単語記事: 宮崎駿

編集

宮崎駿(みやざき はやお)とは、日本のアニメーション・映画監督である。
正式な表記は「宮﨑駿」であるが、「﨑」が環境依存文字であることから「崎」が使われることが多い。
通称「パヤオ」「宮さん」。息子にアニメ監督の宮崎吾朗がいる。

曖昧さ回避
  • 宮崎駿(野球選手)-ソフトバンクホークスの育成選手。上記の人物が由来で親が名付けた。

概要

1941年1月5日生まれ。東京都出身。学習院大学政経学部卒。アニメ映画監督であり、日本を代表するアニメーターでもある。

幼少期から手塚治虫や福島鉄次の漫画に親しんでおり、高校生時代までは漫画家志望であった。大学の受験勉強中、アニメーション映画「白蛇伝」(1958年、東映動画制作)に感銘を受け、アニメーションにも興味を持ち始めた。

大学生時代は出版社に漫画の原稿を持ち込むも採用されず、漫画とアニメの道のどちらに進むか迷った末、大学卒業後に東映動画(現:東映アニメーション)に入社。

東映動画入社後、ロシア(旧ソ連)制作のアニメ映画「雪の女王」(1957年)を見て感動し、アニメーションを一生の仕事にしようと決意したという。24歳で同僚のアニメーターと結婚し、2子をもうける。

その後、新人ながらたちまちメインスタッフに登りつめ、同社で高畑勲らと共に『太陽の王子ホルスの大冒険』(1968年)などを製作する傍ら、労働組合運動を熱心に繰り広げた。

1971年に東映動画を退社し、Aプロダクション(現:シンエイ動画)に移籍。視聴率低迷でテコ入れのために『ルパン三世』(1971年)の演出に参加する。1972年には子供向けアニメ映画「パンダコパンダ」を高畑らと共に制作した。

その後、1973年にズイヨー映像(現:日本アニメーション)に移籍し、『アルプスの少女ハイジ』(1974年)にメインスタッフとして参加。『未来少年コナン』(1978年)では初監督を務める。キャラクターデザイン、メカニックデザイン、場面設定なども兼務し、膨大な仕事量をこなした。

1979年頃にテレコム・アニメーションフィルムへ移籍し、『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)で初の映画作品の監督を務める。当時の配給収入はふるわなかったが、後に名作として語られることとなった。この時、当時アニメージュの副編集長で、後にスタジオジブリのプロデューサーとなる鈴木敏夫と出会う。

この時期、かねて構想のあったオリジナルアニメーションの構想を徳間書店に打診するも、「原作のないものは作れない」と却下される。「原作がないなら作ればいい」という2人の提案で、1982年、「風の谷のナウシカ」の漫画をアニメージュに連載開始する。その後1984年にアニメ映画が劇場公開された。(漫画が完結したのは1994年であった。)

1985年、月刊アニメージュを発刊している徳間書店の資本参加を受け、東京都武蔵野市にスタジオジブリを設立して独立。以後、スタジオジブリ第1作の「天空の城ラピュタ」(1986年)を皮切りに「となりのトトロ」(1988年)、「魔女の宅急便」(1989年)、「紅の豚」(1992年)の監督を務める。1992年、小井市に新社屋が完成。

1997年、「もののけ姫」が劇場公開。当時の日本の歴代興行収入を大きく塗り替える193億円の大ヒットを記録する。2001年の「千と千尋の神隠し」はそれをさらに上回る興行収入304億円を記録。現在も歴代1位の記録である。この映画で2003年には米国アカデミー賞長編アニメ賞を受賞した。

2004年に「ハウルの動く城」、2008年に「崖の上のポニョ」を公開。2作品とも150億円を超える大ヒットとなった。
2013年「風立ちぬ」公開後、長編アニメからの引退を発表。

興行収入・評価

アニメ映画監督としての宮崎駿の知名度は高く、日本の歴代映画興行収入TOP10の半分近くを宮﨑駿監督のジブリ映画が占めている。(その他は洋画が占めている)(歴代映画興行成績 - Wikipedia)

  1. 304億 千と千尋の神隠し(邦画・2001年)
  2. 262億 タイタニック(洋画・1998年)
  3. 255億 アナと雪の女王(洋画・2014年)
  4. 203億 ハリー・ポッターと賢者の石(洋画・2001年)
  5. 196億 ハウルの動く城(邦画・2004年)
  6. 193億 もののけ姫(邦画・1997年)
  7. 174億 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(邦画・2003年)
  8. 173億 ハリー・ポッターと秘密の部屋(洋画・2002年)
  9. 156億 アバター(洋画・2010年)
  10. 155億 崖の上のポニョ(邦画・2008年)

カリオストロの城やとなりのトトロなど昔の作品においては、興行面では日の目を見ることがなかった、というか惨敗だが、のちに宮崎駿の名声があがるにつれ、作品の知名度が上がりDVDやVHSビデオなどが大ヒットした。

近年の作品の評価は賛否両論であり、昔の方が好きだったというファンも少なくはない。(参考→関連リンク
ただし、どのアニメを見て育ったかなど世代による評価の違いもあるため、一概には言えないかもしれない。

同じく日本アニメ界の巨匠、押井守とは度々比較され、当人同士の対談や互いの作品に対する意見などでも衝突することがしばしばある。しかし、宮崎駿にそのような歯に衣着せぬ言い方が出来るのは彼ぐらいのものであり(逆もまた然り)、互いに認め合っている様子。
両方ともいい年したジジイの癖して相手の作品はどうにも気になるのはクリエイター、ライバルとしての性か・・・

「風立ちぬ」の制作と現在

「俺は72歳で死ぬことに決めた。だからあと1本しか作れない」

『崖の上のポニョ』の公開後、鈴木プロデューサーに宮崎はこう冗談めかして話したという。

宮崎は、体力的にもう限界であると『もののけ姫』以降度々発言しており、『ポニョ』については「最後の長編だろうね」とすら話していた。
2013年で72歳を迎えた宮崎は、実際その製作能力の低下がかなり深刻になっているらしく、老化に伴って筆圧が急激に落ちてしまい、これまでHBで書いていたイメージボードや絵コンテも『ポニョ』製作時には5Bまで下げないと書けなくなっていたという。

そして宮﨑駿最後の長編アニメ『風立ちぬ』が2013年7月20日に公開された。
本人が模型雑誌『月刊モデルグラフィックス』で連載していた漫画を原作としている。

堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して。 いざ生きめやも。

映画公開後、長編映画の制作からの引退を発表した。
本人は「僕は何度も今まで辞めると言って騒ぎを起こしてきた人間なので、当然まただろうと思われているんですけど、今回は本気です。」と語った。

現在は短編アニメーション、および漫画の構想があるようだ。

私人としての宮崎駿

アニメ映画監督としては今や世界に名だたる宮崎駿だが、私人としては若干考えさせられる人物である。とりわけ有名なのは息子・吾朗が「ゲド戦記」の監督に就任した際に、氏を徹底的に扱き下ろし、原作者に了解を取り付ける為吾朗氏と鈴木Pが出向く時にも「監督が原作者に了承を取り付けるなんて聞いたことがない(これには理由があり、監督は1枚でも多くのコンテを描くべきだという理に適った発言をしている)」と反発し、結果鈴木Pの「じゃあミヤさんお願いしますよ」との声に同行し、ここでも原作者に息子の書いたイメージボードの批判をしている。また公然と人を批判したり、その人物の人間性を疑うような発言もする為、嫌いな人には徹底的に嫌われる人物でもある。またナウシカの原作を手がけている途中あたりから突如「反核・反原発」を掲げ、自身の作風にも反映させたり(もののけ姫)、またメディアでも自身の政治的な考えを含め(時として過激とも取れるような思想を)語っている。

監督作品

  • 未来少年コナン(1978年)
  • ルパン三世 カリオストロの城(1979年)
  • 風の谷のナウシカ(1984年)
  • 名探偵ホームズ(1984年)
  • 天空の城ラピュタ(1986年)
  • となりのトトロ(1988年)
  • 魔女の宅急便(1989年)
  • 紅の豚(1992年)
  • On Your Mark(1995年)
  • もののけ姫(1997年)
  • 千と千尋の神隠し(2001年)
  • ハウルの動く城(2004年)
  • 崖の上のポニョ(2008年)
  • 風立ちぬ(2013年)
     

監督以外の作品

  • 太陽の王子ホルスの大冒険(1968年、原画)
  • 長靴をはいた猫(1969年、原画)
  • 空飛ぶゆうれい船(1969年、原画)
  • どうぶつ宝島(1971年、原画)
  • ルパン三世 TV第1シリーズ(1971年、演出)
  • ルパン三世 TV第2シリーズ 第145話、最終話(1980年、脚本、絵コンテ、演出)
  • パンダコパンダ(1972年、原案・脚本)
  • パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻(1973年、脚本)
  • アルプスの少女ハイジ(1974年、場面設定、画面構成)
  • 母をたずねて三千里(1976年、場面設定、画面構成)
  • 赤毛のアン(1979年、場面設定、画面構成)
  • 耳をすませば(1995年、脚本・絵コンテ・制作プロデューサー)
  • 借りぐらしのアリエッティ(2010年、企画、脚本)
  • コクリコ坂から(2013年、企画、脚本)

漫画作品他

「風の谷のナウシカ」のように普通の漫画だけではなく、カラー挿絵メインで絵物語に分類される「シュナの旅」、イラスト+エッセイ+マンガの「宮崎駿の雑想ノート」シリーズのような形態の作品がある。また、「宮崎駿の雑想ノート」は各話ごとにラジオドラマ化もされている。

  • 風の谷のナウシカ(全7巻)(1982年~1994年) - 漫画
  • シュナの旅(1983年) - 絵物語
  • 宮崎駿の雑想ノート・妄想ノート関連作品 - イラスト+エッセイ+マンガ
    • 宮崎駿の雑想ノート(1992年)
    • 飛行艇時代(1992年)
    • 宮崎駿の雑想ノート増補改訂版(1997年)
    • 泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート(2002年)

関連動画


関連生放送

関連記事 - 「神回だああああああああ」 宮崎駿&鈴木敏夫がニコ生にサプライズ出演(ニコニコニュース/2011.07.23)

関連商品

関連リンク

関連項目

  • 宮崎吾朗
  • 高畑勲
  • 庵野秀明
  • 久石譲
  • 近藤喜文
  • スタジオジブリ

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E9%A7%BF
ページ番号: 413721 リビジョン番号: 2313819
読み:ミヤザキハヤオ
初版作成日: 08/07/30 14:32 ◆ 最終更新日: 16/01/17 09:00
編集内容についての説明/コメント: 人物評に追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


日本アニメ(ーター)見本市

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宮崎駿について語るスレ

854 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 10:08:51 ID: AtoJ5y2DhC
蒸し返すようだが、
この前「身体障害者の友人を思い出して面白がれない」という宮崎の話があったわけだけど
作っている本人は障害者だとか意図してなくても、見る側はそう受けとる場合がある、というようなケースは宮崎自身の表現においても微妙な問題だな

https://mobile.twitter.com/cinefilDVD/status/822424445448900608

ハウルでも、「欧米では赤毛の人間は迫害されてきた歴史があるのに、赤毛に変わったハウルが美しくないと言い出すのはいかがなものか」と指摘してる人はいたね
855 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 23:16:52 ID: J/8+I79/c/
100人の凡人より1人の天才って言われるくらいクリエイターは個人を出したところが強いからなぁ
アニメじゃなくても宮本茂とか小室哲哉とか…

自分のセンスへの確固たる自信が作品にいい影響も悪い影響も与えているのかも
それで老若男女に受けるんだからすげーわ
856 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 12:16:13 ID: hx7qP38y6k
しっかし例のドキュメンタリーの英語コメントでまで「アーティストならよくあること」だの「スタッフもわかっててジブリの企画に参加してるからOK」だのパワハラ擁護発言が目立つのは、さすが宮崎ブランドの力という感じだな 死んだら神様にでもなりそうな勢い
857 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 12:47:56 ID: zF/t5byewS
大丈夫、本当にそうなのなら死んだらみんな掌返すから。
858 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 12:58:20 ID: hx7qP38y6k
手塚治虫だってさんざん手のひら返された挙句未だ神様にとどまってるじゃろ?
859 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 23:39:38 ID: VcwBAGGTJ6
ライバル?大仁田厚が引退するってさ~
また気が向いたらどっかで試合するんだろうなw
860 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 04:40:28 ID: BZoPOrIirI
宮崎駿の元で仕事をしたことがある主なアニメーター
近藤喜文(「耳を澄ませば」監督、「もののけ姫」作画)…病死
高坂希太郎…(作画「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」等多数)
庵野秀明(「風の谷のナウシカ」で爆発を描いた男)
大地丙太郎(「カリオストロ」「未来少年コナン」等の撮影スタッフ)
片渕須直(「名探偵ホームズ」~「魔女の宅急便」まで脚本等に賛参加)

なお、近藤を除く三人は独立・別のスタジオへ羽ばたいていった模様
高坂にいたってはマッドハウスで監督作を発表している模様
861 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 04:43:11 ID: BZoPOrIirI
>>860
訂正
「耳をすませば」
賛参加→参加

すまん
862 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 04:46:15 ID: BZoPOrIirI
あとは高畑勲くらいだが、監督作で評論家受けはしても一般人の心を掴んでいるかどうかは正直微妙。「火垂るの墓」ですら毎年のように放送されてうんざりしているという視聴者もいるのだ。

他に誰かいないのか…
863 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 20:59:07 ID: AtoJ5y2DhC
アリエッティ、マーニーを監督した米林宏昌は新しいスタジオですごくジブリっぽいアニメ作っているが

あと今年の映画ドラえもんを監督した高橋敦史もジブリ出身だね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015