アマツマガツチ単語

アマツマガツチ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

アマツマガツチ 

アマツマガツチとは、モンスターハンターポータブル 3rdに登場する古龍種
別称は『嵐龍』。

概要

宙を舞い、い、を操るといわれている。東方の姿をしたMHP3rdにおけるラスボスに、水中時の海竜種のような行動をとる。

古来からユクモ地方に棲んでいた古。ユクモ近辺に伝わる伝承には、「く、≪霊峰≫に棲むの化身」
く、大いなる厄災の」と記述されている。ちなみに、ユクモ地方にはギルドの観測船が飛んでいない。これは、この地方の上全域がアマツマガツチの縄りであると同時に、万が一アマツマガツチに遭遇すれば叩き落とされてしまうため飛ばしていないのである。余談だが、新大陸の(モンハン世界の)飛行船は対古用として特別頑丈に造られていて、強な古のブレスにも耐えられるようになっている。対古用の頑強な飛行船を撃墜したのは、今のところアルバトリオンとアマツマガツチのみである。

ジンオウガが渓流に現れることになったのも原因とされている。ゲーム開始直後のムービーでは、ジンオウガに迫ってくる姿を確認することができる。積乱雲の中に棲んでおり、常にを飛び続けている。地上に降りてくるとが起こるといわれており、数年前に村が壊滅したのは、こののしわざと伝えられている。しかし、人気刊誌《狩り生きる》のハンターギルドの長によると、を起こして意図的に壊滅させようとしてたわけではない。

アマツマガツチと戦う際は、「渓流」の更に地にある、専用の「霊峰」という特別なステージで戦うことになる。体を巻きながらハンターを吸い込んだあと、巨大な竜巻を起こすダイソンと、高く舞い上がって縦→横→縦の順に撃つ高圧ブレスは非常に強で、どちらも即死級の威がある。

また「霊峰」のステージには、アマツマガツチを観測していた飛行船に搭載されていた、バリスタ台と弾が散らばっている。このバリスタ単発拘束弾で一時的に身動きを封じることができるが、をまとっている間は弾かれる。

が一定値減ると、全体が変色し、攻撃が化する。

なお、破壊可部位は頭(2段階)、脚(左右それぞれに部位破壊報酬)、背中(首と怯み値共有)、尻尾(2回剥ぎ取り可)である。

弱点属性>火。

防具はヤマツカミのように東方の防具が作成できる。しかし大仏ぽい防具が作れるヤマツカミとは違い、アマツマガツチからは古代日本官や巫女モチーフにした装備が作れる。剣士用のものは「荒」、ガンナー用のものは「蒼天」と呼ばれている。
クモに伝わる古の官の装束を模していて、守護の言霊々の守護が宿る。また、これをう者は人の身でありながら人をえる存在となり災をも制すという。
スキルはアマツマガツチのが反映されていて、「解放」「れ味レベル剣士)」「装填数UP(ガンナー)」「属性攻撃強化」が付く。「れ味レベル」が発動する防具には、必ず「なまくら」も一緒に発動してしまうのだが、一荒装備だけは例外。さすがは。しかしなぜかマイナススキルの「スローライフ」も付くので注意。

アマツマガツチには、ステージ開始時に流れる「霊の峰」、体が一定以下になるまでの戦闘曲に羽衣の舞う」、体が一定以下になり形態変化した時の戦闘曲の中に燃える命」、そして討伐成功時に流れる「生者を照らす朝日」、と々しい専用曲が用意されている。どれも美しく良い音色で奏でられている。

「嵐龍」というイベントクエストでも戦う事になる。集会浴場の「舞うは、奏でるは災禍の調べ」とべると体が増え、攻撃も上昇している。強な防具でも、ちょっとした少しの攻撃で致命傷になるうえ、一級品の防具に身を包んでいても、まともに突進を喰らえば即死する。まさにG級難易度である。ハンターはアマツマガツチの御霊を味わうことになろう。

MHF-Z

MHF-Zにて第10にして遷種初のモンスターとして登場。解禁は2017/11/1。
フィールドである霊峰も同時に実装されており、シャガルマガラ禁足地と同様に高台やバリスタの撤去などMHFに合わせて変わっている部分がある。

HR5(凄腕)の個体はP3とほぼ変わらないが、追加技として振り向きパンチ尻尾叩きつけ、巨大水球炸裂がある。振り向きパンチは振り向きながら前脚と尻尾で薙ぎ払う技で、突進から繋げたり二連続で行ってきたりすることもある。尻尾叩きつけは飛び上がって思い切り尻尾叩きつけて震動を発生させるもの。巨大水球炸裂は口元に特大の水球を作り出し地面に炸裂させて周囲に弾を降らせてくるが、弾はアマツマガツチ本体の近くに降らないので炸裂を回避するなどして懐に潜り込めば攻撃チャンスとなる。
P3からある要素の変更点としては、旋回竜巻で発生する竜巻が5個であり軌の円が小さくなっている、上からの三連ブレスを一定体ごと&最大で二回までしか行わない、吸引からの巨大竜巻ダイソン)の竜巻に被弾した際のリアクションがかち上げ、形態変化してもBGMが「大に羽衣の舞う」のまま(討伐演出は再現されている)ということがあり、BGMについては後述するG級個体の特徴のためである。

G級個体では哮が哮、震動が震動にランクアップし、尻尾叩きつけで地面から多数の噴水が発生するようになる。噴水は各ハンターを狙うものが一つあるため震動で拘束されると被弾が確定となる。
そしてHRからある形態変化を経て体を半分の手前まで削るとエリア中央に移動して旋回しながら哮を行う。その後大きな竜巻を形成し震動を伴いながら上からそれに飛び込むと周囲にいくつもの裂が発生してそこからが噴き上がり、晴れるとそこには飛膜はく染まりから尾にかけてはく発した姿に覚醒したアマツマガツチがおり、ここでBGMが「の中に燃える命」に切り替わる。
飛膜の焼け焦げたような色は覇種ドラギュロスなどにも見られるように属性を表しており、覚醒後は竜巻やブレスなどが属性を帯びるようになるため、被弾すると属性やられになってしまう(元から属性やられが付いている攻撃では両方のやられを発症してしまう)。覚醒後の追加技は哮とともにフィールドの外周部にいくつもの竜巻を作り出し、そのいずれかにアマツマガツチが飛び込んで竜巻拡散させ、次いで薙ぎ払いブレスを放ったあと哮してから突進でエリア中央に戻ってくるというもの。どの竜巻に向かったかを把握していれば拡散竜巻を避けるのは容易く、薙ぎ払いブレスも大して広範囲ではないので遠くにいれば安全であり対処の面では特に厄介な点はいのだが、そこそこの時間攻撃不可能になるのがネック。また、巨大水球炸裂で弾が降ってきた場所に竜巻が発生するようになる。

Zになって以降の遷種の傾向通り当たれば確実に一撃死という技を持っておらず、元からある最大技のダイソンについてもまともなG級装備であれば一撃ということはなく、辿異防具などであればある程度余裕を持って耐えられる威であり、竜巻の被弾リアクションがかち上げなので起き攻めの危険も減っている。
戦闘においては覚醒後に多少動き回るようになることや上からのブレスフィールド外周での竜巻拡散などで攻撃できない時間が発生しやすいので、麻痺スタンによる拘束ダイソンの溜め時の大ダウンで積極的にチャンスを作り出したり、アマツマガツチがどこかへ行ってもダメージの入るダメージ自体も高い方である)を活用したりするといいだろう。
対策要素についてはそれなりの頻度で行う哮、食らうと攻撃に被弾確定となることがある震動、属性武器の場合火力が大幅にダウンしてしまう属性やられは優先度が高い。

武器P3の11種+新規デザイン穿龍棍で12種類。マイナス会心+低い属性値&高倍率+優秀なれ味という元シリーズ準拠の性傾向となっている。
初の属性種でもあるので防具の荒/蒼天シリーズの自動発動スキル属性攻撃強化【大】。GXシリーズでは全部位に剛撃、及びアマツマガツチが実装されたアップデートで登場したスキル「一点突破」のSPを持ち、耐性についてもゴア・マガラシャガルマガラの防具のような極端な設定にはなっていない。

武器の由来

アマツマガツチの武器にはに関係した名前がつく。おそらくこれらの文字古代日本で使われていたものだと推測できる。武器モデル古代日本楽器扇子などをモデルにしている。
どれも秘的で良いデザインだが、全て「天空玉」を使わないと生産できないのでえるとなると苦労する。
一部の武器には、模様が鼓動の如く明滅する等のギミックがある。
アマツマガツチの素材から作られる武器は高い攻撃と多少の属性を持ち、マイナス会心が付く。れ味ゲージは僅かながらまであり、「れ味レベルスキルを付ける事でゲージをより伸ばせるが一段階上のにはならない。

お絵カキコ

アマツマガツチ

関連動画

関連コミュニティ

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%84%E3%83%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アマツマガツチ

471 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 22:36:52 ID: ixCIXE6ndH
3rdデビューしたから渓流絡みでコイツジンオウガアオアシラガーグァあたりは妙に着が湧く。
472 ななしのよっしん
2020/09/18(金) 17:25:21 ID: tjUFnVMRFA
モンスターハンターライズ
久しぶりの和風モンハン故、こいつは復活モンスターとして来そう。
473 ななしのよっしん
2020/10/03(土) 19:52:43 ID: lCS8Kk5ydG
生きてるだけで大迷惑ってのはなんともなぁって気持ちになる
474 ななしのよっしん
2020/10/18(日) 22:36:18 ID: 3BLPTzKEtj
昨今のラスボス級古システム的な即死攻撃を見るに、
アマツダイソンがその改造されそうよね
遮蔽物に逃げ込まないと発動時強制吸い込みからの即死
モチーフにしてるんだからそれくらいのインパクト欲しい
475 名無し
2020/10/22(木) 13:05:54 ID: QV640iGkhc
危険度が過去ラスボスといえどアルバたちと同じだしやってること的にもしかしてこいつもムフェトアルバと同じく災害級古と言えるのかも?
烏賊蟷螂ラスボス補正だろうから例外として
476 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 19:40:37 ID: pVDj+BZn5P
イカちゃんだっておすいて村人全員ごちそうさましちゃうヤバイ子だぞ
アマツ災害規模に関しては折りだけど台風っていう一応普通自然災害としてありえるやつだから
が煮立ったりとか全部のがいっぺんに来たりとかよりは変地異レベルよりは一歩引いてる感じある
477 ななしのよっしん
2020/10/28(水) 13:01:53 ID: 2mVFebQXt6
アトラル・カだって人工物が自分にとって強武器になると理解してる程知が高い
MHXXの時点で足止めしてなければ砦などの被害がシャレにならなかったかもしれんぞ
478 ななしのよっしん
2020/11/08(日) 11:42:57 ID: f9OLh2A7/6
螳螂に関しては巣材に適した物を集める性質と
その適したと判断したものが人工物だったの合わせ技で
積極的に人工物を壊して巣材のために壊して集めるって事だから
砦やを見て積極的に襲いかかる可性まであるわけで
そういう意味では縄りに変なものがあると壊しに掛かるシェンガオレン
同じ扱いになると思うわ
積極的な攻撃性が低い場合でも1段階下がるラオみたいなのもいるし
おおよそは人の生活域へ被害が及ぶ状況になった時の
被害の想定って話になるんじゃないかな

黒龍関連は色々どうしようもないとしても
479 削除しました
削除しました ID: cmaoe99qoo
削除しました
480 ななしのよっしん
2021/01/16(土) 12:45:54 ID: QWihumAATv
アマツ亜種とか出てきたりして
特に増やせる要素もさそうだしダラ・アマデュラ亜種と同じく通常種と同じの設定になりそうだけど

>>475-478
アマツの場合が強過ぎて生活圏脅かすどころか生態系丸ごと狂わせるレベルまで達してるからな
折っても死ぬまで止まらないんだから