難民(国際問題)単語

ナンミン

4.8千文字の記事
掲示板をみる(522)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

難民(国際問題)とは、政治的その他の理由によりを逃れた人々である。

本項では一般的な用としての難民について説明する。ニコニコで一般的に使われる日常系アニメ難民については「難民」の項を参照。

概要

政治的迫災害戦争、極度の貧困、その他様々な理由でから脱出する人々のことをいう。有名なのはルワンダ内戦におけるルワンダ難民アフガン戦争によるアフガニスタン難民トルコクルド人弾圧によるクルド人難民シリア内戦ISILの侵攻によるシリア難民などの、戦争による難民である。

ただし国連音頭をとった「難民条約」(1951)と「難民議定書」(1967)は、正規の「難民」を政治的な難民に限定している。英語refugeeでは犯罪者は含まないが政治犯は難民とされる。よりよい経済的な機会をめて常住地を飛び出す流民は、国際法上の難民ではない。生活できないほどの貧困ではないがもっとお金が欲しいから出という人は難民ではなく流民とか出稼ぎ労働者とか言われる。

もっとも、難民/流民がもともと住んでいた地域においてどんな政治的な迫を受けていたのかを客観的に調/裁定することは現実的には困難である。今日では「難民」を詐称する経済的流民が各地にあふれている[1]と見なす人もいる。

ちなみに日本難民条約の批准でありながら難民申請に対する認定数がとても少ないが(年によっては10人未満)、「条約の定義には『戦争(で迫される人)』と書かれていないから戦争難民は条約難民ではない」という解釈を行政がしようと思えばできてしまう。これも一因のようだが、もっと根本的な理由がある(「日本難民」の節で後述する)。

シリア難民

2014年末から現在にかけて、シリアアフガニスタン、北アフリカなどから欧州への大量の移民難民が押し寄せており、ほとんどがシリアからドイツへ向かってくる難民であるが、偽装難民も多い。

2015年末にはドイツ難民による集団強姦事件などが頻発したが、メディア報道しない自由の名のもとに報道規制を敷いており、人々の不満が高まっている。ただしこの集団強姦事件は、少女の作り話、デマだったことが確認されている[2]

更に、難民同士での乱闘などの治安悪化の問題もある。

フランスでもパリ同時多発テロが発生したこともあり、移民排斥を唱える民戦線が躍進するなど、急速に反動が来ている。

2016年に入ると、トルコとも連携し、徐々に送り返す方向に政策がシフトし始めている。

ミャンマー(ビルマ)難民

ミャンマー西部に住むロヒンギャ族が、周辺難民として流入して問題となっている。

イスラム教徒が大半のロヒンギャ族は、仏教徒が多数を占めるミャンマービルマ内で迫の対にされている。アウンサンスーチー氏の反応も鈍く、ロヒンギャ問題について積極的な発言は控えている。

ロヒンギャ難民の受け入れでは、テロ組織の新たな構成員獲得、資を得るための具にもなっている。

国連はロヒンギャを、「世界で最も迫された少数民族」と見なしている。ちなみに、日本群馬県館林にはロヒンギャ族のコミュニティがある。

日本の難民

先述したように、日本難民に対してかなり厳格な制度を敷いている。度々際的な非難の対となっている。

例えば、社会からの批判としては、BBCなどの海外メディアは「日本経済規模に対し、あまりにも難民を受け入れていない」というものである。ただ日本の対応を肯定的に論じるメディアも多い。

また、こうした海外メディア報道に対する現地の人(例えばBBCならイギリス人)が日本を擁護することもある。

ちなみに、日本過去には、難民を受け入れたこともある。

1970年後半にはベトナム戦争で発生した、インドシナ難民(ボートピープル)を1万1000人受け入れた。ただしこの頃は日本難民条約を批准しておらず、アメリカ政治的圧が強まったという側面もある。2010年からは第三定住を、アジアで初めて実施し、継続している。

とはいえ、これもかなり昔の話になっており、現在では肯定者・批判者共に、日本は「難民を受け入れない」と認識されている。

しかし現実には、こうした日本の実態を詳しく調しようとして入管理局内部に取材をするとどの人が材料くて、低い認定率も仕方がないと落胆して帰ってくる。

5000人中11人などと言った数字が独り歩きしているが、実際には「現場で認定に携わる身としてみれば、よくぞ5000人から11人を発掘したものだ、と思います」とさえ言う人もいるのである(→参照exit)。

5000人から11人は2014年で、2015年7586人中27人と認定率が約2倍程度になっている。認定の人数そのものはばらつきはあるものの、数十人であることが多く、認定申請数のみが増えているデータがあり、これは難民制度の悪用者が数を引き上げている。

2010年民主党(現民進党)政権時代に難民申請してから半年で就労可となる法正を行い、難民の要件を満たさない申請が増加傾向になり、2015年にブローカー摘発後にこの法正が広く知れ渡ったためである。そのため、繰り返し申請を行うなどの悪質なケースでは、就労・在留許可を行わないなどの運用の善が行われた。

俗に「難民パスポート」と呼ばれ問題になっており、現在日本では見直しが測られているが、更に厳しくしているという的外れな批判も多い。

また、安倍首相難民問題に対し「女性や高齢者の活躍、あるいは出生率を上げることが先」と断言し、社会の圧に対して毅然とした態度をとっている。

その一方、日本政府は留学生として、今後5年間で150人を受け入れることを決定した。レバノンなど隣に滞在する難民が対である。

シリア難民に対し63人中3人のみを認定という厳しい制度を敷いている日本に対して、社会批判とは裏ヨーロッパインターネットでは日本に対する憧憬の書き込みが増えている。特にフランス極右政党民戦線は露日本籍・移民難民制度に学べと演説する有様である。

インターネット海外の反応)で書き込まれたとある欧人の心の叫びである。

日本を見てごらんよ。清潔な。最高の教育。厳しい移民制度。低い犯罪率。欧日本を見習うべき時が来た」

偽装難民と日本の難民審査

偽装難民とは虚偽の申請をして難民になりすますものである。下記は実際にあった日本難民申請とその審の様子である。

このように難民は厳格に行われている。またこれらの人を受け入れることは、難民保護の趣旨に反する。

また、かつては政治的迫を受けていた可性もあるが、現在はその恐れがくなった場合もある。例としては、マオイストに殺される(ネパール)、内戦で命が危ない(スリランカなど)である。

地理的な要因

日本には地理的な要因もある。シリアなどの中東からは距離的にも遠く(シリアドイツ距離シリア日本距離の3分の1程度)、また彼らの多くが欧州とは逆の方角であること。日本海の日太平洋世界でも稀に見る荒で更に遠く、難民船を出すのはほぼ自殺行為に近いこと(実際韓国から対馬峡を通り九州に密入しようとした官僚が荒で遭難し、死亡している)、飛行機で来るような銭に余裕のある人は、なおのこと飛行機欧州すことなどが挙げられる。要するにっ当な難民日本す理由はほぼため、日本に来るのは実際にはこうした偽装難民が多くなるのもある意味で当然である。

また人口密度も高く、全土の7割が山地であるため、可住地面積あたりの人口密度は都市国家並とされており、単純に人がいっぱいという側面もある。

日本は物価も高いため、日本難民を1人養うで隣に逃れている難民内避難民10人が救えるとも言われている。だけ出して受け入れないという批判は、まさに手段と的が入れ替わった本末転倒批判といえるだろう。

なおシリア難民が注されるが、日本較的距離の近い々の難民はあまり話題に上らない。ミャンマーのロヒンギャ、ブータンネパールブータン人、中華人民共和国の少数民族チベットウイグルなど)などである。

また北朝鮮からの脱北者も難民であるが、これは同一民族である韓国100%受け入れている。中華人民共和国ロシア連邦内での強制送還に関する人権問題はあるものの、難民受入自体の問題は発生していない。

クルド人難民と日本

日本ではトルコから来たクルド人難民を一人も受け入れていない。

難民とは政治的迫から逃れてきた人々であるが、もしトルコクルド人難民を受け入れてしまえば、トルコ政治的迫があると認めることになってしまい、これでは日本トルコの友好関係に傷がついてしまうからである。要するに日本政府トルコ政府の側に立っている、ということである。ただしトルコ内のクルド人は、自治権や教育でのクルドの禁止、クルド人旗の掲揚が禁止されていたりする。また2011年以降のエルドアン政権は、それまでの融和的政策を取りやめ、クルド人に対する締め付けを強化してきた。そしてISILに対抗する口実で、クルド人地区にも爆を行う。これは政治的迫と見なされる場合もある。クルド人偽装難民とは、一概には言えない。

難民支援が難民を永続化させる

国際政治学者であり、『戦略論』を著したエドワード・ルトワックの言である。

彼の展開する逆説的論理を要約すると「戦争とは、平和をもたらすこと」である。これは戦争を肯定したものではなく、一旦戦争が始まった場合、その後の平和を維持するためには、交戦国同士が戦略を使い果たし、相互に甚大な被害を負うことで、戦争継続を途絶えさせることが重要であるということである。

現代の際情勢では人義を名に各が介入することが多々あるが、こうした介入は一時的な停戦を生むことにはなるものの双方間の不満は拭いきれず、その間に軍拡され、世論の後押しで再度紛争に突入する結果になる。第二次大戦のように底的に交戦した枢軸国は、不満は一部残るものの、一等として社会に復帰して平和維持に取り組んでいることもその左であるとも考えられる。

難民支援も、こうした各の介入の一つであるとされる。難民キャンプは、受入とは隔絶され、交戦国への一方的憤の溜まった状態が発生しやすい。受入との関係で雇用が割り当てられず、難民支援により働かない大人たちはその子どもたちに交戦国への恨みを引き継ぎ、中途半端な知識が紛争に駆り立てられる。現に難民キャンプからゲリラテロリストが生まれる発端となり(例:2001年マケドニアにおけるアルバニア難民)、戦争継続を増加させていく。

当然こうしたことは全てではないが、こうした難民支援が現代の紛争長期化の一因とも考えられている。長期的な視点をみる場合、難民をどう扱う必要があるのかは国際問題の解決の緒になるかもしれない。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *日本転覆テロの怖すぎる手口」兵頭二十八 2018 PHP研究所 pp.27-28
  2. *「難民が集団強姦」、少女の作り話だった(CNN)exit 2016.2.2
この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 520ななしのよっしん

    2021/11/16(火) 14:54:09 ID: lZiq1VjD7q

    >>512
    警察の時点で言質取れりゃなんでもアリってノリで「取り調べ」を行い、検事も裁判官も見て見ぬ振りってのが古き良き日本だったじゃんよ
    留置所が「代用監」なんて揶揄されてんのも有名な話
    それをマスコミ弁護士が逐一海外に告げ口してるからやりにくくなってきただけで、別に犯人への同情が湧いたわけじゃない
    そういうに来るのだから相応の覚悟はしといてよねってだけのこと

    >>518
    受け入れてないんだよなあ・・・
    アメリカとかに横流ししてただけだし、それも義憤に駆られた末端が勝手に始めた行為が既成事実化したに過ぎない
    としての方針は終始一貫している

  • 521ななしのよっしん

    2021/11/16(火) 15:04:52 ID: ADFarpjigm

    がないは泳がないと来れない一文でも歩けばいけるを一緒にしてはいけねーから

  • 522ななしのよっしん

    2021/11/25(木) 12:08:08 ID: ridIFhWtxg

    死んだスリランカ人の件は
    そういや訴訟関連の話題は見かけない気がする
    案外示談が成立してるのかもな
    >>502の資料を見ると
    刑事事件の条件を満たすかは怪しい
    パワハラなら成立するのかしないのかどちらもあり得るレベルかな
    食生活は餓死とか栄養失調などで病死しても不思議ではない状況
    自分の意志でやっていたと判断されたら裁判で不利になるかもしれないな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/07(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/07(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP