Toriel単語

トリエル
注意 【この記事はネタバレ成分を多く含んでいます
プレイかつこれからゲームをする予定の人はブラウザバック推奨。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。
なお、DELTARUNE情報も一部掲載されています。

Toriel

Toriel (トリエル)とは、Toby Fox(トビー・フォックス)氏が開発したRPGインディーズゲームUndertale』に登場するキャラクターである。

主人公が最初に出会うモンスター(Flowey(フラウィ)はモンスターに含まれない種類)で、地下世界での生き方を教えてくれる性溢れる存在。

概要

Ruins(いせき)に居を構えて暮らしている、人山羊のような姿をした、大柄な女性モンスターFloweyに襲われた主人公を助け、ニンゲンだと知りながらも主人公を「My Child」(が子よ)と呼び、実子同然に接してくれる(公式日本語版では「My Child」は訳されていない)。

包容が高く性溢れる優しい性格で、血の繋がらないニンゲンの子どもにも惜しみない情を注ぐ。ゲーム中でのモーションにも「主人公と手を繋いで一緒に歩く」「主人公の頭を撫でる」など性を見て取れる。一方でその情故に過保護がちな面も見せ、頭ごなしに決めつけ束縛しようとしている。[1]

学校先生になるのが夢だったとのことで、教育リキラムを用意する("I've also prepared a curriculum for your education.")など主人公の勉強もみてあげるつもりだった。

料理が得意で、ゲーム中ではベッドで寝る事で「バタースコッチシナモンパイ」を焼いてくれる(そのパイは回復アイテムとして所持・使用可)。そのパイニンゲンの味覚に合わせて作ったモノなのか、彼女自身はカタツムリを使った料理を好んで食べているようだ。

住居では随所に安全に気を使ったような様子が伺え、置いてある具は危なくないように先が丸く削られていたり、暖炉の炎が手を入れても大丈夫そうなほどあつくなかったりする。ニンゲンが暮らしていてケガをしないようにトリエルが工夫を凝らしたのかもしれない。

実はジョークが大好きという一面もある。Ruinsのを隔ててノックノックジョーク[2]を通じて知り合ったSans(サンズ)とはジョークを言い合う親しい仲で、将来ニンゲンが地下世界する時に備えてSansに助けになってくれるよう頼んでいる。お互いの顔は知らないがゲームでの行動次第では対面可

外見

真っ白な毛で覆われた大柄な体格で、大きなが垂れ下がり、頭にはが生えている。これらの特徴はTorielが属する種族共通の特徴のようだ。モンスターの王の紋章である「Delta Rune」(デルタルーン)が描かれた法衣を着ている。靴は履いていない。

また、読書の際にはメガネを掛けている。

戦闘

Torielは主人公を保護し、安全なRuinsで一緒に暮らす事を望んでいたが、主人公に地上へ帰る方法を問いただされる。そこでTorielはRuins一の出入り口を破壊して防ごうと試み、それを止めようとする主人公に「外で上手くやっていける強さ」を見極めるべく戦いを挑む。プレイヤーが初めて経験するボスモンスターとの戦闘となり、Toriel戦BGMHeartache」に心震えた人も多いだろう。

戦闘では魔法で炎を生み出しそれを操って攻撃してくる。今までフィールドで出会ったモンスターとは別格の強さを誇るさまは、さすがボスモンスターと言ったところ。しかし、HPが2以下になると攻撃が自動的にSOULを避けていくようになるため、よほどの事がい限り敗北する事はい。ただし、狙ってとても努するか・笑いの神が舞い降りれば負ける事は可。なお、何時でも逃走コマンドで離脱出来る。

和解するにはACT(こうどう)コマンドで会話した後に、MERCY(みのがす)コマンドの「見逃す」をエ選び続けるか攻撃をワザとミスし続ける事で見逃してくれる。

初見だと話しても聞くを持ってくれないため戦うしかないと思い込んでしまい泣く泣く倒してしまうプレイヤーも多い。撃破時の演出や戦闘直後のFloweyによる追い打ちの言葉の為に強い罪悪感を感じてしまうだろう。更に暫く後のSansとの会話イベントで傷口を抉られる人もまた多い。

Genocide Routeの条件を満たしている場合は一撃で倒す事になる。

電話

主人公の所持品である携帯電話にTorielの電話番号を登録され、それで会話イベントを楽しむ事が可ママと呼んで甘える・ナンパして赤面させる・に引っ掻き回されるさまを聞くなど、様々な会話イベントを楽しめる。しかし、Toriel戦後は生死を問わず電話をかけても出ないので、会話する事が出来なくなる。

True Pacifist Routeの最終盤では、周りにいるSans達からメールの使い方を教えられ、主人公メールを送り、それを通しての会話を楽しめる。今までの分を取り返すように多くのメールを送って来る。覚えたての顔文字を載せたり、その場に居合わせた者達と親しくなり戯れの様子を送るなど、はっちゃけている様子。なお、Torielの手ではメールを打つには大きすぎるため、代わりにSansが文を打ち込んでいる。

その過去

Gerson, when asked about Asgore and Toriel

実は地下世界現国Asgore(アズゴア)の元妻で、Asriel(アズリエル)の母親Charaキャラ。ただしプレイヤーごとに名前は変化する)の養。地下世界の元王妃である。かつては夫Asgoreとは仲まじいレベルえてラブラブだったとのことで、称で呼び合う・もふうさ王の由来・鼻こすり選手権1位などラブラブっぷりが分かるネタには事欠かない。場を考えずに常時イチャ付いていたため周囲は呆れ果てており、二人が別れた時はどこか安堵した気持ちもあったという。

家族で仲良く平和な日々を送っていたが、ある日が子同然に可がっていたCharaが亡くなってしまう。更に、Charaの遺体を地上に返すべく彼のSOULタマシイ)を取り込んで結界を通り抜けたAsrielが(思い込みとはいえ)抵抗のままニンゲンに攻撃され、帰還後に死亡してしまう。

僅かの間に子供二人を一で失ってしまう悲劇に残された二人の親は深く悲しんだ。この日をAsgoreは地下世界に来たニンゲンは一人残らず殺し、そのSOULを7つ集めて結界を壊し地上を手に入れる政策を決定する。その政策にTorielは反発、夫の変わりように落胆した末に女王の座を放棄。夫の元を離れRuinsで隠遁生活を送る事になった。

Asgoreの方が未だに元妻への未練を抱いているのとは対照的にTorielの元夫への思いは冷めきっているように見え、True Pacifist Routeで再会した際には「なんて恐ろしい魔物」呼ばわりし、称で呼んだ元夫に「その名で呼ばないで」と冷たい眼をしつつ切り捨て、「一つのSOULを手に入れた時点でソレを取り込みAsgore一人でも地上に出られた」「そのがあればワザワザ地下世界で待たずに地上に出て残り六つのSOULを奪えば済む」「そうしなかった優柔不断さが住民を絶望させ続けている」と批判している(Asgoreもそれを認めている)。更にその後Sansが来て親しげに話し始めちゃったため、Asgoreは思わず涙目になっている。

ルートラスボス戦後ではAlphysアルフィー)がTorielとAsgoreの二人の仲は戻ると思うかを主人公に聞いてくる(どっちを選んでも会話が変わるのみ)。EDではTorielは念願の教師として地上の学校で働いているが、そこの庭ではAsgoreも庭いじりをして働いている。二人は果たしてよりを戻したのかどうか気になるところ。

通常ルートでは様々な条件によって後日談(かかってくる電話)の内容が多様に変化するが、Torielが生存していた場合は主人公に殺されたAsgoreの代役として女王に復帰する展開となることも多い。しかし主人公モンスターを多く殺していた場合は、ニンゲンを恨むモンスターが多くなっていて「ニンゲンを殺さない」というTorielの政策は多くの不満をかってしまい、結局は女王ではなくなりRuinsに戻ることとなる。

「DELTARUNE」のトリエル

作者によってUndertaleとは別世界であることが明言されている「DELTARUNE」では、主人公とアズリエル母親として登場する。
この世界でもAsgoreとはぎくしゃくした関係のようで、現在は別居中。

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *それには地下世界現在ニンゲンSOULタマシイ)を集めており、ニンゲンの命を狙っている・今まで地上に出ようとしたニンゲンは望み果たせず死んでいるため、という理由もある
  2. *海外で定化されているジョークの一種でQ&Aフォーマットをもつもの。ダジャレ好きの訪問者とドアの内側にいる人物との会話で成り立っている。 (Wikipediaより)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/toriel

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Toriel

140 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 19:10:44 ID: 6M0Pb/3vwZ
>なら遺跡入った後ニンゲンが逃げられぬようにさっさと壊せよ
壊すメリットそれ以外なんもないだろ。
人間向こうの連中と仲良くなれる可性もなくなる
ゴアの魂持って人間が地上に戻れる(それしか人間が出る方法ないから)可性もなくなる
残りの魂集めるルートはバリア側の地上からしかなくなる
人間の安全が約束される以外デメリットしかねぇじゃん。おいそれと壊せるかそんなもん。

>少なくとも積年の恨み憎しみを抱えてるモンスターがいないんだがね
だとしたら余計壊したら駄だろ、時間で人間への恨みが自然消滅してく可性もあるかもしれんのに
なんでぶっ壊して地上側から魂刈ってくる戦争再開待ったなしの方法しかできなくする必要があんだよ。

>トリエルが危惧してる程の事態になってないから説得に欠けるんだよね
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
141 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 19:14:26 ID: 6M0Pb/3vwZ
>しかもクーデター起こったらあっさり退位してまた隠居
だからモンスター人間と仲良くすんのが嫌だっていう以上
トリエルは「人間勝手口」の遺跡を守んなきゃなんねぇんだって。
民衆が自分の政策に同意できないつってんのに玉座に居座り続ける方がよっぽどたち悪いわ。

>要するに空気読めない理想義者なのがいかん
じゃあ空気読んで気進まないけど人殺しし続けんのが正解だってのか、
そもそもその人殺し容認がトリエルが出てった原因だろうが。
人間見っけたらとりあえず檻に入れといて後でどうするか決めるとかでも良かったろ。

>ちょくちょく留守電を送ってた事をほったらかし扱いは理がある
研究所のあの状態って王としてほったらかしとは言わんの?留守電じゃねぇよ見に行け。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
142 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 19:16:24 ID: 6M0Pb/3vwZ
>しかもクーデター起こったらあっさり退位してまた隠居
だからモンスター人間と仲良くすんのが嫌だっていう以上
トリエルは「人間勝手口」の遺跡を守んなきゃなんねぇんだって。
民衆が自分の政策に同意できないつってんのに玉座に居座り続ける方がよっぽどたち悪いわ。

>要するに空気読めない理想義者なのがいかん
じゃあ空気読んで気進まないけど人殺しし続けんのが正解だってのか、
そもそもその人殺し容認がトリエルが出てった原因だろうが。
人間見っけたらとりあえず檻に入れといて後でどうするか決めるとかでも良かったろ。

>ちょくちょく留守電を送ってた事をほったらかし扱いは理がある
研究所のあの状態って王としてほったらかしとは言わんの?留守電じゃねぇよ見に行け。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
143 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 19:17:43 ID: 6M0Pb/3vwZ
うん、二重投稿になった。マジすまん
144 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 21:08:13 ID: lLrq9+I7aH
なんというか…反論しようにも長くなって1レスで収まらんかったから特に突っ込みたい点だけ突っ込んどく

人間の安全が約束される以外デメリットしかねぇじゃん。おいそれと壊せるかそんなもん
ニンゲンの安全こそがトリエルの第一的でしょうよ、一生遺跡で面倒見るつもりだったんじゃないん?

>なんでぶっ壊して地上側から魂刈ってくる戦争再開待ったなしの方法しかできなくする必要があんだよ
「落ちて来たニンゲンを殺す」としか宣言してない以上はソウル待ちの現状維持でしょうよ、本編がトリエル摘してるとおりそういう状態なんだから

>これまで落ちてきた人間全員死んでんすけど
ト リ エ ル が 逃 が し た か ら な
そんな有様でどの口がアズゴアケツイがないなんて批判出来るんだろうね…

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
145 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 22:19:38 ID: 6M0Pb/3vwZ
>一生遺跡で面倒見るつもりだったんじゃないん?
モンスターとは仲良くお話」、「いいこでいるのよ」、
Nベストでの「人間には優しく接すること」
人間の安全だけじゃなくて「人間モンスターの和解」がトリエルの理想だってのは
このゲーム平和ルートを何度も遊んでれば普通分るだろ。
壊したらそれすら実現できなくなるんだよ。
遺跡で面倒見るのは外出たら殺される可性があるからそうするしかねぇんだよ、
向こうのモンスターの殺意が失せてくれりゃそもそもそんなことする必要もねぇんだって。
で、そーせざるを得なくなったそもそもの原因があいつの宣言なんだよ。
久々に会ってニンゲン殺そうとしてるそいつを撃しても怒んなだの態度が悪いだのいう方がだろ。

>「落ちて来たニンゲンを殺す」としか宣言してない以上はソウル待ちの現状維持
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
146 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 22:21:04 ID: 6M0Pb/3vwZ
>遺跡から行ける範囲だけでもこんな情勢でどうやったらモンスターニンゲンを狙って殺せる?
普通アンテで何回も雑魚戦でゲームオーバーになったし寿司にもゴアにも普通に殺されたんだけど。
その上で「いやぁでも以前の今までの人間全員事故死かもなぁ」とかどうやったら考えに至るんだよ。
そら中には1~2人はいるかもしんねーけどさ、明確に描写されない部分を若干理のある解釈してくる時点で
ちっとも同感できねぇんだって。

>重すぎる責務とは思わないのか?
王様がおでお待ちです」とか言ってアズゴアんとこ連れてきゃいいだけだろ。
結果で言えば同じならまず攻撃する前に連行を試みることの何がいけねぇの?
いきなり攻撃するよりまだ邂逅が穏やかな方がモンスターにとって安全だろ。

ラボは隠蔽されてる以上ははぐらかされて終りがオチ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
147 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 21:07:17 ID: lLrq9+I7aH
過去レス眺めてたら>>137のある一文でそりゃ話が噛み合うわけいと察したし
自分が言いたかった事は>>144で話したんでこのレスを最後にしばらくROMる事にするね

人間の安全だけじゃなくて「人間モンスターの和解」がトリエルの理想
Gルートで「ニンゲンを保護してたのは外側のモンスター達を守る為だった」と自してるんだよなぁ

>地下世界永住100%確定じゃん、それでもまだ「壊せよ」って言えんの?
それでも構わないからトリエルは隠居してニンゲン保護してるんでしょうよ
あ、アルフィーに別手段を模索させる点はアズゴアも同じだから反論には使えないぞ

人間に帰りてーつって10何ターンも説得しつづけても聞かないからだろ
何度でも言うけどニンゲンに意地られたぐらいで逃がしちゃう程度の覚悟でよくアズゴアケツイいなんて言えるよね
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
148 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 23:51:28 ID: 6M0Pb/3vwZ
>Gルートで「ニンゲンを保護してたのは外側のモンスター達を守る為だった」と自してる
「私は方をモンスターから守ってると思ってた、でも実際は違った、守っていたのは皆よ!」だろ。
私は方を守ってるつもりでずっといたけど、守ろうとしていた対がこんなんだったって事は
逆の事をしていたのねって事じゃん。なんでそれが「トリエルは最初からそういうつもりだった」になってんの?
流石「そこまで考えてないよw」の人ですね、もうちょっと考えて下さい。

>それでも構わないからトリエルは隠居してニンゲン保護してるんでしょうよ
それでも構わないと思ってねぇから壊す選択ができないんだろうが。
いつかモンスター人間を許す時がくるかもしれねぇだろ、
Pルートプレイヤー並みの強さと優しさを明できる人間が落ちてくるかもしれねぇだろ、
を壊さなかったから最後にその可性が実ってモンスターは地下から解放されたんだろうが。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
149 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 23:56:21 ID: 6M0Pb/3vwZ
>何度でも言うけどニンゲンに意地られたぐらいで逃がしちゃう
人間が地上に帰りたいってしつこく直訴してくるんだからしょうがねぇじゃん。
地上帰るにはバリアからしかねぇんだから。
「ここなら安全」「の先に行ったら殺される」「一旦出たら向こうからは戻れない」とまで正直に話しあげてるのに
それでも出て行こうとするのは意地のレベルえてるだろ。
出ていきたがる人間を死ぬまでベッドに拘束でもすれば納得したんか。
ただ一個いうなら階段をカモフラする方法とかなんかなかったの?とは思う。

>一体何の為に遺跡にいるんだ?一体何を守りたかったんだ?
モンスターを攻撃しない優しさ」と「モンスターに殺されない強さ」を明させるためだろ
トリエルの攻撃にしっぽ巻いて逃げたり2で止まるはずの戦闘で死ぬ程度ならの先なんかでやってけるわけねぇし
トリエルを生かす選択が出来るのなら少なくともモンスターを逃がす選択をする優しさは明できたってことだ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)