プレミアリーグ単語

プレミアリーグ
8.3千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

プレミアリーグ(Premier League)とは、イングランドサッカーリーグトップディビジョンである。旧称:FAプレミアリーグ。2015-16シーズンまでイギリス銀行であるバーレイズ社がスポンサーになっていたのでバークレイズ・プレミアリーグ(Barclays Premier League)とも呼ばれていた。
2016-17シーズンからはスポンサー名がなくなり『プレミアリーグ』という名称となる。


ロシアスコットランドサッカーリーグもプレミアリーグという名前だが、単にプレミアリーグといった場合はイングランドサッカーリーグす。

概要

イングランド男子サッカーリーグピラミッド
<※()内の左はリーグスポンサー名>
1部
(所属チーム数:20)
プレミアリーグ ←イマココ
2部
(所属チーム数:24)
フットボールリーグ・チャンピオンシップ
スカイベットチャンピオンシップ
3部
(所属チーム数:24)
フットボールリーグ1
スカイベットリーグ1)
4部
(所属チーム数:24)
フットボールリーグ2
スカイベットリーグ2)
ここから上がプロリーグ/ここから下がプロアマチュア混合リーグ
5部
(所属チーム数:24)
フットボールカンファレンス・プレミア
(スクリル・プレミア
ここから上が全リーグ/ここから下が各地のリーグ
6部
(所属チーム数:各22)
フットボールカンファレンス・ノース
(スクリル・ノース
フットボールカンファレンス・サウス
(スクリル・サウス)
サザンプレミアフットボールリーグプレミアディビジョンからの昇格先は、
チームの本拠地の位置よって決まる。
7部
(所属チーム数:各22)
ノーザンプレミアフットボールリーグプレミアディビジョン(エヴォスティックリーグノーザン・プレミアディビジョン サザンプレミアフットボールリーグプレミアディビジョン(エヴォスティックリーグサザンプレミアディビジョン イスミアプレミアフットボールリーグプレミアディビジョン(ライマンリーグプレミアディビジョン
長いので以下略。なお、以下は24部まで続くという。

世界サッカーリーグの1つ。20のクラブが所属しており、シーズン終了時に下位3チームチャンピオンシップへ降格する。1992年に当時の1部リーグであったフットボールリーグ1の所属クラブが離脱し創設された。

プレミアリーグと言えば、サッカープロリーグの中で一番ファンの人口が多く、テレビ中継の視聴者は10億人と言われており、スポーツというカテゴリから見てもダントツに高い人気を誇っている。テレビ放映権料も巨額であり2016年から2019年の3年間で95億ユーロ(約1.3兆円)の契約を結んでいる。そのため、欧州リーグの中でも圧倒的な売上高を誇り、上位チームから下位チームまでの資及び、レベル差が他のリーグよりも小さい。

プレミアリーグの特徴といえばフィジカルコタクトが非常に強く、中盤からのプレスも積極的なことが挙げられる。ラインを上げているクラブが多いので裏のスペースへのロングボールサイドからの攻撃が多い。しかし最近はどのクラブも積極的に様々なサッカースタイルを取り入れており、パスやポゼッションを重視するチームも増えている。

イングランドの選手を中心に欧州、南アフリカなど世界全土から選手が集まるが、世界最大の助っ人輸出であるブラジルの選手の活躍はあまり見られない。またプレミアリーグ発足以前のフットボールリーグ時代は優秀な外国人選手がこぞって集まるリーグではなかったためか、プレミアリーグに所属する選手のバロンドール受賞回数はイタリアセリエA(18回)、スペインリーガ・エスパニョーラ(17回)、ドイツブンデスリーガ(9回)に次ぐ4位で6回と、意外に少ない。

クラブチームとしては、マンチェスター・ユナイテッドチェルシーアーセナルマンチェスター・シティリヴァプールトッテナム・ホットスパーなど多くの有名なクラブがあり、全体的にレべルが高いことをうかがい知ることが出来る。

なお、イングランドリーグだが、一部ウェールズクラブチームも参加している。ただ、越境参加というのはここに限ったことではなく、フランスリーグ・アンASモナコスイススーパーリーグFCファドゥーツなどの例もある。

トップチームに登録できる選手は25人までで外国人はないが、ホームグロウン選手を7名含む必要があり、EU圏外外国人選手は労働ビザを取得する必要がある。ちなみに、イギリスイングランドウェールズスコットランド・北アイルランド)、およびアイルランド籍の選手は内選手扱いとなる。

2000年代以降、チェルシーマンチェスター・シティのように外国人投資に買収されたことで世界的なメガクラブへと成長したのを皮切りに、大中問わず外国人オーナーが所有するクラブが増えている。巨額の投資を受けることで世界的なビッグネームや名監督を招へいすることに成功し、リーグの価値が飛躍的に上昇。世界最高のリーグへと変貌することに繋がった。その反面、イングランドの伝統を軽視するオーナーやあからさまなビジネス的でフットボールへの理解が乏しいオーナーも存在しており、元来のサポーターと対立してしまうことがたびたび起きている。

プレミアリーグのチーム一覧

プレミアリーグ2022-2023シーズン(太字は記事のあるチーム、*は昇格組のチーム

前年までプレミアリーグに所属していたバーンリー、ワトフォードノリッジ・シティフットボールリーグ・チャンピオンシップへ降格。

主なダービーマッチ

歴代優勝チーム

年度 優勝チーム 優勝監督
1992-93 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
1993-94 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
1994-95 ブラックバーン・ローヴァー ケニーダルグリッシュ
1995-96 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
1996-97 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
1997-98 アーセナル アーセン・ヴェンゲル
1998-99 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
1999-00 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2000-01 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2001-02 アーセナル アーセン・ヴェンゲル
2002-03 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2003-04 アーセナル アーセン・ヴェンゲル
2004-05 チェルシー ジョゼ・モウリーニョ
2005-06 チェルシー ジョゼ・モウリーニョ
2006-07 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2007-08 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2008-09 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2009-10 チェルシー カルロ・アンチェロッティ
2010-11 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2011-12 マンチェスター・シティ ロベルト・マンチーニ
2012-13 マンチェスター・ユナイテッド アレックス・ファーガソン
2013-14 マンチェスター・シティ ヌエル・ペジェグリー
2014-15 チェルシー ジョゼ・モウリーニョ
2015-16 レスター・シティ クラウディオ・ラニエリ
2016-17 チェルシー アントニオ・コンテ
2017-18 マンチェスター・シティ ジョゼップ・グアルディオラ
2018-19 マンチェスター・シティ ジョゼップ・グアルディオラ
2019-20 リヴァプール ユルゲン・クロップ
2020-21 マンチェスター・シティ ジョゼップ・グアルディオラ
2021-22 マンチェスター・シティ ジョゼップ・グアルディオラ

クラブ別優勝回数

優勝回数 チーム 優勝年度
13回 マンチェスター・ユナイテッド 1992-93, 1993-94, 1995-96, 1996-97, 1998-99,
1999-00, 2000-01,2002-03, 2006-07, 2007-08,
2008-09,2010-11, 2012-13
6回 マンチェスター・シティ 2011-12, 2013-14, 2017-18, 2018-19, 2020-21, 2021-22
5回 チェルシー 2004-05, 2005-06, 2009-10, 2014-15, 2016-17
3回 アーセナル 1997-98, 2001-02, 2003-04
1回 ブラックバーン・ローヴァー 1994-95
レスター・シティ 2015-16
リヴァプール 2019-20

監督別優勝回数

優勝回数 チーム 優勝年度
13回 アレックス・ファーガソン マンチェスター・ユナイテッド 1992-93, 1993-94, 1995-96,
1996-97, 1998-99,1999-00,
2000-01,2002-03, 2006-07,
2007-08,2008-09,2010-11,
2012-13
4回 ジョゼップ・グアルディオラ マンチェスター・シティ 2017-18, 2018-19, 2020-21,
2021-22
3回 アーセン・ヴェンゲル アーセナル 1997-98, 2001-02, 2003-04
ジョゼ・モウリーニョ チェルシー 2004-05, 2005-06, 2014-15
1回 ケニーダルグリッシュ ブラックバーン・ローヴァー 1994-95
カルロ・アンチェロッティ チェルシー 2009-10
ロベルト・マンチーニ マンチェスター・シティ 2011-12
ヌエル・ペジェグリー マンチェスター・シティ 2013-14
クラウディオ・ラニエリ レスター・シティ 2015-16
アントニオ・コンテ チェルシー 2016-17
ユルゲン・クロップ リヴァプール 2019-20

歴代得点王

年度 選手名 所属クラブ ゴール
1992-93 テディ・シェリンガム ノッティガム・フォレス
トッテナム・ホットスパー
22
1993-94 アンディコール ニューカッスル・ユナイテッド 34
1994-95 アラン・シアラー ブラックバーン・ローヴァー 34
1995-96 アラン・シアラー ブラックバーン・ローヴァー 31
1996-97 アラン・シアラー ニューカッスル・ユナイテッド 25
1997-98 クリス・サットン ブラックバーン・ローヴァー 18
ディオン・ダブリン ベントリー・シティ
マイケル・オーウェン リヴァプール
1998-99 ジミー・フロイドハッセバインク リーズユナテッド 18
マイケル・オーウェン リヴァプール
ワイトヨーク マンチェスター・ユナイテッド
1999-00 ケヴィンフィリップス サンダーランド 30
2000-01 ジミー・フロイドハッセバインク チェルシー 23
2001-02 ティエリ・アンリ アーセナル 24
2002-03 ルート・ファン・ニステルローイ マンチェスター・ユナイテッド 25
2003-04 ティエリ・アンリ アーセナル 30
2004-05 ティエリ・アンリ アーセナル 25
2005-06 ティエリ・アンリ アーセナル 27
2006-07 ディディエ・ドログバ チェルシー 20
2007-08 クリスティアーノ・ロナウド マンチェスター・ユナイテッド 31
2008-09 ニコラアネルカ チェルシー 19
2009-10 ディディエ・ドログバ チェルシー 29
2010-11 カルロス・テベス マンチェスター・シティ 20
ディミタール・ベルバトフ マンチェスター・ユナイテッド
2011-12 ロビン・ファン・ペルシ アーセナル 30
2012-13 ロビン・ファン・ペルシ マンチェスター・ユナイテッド 26
2013-14 ルイス・スアレス リヴァプール 31
2014-15 セルヒオ・アグエロ マンチェスター・シティ 26
2015-16 ハリー・ケイン トッテナム・ホットスパー 25
2016-17 ハリー・ケイン トッテナム・ホットスパー 29
2017-18 モハメド・サラー リヴァプール 32
2018-19 モハメド・サラー リヴァプール 22
ピエール=エリックオーバメヤン アーセナル
サディオ・マネ リヴァプール
2019-20 ジェイミー・ヴァーディ レスター・シティ 23
2020-21 ハリー・ケイン トッテナム・ホットスパー 23
2021-22 モハメド・サラー リヴァプール 23
ソン・フンミン トッテナム

通算得点ランキング

順位 選手名 ゴール 期間
1位 アラン・シアラー 260 1992–2006
2位 ウェイン・ルーニー 208 2002–2018
3位 アンディコール 187 1992–2008
4位 ハリー・ケイン 187 2011–
5位 セルヒオ・アグエロ 180 2011–2021
6位 フランク・ランパード 177 1995–2015
7位 ティエリ・アンリ 175 1999–2007, 2012
8位 ロビー・ファウラー 163 1993–2009
9位 ジャーメインデフォ 162 2001–2003, 2004–2014, 2015–2019
10位 マイケル・オーウェン 150 1996–2004, 20052013

PFA年間最優秀選手賞

年度 選手名 所属クラブ
1992-93 ポール・マグラー アストン・ヴィラ
1993-94 エリックカント マンチェスター・ユナイテッド
1994-95 アラン・シアラー ブラックバーン・ローヴァー
1995-96 レスファーディナンド ニューカッスル・ユナイテッド
1996-97 アラン・シアラー ニューカッスル・ユナイテッド
1997-98 デニス・ベルカンプ アーセナル
1998-99 ダヴィド・ジノラ トッテナム・ホットスパー
1999-00 ロイキー マンチェスター・ユナイテッド
2000-01 テディ・シェリンガム マンチェスター・ユナイテッド
2001-02 ルート・ファン・ニステルローイ マンチェスター・ユナイテッド
2002-03 ティエリ・アンリ アーセナル
2003-04 ティエリ・アンリ アーセナル
2004-05 ジョン・テリー チェルシー
2005-06 スティーブン・ジェラード リヴァプール
2006-07 クリスティアーノ・ロナウド マンチェスター・ユナイテッド
2007-08 クリスティアーノ・ロナウド マンチェスター・ユナイテッド
2008-09 ライアン・ギグス マンチェスター・ユナイテッド
2009-10 ウェイン・ルーニー マンチェスター・ユナイテッド
2010-11 ガレス・ベイル トッテナム・ホットスパー
2011-12 ロビン・ファン・ペルシ アーセナル
2012-13 ガレス・ベイル トッテナム・ホットスパー
2013-14 ルイス・スアレス リヴァプール
2014-15 エデン・アザール チェルシー
2015-16 リヤド・マフレズ レスター・シティ
2016-17 エンゴロ・カンテ チェルシー
2017-18 モハメド・サラー リヴァプール
2018-19 フィルジル・ファン・ダイク リヴァプール
2019-20 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ
2020-21 ケヴィン・デ・ブライネ マンチェスター・シティ

出場ランキング

順位 選手名 出場数 期間
1位 ギャレス・バリー 653 1998–2020
2位 ライアン・ギグス 632 19902014
3位 フランク・ランパード 609 1995–2015
4位 ジェイムズミルナー 587 2002–
5位 デイヴィッドジェームズ 572 19882013
6位 ガリー・スピード 535 19882008
7位 エミール・ヘスキー 516 1994–2012
8位 マークシュウォーツァー 514 1996–2016
9位 ジェイミー・キャラガー 508 1996–2010
10位 フィリップ・ネビル 505 1995–2013

日本人選手

2001年に稲本潤一がアーセナルに加入し、2002年に期限付き移籍したフラムでプレミアリーグでプレーした初の日本人選手となり、初ゴール記録している。その後、戸田和幸(トッテナム)、川口能活(ポーツマス)、西澤明訓(ボルトン)、中田英寿ボルトン)、宮市亮アーセナルボルトン、ウィガン)がプレミアリーグに参戦するも立った活躍を見せることはできなかった。

2012年ドルトムントMVP級の活躍を見せた香川真司マンチェスター・ユナイテッドに移籍し、アジア人初のハットトリックを達成。また、同年には吉田麻也サウサンプトンに加入。厳しいポジション争いを経験しながらも2020年まで活躍し、プレミアリーグ通算154試合に出場している。

2015年レスター・シティに移籍した岡崎慎司として奇跡優勝に貢献し、歴史に名を残す「ミラクル・レスター」の一員となる。2020年には南野拓実ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールに移籍し、出場機会に恵まれなかったが、2022年カップ戦二冠に貢献。

プレミアリーグでプレーしたことのあるおもな日本人選手一覧

※太字は2022-2023シーズン現在在籍中の選手(成績は2022年8月1日現在

選手 所属チーム 所属期間 成績
稲本潤一 アーセナル
フラム
WBA
2001 - 2002
2002 - 2004
2004 - 2006
66試合4得点
西澤明訓 ボルト 2001 - 2002
0試合0得点
戸田和幸 トッテナム 2003 - 2004
4試合0得点
中田英寿 ボルト 2005 - 2006
21試合1得点
宮市亮 アーセナル
ボルト
ウィガン
2011 - 2012 , 2013 - 2014
201
2012 - 2013
17試合0得点
香川真司 マンチェスター・U 2012 - 2014
38試合6得点
吉田麻也 サウサンプトン 2012 - 2020
154試合6得点
李忠成 サウサンプトン 2012 - 2013 , 2013 - 2014
0試合0得点
岡崎慎司 レスター・シティ 2015 - 2019
114試合14得点
武藤嘉紀 ニューカッスル 2018 - 2020
25試合1得点
南野拓実 リヴァプールFC
サウサンプトン
2020 - 2021 , 2021 - 2022
2021 
40試合6得点
冨安健洋 アーセナルFC 2021 -      
25試合1得点
三笘薫 ブライトン 2022 -      
-

日本での放送

プレミアリーグ創設初期は、NHK衛星第一のみが中継していたが、2007年8月よりJ SPORTSが放映権を獲得。長らく日本でのプレミアリーグの放送といえばJ SPORTSという時代が続いていた。

しかし、年々高騰する放映権料にJ SPORTS2019-20シーズン以降の放映権を獲得できず、2019-20シーズンから2021-22シーズンまでの3シーズンは、全試合DAZNでの独占配信となる。

だが、DAZNも放映権高騰の波に抗うことはできず、2022-23シーズンからの3年間は日本韓国において動画配信サービスを行っているSPOTV NOWが放映権を獲得している。その後、ABEMAサブライセンスを獲得し、毎節3試合が無料で生中継されることとなった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

プレミアリーグ

23 ななしのよっしん
2016/05/03(火) 06:05:00 ID: nGRBDftTN8
レスター・シティの記事できたのね
24 ななしのよっしん
2017/12/05(火) 22:03:57 ID: 4eVHNsU5ac
ここ所属のロンドンチームはよく共存出来るよね
2017年現在5チームプレミア在籍)
普通同一都市に3チーム以上あったらパイの食い合いで
潰れたり、合併したり移転したりで、どんな大都市でも2チームに集約される事が多いけど
歴史的な長さとか地区に根差した政策とか色々してるのかな?
25 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 02:08:59 ID: pAGZ1QyBKX
イギリス東京ロンドン一極集中なので
5〜6チームくらいあっても全然
26 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 10:12:02 ID: tPiERybGci
10,9年前では考えられないリバプールの好調だぜ
さすがクロップ
27 ななしのよっしん
2019/09/05(木) 23:47:11 ID: 4eVHNsU5ac
EFLの話になるが未だにアンサイクロペディア
2017-2018シーズンサンダーランドAFC」の記事がい件について
プレミアから降格した翌年に3部リーグ1に降格したアレ
ネトフリで「サンダーランドこそ人生」って番組見て実際作ったらどんな記事になるか気になるんだよね
28 ななしのよっしん
2020/05/31(日) 20:58:10 ID: 4eVHNsU5ac
ここのタイアンドウィアダービーの状況をみるとつくづく日本イギリス民性の違いを感じる
地方中堅並みかそれ以下のダービーで物凄く荒れるのはココ位じゃないのか
一応清教徒革命から両都市の対立は遡るそうだけど
29 削除しました
削除しました ID: l/uEb7TgF8
削除しました
30 ななしのよっしん
2020/10/06(火) 09:55:18 ID: 0CPRTkIYgB
プレミアが面いとか言ってるのは安倍政権の岩盤支持層だった馬鹿若者が多そうだよな
ビッグ7時代のセリエとかバレンシアやデポルが強かったリーガ全盛期べるとつまらない

31 削除しました
削除しました ID: xm+iDZJpYv
削除しました
32 ななしのよっしん
2022/01/30(日) 23:33:27 ID: AZgJnaKF0u
>>24
昔の書き込みだけど、ロンドンサッカー発祥の地で、おそらく世界一サッカークラブが多いだから、歴史的なものも大きい。
あと有名じゃないだけで、スペインでもマドリーにはレアル・マドリーアトレティコの他にヘタフェ、ラージョ・バジェカーノ、レガネスが1部と2部を行ったり来たり(ヘタフェは最近定着してる)。
ロンドンもマドリーも4部あたりまで行くと1州で1つのリーグが組めるくらいなので、まあサッカークラブってのはいっぱいある。