ルイス・スアレス単語

ルイススアレス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ルイス・スアレスLuis Alberto Suárez Diaz、1987年1月24日 - )とは、神の一手を持つウルグアイ出身のサッカー選手である。ポジションGKFW。スペインリーガ・エスパニョーラFCバルセロナ所属。

182cm86kg。利き足は右足。

概要

2009-2010シーズンオランダエールディヴィジでは出場試合数を越えるゴール33試合35得点マークし、得点王にく・・・とWikipediaが書いていそうなことなことは置いといて・・・

彼をニコニコ動画のみならず世界的に有名にしたのは何と言っても2010 FIFAワールドカップ決勝トーナメント準々決勝ガーナ戦での1シーンであろう。延長後半アディショナルタイム、彼はFWでありながら味方ゴールに向かって放たれたシュートの手でブロックしてしまったのだ。ハンドと決定機阻止の反則によりレッドカード一発退場となったが、ガーナがこれで得たPKを外してしまい、試合はPK戦に突入。結果、ウルグアイ勝利することができた。その手があったか!
そのことがあってからなのかサッカーゲームFIFAシリーズではフィールドプレイヤーながらゴールキーピング値が30前後とフィールドプレイヤーとしては高めに設定されている(通常フィールドプレイヤーの値は均10程度)
マジレスするならば少年時代GKをやっていたからだと思われるが。

他では、決勝トーナメント1回戦で韓国相手にウルグアイ勝利に導く2ゴールを決めたこともサッカーファンニコニコユーザーには強く印に残っていることだろう。

他にも試合中に相手選手への噛み付き行為、シミュレーション行為など様々な騒動を起こすことでも有名。
どれぐらいかというとエールディヴィジではシミュレーションの代名詞にされたり、その先入観からレフェリーファールをとってもらえないこともあるぐらいである。

ここまでいろいろ書かれているが、サッカー選手としての実もが認めており、現役FW世界トップクラスといっても過言ではなく、彼のプレーチーム勝利に多々結びついている。

経歴

生い立ち~フローニンゲン時代

ウルグアイ北西にあるアルゼンチンとの近くの町サルトで生まれ、6歳の頃に父親仕事の関係でウルグアイ首都モンテビデオに引っ越す。これをきっかけにサッカーを始め、11歳の頃に名門ナシオナル・モンテビデオスカウトのにとまり14歳の時にナシオナルの下部組織に入団する。しかし、この頃に父親家族を残してからいなくなってしまい、バスの清掃の仕事をして計を助けながらプレーすることになる。

だが、貧しいスアレス少年は、次第にガラの悪い友人と遊ぶようになってしまい、サッカーをしなくなった時期を過ごす。しかし、後に妻となる女性と出会い、を踏み外さずにサッカーへ戻ると、2005年5月3日18歳プロデビュー2005-06シーズンは、29試合12得点を記録し、ナシオナルのリーグ優勝に貢献する。

人である女性スペインカタルーニャ家族で移住したこともあり、期の欧州への移籍を考えるようになり、2006年オランダエールディヴィジFCフローニンゲンへ移籍。ここで公式37試合に出場し、15ゴールという結果を残す。

アヤックス時代

2007年8月移籍750万ユーロエールディヴィジの名門アヤックス・アムステルダムへ移籍し、ステップアップを果たす。移籍初年度から持ち前の得点感覚を遺憾なく発揮し、リーグ戦得点ランク3位となる17得点という結果を残す。続く、2008-09シーズンも得点ランク2位22得点をマークアヤックスエースストライカーとしての地位を確固たるものにした。

2009-10シーズンに就任したマルティン・ヨル監督は、当時22歳のスアレスチームキャプテンに任命する。指揮官の信頼を得たことで自信を深め、開幕からゴールを量産する。2009年8月8日RKCヴァーヴァイク戦では、残り20分でハットトリックを決め、エールディヴィジ通算50得点を記録。まさに、点取り屋としての才が大きく開したシーズンとなり、リーグ戦で35得点を記録。初の得点王のタイトルを獲得。また、UEFAヨーロッパリーグKNVBカップでもゴールを量産。公式48試合出場49得点という圧巻の数字を残し、またKNVBカップ優勝によってオランダでの初タイトルを獲得。

2010-11シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ本大会に初出場。第3節のオーゼール戦でCLゴールを決める。ところが、2010年11月20日PSVアイントホーフェン戦において、相手のオトマン・バッカルの首筋に噛み付いてしまい、7試合の出場停止処分を受ける。この事件によってアヤックス退団の方向へと加速するのであった。

リヴァプール時代

2011年1月28日イングランドプレミアリーグリヴァプールFCに5年半契約で移籍。移籍2280万ポンド(約29億8000万円)。背番号は「7」。移籍直後のストーク・シティ戦に途中出場し、いきなりゴールを決めてしまう。加入1年チャンスメイクでの貢献のほうが立ったが、高い速見せつけ、キャプテンスティーブン・ジェラードからも称賛される。

さらなる飛躍が期待された2011-12シーズンだったが、プレミアリーグ第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦でパトリック・エブラに対して人種差別発言を試合中にしてしまい、8試合の出場停止処分を受けてしまい、イングランド内から大バッシングを受けることになる。出場停止処分が解けた後、すっかりヒールイメージが定着してしまったが、2012年4月28日ノリッジ・シティFC戦で初のハットトリックを決めるなど、エースストライカーとして低迷するチームの中で孤軍奮闘していた。

2012-2013シーズンにはリーグ戦33試合23得点をあげており、後述の理由で10試合の出場停止処分が下される直前の第33節の時点では得点王ランキングトップに立ち、PFA年間最優秀選手賞の最有補にもなっていた。が、第34節のチェルシー戦でブラニスラフ・イヴァノヴィッチに噛み付いてしまったことによりその試合の裏でハットトリックを決めたロビン・ファン・ペルシに総得点を抜かれ、噛み付き行為により評価を落としPFA年間最優秀選手賞をガレス・ベイルに譲る形となってしまった。
そんな残念な形でシーズンを終えることとなったのだがプレミアリーグの年間ベストイレブンに選出されており、先の得点王ランキングと年間最優秀選手賞では2位に位置している。

そして10試合の出場停止があけて挑んだ2013-2014シーズンプレミアリーグ第6節のサンダーランド戦で2ゴールをあげるとその後も得点を量産。最終的に開幕から5試合の出場停止があったにも関わらず31ゴール(リーグ1位)12アシスト(リーグ2位)3ハットトリック(リーグ1位)と驚異的な得点リヴァプールの上位争いの後押しした。ちなみにこのシーズンスアレスはPKを一回も蹴っていない。結局リヴァプールは終盤に失速したことで悲願のリーグ優勝を逃し、2位に終わってしまったが、上記の驚異的な成績が評価され前年取り逃したPFA年間最優秀選手賞を受賞。さらには、欧州ゴールデンシューも受賞する。一時はサポーターの中にも放出めるもあがっていたが、快進撃の立役者となったことでサッカー選手として高く評価される。
ところが、詳しくは後述するが、シーズン後のブラジルW杯三度の噛み付き事件を引き起こしてしまい、FIFAから4カクラブ活動停止処分を受けてしまう。

バルセロナ時代

2014年7月12日スペインラ・リーガFCバルセロナに移籍8100万ユーロで移籍することが発表される。背番号は「9」。悪童ぶりで有名であり、開幕から数カ出れない選手の獲得にバルセロニスタからも疑問視するが多かった。出場停止処分の解けた2014年9月26日ラ・リーガ第9節のレアル・マドリードとのエル・クラシコという大舞台デビューを飾る。シーズン前半戦は成績が伸び悩んだが、後半戦になるとリオネル・メッシネイマールとの連携が噛み合うようになり、ゴールを量産するようになる。2015年3月22日エル・クラシコでは、決勝点を決める。メッシネイマールという南出身の3トップMSNトリオと呼ばれるようになり、3人で公式122ゴールというとてつもない破壊を見せる。6月5日CL決勝のユヴェントス戦では、チームの決勝ゴールを奪い、バルセロナリーガ、コパ・デルレイCLを合わせた三冠獲得に貢献。歴史的トリプレーテに必要なピースとなり、自身初のビッグタイトルを獲得したシーズンともなった。

開幕から出場することができた2015-16シーズンは、前年を上回るハイペースゴールを量産。2015年12月日本で開催されたFIFAクラブワールドカップでは準決勝の広州恒大戦でハットトリック、決勝のリーベル・プレート戦でも2ゴールを決め、この年5つタイトル獲得に貢献。大会得点王とゴールデンボールを受賞する。このシーズンMSNトリオは前年を上回る公式131ゴールを記録。自身はリーグ戦で6度のハットトリックを経験するなど、キャリアハイとなるリーグ40得点、公式59得点を記録。メッシクリスティアーノ・ロナウド以外では7シーズンぶりとなるピチーチ賞と自身2度となるゴールデンシューを受賞。チームは2シーズン連続で内二冠を達成する。

2016-17シーズンは、さすがに前のシーズンよりもゴールペースは落ちるが、それでもリーグ戦29得点、公式戦36得点という働きを見せる。一方でチームMSNトリオへの依存度が強くなりすぎて中盤のクオリティが低下するという問題を抱えることになり、獲得したタイトルはコパ・デルレイのみとなった。

ネイマールシーズン開幕直前に移籍したことでMSNトリオが解体となった2017-18シーズンは、開幕からゴール欠乏症にかかってしまい、メッシ1人に依存した状態になる。それでも、徐々に本来のキレを取り戻し、後半戦になるとギアがかかってゴールを量産し始める。このシーズンエル・クラシコでは、2度の対戦でいずれも先制ゴールを奪うなど、勝負強さを見せ、2シーズンぶりのリーガ優勝に貢献。また、コパ・デルレイ決勝のセビージャ戦で2ゴールを決め、4連覇に貢献。一方、CLでは不思議とゴールが決まらず、10試合でわずか1ゴールに終わる。

2018-19シーズンは、30歳を過ぎ、またオーバーウェイト気味で開幕を迎えたこともあり、運動量が低下してしまう。それでも、決定は相変わらずで例年通りメッシと2人で得点ランクの上位を占めてしまう。そのメッシが怪で不在となった2018年10月28日レアル・マドリードとのエル・クラシコではハットトリックの活躍を見せ、5-1の大勝の立役者となる。この勝利によってシーズン前半戦でチームは首位を独走し、リーガ連覇を達成。自身も4シーズン連続での20ゴールえを達成。だが、またもCLではなかなかゴールが決まらず、準決勝の古巣リヴァプールとの1st legでようやく初ゴールを決める。

2019-20シーズンは開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦で右太ももを負傷し、戦線を離脱。第4節のバレンシア戦で復帰し、2ゴールを決める。しかし、2020年1月9日スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝アトレティコ・マドリード戦で右膝半月を損傷し、自身のキャリア初となる怪による長期離脱を経験する。復帰には5カがかかり、新型コロナウィルスによる中断期間を経た6月16日のレガネス戦で復帰。

ウルグアイ代表

U-20ウルグアイ代表として、2007年7月に開催された2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。この頃からすでにエディソン・カバーニとの2トップを形成。初戦のスペイン戦ではカバーニとのアベックゴールを決めている。大会では2ゴールを記録しているが、ベスト16でアメリカに敗れている。

フル代表には、2007年2月8日コロンビア戦でデビュー2010年6月に開催された2010 FIFAワールドカップに出場し、ディエゴ・フォルランカバーニと共に強な攻撃を形成。第3戦のメキシコ戦で前半43分にW杯ゴールとなる決勝ゴールを決め、グループリーグ突破をもたらす。ラウンド16の韓国戦でも2ゴールを決め、2試合連続でMOMに選ばれる。準々決勝のガーナ戦についての詳細は概要の項を参照。準決勝は当然出場停止となったが、チーム70年大会以来40年ぶりのベスト4進出を果たす。

2011年7月アルゼンチンで開催されたコパ・アメリカ2011に出場。開幕戦のペルー戦でゴールを決めるが、その後3試合はカバーニフォルランって沈黙するが、アルバロ・ペレイラの活躍もあってチームは準決勝まで勝ち上がる。準決勝で再び対峙したペルー戦では、2ゴールの活躍を見せ、チームを決勝へと導く。7月24日パラグアイとの対戦となった決勝では、決勝ゴールとなる先制ゴールを前半11分に決める。その後フォルランの2ゴールもあって快勝したウルグアイは、エンツォ・フランチェスコリが活躍した1995年大会以来4回優勝を飾り、4得点を決めたスアレスは、大会最優秀選手に選ばれる

2012年に開催されたロンドンオリンピックオーバーエイとして出場。しかし、3試合ともノーゴールに終わり、チームグループリーグで敗退。期待外れに終わってしまう。

2014 FIFAワールドカップでも活躍が期待されていたが半月を負傷してしまい初戦のコスタリカ戦を欠場したが2戦イングランド戦で復帰し復帰々2ゴールを奪いウルグアイ勝利に導いた。そして6月24日、勝てば突破、負けるか引き分けで敗退というイタリア戦でまたしても事件が起きた。イングランド戦同様スタメンで出場し、0-0で迎えた後半33分、エリア内でイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニと交錯し、両者が倒れた。その際にキエッリーニの肩に噛み付いたのだ。今回で三回ということもあり、26日FIFAから代表の公式戦9試合の出場停止及び、10月末までの活動停止処分を命じられてしまった。結果的にウルグアイはDFディエゴ・ゴディンゴールグループステージ突破を決めたが決勝トーナメント前にエースを失い、決勝トーナメント一回戦でコロンビアに敗れウルグアイは敗退した。

出場停止処分の解けた2016年3月に1年4カぶりに代表に復帰。ロシアW杯予選のブラジル戦では、同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んでいる。6月に開催されたコパ・アメリカセンテリオメンバーに選出されるが、大会直前の負傷によってグループリーグは欠場することになる。しかし、チームグループリーグで敗退となり、出場することなく大会を去ることになる。11月25日W杯予選チリ戦に敗れた後、チリサポーターに対して中を立てる行為をし、問題になる。この予選でウルグアイは一時敗退の危機に直面するが、2017年10月10日ボリビア戦で2ゴールを決め、ワールドカップ出場へ導く。

2018年6月ロシアで開催された2018 FIFAワールドカップカバーニとの2トップで3大会連続の出場。グループリーグ第2戦のサウジアラビア戦で代表通算100試合の出場となり、前半23分に決勝ゴールを決め、グループリーグ突破を決める。第3戦のロシア戦でもゴールを決め、2試合連続でMOMに選出される。2大会ぶりに準々決勝まで勝ち上がるが、準々決勝のフランス戦ではラファエルヴァランら守備マークによってシュート0本、PA内でのボールタッチ0回と完封されて敗北。ちなみに、3度ワールドカップにして初めて問題を起こさなかった大会となった

2019年6月ブラジルで開催されたコパ・アメリカ2019に出場。グループリーグエクアドル戦と日本戦で2試合連続ゴールを決め、順調なスタートを切るが、準々決勝のペルー戦では完封されてPK戦に持ち込まれたうえ、1番手のキッカーとして失敗してしまい、敗れてしまう。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2005-06 ナシオナル プリメーラ 29 12
2006-07 フローニンゲン エールディヴィジ 29 10
2007-08 アヤックス エールディヴィジ 33 17
2008-09 アヤックス エールディヴィジ 31 22
2009-10 アヤックス エールディヴィジ 33 35

2010-11
アヤックス エールディヴィジ 13 7
リヴァプール プレミアリーグ 13 4
2011-12 リヴァプール プレミアリーグ 31 11
2012-13 リヴァプール プレミアリーグ 33 23
2013-14 リヴァプール プレミアリーグ 33 31
2014-15 バルセロナ プリメーラ 27 16
2015-16 バルセロナ プリメーラ 35 40
2016-17 バルセロナ プリメーラ 35 29
2017-18 バルセロナ プリメーラ 33 25
2018-19 バルセロナ プリメーラ 33 21
2019-20 バルセロナ プリメーラ

プレースタイル

ドリブル突破や裏への抜け出し、中距離からのシュート、ピンポイントで合わせるシュートフリーキックからの直接ゴールなど多ゴールパターンを持つ世界ストライカー。左右両足ともに精度が高く、相手GKやDFの逆を突くようなシュートを得意としている。CFタイプではあるが、ずっと中央にり付くタイプではなく、相手の守備の仕方や試合の状況に合わせてポジションを修正し、サイドに流れたり、ライン間まで下がってボールを受ける。

点を取る前の準備する動き、つまりはオフ・ザ・ボールの質が高く、相手DFに対して常に駆け引きを仕掛けつつ、裏を取るために動き続ける。DFからすると、常にスアレスの動きに神経を使うため、体的にも精的にも疲弊させられる。相手がわずかでも隙を見せれば、時に裏へと飛び出し、一気にシュートまで持ち込んでしまう。

身体そのものも高く、独特なバランス感覚と柔軟性を持ち合わせ、高いボールキープシュートに生かされている。また、非常に器用な選手であるため、バルセロナウルグアイ代表のように全く異なる戦術スタイルにも適用ができ、チームスタイルにうまく自分のプレースタイルを嵌めこむことができる。

点取り屋としてのイメージが強いが、味方を活かすプレーにも長けており、実際アシストも多い。サイドに流れて自分でドリブルで仕掛け、ゴールライン際から折り返してのアシストリヴァプール時代は多く見せていた。

エピソード

ノリッジ・シティとは非常に相性がよく、スアレスノリッジ相手に3回ハットトリックを決めている

リヴァプールチームメイトだったダニエル・スタリッジとは非常に相性がよく、プレミアリーグでも最高クラスのこの2TOPは名前の頭文字を取ってSAS(Suarez And Sturridge)と呼ばれていた。
手首にはのデルフィナちゃんの名前が彫られており、試合時にはそこにユニフォームの色に合わせたテーピングを巻いている。ゴールした時にはそこと左手指輪、親、人差し、中キスをする。これには妻(指輪)、長女デルフィナちゃん(手首)、長男ベンジャミンくん(三本の)へのが込められている。
ちなみにデルフィナ(Delfina)のスペルを並び替えるとリヴァプールホームスタジアムアンフィールド(Anfield)になったりする。
彼女が生まれたのはスアレスリヴァプールに移籍する前なので単なる偶然にすぎないとのことだがリヴァプールに移籍したのもなにか運命的なものがあったのかもしれない。

妻のソフィアとは14歳の頃に出会い、当時グレかけていたスアレス彼女との交際をきっかけにっ当にサッカー選手すきっかけとなった。その後、ソフィアは家族とともにバルセロナへ移住することとなり、オランダへ移籍した後もソフィアに会うたびに度々バルセロナを訪れている。バルセロナ移籍を決めた理由の一つは、バルセロナに居る両親と一緒に暮らしたいというソフィアの夢をえるためであった。

メッシとはバルセロナ移籍直後にマテ仲間として親交を深め、性格や考え方が合うことからプライベートでも仲が良く、世界最高の選手は自分ではなくメッシであるとっている。

彼の出身地サルトはウルグアイ代表でコンビを組み世界トップクラスストライカーと言われているパリ・サンジェルマン所属エディンソン・カバーニの出身地でもある。この人口10万人のにはいいストライカーを生み出す何かがあるのかもしれない。

2014年ワールドカップにおけるキエッリーニへの噛みつき行為の後、FIFAが制定する罰則規定に「噛み付き行為を禁止する」という文言が明記されるようになった

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ルイス・スアレス

30 ななしのよっしん
2014/06/27(金) 00:27:15 ID: Chhp6jkP9I
4ヶの出場停止処分で決勝トーナメントは出れん模様。
W杯での活躍で得点王の呪いを打ち破ると思ってたのに、この終わり方は残念。
31 nisemonodayo
2014/06/27(金) 07:25:43 ID: CziJHiLV3T
今週のブラック・ブレットのあるシーンで「ルイス・スアレス」とコメントされまくり
32 ななしのよっしん
2014/06/27(金) 19:55:41 ID: /kdxmmIxNl
噛みの子という表現はなかなか秀逸だと思う。
33 ななしのよっしん
2014/06/29(日) 17:55:43 ID: N6fCYGV8rW
ジョーズ3
34 ななしのよっしん
2014/06/29(日) 22:54:55 ID: 3tZ0NuRQYD
自らのパブリック・イメージを決定づけるプレーだったな
正に一生ものやね
35 ななしのよっしん
2014/10/17(金) 06:43:05 ID: HSkttfdbTF
クラシコバルサデビューだってよ
36 ななしのよっしん
2015/06/03(水) 21:00:37 ID: qXZUUX+XJj
移籍後最初は中々点とれなかったけど今や裏への飛び出しとある種の直観的プレーとかで得点とアシスト量産してるね。
ある意味メッシ、ネイマとは違う特徴持ったFWがバルセロナにきて攻撃が増したわ
37 ななしのよっしん
2015/10/30(金) 09:52:58 ID: /LTuuazJwf
ルイス・スアレス」の記事が本記事へのリダイレクトになっています
どうせなら本記事名をルイス・スアレスに変更したいと思うのですが、大丈夫でしょうかね
一週間ほど様子見て何もないようでしたら記事名を変更したいと思います
38 ななしのよっしん
2015/11/08(日) 17:43:27 ID: /LTuuazJwf
>>37です
どうやら大丈夫そうなので記事名を変更したいと思います
39 ななしのよっしん
2017/03/11(土) 13:26:18 ID: 8UjPhDa+b4
Wikipediaバレーボールウルグアイ男子代表ページ

”古復活への強化策の一環として、2010W杯サッカー代表のスアレスを起用することが話し合われている。”

とか書かれてて笑った

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック