戦国妖狐単語

センゴクヨウコ

七年(1564年)
室町幕府十三代将軍、足利義輝の時代
その戦国の世に人が在り闇が在り
人を喰う闇があり
闇を狩る人があり
その狭間に、手を取り合う人と闇があった

概要

戦国妖狐とは、コミックブレイドにて連載されていた妖怪ファンタジー少年バトル漫画である。作者水上悟志。途中から連載の場をweb上に移し、webコミックブレイドにて掲載されていた。全17巻。
過去作「散人左」や「シリーズ」と世界観を共有しており、関連をわせる単や人物が登場するので、そちらも読んでおくとより楽しめること請け合い。なお妖怪の事を散人左では隣人・障り、町ではおとなりさんと表していたが、今作ではに闇(かたわら)と呼称されている。
作者の代表作である「惑星のさみだれ」とべると知名度がやや低い。が、作者特有の熱いシナリオと濃い人間模様、そしてスピーディな展開は健在であり、氏のファンもそうでない者にも一読して欲しい傑作である。
また、画力戦闘描写も巻を追う毎に進化していっており、特に第二部以降は迫・スケールともに驚異の仕上がりとなっている。「惑星のさみだれ」しか知らない読者が見ればいい意味で驚かされるだろう。

登場人物

第一部

  • 山戸火(人間→千本妖狐
    「さようなら……黄泉路にお気をつけて」
    第一部主人公。人の身でありながら闇(かたわら)になりたがっている者。であるたまの血を受けることにより精霊転化し、妖狐を扱う事ができる。
    極度の人間嫌いであり当初はに対しても辛辣な態度をとっていたが、様々な人間・闇との交流を経て徐々に心を開いていく。一方で戦闘を重ねる度に妖狐としての覚めていき、自身が望んでいた闇に近い存在となっていった。
  • 兵頭介(人間
    お前は…バケモノなんかじゃねえ…」
    武者修行をしている武芸者。…と言っているが実際は農民の出であり肝心の剣術はからっきし。
    当初はヘタレビビリの二才であったが、過酷な路を経て心身共に驚異的な成長を遂げる。また、人でありながら闇とも分け隔てなく接する心を持つようになり、これは火を始め様々な者に影を与えていく事となる。
  • 灼岩(霊改造人間
    「生きてるんす。生きてれば、きっと良いことあるっす!」
    人間」と闇「火岩」が融合した混合生物、人と闇の狭間の者。
    改造実験後に暴走人間を襲うようになるが、火たちの手によって救出される。その後は一行に加わり、火岩と、二人ので皆を支えた。

第二部

  • 千夜(霊改造人間
    「こののために起きる戦いなのに、戦わないためにこのが要る…!!」
    その身に数多の闇を宿した、千魔混沌の魔神。第一部では感情を抑圧していたが、二部からは色々あって普通少年の様な性格となった。
    そのと自身の在り様に苦悩するが、先達の導きや宿敵との戦いを通して人間的に成長し、世界と関わっていくようになる。(おかげでより少年漫画らしくなったとは作者の談)

関連動画

未だし。

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E5%A6%96%E7%8B%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦国妖狐

1 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 23:08:35 ID: c8cHH3mFYO
何で戦国妖狐の記事だけないのか不思議だったから作ろうと思ったら既に作られてた!作成乙です
2 ななしのよっしん
2016/05/23(月) 01:42:07 ID: 4k6lnhjLcT
ちゃんかわいい
3 ななしのよっしん
2016/06/12(日) 01:59:26 ID: UHKRDvWRd8
完結した…綺麗に終わったなあ、もう作中で描くべきこと全部描いたって感じで
回収できなかったのってムドのくらいか
戦闘描写もどんどん抜けていって凄まじかった。さみだれもだけどこっちもアニメ映えするだろうな
4 ななしのよっしん
2018/08/10(金) 20:15:05 ID: LgfgEJ/eSV
9月まで無料で全巻読めるから読んでみた
すぎて徹夜で一気読みしてしまったわ
なんでかわからんが、今まで読んできた漫画の集大成みたいな完成度だった
5 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 09:06:02 ID: qou5pGwhvu
プラネット・ウィズ経由で無料と知って読んでみたけどすごいかったわ。特におっさんと虎おっさんシーンとか熱かった。あと駄目人間なところはあるけど決めるところはしっかり決めるしんすけ好き。
使用可になった直後に千本妖狐になったせいでほとんど見せ場なかったの尾と闇の尾のがちょっと気になる。
6 ななしのよっしん
2018/09/05(水) 13:50:48 ID: LgfgEJ/eSV
狂いき、赤いきつね緑のたぬきだったりきのこたけのこ戦争だったりとよくよく読んでみると元ネタがあって面いものばっかり
でも手書き文字読みにくいからまとめて元ネタとか意味を考察してるサイトとかないかなと探してみるも知名度の低さからまったくないのが悲しい
7 ななしのよっしん
2018/09/29(土) 17:04:51 ID: 0yQ/KlVEtt
プラネット・ウィズ経由で知って無料で読めるならと軽い気持ちで読み始めたら気づいたら全巻読みきってた!

ところで千夜の使った義ってどこにいったんだ?気づかなかっただけかもしれんが千夜は持ってなかったよね?
8 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 01:39:44 ID: E6kWVtNR8V
>>7
あれ使ってた最後のコマ身が急速に錆びてた(朽ちてた?)っぽい描写あったから
使った後失われたんじゃないかな
9 ななしのよっしん
2018/10/04(木) 00:20:48 ID: lTXPd53+0F
さまのモノで貸してくれただけだから普通に返しただけ
その後、界干渉を覚えたから界を切り開く必要はなくなったんだろう

そういう物質的な何かなんてなくてももう千夜の心の中に義様はちゃんといるのです

いや、まあも当時は「これからはこので戦っていくのか!あつい展開だな!」とか思ったもんだが
10 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 09:24:17 ID: kC/481+Y1P
この人の漫画のなかで戦国妖狐が一番好きだわ
なーんで売れないのかねー面いのに
アニメ化戦国妖狐が一番向いてそうだし