ランバ・ラル単語

ランバラル
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ランバ・ラルとは、アニメ機動戦士ガンダム』、 『ガンダムビルドファイターズ』 に登場する違いの分かる男である。
声優広瀬正志 、喜山茂雄(ガンダムネットワーク大戦)

ガンダムビルドファイターズ』 → ラルさん

 

概要

ジオン公国軍において“い巨”の異名を取ったエースパイロット。階級は大尉
パイロットとしてのもさることながら、MSを用いない兵戦、とりわけゲリラ戦を得意とした生職業軍人であり、本編においても歴戦の戦士としての格を漂わせている。また、自らの出世が部下の生活の向上に繋がると発言するなど、指揮官として部下を慮る一面も見られる。

このようにMSパイロットとしても指揮官としても優秀な人物ではあったが、軍内での立場は不安定であり、出世コースからは外れていた。
これは彼のジンバ・ラルがジオン・ズム・ダイクンと繋がりが深かった事に起因しており、ダイクンを排斥して権握したザビとの関係がそのまま軍内部での立場に繋がっている。特にキシリアからは冷遇されており、戦馬鹿とも酷評されている。
ただし、ザビの中でも政治面には関与しない軍人であったドズル・ザビは例外的に彼を評価しており、ガルマ・ザビ討部隊としてラル隊が抜されたのもそれ故である。

作中での活躍

第12話『ジオンの脅威』にて、ドズル・ザビよりガルマ・ザビ討ちという任務を帯び、ホワイトベース隊の追撃のためザンジバル地球へ降下する。この際部下がコロニー内では発生しない現である)に怯える中、彼は然としていた。また、この降下の際にホワイトベース隊に攻撃を仕掛けている。
この時座乗していたザンジバルマ・クベに渡った模様であり、降下了後はギャロップ母艦としてホワイトベース隊を追撃、新MSであるグフを駆り、アムロ・レイの操縦するガンダムを追い詰めるも、一歩及ばず機体を失うこととなる。

その後僅かばかりの補給を受けるもMSでの正面切っての戦闘は困難であったため、兵戦によるホワイトベースの制圧を画策。ゲリラ屋の本領発揮とばかりにホワイトベースの第2ブリッジの制圧にまで至る。
しかし、その際の戦闘ジオンの遺児であるアルテシアセイラ・マス)と遭遇したことにショックを受け、その隙を突かれ負傷。ホワイトベース全占拠には至らず、部下に撤退を命じた上で自決した(第20話『死闘! ホワイトベース』)。
ちなみに、この際に十分な補給が受けられていれば、ラル隊は当初の作戦遂できたとも言われている。この背景にはジオン内部のキシリアギレン、ドズルの対立関係があり、ラルがドズル配下であったことからキシリア配下のマ・クベが十分な補給をしなかったとも言われる(これを反映してか、『ギレンの野望』ではラル隊にドムを補給するとホワイトベース隊に勝利し、鹵獲できる)。

このように、登場したエピソード自体は12話~20話と決して長いものではない。しかし、先述のようにガンダムホワイトベースを追い詰めた強敵ぶり、また、その最期やアムロとのやり取りから垣間見える“らしさ”とも評しう人間的魅から、他のキャラクターに劣らぬ人気を持つ。
また、アムロ・レイに与えた影は少なくなく、当時ホワイトベースから脱走するなど精的に荒んでいた彼をして「あの人に勝ちたい」と言わしめ、成長するきっかけを与えている(ちなみに、ラルを演じた広瀬正志は、『機動新世紀ガンダムX』においても、役柄こそ違うものの主人公の精的成長に一役買うキャラクターを演じている)。

ゲームでの扱い

ギレンの野望』では、本編にて乗機であるグフを「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」と評していたことを受け、ドムゲルググギャンに登場している際にも同様の台詞を言う。

スーパーロボット大戦シリーズでは一年戦争が描写されることが少ないため登場回数が少ない。ただしステータス的に優遇されている場合もあり、『スーパーロボット大戦α』に登場した際には、アムロ・レイよりも技量値が高く設定されている。

名言

  • 「この、この肌触りこそ戦争よ」
  • ザクとは違うのだよ!ザクとは!」
    ランバ・ラルと言えばこれ、といっても過言ではない台詞ギレンの野望ではグフドムとの違いをアピールするようになるのは御嬌。
  • 「ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた……」
    ホワイトベース内部でセイラと遭遇した際。彼女が乗艦していなくとも、鉢合わせなければ制圧は出来ていたのかもしれない。
  • 「君たちは立に戦ってきた!だが、兵士の定めがどういうものか、良く見ておくのだな」
    TV版における末期台詞
  • 「見ておくがいい、戦いに敗れるとは、こういうことだ!」
    劇場版はこちら。世間的にはこちらが有名か。

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランバ・ラル

109 ななしのよっしん
2020/07/11(土) 14:56:41 ID: 33cT9ND/wi
例えば時代が変わりすぎて、ラルというキャラが持ってる記号読み解けないってことはあると思う
ラルは要するに、ガンダム劇中で初めて正面から描かれた「大人」で、それは美女が側に居て子分に慕われてるという、それだけで理解できることだった、なぜならそれは現実とそう変わらない価値観だったかったから、というより、アムロのような年齢の子、視聴者が憧れる理想像として身近に確かにあったからだと思う
ハモンは、ガンダムに登場する中で多分一番の「良い女」として描かれてる。場のアムロとラルのシーンは、出した少年が、何もかも持ってる大人、むしろ嫌いなタイプだけどどうしようもなく嫉妬してしまうような大人に出会って、それでも自尊心を保とうとしたシーン
例えばフラウが別れ際に登場したのは、あれはアムロにとって恥ずかしいことなわけですよ
アムロはそんなことを考えるじゃないかもしれないけど、ラルの隣にいる美女大人女性なのに対して、自分の隣に居るのがどこにでも居るような野暮ったい子供というのは、どうしようもなく悔しいことなわけです
そしてこういう考え方、価値観自体
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
110 ななしのよっしん
2020/07/17(金) 07:23:01 ID: +u2WngAzsw
ラルがアムロガンキャノンに手こずっていたところを見ると、実はラルとアムロMSの技量の差はそんなにないのでは?
111 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 12:14:47 ID: 33cT9ND/wi
いちいち説明してもいいですけど、なぜそこまでラルを貶めたいのか先に説明して頂けますか?
場合によっては全部説明しますよ、物語背景からメタな構造まで
112 ななしのよっしん
2020/08/05(水) 19:34:56 ID: uCgrgF08li
そういやラルさん35らしいが、ハモンさんはファーストガンダムオリジンだといくつぐらいなんだろ?
113 ななしのよっしん
2020/08/17(月) 17:44:35 ID: OnktCRTwvn
オリジン総集編だけしか知らんけど、死ぬの勿体無いキャラだな
アムロシャアと手を組んでザビに反旗翻した方が良かったんじゃなかろうか?

114 ななしのよっしん
2020/08/22(土) 06:16:25 ID: +u2WngAzsw
もしもスパロボコラボでラルが鉄華団本拠地に兵戦で殴りこんだ場合、少年兵だらけの鉄華団本拠地に疑問を漏らした部下にラルは「どこも人手不足だからな」と返したりして。
115 ななしのよっしん
2020/11/30(月) 21:41:48 ID: W4Ms8I/Z1H
ラルさん大尉止まりだけど、実的にはノリスさんと同じ大佐とか余裕で持ってそうな人なんだよな
116 ななしのよっしん
2020/12/02(水) 17:58:40 ID: okqosAv5pv
ザビからは煙たがられ、地球で冷や飯食い同然の、仕事をさせられても、腐らず誇りを失わず
ろくな補給を受けられないまま、負け戦に挑み、軍人としての享受を全うして死んでいく。本当に凄まじい方だった。
117 ななしのよっしん
2021/02/07(日) 00:14:53 ID: 9rc91SQysS
>>112
35であの色気はないでしょうね。40でも理かも。

戦国時代なら妥当かもだけど、教育に時間がかかる現代~未来ならねぇ
118 ななしのよっしん
2021/04/23(金) 08:06:33 ID: uCgrgF08li
老後バージョンおじいちゃんになったアムロシャアともはりあってて笑ったw

ラル(老)「見事だな!しかし小僧(老)、自分ので勝ったのではないぞ。その歩行補助機の性のおかげだという事を忘れるな! 」

アムロ(老)「負け惜しみを!」 シャア(老)「頑固なおじいちゃんだからさ」

急上昇ワード改