編集  

オメガ・ケンタウリの六鎗客単語

オメガケンタウリノロクソウカク

オメガ・ケンタウリの六鎗客とは、漫画キン肉マン』に登場する人たちのグループである。

概要

完璧超人始祖たちとの戦いを終えた地球人界に現れた新たな敵軍。王位争奪編に登場したジ・オメガマンと同郷のオメガケンタウル団出身の人たちで、「オメガの民」とも称する。彼らはかな昔地球を支配していたが、完璧超人始祖に敗れて地球を逃れた人たちの子孫で、「このの支配者」「このなるに還ってきた」といった事を告げている。現在地球に暮らしている人たちの事はしく憎悪しており、手を差し伸べられても「偽善者」と拒絶し、「地上の人たちを皆殺しにする」と敵対を宣言している。
その的は、崩壊の際にある彼らのを救うために友情パワーマグネットパワーが必要と分析し、地球にあるマグネットパワー研究施設の情報を手に入れること、そして友情パワーを会得することである。また、地球から追いやったザ・マン完璧超人始祖、そして苦難の運命を強いた人の々を憎悪しており、マグネットパワー友情パワーを身につけてを救うと同時に、そのザ・マン々の打倒もしている。

大魔王サタンと共に地球に現れ、サグラダ・ファミリアの地下に眠るマグネットパワー、そして正義人たちの友情パワーを狙って襲撃して来た。この時、正義悪魔完璧超人サタンに封じられており、防衛に出た若手人たちはあっさり全滅引退を撤回したウルフマンや、危急に駆けつけたティーパックマンカナディアンマンベンキマン、カレクックらと戦いを繰り広げる。

ウルフマン以外の正義人を惨殺し、友情パワーの調もある程度進んだところでキン肉マンスーパー・フェニックスら運命の王子たちが参戦。キン肉マンも含めた連合軍で六鎗客と対決する。

なお、「サタンとはどんな関係なのか」「サタンの言う、悪魔と成り得る一族というのは彼らの事なのか」「エアーズロックに降りてきてストロング・ザ・武道竹刀を折ったのはなのか」「アリステラを含めた6人で六鎗客なのか、もう一人隠し球がいてアリステラ+部下の六鎗客というチームなのか」など細かい部分の詳細が明らかになっていない部分がある。サタンの部下になったり洗脳されているわけではなく、サタンは「ただの情報」であり、「オメガの民はにも縛られることはない」と自分の意思で活動している模様。

同郷のオメガマン人強度8600万パワーという極めて高い数字を持っていたが、彼らもまた同様に高い数値を持っている模様。

メンバー

オメガマン・アリステラ

リーダー格。ジ・オメガマンことオメガマン・ディクシアで、オメガ一族の当。口癖はと同じ「フォーフォフォフォ」。外見はとよく似ているが、仮面の造形が険しい表情になっており、背中の巨大左手のものになっている。「アリステラ」とはギリシャ語で「左」の意味。戦い方はまだ明らかになっていないが、回想シーンではと同じΩカタストロフ・ドロップマリキータマンを破っている。また、若手人を蹴散らした時にはマグネットパワーらしき超能力で相手をバラバラに粉砕している。

運命の王子たちとの戦いでは、キン肉マンスーパー・フェニックスと対戦する。

正義人たちを惨殺するよう示したり、友情パワーについて分析するためなら仲間達にも死ねと命令するなど非情さを表に出しているが、敗れた正義人の健闘を讃えたり、マリキータマンが命令に背いて武人としてカレクックを討ち取るとその行動に賛同したりと度量の広さも持ち合わせている。を倒したキン肉マンがかしずいたスーパーフェニックスについて興味がある様子。

ヘイルマン

氷の人。口癖は「カキカキ」。ヘイルとは英語で「」の意味。いつも口を大きく開けて笑っているような表情だが、そういう形のマスクなのか表情は一切変化しない。両手を覆う氷を伸ばす「ブリザードハンド」で敵を切り裂いたり、口から凍気の息「ヘイルレス」を吹き出し、リングや対戦相手を凍結させる。

正義人との戦いではティーパックマンと対戦。リング氷結させて有利な状況を作り出し、優勢に戦うが、ティーパックマンの新技「死のティータイム」で危機に陥る。しかし人強度25パワーしかないティーパックマンの技はヘイルマンに通じず、尽くで脱出。ティーバッグウィップを破壊し、体を全に凍結させてからのラリアートブリザードソード」で惨殺した。

運命の王子たちとの戦いではキン肉マンマリポーサと対戦。基本的な戦闘ではマリポーサに圧倒されてしまうものの、今度もリング氷結させて有利な状況を作り出す。しかしマリポーサがモクテスマ・ディフェンスを繰り出すと氷が溶かされてしまい、地形効果どころか本人まで溶かされてしまう窮地に陥る。なんとか一度は炎を封じたものの、再び点火されて全に勝機を失ってしまう。マリポーサが偽マッスル・リベンジャーを別の新技だとしたためシルバーマンからの援護射撃も来ず、新技「アステカ・セメタリー」で倒された。

パイレートマン

海賊人。口癖は「ムマムマ」。人強度8000万パワー。略奪を生業としていた先祖にちなみ、相手の最も大切にしている宝を奪う勝利を信条とする。大柄でパワーがあり、快な投げ技などテクニックも備えた強

正義人との戦いではカナディアンマンと対戦。一念発起したカナディアンマンの猛攻で一時は苦戦するが、もともとの実差は覆らず、消耗戦の末にカナディアンマンが先に尽きる。降伏勧告の儀式「ジェリー・ロジャー」を拒否されると、相手を逆さりにして首を絞めつつ背折りを決める必殺技セントエルモファイヤー」で討ち倒した。

運命の王子たちとの戦いでは、キン肉マンと対戦。火事場のクソすらも押し返す人強度8000万パワーの底を見せ、マグネットパワーを使用して互以上の戦いを繰り広げる。六鎗客的をキン肉マンり、崩壊するの再生については賛同されるものの、ザ・マンについては互いの意見が対立する。この会話の際に、の再生に助を申し出るキン肉マンに対して、「騙す事になる」と隠していた意を正直に吐露。キン肉マンとは立場や意見の相違はあれど、折り正しい人物であるところを見せている。

ギヤマスター

歯車人。口癖は「ギュイギュイ」。初期はギアマスターだったが微妙に変更された。巨大な歯車ジェノサイドギヤ」で構成された体を持ち、歯車の中央に相手を押し込んで削り殺すという呪いのローラーみたいな戦い方をする。

正義人との戦いではベンキマンと対戦。巨体で圧倒するものの様々な技や作戦で逃げ回られ、ベンキマンが火事場のクソを発揮するとアリダンゴにされて「恐怖のベンキ流し」で流され、臭く汚く濁った尿の魔に落ちていった。しかしベンキマンの体をギヤで侵食して、回転を活かして尿の彼方から脱出。ジェノサイドギヤで粉砕した。
勝利はしたものの火事場のクソについては特に得るものがく、叱責を受ける事に。つくづく悲惨な人物である。

運命の王子たちとの戦いではキン肉マンビッグボディと対戦。ビッグボディの強ジェノサイドギヤを正面から食い止められたり、いったん巻き込んでも凄まじい耐久で脱出されたりと一気に攻めきれない展開に陥る。
ジェノサイドギヤ暴な形に変形させて優位に立ち、さらにの側に浮かぶ「軒轅」の出現によって心理的に揺さぶりを図るが、ビッグボディは揺るがずに戦い続け、逆に軒轅を気にする様子から「実はお前自身に降りかかるのでは?」と揺さぶりを掛けられてしまう。
その後、強ジェットトルネードから集められた大量の黄砂の塊を浴びせられた為にギヤの回転が止まってしまい、ビックボディ幻の必殺技メイプルリーフクラッチ」で倒された。

試合後、本当に軒轅が落下し、押し潰されて死亡。数億年前の先祖の罪がいまだに許されない事を悟り、オメガの民の運命を嘆く言葉を遺した。

マリキータマン

人。口癖は「キャミキャミ」。背中羽根によって敵を切り裂く他、体からトゲを出したり、体の模様で相手の心理分析を行ったりとギミックが多い。自ら傷を負っても勝利する根性や、相手の内心を推し量る心も持っている。

正義人との戦いではカレクックと対戦。残虐人として戦おうとするカレクックの心情を「仲間を殺された恨みから来る、理性的な怒り」に過ぎないと看破し、カレクックを上回る残虐ファイトで圧倒。火事場のクソを発揮するよう促すものの、敵に情報を与えたくないカレクックはあくまで残虐人としての戦いを貫き通す。その姿勢に武人として敬意を示し、「羽根」でとどめを刺した。

運命の王子たちとの戦いでは、キン肉マンゼブラと対戦。ゼブラの技巧に勝るとも劣らぬ技の数々を繰り出して圧倒する。ロールシャッハドットによってゼブラの内面を見抜き、さらにの人格に強制的に変異させてしまう。実はゼブラゼブラよりも弱かったということまで見抜いており、優勢に戦いを進める。その後ゼブラの人格と融合縞馬キッドの思いまで乗せた・マッスル・インフェルノで勝負に出るが、それまでに与えたダメージの大きさのため脱出に成功。「マリキータデッドリーライド」で勝負を決めた。
運命の王子vs六鎗客の戦いで初の勝利者となった。

ルナイト

人。口癖は「ガウガウ」。オメガケンタウリ団から離れると現地の環境に適応して体が大化するという特性を持ち、地球では特にく変化が起きた。金属でできた口で噛み付く「メタルバイト」、ベアクローのように両手の甲から鋭いを伸ばして攻撃する「の一撃」、長い尻尾で攻撃する「」、落下技「ルナイトボム」を使う。

正義人との戦いではウルフマンと対戦。大化した体でウルフマンを圧倒し、さらに火事場のクソを発現させて猛攻をかける。しかしウルフマン火事場のクソで逆転され、新必殺技不知火投げ」を受けて敗れた。

試合後にリングから転落しそうになり、ウルフマンに助けられるが、それを「偽善者ども」と罵り、「地球にいるお前らが今さらオレたちを助ける?笑わせるな」と糾弾。ウルフマンの手を攻撃して離させ、転落死を選んだ。何か地球人に対して深い事情と恨みがあった様子である。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%81%AE%E5%85%AD%E9%8E%97%E5%AE%A2
ページ番号: 5521092 リビジョン番号: 2637438
読み:オメガケンタウリノロクソウカク
初版作成日: 18/03/12 09:22 ◆ 最終更新日: 18/10/29 12:56
編集内容についての説明/コメント: 目的について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オメガ・ケンタウリの六鎗客について語るスレ

76 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 07:42:01 ID: 4PWx4gh1Yu
どこかで六客がアイドル人と結びつける話(アリステラキン肉マンマリキータマンロビン)があったが、その場合一人足りないような
77 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 22:41:43 ID: zb6arQfVWN
>>75
単位のキャリアというアドバンテージに胡坐をかいてるのを格っていうならそうかもね
始祖を否定しいても将軍自身もプライド高いし古巣だから持ち上げるでしょうな
結局視点を変えたようで芯は変われないと同じだから自身も消えようとした訳だ

それとアロガントは技術々より殺意を込めるのにエネルギーを使うみたいだから消耗したあの状態のネメシスには自殺行為になった
友情パワーという逆のものを発動してたネメシスにはどのあの時点では使えなかったと思う
78 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 22:53:06 ID: zb6arQfVWN
>>74
天才というかほぼ独占状態なんだからあたり前では?
それに対してオメガは追い出され地球特有のマグネットパワーから遠ざけられた
79 : ななしのよっしん :2018/10/21(日) 16:42:47 ID: J0I38rL0iK
六鎗客的はまず自分たちが限に湧き出す友情パワーを会得しマグネットパワーの原理を逆用してオメガ星寿命に還元すること
そのために最初に地球からマグネットパワーみ上げたサグラダファミリアの研究を必要としている
というのが有だが、それが「この世に明日が来るためには消えてもらわねば」とまで言われるのはなぜだろうか。
例えばサタン的はオメガ星に封印された「悪魔に相応しい一族」をらせることで、
そのために六鎗客友情パワーとサグラダファミリアの研究の情報を吹き込んだとか……
80 : ななしのよっしん :2018/10/29(月) 03:09:03 ID: MrBDvF9R2T
今回の話を踏まえるといつぞやルナイトが正義人を偽善者呼ばわりしてた理由は、スグルザ・マンを助命したことに起因してることになるのかな
81 : ななしのよっしん :2018/11/02(金) 21:32:05 ID: u3GOvF8QjV
サタン六鎗客煽って々の怒りを人達に向けさせた上でカピリア線で人皆殺しを誘発。
で、更に負のエネルギー高めて々を直々に始末する気なのかも。
もしくはマグネットパワー火事場のクソで生み出される巨大な漁夫の利を手に入れて々を殺する的があるとか?

いずれにしてもサタンオメガの民にとっても敵なのがアタル辺りによって暴かれる事で共闘の流れかなと思ってる。

オメガ々は贖罪の意味も込めて復活した始祖達ので何とかすると救いようのある話になるが…
82 : ななしのよっしん :2018/11/04(日) 11:47:53 ID: Qd2JIuB0lv
サイコシルバーマグネットパワーに頼っているから本来のが出せないみたいに否定されたが
サイコ友情パワーにも覚めつつマグネットパワーも使いこなして鍛錬を怠らなければザ・マンえられたのだろうか
83 : ななしのよっしん :2018/11/07(水) 22:17:59 ID: J0I38rL0iK
パイレートマンが体系立てて説明してくれたけど
六鎗客の間でも微妙情報が統一されていないような気もする。
ギヤマスターは始祖の襲来を天罰か何かのように認識してたし
ルナイトは地上の人に追放されたように言ってたし
84 : ななしのよっしん :2018/11/10(土) 16:14:52 ID: zb6arQfVWN
>>83
地上じゃなくて「地球にいる人」だから始祖も当てはまるよね
それに始祖を率いてたのは元とはいえザ・マン
カピリアに続いてによる意思と捉えられてもおかしくはない

しかし作っておいて失敗作だからとこの仕打ちはあんまりだとは思うな
しかも上から見てるだけの放任状態
これは始祖の粛清も同じ
家族教師生徒の関係に当てはめると酷さはよくわかる
85 : オーベル ◆apWPMgiCeg :2018/11/18(日) 19:29:15 ID: zV4/B5VvvR
始祖の側から見たら何度かの粛清だろうからね。
最初の粛清サイフォンリングで行われたそうだから、
何度も繰り返されてきた事態の一つだろうと思う。
そう考えると大昔の人は何かがあっても繰り返したんだろう。
それこそ々が全滅以外の選択肢を見失ってしまうほどに。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス