ランバ・ラル単語

ランバラル
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ランバ・ラルとは、アニメ機動戦士ガンダム』、 『ガンダムビルドファイターズ』 に登場する違いの分かる男である。
声優広瀬正志 、喜山茂雄(ガンダムネットワーク大戦)

ガンダムビルドファイターズ』 → ラルさん

 

概要

ジオン公国軍において“い巨”の異名を取ったエースパイロット。階級は大尉
パイロットとしてのもさることながら、MSを用いない兵戦、とりわけゲリラ戦を得意とした生職業軍人であり、本編においても歴戦の戦士としての格を漂わせている。また、自らの出世が部下の生活の向上に繋がると発言するなど、指揮官として部下を慮る一面も見られる。

このようにMSパイロットとしても指揮官としても優秀な人物ではあったが、軍内での立場は不安定であり、出世コースからは外れていた。
これは彼のジンバ・ラルがジオン・ズム・ダイクンと繋がりが深かった事に起因しており、ダイクンを排斥して権握したザビとの関係がそのまま軍内部での立場に繋がっている。特にキシリアからは冷遇されており、戦馬鹿とも酷評されている。
ただし、ザビの中でも政治面には関与しない軍人であったドズル・ザビは例外的に彼を評価しており、ガルマ・ザビ討部隊としてラル隊が抜されたのもそれ故である。

作中での活躍

第12話『ジオンの脅威』にて、ドズル・ザビよりガルマ・ザビ討ちという任務を帯び、ホワイトベース隊の追撃のためザンジバル地球へ降下する。この際部下がコロニー内では発生しない現である)に怯える中、彼は然としていた。また、この降下の際にホワイトベース隊に攻撃を仕掛けている。
この時座乗していたザンジバルマ・クベに渡った模様であり、降下了後はギャロップ母艦としてホワイトベース隊を追撃、新MSであるグフを駆り、アムロ・レイの操縦するガンダムを追い詰めるも、一歩及ばず機体を失うこととなる。

その後僅かばかりの補給を受けるもMSでの正面切っての戦闘は困難であったため、兵戦によるホワイトベースの制圧を画策。ゲリラ屋の本領発揮とばかりにホワイトベースの第2ブリッジの制圧にまで至る。
しかし、その際の戦闘ジオンの遺児であるアルテシアセイラ・マス)と遭遇したことにショックを受け、その隙を突かれ負傷。ホワイトベース全占拠には至らず、部下に撤退を命じた上で自決した(第20話『死闘! ホワイトベース』)。
ちなみに、この際に十分な補給が受けられていれば、ラル隊は当初の作戦遂できたとも言われている。この背景にはジオン内部のキシリアギレン、ドズルの対立関係があり、ラルがドズル配下であったことからキシリア配下のマ・クベが十分な補給をしなかったとも言われる(これを反映してか、『ギレンの野望』ではラル隊にドムを補給するとホワイトベース隊に勝利し、鹵獲できる)。

このように、登場したエピソード自体は12話~20話と決して長いものではない。しかし、先述のようにガンダムホワイトベースを追い詰めた強敵ぶり、また、その最期やアムロとのやり取りから垣間見える“らしさ”とも評しう人間的魅から、他のキャラクターに劣らぬ人気を持つ。
また、アムロ・レイに与えたは少なくなく、当時ホワイトベースから脱走するなど精的に荒んでいた彼をして「あの人に勝ちたい」と言わしめ、成長するきっかけを与えている(ちなみに、ラルを演じた広瀬正志は、『機動新世紀ガンダムX』においても、役柄こそ違うものの主人公の精的成長に一役買うキャラクターを演じている)。

ゲームでの扱い

ギレンの野望』では、本編にて乗機であるグフを「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」と評していたことを受け、ドムゲルググギャンに登場している際にも同様の台詞を言う。

スーパーロボット大戦シリーズでは一年戦争が描写されることが少ないため登場回数が少ない。ただしステータス的に優遇されている場合もあり、『スーパーロボット大戦α』に登場した際には、アムロ・レイよりも技量値が高く設定されている。

名言

  • 「この、この肌触りこそ戦争よ」
  • ザクとは違うのだよ!ザクとは!」
    ランバ・ラルと言えばこれ、といっても過言ではない台詞ギレンの野望ではグフドムとの違いをアピールするようになるのは御嬌。
  • 「ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた……」
    ホワイトベース内部でセイラと遭遇した際。彼女が乗艦していなくとも、鉢合わせなければ制圧は出来ていたのかもしれない。
  • 「君たちは立に戦ってきた!だが、兵士の定めがどういうものか、良く見ておくのだな」
    TV版における末期台詞
  • 「見ておくがいい、戦いに敗れるとは、こういうことだ!」
    劇場版はこちら。世間的にはこちらが有名か。

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランバ・ラル

99 ななしのよっしん
2020/06/29(月) 21:21:32 ID: 33cT9ND/wi
場でセイラに出会ってたらというのはすごい性を秘めてますね
セイラが居ることを事前に知った上で、それでもWBに攻撃を仕掛けたらと考えるだけでも色々な可性が開ける
ラルがセイラからシャアのことを聞いたら、と考えると、それこそ「ガルマの敵討ち」の意味がまるっきり変わって、ラルやハモンがどう動くのかに止まらず、戦争の流れにも出る可性すらある

めて面キャラだし、凄く重要なポジションに居たんだな、ラルは
100 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 06:05:43 ID: +u2WngAzsw
ラルの「MSの性のおかげ」のシーンだが、あの戦いはラルが言うほどMSの性の差が物を言っただろうか?
ビームライフルハンドバルカンで撃ち合ってビーム火力ルナチタニウム装甲の差で負けたのならともかく、実際にはビームサーベルヒートソードという互いの装甲をり裂ける武装を用いての戦いで負けたのだから、あの戦いではそれほどスペックの差は出なかったのでは。
ビームサーベルを受け止めたヒートソードが溶けて、そのままグフを両断されたとかならラルの言い分も分かるが。
101 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 19:50:57 ID: 33cT9ND/wi
MS人間みたいに格闘するロボットなわけで、あの場合の性というのは人間の身体的な差のようなもの、要するに火力や機動性でなく所謂「運動性」や「格闘性」のことでしょう
要するに搭載されてる武装の話でなく、戦闘機ドッグファイト的なニュアンス。搭載されてる武装にも当然性差はあったでしょうけどね

論実際にグフよりガンダムのほうが諸々の性は高いし、あの戦闘のみでなく数回すべての戦闘での経験を元にした発言でも、なんらおかしくないわけで
102 ななしのよっしん
2020/07/07(火) 05:02:12 ID: +u2WngAzsw
アムロのことを「時代は変わったようだな。坊やみたいなのがパイロットとはな!」といたラルが、さらに幼い10歳の少女のプルと対決したら、どう思うことやら。
しかも彼女はまだ成長途中のアムロよりは腕は上だろうから、下手すりゃプルがラルと同じグフに乗っていてもラルは勝てないかもしれない。アムロに使った「MSのおかげ」という言い訳は使えないだろう。
103 ななしのよっしん
2020/07/07(火) 18:54:31 ID: 33cT9ND/wi
それは「アムロガンダムを自分が一番うまく使えると言ったけど、最後の乗機であるνガンダムに乗って戦場で死んだのだから、ジュドーのほうがうまく使えるのでは? アムロ嘘つきですよね」と言うに等しいんだが、わざと言ってるんでしょうか

ベテラン兵士戦場で好敵手に出会い、相手が少年だったことに驚いたのがそんなにおかしなことですか?
状況を理解するつもりもなく、ただキャラを貶めたいがために全部を解釈しようとするのは、作品を理解する上で有だと思いますよ、あなた自身にとって
104 ななしのよっしん
2020/07/07(火) 19:02:08 ID: b5vJVBAwjq
>>103
ワタリー・ギラ「何もおかしくないぞ…子供戦争をするもんじゃない、こんなことをしていると皆おかしくなってしまうぞ。そうなる前に、モビルスーツを降りたほうがいい…!」
105 ななしのよっしん
2020/07/07(火) 19:06:08 ID: Zkm/aW1eub
副官のクランプも、の向こうのキッカに驚いてる間に戦死したんだっけ
ハゲはそういう、子供が人殺しをやらされる戦争のエグさを絵にすることは忘れなかったね
106 ななしのよっしん
2020/07/08(水) 20:53:45 ID: 33cT9ND/wi
ラルからしたら、サイド7から赤い彗星が仕留め損ねて地球に降下、ジオン圏内でガルマ率いる軍隊を撃破して逃げ果せ、本は大騒ぎで自分も呼び出しを食らった原因になった敵部隊の、噂のMS、実際対峙してみて確かに運に恵まれただけじゃなく侮れない相手だと考えてたに、まさか子供、それも場で出会った見所はあるけどまだひよっ子同然のあの少年が乗ってるとは、ってシーンなんだよね
場で少年に隠してたを余裕で見抜いたラルが、MSの中に隠されてた少年の存在には大きな衝撃を受けるという、その対が面シーンでもあると思う
ベテランだからこそ戦場(軍艦)に子供が居ることに動揺してしまうという、古い意味での「戦後日本まんが」のお約束を逆手にとった発想も面いわけで
ラルをどう評価するかは個人の問題だけど、流石に「本当に本編を観たんですか?」と聞きたくなるような疑問としか思えないですよ
107 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 16:53:38 ID: ihbCOdqprn
ホワイトベース隊そのものが常軌を逸したイレギュラーだからなあ。
現実に置き換えれば、最新鋭空母を敵ん中で中高生くらいの子達が運用してて凄まじい戦果をあげてる。しかもその中には何故か訓練してないのに、最新鋭戦闘機を乗りこなして、敵のエースを次々撃墜する民間人の15歳パイロットがいる。

仮に自分が官なら、現場の部下からそんな報告聞いても自分の失敗棚にあげて何言い訳してるんだぐらいにしか思わないと思うし、対応した人を降格とかしちゃう気がする。

現場でそんな状況に出くわしても、頑って対応してたシャアやラルといったジオンの方々は冷静に考えると上への報告も含めて凄い苦労してたんだろうな。
108 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 17:01:43 ID: py27CNVLDR
>>102
そもそもプルって強化人間だよね。それがラルに同じ条件で勝つことがおかしいか?
「だろうから」「下手すりゃ」「かもしれない」って3回も推測でものをっておいて、「言い訳は使えないだろう」?
おかしいよ

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック