しまじろう単語

シマジロウ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

しまじろうとは、幼児向け通信教材『こどもちゃれんじ』及び同教材を原作とするアニメ主人公である。

また、ここでは1993年から2008年までテレビ東京系列で放送されていたテレビアニメ『しましまとらのしまじろう』及び、その続編である『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』『しまじろう ヘソカ』『しまじろうのわお!』についても併記する。

概要

1988年から福武書店(現:ベネッセコーポレーション)より発行されている幼児向け通信教育教材『こどもちゃれんじ』のイメージキャラクターであり、教材内では主人公として登場している。

年齢は『こどもちゃれんじ baby』の時点で1歳。そこから『ぷち』『ぽけっと』『ほっぷ』『すてっぷ』『じゃんぷ』と、受講する幼児とともに6歳まで成長するという設定のため、厳密な年齢の設定は存在せず冊子に合わせた年齢で定着している。 アニメでは長らく幼稚園に通っていなかったが、『しまじろう ヘソカ』の途中以降は教材と同様にちゃれんじ園に通っている。

テレビアニメ版

1993年12月よりテレビアニメが放送されている。テレビせとうち製作テレビ東京系列放送。これはテレビせとうち製作の番組で一全区にて放送されている番組である。また、テレビ東京系列で放送されているアニメ作品の中では歴代過去最長の作品となっている。(アニメポケモンよりも約3年い。)

1993年2008年には30アニメとして『しましまとらのしまじろう』が放送されていた。テレビせとうちベネッセコーポレーションビックウエスト製作、全726話。おそらくこの時代が一番有名であると思われる。その一方でアニメオリジナルキャラクターで度々登場していた黒猫兄弟などの存在や、ちゃれんじ園に通っていなかったということもあり、シリーズでは一番教材からかけ離れていた時期である。放送初期の頃はキャラクターの性格や言動・行動も割とがあるものであり、対の層に対して教育的な内容とは言い難い内容であった。なので初期の話は今見ても割と面白いのであるが。10年近く使用された「スキップステップアイランド」や「ハッピージャムジャム」が主題歌として使用されていたのもこの時代。

2008年に番組の大幅リニューアルを行い、実写パート追加(その分アニメパートは縮小)や設定の変更、一部キャラクターの入れ替えが実施された『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』の放送が始まった。この時に広告代理店が15年間携わっていたビックウエストからNAS2009年より電通)に交代している。

その後2010年から『しまじろう ヘソカ』題。最終回では、初期メンバーの一人であったむりんが教材と番組を引退している。また、シリーズ途中から教材に合わせてしまじろう達がちゃれんじ園に通うようになり、クラスメイトの園児たちも登場するようになった。ちなみにタイトルの「ヘソカ」とは「へぇ、そっか!」の略である。

2012年からは『しまじろうのわお!』に変更し現在に至る。『しまじろうのわお!』では、それまでの一般的なアニメからフルCGアニメーションに変更されており、大きく様相が代わっている。また、新メンバーのにゃっきいの登場や、一部キャラの設定変更なども行われている。

登場人物としての概要

CV:中島千里8893年度教材)→南央美アニメ版開始以降)/松本さち(教材の歌パート

ちゃれんじ在住、ちゃれんじ園在籍。トラモチーフとした男の子で、本名は縞野しまじろう(しまの-)。5月5日午後5時55分生まれで、血液型O型

サッカーが得意で、優しく明るく皆のリーダー的存在である。しかしその一方でお人好しで頼みごとを断り切れない一面もあるため、初期の頃はそのことを黒猫兄弟にからかわれることもあった。

ドーナツが大の好物で、視界に入ると周りが見えなくなるほど。その一方、怪談風呂ニンジンピーマンが苦手である(ニンジンは後に)。

しまじろうの家族・親戚

縞野しまたろう
CV:茶風林
しまじろうの父親。ちゃれんじ郵便局に勤めており、自転車(たまにオートバイ)に乗って郵便物の配達をおこなっている。 運動不足ではないはずだがメタボ気味で、時々おなか周りを気にすることがある。血液型O型
親子だからか、子どもの頃はしまじろうにそっくりであった。
縞野さくら
CV:井上喜久子
しまじろうの母親バレエ経験者でダンスが得意ということもあり、プロポーションは抜群。しまたろうよりも2歳年下である。 血液型A型
縞野はな
CV:高橋美紀
3歳離れたしまじろうの。『ぽけっと』で初登場し、『じゃんぷ』からは舌足らずながらも言葉を話すようになる。4月4日午前10時生まれで、血液型A型
縞野すみれ
CV:高
しまじろうの方の祖母。しまじろうとは違うに住んでおり、たまにに遊びに来ている。アニメでは『しまじろう ヘソカ』から登場するようになった。
縞野しま吉
CV:長嶝高士
しまじろうの方の祖すみれと同居している。すみれと同じくアニメでは『しまじろう ヘソカ』から登場するようになった。
トミー
CV:坂本千夏
海外からちゃれんじに引っ越してきた、しまじろうのいとこ。 英語交じりの日本語を話す。カッコつけたがりな性格で、スケボーが得意だが、暗い所やオバケが苦手。その気取った性格からか、とりっぴい黒猫兄弟とはそりが合わずケンカする事もあった。『こどもちゃれんじ』では英語コーナーの担当だったが、2000年度以降はしまじろうに置き換えられ、アニメでもいつの間にかいなかったことにされた。
オープニング映像には出番がなくなった後もしばらくそのまま出演していたが、2004年映像が変更されて全に消滅した。

その他の主な登場キャラクター

みみりんみどりはら-)
CV:渡辺菜生子9193年度教材)→高橋美紀アニメ版開始以降)
出っが特徴的なウサギ女の子で、このシリーズヒロイン的存在。10月10日午前10時生まれで、血液型B型一人称は「みみりん」→「わたし」。 おしとやかな女の子だが、ドジで甘えん坊でわがままな一面もある。可愛いものといちごショートケーキが大好きだが、はまだしもウサギでありながら人参が嫌いという不思議な一面を持つ。
父親太(CV:島田敏)は初期は消防士だったが、現在屋を営んでいる。母親のれんげ(CV:安達忍)は専業主婦で、一人っ子なお中の人的には、ドットとペイズリーが夫婦ということになる。
他の3人とは違いこどもちゃれんじ開講当時はおらず、1991年に途中から追加されたキャラクターである。
野とりっぴい(そらの-)
CV:三田ゆう子8893年度教材)→山崎たくみアニメ版開始以降)
緑色をしたオウム男の子1月1日元日午前7時生まれで、血液型O型一人称は「とりっぴい」。 しまじろう達の良き友達だが、お調子者でおしゃべり、口が軽いのでたまに仲間はずれにされている。は初期はとりっぴいの顔を模したツリーハウスだったが、現在ログハウスに住んでいる。
3つ子ののとと、ぴぴ(CV:山崎たくみ)・りりCV南央美)たちがおり、電器店を経営する父親のとりごろう(CV:伊藤栄次)、町内会長を務める母親のかなえ(CV:堀越己)、老人仲間バンドをやってる元気でファンキー祖母みちよCV:紗ゆり→西子)の7人で暮らしている。
牧場むりん(まきば-)
CV:中島千里金丸日向子(8893年度教材)→杉本沙織アニメ版開始以降)
ラム肉ヒツジ女の子3月3日午前3時3分生まれで、血液型AB型一人称は「わたし」。みんなの中では一番精年齢が高く、忘れ物や約束忘れをしないかなりのしっかり者である。その男勝りな性格も相まって、気が強く見えることも多い。また、観察眼が鋭く怪しいとをつけた者へはかなり疑り深く、「あやしい」が口癖。芸術父親のまっせい(CV飛田展男)と、ピアニストの母親ゆめこCV:小林優子)と暮らしている。
登場初期は頭にリボンをしていたが、『しましまとらのしまじろう』の途中(2004年頃)にピンクのバンダナに変更された。
みみりんよりも先に教材に登場しているキャラクターだったが、2012年3月に教材・アニメともに出番がなくなった。リストラされた理由としては、「社会的な状況の変化」exitによるものであるという。なおアニメ内では「父親仕事の都合でフランスに引っ越す」という理由で別れを告げた。
山にゃっきい(ももやま-)
CV:杉本沙織鈴木真仁(代役、2017年5月~)
むりん入れ替わりで登場した、ネコ女の子。なお中の人はらむりんと同じ。4月4日午前4時生まれ。血液型A型ボーイッシュな見たをしている。運動神経がとても高く、将来の夢は陸上競技オリンピック選手になること。ただしプールは苦手。頑り屋で負けず嫌いな性格。
母親ねねCV:小幡あけみ)は出版社に努めており、シリーズ歴代初となるワーキングマザーである。これはこどもちゃれんじ開講時と異なり、共働き世帯やシングルマザーなども増えている現代社会に合わせた配慮・設定になっているためである。他には父親もいるが、別のにいわゆる「単身赴任」に行っており作中に登場したことはない。また、2歳上ののにいすけ(CV:優希)と、父親の代わりに同居している祖母のよりこ(CV:小林優子)がいる。
黒猫兄弟(ドカペ三兄弟
教材には登場していないアニメオリジナルキャラクター兄弟なので見たはほとんど同じだが、ネクタイの模様で判別可(各々の名前と同じ模様になっている)。なお黒猫3兄弟という名前だが、実際の3人の毛色は青色である。両親はいるようであるが、姿はおろかさえも出ていない。
しまじろう達とはちょっかいやいたずらをかけるもなんだかんだで一緒によく遊ぶ友達であるが、放送初期の頃はガラスを割ったり、窃盗したりとかなり悪質なイタズラもよく仕掛けており、またお人好しで優しいしまじろうに付け込んで馬鹿にしたりからかったりと、かなりの意地悪っ子であった。
ほとんどの話に出ていたキャラであったが、『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』以降は告知もなく出なくなり、代わりにモグラの三兄弟に置き換えられている。なおモグラ兄弟ポジション、担当声優キャラなどは黒猫兄弟完全に一致している。しかし、『しまじろうのわお!』になった際にモグラ兄弟も出番が消滅した。
ドット
CV:島田敏
3兄弟長男一人称は「オレ」。ピンク地に地の玉模様のネクタイをしている。
少し口が悪く威りんぼだが、根は優しく男気溢れるお兄ちゃん。でも時に突飛な思い付きで理不尽に二人を振り回すガキ大将キャラで、しまじろう達にしばしばイタズラをけしかけてくるために、トラブルの原因となることもしばしば。なお初期の頃は高所恐怖症という設定があった。
からくさ(カラクサ)
CV:飛田展男
3兄弟の次男。一人称は「ボク」。オレンジ地に濃いオレンジ唐草模様ネクタイをしている。
のんびり屋で気が優しく、素直でとてもお人好し。そのせいかドットと頭の回るのペイズリーに挟まれて、損な役回りを押し付けられることも多い不遇なキャラ。ただし、心優しいといえどもいたずら普通に仕掛けてくる(ドットに付き合っているからだが)。が好きで、嗅覚に優れている。
おからくさはドットのことを「あんちゃん」と呼んで慕っている。(ドットも自称している。)
イズリー
CV:安達忍
3兄弟の末っ子。一人称は「オイラ」。水色地に黄色の勾玉模様(ペイズリー柄)のネクタイをしている。
二人に振り回されることもあるが本人は割と要領がよく、機転を利かして行動する場面も多い。たまに二人に反抗的になることもある。
初期の頃はみみりんのことが好きという設定があったが、当のみみりん本人には全く相手にされていない。二人のことはそれぞれ「ドットちゃん」「からくさちゃん」と呼んでいる。
メエメエ博士
CV:飛田展男
ヤギおじいさん科学や考古学などの専門的知識に長けており、メカニックとしての才もあるようであるが、基本的にあまり役に立たない変なメカしか作らないためみんなからはそんなに信用されていない。また、しまじろう達の遠足などの引率係として呼ばれる事もある。
上記の黒猫3兄弟と同じく、『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』以降は出番が消滅している。
ぽん太郎
CV:松岡由貴
『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』以降に登場するタヌキ男の子お金持ちのおぼっちゃまであり、しまじろう達とは常識や感覚がずれて噛み合わないことも多い。『しまじろうのわお!』では装がそれまでと大きく変わっている。
ひつじ
CV:小形満
ぽん太郎執事であるヒツジおじいさん執事の立場ではあるが、甘い性格なのかついついぽん太郎を甘やかしてしまうことも。
ガオガオさん
CV:稲葉実
『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』以降に登場するライオン男性。以前のメエメエ博士ポジションに位置する。「ふしぎ堂」という店を切り盛りしており、様々な変わった商品を売っている。商品の説明や冒険談は大概作り話であり、観察眼の鋭いらむりんには見透かされていた。また、メエメエ博士と同じくメカ制作することも多い。

ニコニコ動画では

初期の頃はこどもちゃれんじの教材ビデオトイレでできたらパンツマン」関連の動画が多く投稿された。同記事も参考。

その他、ほんわかとしたアニメ版OPとのギャップを活かしたOP差し替えMADも多い。一時期大量に投稿されており、近年でも少量ながら投稿が行われている。

他には例の作者の特集でもよく登場する。もっとも、こちらは同作の登場人物であるとりっぴいこと野とりっぴい関連が多いが…。

また、ブロじろうの人仙豆紳士氏)によるしまじろう×ブロリー動画も知名度が高い。詳しくは「ブロじろうの人」記事を参照。

関連動画

主題歌

OP差し替えMAD

その他

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%98%E3%82%8D%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

しまじろう

80 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 17:49:57 ID: TaI6Tjf4GF
むりん、長い間なんの動物かわからなかったわ
小さい頃は「らぶりん」と聞き間違えてラブラドールレトリバー)だと思ってたし
名前の由来も子供にはわからないだろ
みみりんの方がピンクでらむりんだったらワンチャンあったかも
81 ななしのよっしん
2019/06/29(土) 22:00:44 ID: HkkojA77dV
むりん突然フェードアウトじゃなくお別れの話をちゃんとやってくれただけまだ良かった
82 ななしのよっしん
2020/01/20(月) 02:16:43 ID: fb76ES2sV4
個人情報を流出させた挙句に共通試験に絡んで政商のように成り下がるとは幻滅したぞしまじろう
83 ななしのよっしん
2020/04/23(木) 13:26:25 ID: 6pq0lieDOf
もうしまじろうアンチになるわ
84 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 16:07:41 ID: y91N1Um0Oo
純米大吟醸 治郎
85 ななしのよっしん
2020/08/02(日) 22:35:35 ID: YaC4YKFmzv
>>54
実は2013年のフフのだいぼうけん以前にも90年代映画が3本作られていて、(昆虫のおともだちしまじろう海賊船・ふしぎがもりのひみつ)それらは2002年VHS化されている。ただ、これらは映画館ではなくこどもちゃれんじのイベント開されたものらしい。ちなみにらむりん黒猫兄弟トミーも登場する。

>>59
はっけんたいけんとヘソカはDVD化されてる。わおはたぶんソフト化されてないけど配信で見れる。
問題はしましまとらのしまじろうで、これは1994年ぐらいに24話だけVHS化されたけど発売元の倒産でそれ以降は全部未ソフト化。
一応2002年2006年ぐらいまでの200話ぐらいは配信で見れるが、それ以外は公式に見る手段が存在しないので個人的な録画が発掘されない限り見られない。
特にトミーのいた時代の回は全部未ソフト化で一切配信されていない。
86 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 09:17:50 ID: YaC4YKFmzv
しましまとらのしまじろうにはパイロット版が存在すると言われている。
それはほっぷ1994年1月号(ちなみにこどもちゃれんじに映像教材が付いた初めての号)のVHSに収録されている、『しまじろうドーナツつくり』というアニメ
これ、しまじろうみみりんしまじろうが登場するんだが、しまじろうとみみりんの旧声優陣で収録されている。(旧声優陣しまじろうアニメはこの1本だけらしい)
制作テレビアニメと同じスタジオ旗艦。(後のぴえろプラススタジオサインポスト)
90年代に存在したしまじろうの研究本(同人誌)によると、実際の配達は1993年12月で、テレビアニメの放送開始と同時期だったとか。
そのためテレビアニメ版のパイロット版として作られたんじゃないかっていう噂がある。
ただし、同じビデオにはテレビアニメのOPとEDのノンクレジット版も収録されているし、並行して制作された可性もないとは言い切れないから確はない。
87 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 23:16:59 ID: AOk7rKm63m
ちなみに初期の頃はしまじろうとりっぴぃラムリンっていうメンツで、ラムリンがミミリポジションだったんだよね。

「大きなリボンオシャレをしたならルンルンルン♬
プリンを作りましょ、お絵描きの好きなラムリンよ♬」

という謳い文句からも分かる。
88 ななしのよっしん
2020/09/11(金) 23:50:26 ID: AOk7rKm63m
むりんの降理由の

現代(降時期の2010年代序盤)の女の子としてのリアリティに欠ける

ってのが普通イミフなんだが。
89 ななしのよっしん
2020/09/15(火) 23:10:17 ID: dYU6gGNpPY
>88
https://twitter.com/kuman217/status/1290321588710080518?s=21exit
本当はそれは表向きの理由で、の理由は3DCGを導入する時にらむりん3D化が困難だったからにゃっきいに置き換えたという噂がある。
これは元スタッフらしき人がTwitterコメントしているし、らむりん後に作られた『きみにあえたね』っていう曲(https://youtu.be/vT2KV0x2Aqsexit)のアニメも基本的に実写3DCGなのにらむりんのいるところだけ2Dなので一定の信憑性がある。

急上昇ワード改

おすすめトレンド