実況シンデレラプロ野球単語

ジッキョウシンデレラプロヤキュウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ


女子プロ野球選手がNPBで認められた世界
認可から10年の節である今年,女子のみのチームを作るという衝撃的な球界再編
日本球界はどこへ向かうのか
果たして新チームは何位になるのか
要注

実況シンデレラプロ野球とは、ニコマスPタカトシ氏によって製作されている「アイドルマスターアイドルプロ野球選手となり、ペナントレースを戦っていく」というテーマiM@S架空戦記である。

このシリーズでは「実況パワフルプロ野球2016」が使われている。

あらすじ

 女子プロ野球選手が認められて10年。満コミッショナーの会見で、「NPBに所属する16人の女子プロ野球選手+12人の高卒新人女子選手で構成された新チーム」と「女子選手だけで構成された独立リーグチーム」の2チームを、セリーグに加えるという所から物語が始まる。今回フォーカスが当たるのは前者の方となる。

概要

本編

iM@S架空戦記パート

試合前後やオフなどの、選手同士の関わりや監督と選手の会話などのシーンで構成されるパートである。たまに、試合中のワンシーンにこのパートに入ることもある。

試合パート

「観戦試合」や「監督試合」で試合を行い、ゆっくりボイスで解説などをするパートである。動画尺の大半がこのパートで、動画1本あたり1,2試合程度が動画に入る。

エンディングパート

動画の最後のパートで、に「試合パートダイジェスト」や「様々な告知」などで構成される。

Extra

本編とは別動画になっていて、内容は本編の試合パートロングバージョンで、架空戦記パートエンディングパートい。

登場人物

名前の右側にある数字は背番号

多少のネタバレを含みます。

美城シンデレラガールズ

グループが親会社を務め、本拠地を京セラドーム大阪に置く新球団。 

投手

移籍選手

選手説明の下の成績は、移籍前シーズンの成績。

 姫川友紀 17(右投右打)

読売ジャイアンツに所属していた先発投手。最速155km/hのストレートと大きく曲がるカーブが持ち味で、移籍前のシーズンではリーグ2位となる17勝を挙げ「エース」との呼びもあった。

28登板 防御率1.75 17勝9敗 勝率.654 195奪三振 55与四死球 WHIP1.05

安部菜々 18(右投右打)

広島東洋カープに所属していた先発投手マサカリ投法から投げられる大きく落ちるフォークと根性が武器のベテラン投手。移籍前には、防御率勝利数・勝率三冠WHIPリーグ2位の成績。

監督とは昔からの仲で「至らない点を摘してくれて助かっている」とチームの精的支柱として信頼されている。また、監督は経験も評価していて、開幕投手名された。

31登板 防御率1.75 20勝3敗 勝率.870  116奪三振 48与四死球 WHIP1.04

宮本フレデリカ 26(左投左打)

東京ヤクルトスワローズに所属していた先発投手。伸びのある直球クロスファイアーが武器が持ち味だが四死球の多さと炎上癖が立つ。

28登板 防御率4.62 10勝14敗 勝率.417  99奪三振 64与四死球 WHIP1.45

高垣楓 21(左投左打)

横浜DeNAベイスターズに所属していた先発投手ポーカーフェイスが持ち味で、今の野球界にはしくスクリューを操る。

ネットに悩むに助言を与えるなど、ウサミン同様に精的支柱となっている。

ヒーローインタビューでは、ダジャレを盛り込んだインタビューがお染みとなっている。

31登板 防御率3.14 13勝8敗 勝率.619 135奪三振 66与四死球 WHIP1.31

川島瑞樹 20(右投右打)

福岡ソフトバンクホークスに所属していた抑え投手。鋭く落ちるSFFと脅威的なコントロールが武器の絶対的クローザー。ただ、試合前にギックリを起こして当日の試合に出場出来なくなってしまうなど、酷使による疲労がが心配される。

70登板 防御率1.69 3勝5敗45セーブ  65奪三振 18与四死球 WHIP0.98

塩見周子 13(左投左打)

阪神タイガースに所属していた中継ぎ投手。「球界屈の左殺し」と称される左のサイドスローで、移籍前のシーズンでは、歴代シーズン記録2位となる88登板を挙げる腕ぶりも評価されている。

途中加入した紗枝とはリトルリーグから高校まで一緒で、バッテリーを組んでいた。

87登板 防御率3.06 7勝4敗1セーブ25HP 72奪三振 24与四死球

片桐早苗 30(右投右打)

読売ジャイアンツに所属していた中継ぎ投手150km/hえのストレートと多変化球が武器で、移籍前にはリーグ1位51HPシーズン新記録となる94登板を誇る球界屈腕。移籍後は酷使疲労による炎上立っている。

94登板 防御率1.69 7勝4敗3セーブ51HP  111奪三振 22与四死球 WHIP0.90

新人選手

島村卯月 19(右投右打)

最速143km/hのストレートとキレのある変化球が武器。本人は先発を志望するが、一応中継ぎの適正もある。

渋谷凛 1(右投右打)

最速155km/hのストレートと鋭く落ちる球が持ち味。本人は中継ぎ→抑え志望だが、四球の多さとケガが懸念されている。劇場で、登板する度にネットかれるらしい。(13話参照)

本田圭佑リスペクトしているのか、なぜかモノマネしがち。

本田未央 28(右投右打)

最速149km/hのストレートと鋭いシュートが武器。本人は中継ぎを志望していて、較的調子が常に安定している。

小日向美穂 47(左投左打)

最速149km/hのストレートと緩急が武器の中継ぎ。制球に難はあるが、勝ち運を持っている。

双葉杏 35(右投右打)

球種を見分けるのが難しいフォームであるアンダースローが武器の先発。最速136km/hではあるが、 緩急でかく乱されるので打ちにくい。

く帰りたいと常に思っていて、勝利投手の権利を得ると、さっさと降する。

小早川紗枝 42(右投右打)

制球の高さやノビ・クイックなどの武器を持つ中継ぎ。最速138km/hとかなり遅めだが、ノビがあるので体感は速く見える。

10話で周子が捻挫で離脱した際、一週間限定で入団した。

周子とはリトルリーグから高校までの仲で、当時は捕手としてバッテリーを組んだ。しかし、高校以降の野球経験は草野球のみであった為、早苗などの中継ぎを驚かせた。

野手

移籍選手

選手説明の下の成績は、移籍前シーズンの成績。

大和亜季 0(左投左打)

阪神タイガースに所属していた外野手セリーグの強肩が持ち味だが、打撃は少し物足りない。

138試合 打率.235 6本塁打 46打点 2盗塁 115三振 56被四死球 
得点圏打率.205 対左.309 対右.200 長打率.301 出塁率.311 OPS.612

三船美優 8(右投右打)

中日ドラゴンズに所属していた遊撃手。堅実な守備と昨シーズン盗塁王を獲得した積極的な走塁に加え、53犠打を決めるバントが持ち味。

中日OBであるヤクザ繫和や立浪和義とも親交があり、中日戦で名古屋に来た際は共に食事をすることもある。

139試合 打率.251 3本塁打 42打点 53盗塁 102三振 23被四死球
得点圏打率.261 対左.310 対右.225 長打率.297 出塁率.280 OPS.577

向井拓海 7(右投右打)

横浜DeNAベイスターズに所属していた外野手フルスイングが持ち味で、共にリーグ3位の33本塁打137三振から分かるように、「三振本塁打」というロマン砲

移籍する前から柳田悠岐に憧れていて、フライボール革命に取り掛かっている。

144試合 打率.224 33本塁打 94打点 3盗塁 137三振 66被四死球
得点圏打率.263 対左.212 対右.230 長打率.443 出塁率.309 OPS.752

及川雫 6(右投両打)

北海道日本ハムファイターズに所属していた一塁手。移籍前は本塁打打点の二冠を獲得したパワーが持ち味で、長打率OPSリーグ3位と、優秀な成績を持つ。

移籍後は4番を務めていたが、監督の意向で2番に配置転換となった。その際に監督は様々な理由をったが本人は理解が出来ていなかったので、恐らく糸井嘉男のようなアホの子だと考えられる。しかし、ホームランを打ちたいと悩む子にフライボール革命を提案するなど野球の高さが表れている。

144試合 打率.287 42本塁打 114打点 0盗塁 106三振 91被四死球
得点圏打率.304 対左.341 対右.262 長打率.565 出塁率.390 OPS.955

佐藤心 22(右投右打)

オリックス・バファローズに所属していた捕手。数多くの選手の盗塁阻止してきた強肩と巧打が持ち味の、数少ない打てる捕手

安部菜々とは、誕生パーティーを自で開くほどの仲良し

144試合 打率.290 7本塁打 58打点 0盗塁 90三振 33被四死球
得点圏打率.245 対左.387 対右.243 長打率.364 出塁率.335 OPS.729

相葉夕美 11(右投右打)

東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた二塁手パリーグNo.1と評される守備が持ち味だが、 移籍前のシーズンでは打率3割とリーグ3位の対左.389など、打撃も注される。

いつもお球場に持ってきていて、試合中はロッカーに置いてあるらしい。

142試合 打率.302 4本塁打 47打点 13盗塁 91三振 37被四死球
得点圏打率.327 対左.389 対右.264 長打率.368 出塁率.347 OPS.715

新田美波 53(右投右打)

千葉ロッテマリーンズに所属していた外野手。巧打と高い守備が持ち味で、ダイビングキャッチなどのファインプレーもしばしば見せる。

ファインプレーの度に、なぜか「アーニャが濡れた」などのコメントが流れる。

144試合 打率.298 4本塁打 53打点 14盗塁 99三振 34被四死球
得点圏打率.293 対左.313 対右.291 長打率.373 出塁率.333 OPS.706

城ヶ崎美嘉 5(右投左打)

埼玉西武ライオンズに所属していた三塁手オールマイティが持ち味で、内外野どこでも守れるユーティリティープレーヤーである。

シンデレラガールズキャプテンを務める。西武時代からとは仲良しで、美嘉く「キャプテンとしていられるのはサポートがあるから」らしい。

ちなみにの莉嘉は、プロしている最中。

114試合 打率.297 12本塁打 59打点 0盗塁 72三振 53被四死球
得点圏打率.273 対左.295 対右.298 長打率.369 出塁率.369 OPS.798

大槻唯 12(左投左打)

埼玉西武ライオンズに所属していた外野手。代走起用に応える走が持ち味で、規定打席には達していないが、盗塁成功率は8割をえる。

西武時代から控え起用が多いが、モチベーションがとても高く常にベンチから乗り出す姿勢を見せている。しかし、その姿勢とは裏に自分が本当に必要なのかと後ろ向きになることもあり、美嘉と共に移籍の話を聞いた際は「まだ必要とされている」と安堵していた。

59試合 打率.111 0本塁打 0打点 9盗塁 4三振 2被四死球
得点圏打率.000 対左.000 対右.250 長打率.111 出塁率.273 OPS.384

新人選手

神谷奈緒 4(右投左打)

オールマイティが持ち味の遊撃手標は「加と二遊間を組むこと」と明言していて、左投手相手にめっぽう強い。

北条加蓮 2(右投右打)

堅実な守備と巧打を兼ね備える二塁手標は「奈緒と一緒に二遊間を組むこと」名言しているが、若干  スぺ体質である。

高森藍子 9(右投右打)

守備パワーが持ち味の一塁手内野はどこでも守れる上、バントチャージや送球も上手い。

キャンプ中「もっとホームラン性が打ちたい」とに相談した時に伝授されたフライボール革命に取り組む。その結果、150えのホームランを打つことが多くなり、ファンからは「ゆるふわパワー」と呼ばれるようになった。

日野茜 25(右投右打)

類いまれな走と守備が持ち味の三塁手。内外野守れるユーティリティープレーヤーでもある。

好きな野球ラグビー選手は五郎丸歩選手らしい。

五十嵐響子 55(右投右打)

走攻守三拍子った外野手チャンスに強いバッティングを時より見せる。

謙虚な性格で、レギュラー獲得に対しては消極的な姿勢を見せる。

三村かな子 10(右投右打)

パワーと肩が武器の捕手。広に打ち分けられる反面、三振と左投手相手の弱さが懸念。

諸星きらり 23(右投右打)

パワーとケガに強い体が持ち味の、専属捕手。かな子同様、三振と左投手相手の弱さが懸念。

チームスタッフ

武内P監督

シンデレラガールズを率いる監督。言葉足らずな面があり、少し選手に不信感を与えてしまう事があるが、大和亜季が左足のケガをって出場しているのを見抜いたり、強打者である及川雫を2番打者に据えるなど、監督としての手腕は高い。

青木麗(マスタ―トレーナー)

シンデレラガールズメディカルスタッフ本編では、川島さんがギックリになった際に介護手当を行った描写がある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

実況シンデレラプロ野球

1 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 20:15:12 ID: pk4Y5XxfxW
作成乙です
2 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 20:36:13 ID: uQ1aVHd29S
神谷奈緒Pだからいつも楽しみにしてるわ
3 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 17:53:27 ID: Fciwc3WDX6
最近はまって一気見したけどここ一ヶ投稿されてないのが寂しいです。絶対完結させますとことあるごとに言されていたので、是非とも復活を希望します。

急上昇ワード

2019/10/19(土)00時更新