ムルロア単語

ムルロア

  • 1
  • 0
掲示板をみる(34)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ムルロアとは、

1:南太平洋のポリネシア域に浮かぶトゥアモトゥ諸の環礁の一つ

2:特撮TV番組『ウルトラマンタロウ』に登場した怪獣

本稿では2について記述する。

別名:「宇宙大怪獣
地味ベムスターアストロモンス等と同じく“怪獣として定義されている。

状の毛で覆われた鎧武者の兜に見える形状の頭部と、まるでのような細身の胴体が特徴。肩から背中にかけて羽根に似た器官が生えており、それで宇宙中を飛行する。

概要

宇宙大怪獣:ムルロア
登場作品 ウルトラマンタロウ
サブタイトル 第24話「これがウルトラだ!」
25話「燃えろ!ウルトラ6兄弟
体長/全長 62メートル
体重 39000トン
出身地 ムルロア

が開発した新兵器トロン爆弾”の標的にされ、その爆発によってを失った宇宙生物突然変異を起こして誕生したとされる宇宙怪獣で、あまり強そうには見えないどこか貧相な姿に似合わず、実際にはバードンタイラントテンペラー星人と並ぶ劇中でも屈の強怪獣である。

武器は口から吐き出すタロウの皮膚すら溶かす強な溶解液と、全身のや突起から放出する煙“アトミック・フォッグ”。日光や電などあらゆるを極端に嫌う性質があり、そのに反応する小宇宙スペースモスが群がる場所を襲撃、破壊する。

が破壊された後、その復讐のためか地球スペースモスを伴って飛来、光太郎の知り合いの家族が乗っていた旅客機叩き落としたのを皮切りに地上でも大暴れを開始する。

討伐に出たタロウをもアトミック・フォッグと溶解液で苦しめて完封勝利し、タロウが消え去った後もそのアトミック・フォッグを撒き散らし続け、最終的には太陽全に遮り地球全体を暗に閉ざすというまるで平成ウルトラシリーズラスボスみたいな事をやってのける。一度広がってしまったタロウにもどうする事もできないため、やむなくタロウウルトラの母に従ってウルトラへ帰投する事となり、これ以降もムルロアはとなる施設を次々と襲い続けて人間達の生活に大打撃を与えた。

一方のZATはと言うと、ムルロアに“AZ-1974”という強爆弾を取り付けて爆破しようという計画を実行に移す。
かしこ爆弾はまだ未完成人力誘爆装置を設置しないといけないシロモノだったため、そこで上野隊員がムルロアの体に取り付いて直接その体に爆弾を仕掛ける事になる(ホントムチャぶりに定評のある組織である)。そこに故郷から秘宝ウルトラベルを携えたタロウ地球に帰還、ウルトラベルのを全て取り払われて日の下にされたムルロアはもがき苦しみ出す。

ムルロアの体から離脱不能になっていた上野隊員はタロウの手で救出され、ムルロアも再びタロウ突するが前回とは打って変わって終始劣勢でどんどん追い詰められていき、最後はタロウ高く投げ飛ばされた後、AZ-1974が起爆した事によって木っ端微に吹き飛び倒された。

地球人のエゴの所為で住処を失い、その復讐のため地球に飛来して来た宇宙怪獣”という設定が『ウルトラセブン』の第26話に登場したギエロン星獣のそれに酷似しており、名前のムルロアも当時フランス領として何度も核実験が行われていたムルロア環礁に因んだもので、本回もそういった際事情に対する風刺的な話とされている。
も、セブンの時と違って今回はそれほど露批判話ではいが)

しかし、続く『ウルトラマンレオ』の時代ではまたしても新兵器実験という名クリーンという惑星をその兵器の標的として破壊しており、その結果今度はクリーン星人による報復を招いている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/07(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/07(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP