ジャグラスジャグラー単語

ジャグラスジャグラー

  • 10
  • 0
掲示板をみる(611)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジャグラスジャグラー

トゲトゲジャグラスジャグラーとは、特撮作品「ウルトラマンオーブ」の登場キャラクターである。

通称「ジャグジャグ」「助っ人宇宙人魔人

演:青柳尊哉

概要

ウルトラマンオーブ=クレナイ・ガイのことをつけ狙う謎の男ガイのことは昔からの染みであるらしく、本編中ではガイ過去を知る一の存在だった。戦い以外ではかなりエキセントリックな言動を見せる事があり、視聴者からはしばしば「闇の仕」とたとえられる。
日本刀のようなを帯しており、「心流」という技を取得している。その技は等身大の宇宙人なら一両断できるほどの腕前。

当初はダークリングを使って魔王を召喚、大魔王マガオロチを呼び出すためにオーブに倒させる策を弄していた。その後も幾度もガイSSPの前に現れたり、惑星侵略連合に加入したと思ったらすぐに連合仲間り捨てたり、ガイと一緒に人のフリをしたりしていたが、やがて闇のに魅入られたオーブを自ら倒すために合体魔王ゼッパンドンを誕生させる。しかしの姿を取り戻したオーブオリジンゼッパンドンを倒されダークリングが消滅する。

その後はしばらく行方が知れなかったが、地球に眠る闇のを通じて義「破」を取得、さらに闇のを利用して巨大化オーブと直接を交えた。

ジャグラスジャグラーがなぜ執拗にガイをつけ狙うのか…。それはかつてガイと共に戦い、ガイよりも優れた戦士と自負していながらに選ばれなかったことがきっかけであり、闇こそが限、闇のえると自負していた。しかし大魔王マガタノオロチの攻撃からナオミをふいにってしまったこと、100数年前に地球ガイの思い人を助けたのがジャグラーだったことが明かされたことから、自分の中にがまだあったことを認めざるを得なくなってしまう。

そして自らのを認めたジャグラーは、マガタノオロチを倒すためにオーブと共闘する…。

本編終了後もガイをつけ回すも、「ガイを倒すのはだ」というベジータ理論オーブウルトラマンと共闘する機会も多い。

魔人態

元は人間に近い姿であったジャグラー人間態から変化した姿。

心流を究めるうちにこの姿へ変化する事が可となったが、それはウルトラマンとなり、自分の助けを必要としなくなったガイへの劣等感と、少なからず心を許していた仲間の死による怒りがきっかけだった。

いわゆる等身大の変化で、単独では巨大化できないが、マガタノオロチから溢れ出した闇のエネルギーを吸収するなど様々な手段を駆使して巨大化戦闘を行うことがある。

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGAにて

ウルトラマンオーブ前日譚である本作では、ガイと共に精進する若き日のジャグラーが描かれている。

二人は惑星O-50の「戦士の頂」に挑戦し、ついに頂上のの元にたどり着く。しかし、光の戦士として選ばれたのはガイだけであり、に拒絶されたジャグラーは動揺する。それならば光の戦士サポートしようとすぐに気持ちを切り替えたものの、その心にはぽっかりとが開いていた(後に「自分に裏切られた」とっている)。

そのころ、ドクターサイキが宇宙魔獣ゼルブの「クグツ」を使って人々や怪獣を操るという事件が起こっていた。二人はベゼルブに立ち向かうが、「ウルトラマンとしてのを引き出せないガイ」や「アドバイスしかできない自分」、そして「戦いを経て急速に戦闘センスを磨くガイ」に焦燥を感じていく。

二人は惑星カノン近衛隊員ミコットたちを救出する。「命の」が聳え立つ惑星カノンサイキが現れ、命のが破壊されたくなければ女王アマテを引き渡すように脅迫しており、ミコットたちはサイキの元へ向かった隊長シンラを追っているのだという。
ミコットはジャグラー心流剣術に感銘を受け、勝手にジャグラー師匠と呼ぶようになるが―。

その後はシンラやアスカ・シンと合流。カノンへ到着するもすでに戦闘は始まっており、戦(女王アマテ)はクグツを撃たれてしまう。ジャグラー光の戦士カノン兵士たちは協して戦を解することに成功するが、ミコットがベゼルブに殺されてしまう。の前の命すら救えないさに絶望したジャグラーは怒りのままベゼルブの集団と戦闘を続け、やがてその姿は魔人態へと変貌する。
命のがこの戦いの原因だと判断したジャグラーは独断でを伐採。結果としてサイキたちは撤収、戦闘は終了する。しかし、ジャグラーを待っていたのは怒れるカノン兵たちと、アスカからの「光の戦士の戦い方ではない」という厳しい評価だった(一歩間違えば、多くのカノン住民がの下敷きになるところだった)。

まるで敵だでもと言わんばかりの待遇にジャグラーは失望。ガイをはじめとした光の戦士たちと決別、独自の判断で行動するようになる。

その後も結局オーブの助太刀をしたり、サイキのにはまったガイを助けたり、クグツによって暴走しかけるオーブを解したりと、中々関係を切り捨てられない様子だった。

しかし、戦いが終わって喜ぶガイたちの中にジャグラーの姿はなく、二人は決別したまま物語の幕は閉じる。

アニメ「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」2期にて

ついに美少女化...というわけではなく、ジャグラーそっくりなJJというキャラクターが登場する。はそのまま青柳尊哉氏が務める。

あっさり闇のシャドウに操られてしまうなど、あくまでそっくりなだけの地球人(?)らしい。
アイドルを兼業しているキングジョーファンで、オタクっぽい早口でお友達のことなどを楽しそうにっていた。

ウルトラマンZにて

2020年放送の『ウルトラマンZ』にて、ジャグラスジャグラー役の青柳尊哉が本作の防衛隊の隊長である「ヘビクラ・ショウタ(倉正太)」役で出演することが明らかになった

しかし、「役名からヘビクラ・ショウタ→倉正太→ジャグラ ショウタイ、と読める」「随所で闇の仕っぽいアクションをとる」などが序盤から視聴者の間で話題となり、視聴者の間では「ヘビクラの正体はジャグラー」説と、「ただのそっくりさん」説(JJという前例もある)に分かれていた。

ところが、展開的にはまだ序盤の第5話『ファーストジャグリング』にて、ヘビクラの正体が大方の予想通りジャグラスジャグラーその人であったことが判明。普段は防衛隊の頼れる隊長を演じつつ、裏では闇の魔人として怪しげなことをしており、的は不明だが、『オーブ』の頃ほど単純な悪役ではなく、以前にもまして何をするかが分からない人物になっている。

第5話の登場ではゼットライザーをコピーしてダークゼットライザーを作り出し、ゼッパンドン変身してゼットと戦った。最終的に敗北したものの笑みを浮かべており、負けることは問題ではなかった様子。

また、地球にやってきたリクウルトラマンジード)の前に姿を現し、防衛チーム隊長をやっていることを伝えている。ストレイジメンバーに怪しまれるリクのフォローをすることも。リクが捕まった際には自ら助けに来て敵側の意図を伝え、ハルキたちの到着前に去っている。

正体判明後も、一連の事件の影にカブラギがいることを突き止めながらも泳がせたり、ハルキと一緒にセレブロのアジトにカチコミしたり、ハルキからベリアロクを奪取しようとしたり、ヤミピザ配達員として潜入したりと相変わらず裏で好き放題やっている一方で、表では頼れる隊長ヘビクラを演じている...という割りにはヘビクラは上として理想的であり、視聴者は一層困惑している。具体的には

  • ミスした部下と一緒に頭を下げる
  • 怪獣に苦戦する部下に体術を通じてヒントを与える
  • 部下が上官に反発しそうになったらなだめる
  • 部下が作戦内容に異を唱えても、意見を聞いたうえで折衷案を提示する
  • 闇のダジャレ
  • 闇の盆栽いじり
  • 必要に応じて自ら現場に出る
  • 混乱に乗じて魔人態に変身して、最小限のアシスト
  • ハルキがカネゴンをかばっているのに気づいても、コントっぽく見逃す
  • 正攻法で勝てないような敵が現れた場合は、絶対に出撃は許可しない
  • 闇の電話応対
  • 闇の中間管理職

ギルバリスグリーザのような難敵が現れても駄な犠牲を出さずにすんだのは、ジャグラーとしての知見によるものといっても過言ではないだろう。逆に未知の(はずの)怪獣に反応してしまうというボロを出すことも。

ちなみにハルキは魔人ジャグラーの事をトゲトゲ人」と呼んでいるようだ。
「…ハァ、変な名前で呼ぶな。」

ストレイジの他の面々もヘビクラの正体には最後に魔人態への変身を見せられるまでも気づかれなかった。バレたらユカに解剖される。

以下、最終章ネタバレのため反転

ストレイジ解散と共に防衛軍を脱退し、ピザ配達員に転職。その後、ハルキとウルトラマンゼットの前で正体とその的を明かす。上記ORIGIN SAGAで命のを伐採したことを一方的に否定されたとだけに根に持っており、「(光の戦士たちに彼らの)正義の危うさを見せつけること」であったことがられる。セレブロの暗躍に乗じる形で防衛軍がどんどん強い特機を作るように仕向け、最後はその特機(ウルトロイドゼロ)を奪することで強大なの危険性を思い知らせるつもりであった(その特機は「ウルトラマン」を解析して作ったというイヤミ付き)。また、人類とセレブロ両方がやりすぎないようにバランス調整していたともっている。枝を剪定しながら育てる盆栽ジャグラー的の徴だったのかもしれない(過去に命のを根こそぎったことの対ともとれる)。
一方でセレブロもジャグラー仮パクの危険性を認識しており、クリヤマ長官に乗り移ってストレイジを解散に追い込み完成した特ウルトロイドゼロもギリギリのところでジャグラーの略奪を阻止する(人質に取られたハルキをジャグラーは見捨てられなかった)。このときの戦闘ダークゼットライザーは破壊されてしまう。ウルトロイドゼロはそのままセレブロが奪い取り、最怪獣デストルドスに作り変えられてしまった。

しかしセレブロがデストルドスを使って地球危機に追いやると、再びストレイジ隊長として戦うことを決意。解散したストレイジメンバーを再結集して基地を奪還(このときストレイジメンバーに正体を明かした)。作戦開始前の演説ウルトラマンZ自らもウィンダムに乗り込み、特機全機を使った総力戦を仕掛けてデストルドスに立ち向かった。基地奪還時以降は魔人態に変身することなく、最後までヘビクラとして戦い抜いた。

最後はデストルドスが倒されたところでおなじみのスーツ姿に戻り、セレブロに引導を渡そうとする。が、ユカたちがセレブロを捕獲したところを見届けると、どこへともなく去っていった。

名台詞

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/14(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/14(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP