って戦うシリーズなんてのもある。強い。

クロスオーバーだけではなく、アッシュメインタイトルも数多く世に送り出されている。

2019年4月2日サバイバルホラーゲームDead by Daylight』と『死霊のはらわたリターンズ』がコラボ。有料DLCとしてアッシュプレイアブキャラクターとして実装された。声優はもちろんブルース・キャンベルが演じている。
未来へと連れ去られるが、何故かエンティティが支配する世界に放り込まれてしまう。頼みのチェーンソーショットガンもなく、かくして今日も生き延びる為に発電機を回し続ける日々が始まるのだった。案外武器ちゃっちゃと調達して殺人鬼返り討ちしそうな気はするんですが。

関連動画


関連商品を買いたいならSマートに行け




関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%BB%E9%9C%8A%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%89%E3%82%8F%E3%81%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

死霊のはらわた

1 ななしのよっしん
2015/08/19(水) 01:17:46 ID: esnJaSGN0i
もっと有名どころ(カルト的に)の映画記事増えてほしい!
2 ななしのよっしん
2015/11/23(月) 21:45:48 ID: AFdSSYllEE
楽しんで書いたのが伝わる、いい記事だ。
3 ななしのよっしん
2016/02/08(月) 01:58:33 ID: w1uGW4Hc+p
個人的には1より2が怖かった。
人それぞれだけど。
4 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 11:41:19 ID: qkseCIaDs4
リターンズ(ASH VS EVILDEAD)も最高だったな
一終わり方がちょっと中途半端なのが嫌だったけど
アメリカドラマシステム上仕方ないのかな
5 ななしのよっしん
2017/04/07(金) 21:07:02 ID: PVTEBhcq2J
やっぱ今でも人気あるんだなーってリターンズ見ながら思ったわ
S3の配信楽しみですわ
6 ななしのよっしん
2018/03/02(金) 12:30:53 ID: zz7dZz9xcx
中学生の時に社会の授業で見たなー懐かしい。

急上昇ワード