編集  

ガンダム・キマリス単語

ガンダムキマリス

ガンダム・キマリスとは、アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツである。

GUNDAM KIMARIS
ガンダム・キマリス
ASW-G-66
頭頂高 19.3m
重量 31.7t
搭乗者 初代ボードウィン
ガエリオ・ボードウィン
エイハブリアクター×2
採用フレーム ガンダム・フレーム
武器

ガンダム・バルバトスガンダム・グシオンらと同様、72機のうち現存するガンダム・フレーム26機が一。
放送開始直後から設定画が開されていたが、劇中での登場は後半となる。
ガンダム・フレーム共通項として、レメゲトン第一章『ゴエティア』の72柱の悪魔が名前の元ネタであり、当機の元ネタであるキマリスは序列66番悪魔である。やはり序列と形式番号が一致している。
他のガンダムフレームと異なる特徴として、ブースタードリルなど脚部になんらかのギミックを仕込んでいることが上げられる。

西洋騎士を思わせるデザインで、紫色の装甲に身を包んでいる。
全身の各所にブースターを搭載しているだけでなく、両脚には展開して大ブースターとなるギミックが存在している高機動モビルスーツ。そのギミックのため、この形態では宇宙での戦闘を想定していると思われる。
装備は物理での近接戦闘体とする同作のモビルスーツ戦闘の基本に則っており、ランスったグングニールメインウェポン
ブースターの推進で突撃し、その威を加算したグングニールで敵を刺し穿つのがキマリスの基本的な戦法となる。このグングニールには120mmも内蔵されているため、射撃戦への対応も可
また、両肩には高速回転する手裏剣状の飛び道具「スラッシュディスクを備え、構成材質にガンダム・フレーム素材が一部含まれているため、ナノラミネートアーマーすら切り裂くことができる。
には折りたたみ式のコンバットナイフが懸架されているが、基本的にグングニールで事足りる為、不慮の事態に対応するためのフェイルセーフとして装備している。

後述のトルーパー仕様から判明する事だが、本機のフレームには独自の機構「マルチスロットアクセラレーター」が搭載されている。しかし、この機構の用途は不明のままとなっている。
同様のフレームそのものに特殊な機構を持つ機体の数は不明である。

マルチスロットアクセラレータ

予め、これはデザイナーである形部一平氏の想定であり、以下の記述は公式設定ではないことを明記しておく。
マルチスロットアクセラレーターというの装備だが、放送終了後に発売されたメカニカルワークスにて用途が判明した。
この装備、本来飛散するだけのエイハブ・ウェーブを増幅し至近距離まで接近した敵機に向けて放射、パイロットを破壊するための装備であることがデザイナーメモによって判明。
本来は「スティング」という名称であり、特に頼耶識を使っているパイロットに特によく効くとされる。
ガンダム同士のパワーは互であるため組み合った状態で照射することでパイロットのみを殺しMS化する、1期当時のガエリオであればそのような非人的な装備を使わないであろうことは想像がつく。
というか明らかモビルアーマーではなくガンダム同士の戦いに特化したこの装備だが、開発は何を思ったのだろうか。
厄祭戦終結後、モビルアーマーではなくガンダム世界の脅威に成り得ると判断したのか、今となっては定かではない。

ガンダム・キマリスルーパー

GUNDAM KIMARIS TROOPER
ガンダム・キマリストルーパー
ASW-G-66
頭頂高 19.1m
重量 32.7t
搭乗者 ガエリオ・ボードウィン
エイハブリアクター×2
採用フレーム ガンダム・フレーム
武器

地上戦用に装甲・装備を換装した形態。上記と変わらずガエリオが使用。
頭頂部を始めとして、装甲が大きく変わっており、地上戦で扱うために軽量化が成されている。
また、やはり大ランスを得物にするが、こちらでは騎士らしくシールドも装備。シールドにはコンバットナイフの位置づけと思われるキマリサーベルが懸架されている。
専用ランスデストロイヤーランス」にはグングニールより口径の大きい140mmが搭載されている。
また、リアアーマーには拠点制圧や対人・対モビルワーカー戦用の機が装備されている。

しかし、何より特徴的なのが脚部の部分的な変形機構。脚部装甲を変形・展開させることで四脚のような状態となり、ブースターの推によるホバー機動が可となる。
作中でも、上という悪路をホバー移動により文字通り高速で飛び越えていた。

サイドアーマーはサブアームとして使用することが可で、重量のあるランスの保持などに用いられる。

ガンダム・ィダール

ガエリオが素性を画し仮面の男ヴィダールとして行動する際に使用していたキマリス(トルーパー)を偽装修したガンダム。前述の2形態にべるとより対MS戦に特化した調整・装備がされている。

詳しくは該当記事参照
ガンダム・ヴィダール

ガンダム・キマリスィダール

GUNDAM KIMARIS VIDAR
ガンダム・キマリスヴィダール
ASW-G-66
頭頂高 不明
重量 不明
搭乗者 ガエリオ・ボードウィン
エイハブリアクター×?
採用フレーム ガンダム・フレーム
武器

アリアンロッドで偽装運用されていたキマリスが新たな装を受けた姿。偽装時代に追加されたシステムについては当時の姿「ガンダム・ヴィダール」を参照。
搭乗者のガエリオ・ボードウィン生存を明かしたことで、本機の偽装の必要がなくなったため、名称を元の「ガンダム・キマリス」に戻しつつも、偽装時代の名称である「ヴィダール」を同時に冠している。

第4OPに登場していたガンダムの正体で、バンダイホビーサイトにて先行開された。
弾射撃機構を持つ新ランスドリルランス」を武装とし、両膝にも工具のような円柱ドリルが仕込まれている。この「ドリルニー」はドリルランスを役立てづらい距離において猛威を揮い、軽々と装甲を貫通する必殺武器と化しているため、機動を封じられる距離においても全く安心できないのが、キマリトルーパーまでの姿と大きく異なる部分である。

キマリトルーパーでは手持ちだったシールドは背部にある二本のサブアームに一枚ずつ、計二枚装備する方式になった。また、サブアームごとシールド先端をドリルランスに接続することで保持を高めることができる。

現行技術での調整はあるものの、厄祭戦を終結に導いた時の姿である。
ただし、「確認されている」との表現からロールアウト直後のままであるかに関しては不明。
戦後は採用されている火器の1つが創設された当時の「ギャラルホルン」の手で「禁忌」にされた事もあり、
公式の場や式典などの出席のために装甲が換装されていた事がえる。

従来のキマリスにはかった「の弾丸と専用の射出機構」、
その正体はナノラミネートの防御を物ともしない兵器ダイスレイヴ」そのものである。前述のシールドとの連結ダイスレイブを射出するためのものである。
同じフレーム機のガンダム・フラウロスの物とはその運用思想が大きく異なり、
長射程に重を置いたあちらに対して、ショートレンジでの一撃必殺を的としている。

ガンダム・キマリスとードウィン家

この機体は、ギャラルホルンセブンスターズ」が一・ボードウィン徴たる機体である。
かつて起こった戦争「厄祭戦」においてこの機体に初代ボードウィン卿が乗り込み武勲を挙げ、戦争に終止符を打った。
この時の活躍が、ボードウィンが「セブンスターズ」となったきっかけと言われている。
以上のことから現在でもギャラルホルン理念徴として式典に駆り出されていた。

・・・が、同じガンダム・フレームであるガンダム・バルバトス火星少年たちの手に渡り、少年たちは革命徴を守る存在になりつつあった。
この状況をよしとしない治安維持組織ギャラルホルン少年たちを追走するが、その追撃メンバーに入っていたボードウィンの末裔であるガエリオ・ボードウィンは遂にこの機体を戦闘に持ちだすことを決意。キマリスは300年ぶりに戦線復帰することになる。

なお、ボードウィン以外の門にもそれぞれのガンダム・フレームが存在し、そのどはガンダム・バエルと共に「バエル殿」に封印されている。
門で所有しているのは現状ボードウィンのみとなる。

作中の

ドルトコロニーで鉄華団戦闘に介入したことにより、ギャラルホルン戦闘理由が腐敗そのものであることから出撃を快く思っていなかったガリガリガエリオも遂に重いを上げ、対鉄華団戦に出撃。これがガエリオキマリスを駆る初陣となる。
機動で翻弄する戦い方はガンダム・バルバトス三日月・オーガスの苦手とする部分であり、三日月を追い詰めたが、仲間たちの介入により戦況を押し返され、状況的な問題で戦闘を中断、撤退している。
この戦闘ではまだコンバットナイフは装備していなかった様子。

その後、地球低軌上で大気圏突入準備に入った鉄華団と交戦。
追加ブースターとコンバットナイフを装備し、より速度を上げて対応範囲をえた速度バルバトスを打倒しようとするが、短期間に鉄華団リアティブアーマーをバルバトス実装したという誤算から仕損じ、自身をったアイン・ダルトンが致命的な傷を受けることになってしまう。リアティブアーマーを提供したのが例の男ならガエリオは裏切られた形になってしまうが・・・。

地球では上記「キマリトルーパー」に換装されとして登場。瀕死カルタ・イシューを救助するために現れ、巻き上げた煙とホバー機動によるスピードにより、全にカルタを殺す気でいた三日月からカルタ機を救助した。しかし・・・。
その後、エドモントンでの戦闘においてグリムゲルデに乗っていた仮面の男・モンタークマクギリス・ファリドにより沈黙させられる。エドモントン戦後ガンダム・フレームボードウィンに返還された。

―――と思われていたのだが、実はエイハブリアクター周波数の竄などの偽装修を施した「ガンダム・ヴィダール」としてギャラルホルン外縁軌統制統合艦隊「アリアンロッド」で運用され、任務を行う傍らマクギリスの動向を伺っていた。
その後、ガエリオ・ボードウィンの表舞台への帰還により、当機も偽装状態を解除し換装、「ガンダム・キマリスヴィダール」として再び戦線に立つこととなった。

ガエリオが駆るバエルと決着を付けようとするも、阻もうとする石動が駆るヘルムヴィーゲ・リンカーとを交える。お互い姿は変わってるもののキマリスとグリムゲルデリベンジマッチであるが、石動を引き離し再びマクギリスを狙う。マクギリスをあと一歩まで追い詰めるも割って入ったヘルムヴィーゲがバエルい大破。石動からられたマクギリスへの期待は、かつてガエリオったアインとの信頼関係を思い起こさせるものだった。

マクギリスとの最後の戦いは、一旦火星に降りたマクギリスが再度出撃してきた際に行われた。互いに死を尽くしたぶつかり合いの末、キマリヴィダールも左腕を失うなど大きなダメージを受けるが、折れぬと言われたバエルソードをへし折り、最後は壊された足の残骸からドリルニーのドリルを拾い上げ、それをバエルの胸部に突き刺してマクギリスとの戦いに決着を付けた。
だが、酷使された頼耶識システム Type Eは、不可逆的に機を停止してしまった模様である(おそらくはその元となったアイン・ダルトンも「死亡」した)。

ゲーム品において

機動戦士ガンダム クストリームバーサス マキシブースト ON

「友のため!誇りのため!は戦う!これが、の戦う理由だ!!」

ガンダム・キマリストルーパーが参戦。コスト2000本編ガンダム・ヴィダールが大立ち回りを披露していた時期の2016年12月下旬に解禁、プレイアブル機として初のギャラルホルン機体である。格闘寄り万機でデストロイヤーランスに搭載されたマシンガン軸に近づきランスで相手を突き刺し、叩き付けていくのが大まかな立ち回りである。なお本編では使われなかった機も使用できる(「こういう手もあるのだ!」)。格闘寄りだが、低耐久であること、その上マシンガンや機の射程も短く必然と近距離で戦わなくてはならない。アップデートで射撃関係のアッパー調整が加えられ、同コスト帯でも高性になった。
この機体に載る上で重要なのは格闘CSランス突撃を当てられるか否かにかかっている。突進速度それなりだが、移動距離と誘導、威は優秀なため、半端な横移動やコストオーバーした機体に覚醒逃げさせず仕留めることも可。しかし手なエフェクトの割にスーパーアーマーが付いてないので、正面では簡単に迎撃されてしまうので正々堂々と闇討ちが基本。相方マスターガンダムガンダムエピオンのように前線でガンガンロックを集めてくれる機体が好ましい。
掛け合いも豊富で、サンダーボルトイオには戦場音楽を流すことにツッコんだり、三日月と同じ火星出身のゼハートに疑心を抱いたり、ニュータイプの反応速度に驚いたりと様々。あのサイコ・ザクのダリルに対してはお前その身体…アインと同じ…」と複雑な心の模様。なお、ゲームオリジナルキャラのセシアと組むと、アインの関係を、セストとやらが喜びそう?お前、何を言っている?と言う(セストの好きなものが男の友情なので)なお収録時期の兼ね合いか、ガエリオから三日月への言及はあるが、三日月からガエリオへの言及はい。なお「ガリガリ」は称号に、「隣の人」はコメントパーツになっている。

関連

商品

関連


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B9
ページ番号: 5395966 リビジョン番号: 2546553
読み:ガンダムキマリス
初版作成日: 16/01/23 09:20 ◆ 最終更新日: 17/12/13 20:55
編集内容についての説明/コメント: ネットからマルチスロットアクセラレータの情報をコピペ、確認取れる人は確認お願いします。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダム・キマリスについて語るスレ

341 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 00:23:42 ID: MYJe5Z89GG
仮にパイロット蒸し焼き装備が正式に存在していたとしても、あくまで厄祭戦後混乱物理的に抑えるための追加兵装とかその辺じゃないかね。
いかにキマリスが最後の方のナンバーだったとしても、MA相手に何の役にも立たないパイロット殺し装備を設計段階から積む事を考えるのは理があり過ぎるし。

そもそもあのハシュマルビームの直撃でも稼働にど影がない程耐熱性のある鉄血MS相手で、パイロット蒸し焼きとか必要な熱量とか考えたらくっそ効率悪そうだけど
342 : ななしのよっしん :2017/09/29(金) 11:11:10 ID: uS7WxvnxgC
マルチスロットアクセラレーターがそれらしいが。
基本対人仕様だろうな。「悪魔を始末する悪魔」の想定だったんだろう
343 : ななしのよっしん :2017/12/18(月) 21:27:21 ID: TDzScHmifq
主人公でもライバルのでもないのに四段階の専用機与えられたキャラなんてほぼないんじゃない?
344 : ななしのよっしん :2017/12/20(水) 07:35:35 ID: lYnycxaawp
でもガリガリ以上のライバルポジっていないんじゃない?
345 : ななしのよっしん :2018/04/02(月) 22:31:39 ID: nyNSUPzMtX
>>337
ないに等しいというか、あくまでもデザイナーからこういうのはどうだろうかと提案されただけのアイデアだからね。
公式設定とは違う
346 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 00:35:04 ID: a+qVTJnutl
やっぱり「厄祭戦時の姿」ってのが違和感がある。
上半身と下半身の色の違いがあるから
「厄祭戦当時の上半身と良を加えた下半身」ってすればよかったのに。
そうすれば、アイン譲りのドリルニーってほっこりできる。
347 : ななしのよっしん :2018/08/19(日) 21:09:56 ID: 7VfgbUgHdy
エルコスト3000なら、キマリスヴィタールもコスト3000だな
348 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 07:56:18 ID: 7VfgbUgHdy
エクバ2公式サイトキマリスヴィタール参戦がお漏らしして(修正済)

ダイスレイヴちらつかせながら、アインと殴るコスト3000版試作2号機みたいになるんかなぁ
349 : ななしのよっしん :2018/11/22(木) 21:45:16 ID: 9krLOkS5Xr
EXVS2でのキマール、正式発表来たな
やっぱりコスト3000で同コスト初のマシンガン持ちらしい
ダイスレイブが通常技だったりアインシステムが特殊移動技で採用されたのは意外
モーションを見るにガンダムヴィダール時代の要素も入ってるっぽい?
350 : ななしのよっしん :2019/01/13(日) 01:33:52 ID: TJixvlqFPY
今更ながらEXVS2にて
マスターサバーニャ程ではないがかなりのぶっ壊れ性だったせいか速下方修正食らった模様
と言っても弱体点はロック短縮、メイン連射数減少、N特格ブースト消費追加くらいだから
特格ブンブンが出来なくなった(出来るがハイリスクローリターン)だけでまだまだ強機体の部類
せめてダイスレイヴの鈍足付与はくしてくれませんか…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス