ゴウカザル単語

ゴウカザル
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ゴウカザルとは、ポケットモンスターに登場するNo.392ポケモンである。初登場はダイヤモンド・パール称は「」。

基礎データ
名前 ゴウカザル タイプ ほのお かくとう
英語 Infernape 高さ 1.2m
分煙 かえん 重さ 55.0kg
図鑑 #392 特性 もうか
ジョウト #
ホウエン # 夢特性 てつのこぶし
シンオウ #006 グループ りくじょう / ひとがた
イッシュ # 孵化歩数 5120歩
カロス # 性別 87.5% : 12.5%
世代 第4世代 努力値 攻撃+1
特攻+1
+1
進化 ヒコザルモウカザル(Lv14)ゴウカザル(Lv36)
No.392 ゴウカザル
かえんポケモン
たかさ  1.2m
おもさ  55.0kg

ほのおタイプ
かくとうタイプ
りょうて りょうあしを つかった
とくしゅな かくとうわざを つかう。
ほのおは いっしょう きえない。
種族値 合計534
H
P





76 104 71 104 71 108

図鑑説明

ポケットモンスターダイヤモンド
りょうて りょうあしを つかった とくしゅな かくとうわざを つかう。 ほのおは いっしょう きえない。
ポケットモンスターパール
あたまで もえる ほのおの ように はげしい せいかくの ポケモン。 すばやさでは だれにも まけない。
ポケットモンスタープラチナ
てあしに ほのおを まとった どくとくの かくとうわざを つかい どんな あいてにも たちむかう。
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
すばやさで あいてを ほんろうする。りょうて りょうあしを つかった どくとくの たたかい かたを する。

概要

ゴウカザル第4世代の御三家の一匹、ヒコザルの最終進化系で、ゲームポケットモンスター ダイヤモンド/パール」におけるシンオウ四天王の一人、オーバの切り札(プラチナでは変更)。

アニメではサトシの手持ちとして登場。特性「もうか」を発動すれば確実に相手を倒し、負けた試合も四天王オーバ戦のみという強さを見せた。

 

 

対戦におけるゴウカザル

攻撃・特攻が高く、攻撃範囲の広い炎と格闘技タイプ一致で使え、その上素さは第5世代までは炎タイプ最速、格闘タイプ最速タイという高い攻撃性を誇る(第6世代ではファイアロールチャブルに抜かれてしまった)。

相性補には「ストーンエッジ」、「くさむすび」など多数。他にも一致先制技の「マッハパンチ」や「ねこだまし」によるタスキ潰し、「とんぼがえり」や「ちょうはつ」、「アンコール」、「ステルスロック」など小技・補助技も非常に豊富である。それゆえゴウカザルの初手の動きを読むのは困難であり、完封は難しいとされる。
ギャラドスボーマンダなどのタイプ上の相性が極めて悪いポケモンでさえ、その豊富なサブウェポンと補助技を駆使して優位に立ちまわることも可

初めて登場した第4世代の対戦においては環境最上位に君臨し、「役割破壊の申し子」「ダイパが産んだ狂気の産物」 などの異名で呼ばれるなど、プレイヤーに強インパクトと恐怖を与えた。

その反面タイプ不一致の「じしん」を確率で耐えうる程度の耐久はあるが、技「フレアドライブ」や「インファイト」による反動を考慮すると、その耐久は低いと結論づけられるだろう。

しかし第5世代に入ると、同じ炎・格闘タイプでありながら「ゴウカザルの劣化」と言われていたバシャーモ夢特性「かそく」を得たことで台頭。また二刀流ポケモン全体に言えることだが、生半可な火力では倒せないポケモンが増えたこと、また「くさむすび」では倒せないウォッシュロトムの流行などもゴウカザルにとって逆となっている。
6世代ではメガシンカポケモンの登場などによってインフレがさらに加速し、火力不足がより深刻に。器用貧乏と形容されることもしばしば・・・。

とは言え未だ安定した強さを持っているのも確かで、バシャーモのような全抜きを狙えるはないが、確実に何かしらの仕事をこなせるのはやはり強みである。先述のようにその豊富な技のバリエーションからくる柔軟性はバシャーモにはない武器であり、ゴウカザルを一線級のポケモンたらしめる最大の要因である。

また、ダブルバトルでは初ターンでの素さ、「ねこだまし」の存在、そしてメジャーカビゴンバンギラスメタグロスなどに強いなどの理由からこちらでもトップクラスポケモンとして君臨。ミュウツーカイオーガなどの伝説のポケモンが大暴れするGSルールにおいても、パルキアとのコンビで猛威を奮っていた。
かしこちらでも5世代ではエスパーの台頭などによりこちらも徐々にその数を減らすことに・・・。しかし第6世代ではメガサーナイトとのコンビサルサナ』などで再び注されるなど、そのポテンシャルは健在である。

関連動画

動画検索ゴウカザルexit_nicovideoタグ検索ゴウカザルexit_nicovideo

関連静画

関連商品

関連項目

御三家ほのおタイプ
第1世代 第2世代 第3世代 第4世代 第5世代
第6世代 第7世代

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴウカザル

886 ななしのよっしん
2019/12/11(水) 08:54:56 ID: xLNQfy0ISi
>>883
舞も悪巧みも使えるんだけどね
887 ななしのよっしん
2019/12/20(金) 18:54:02 ID: Zc3KR4Bub2
今後御三家同士が共演することがあるかはわからんが、あった場合は悪巧み流になるのかね
惜しむらくは元々技が豊富過ぎて、覚えなかった技が追加されることに期待出来ないことだな

コイツには舞悪巧みを始め地震エッジパンチ結びもあるが、不意打ちが差別ポイントだったエンブオーマジで可哀想
というかリベロエースバーンブオーのいいとこ取りで最やっちゃいけないレベルかと
888 ななしのよっしん
2019/12/31(火) 07:09:51 ID: /lx37kYDBh
タイプ変身速攻アタッカーガチで他の同タイプポケモン食いかねないからな。ゲッコウガァ・・・明済だが。
範囲が割と狭い(めざパ覚えない等)ほうだからそこは救いか。こちらもかえんボールみたいな強い一致技欲しいわね・・・(炎版とんぼがえり効果の如意棒的なのとか・・・)
889 ななしのよっしん
2020/01/23(木) 21:40:43 ID: qEEZec+j/6
ゲッコウガコケコ→ドラパみたいに世代追うごとにどんどんアタッカーのSがインフレしすぎてるからもうは速いと言えない
微妙なSに微妙火力耐久になってる 
890 ななしのよっしん
2020/02/17(月) 12:00:08 ID: PLc8UeBA6y
出た当時でも、すでに種族値上では火力不足なのは摘されてはいた。
ただこの時代は技威アイテムで十分ごまかせる範囲で、高威力技が増えても覚えられないポケモンも多かったから、上からける範囲を考えれば十分だった。
当時はこいつよりポケモンが少なく、その中で環境入りできたやつに絞ると数えるほどしかいなかった。
良くも悪くもインフレにおける最大の被害者といえる。
891 ななしのよっしん
2020/02/25(火) 15:52:24 ID: TEKh7NlsiE
>>890
サル初登場の第4世代も火力準自体は高かったよ
特殊技弱体化前かつフェアリー登場前で、C130ラティオスメガネ流星群(威140)とか、A130ガブリアスハチマキ逆鱗(威140)とかが闇に飛んでくる時代だから

もし第4世代初期からHGSS環境だったら立つ成果を挙げるのは難しかった。ところが都合よくHGSS発売までサルに強いポケモンの解禁が遅れた。だから初期のサルにも活躍の芽があった

だからインフレ被害者とはまた違う気がするんだよね。初登場の第4世代(より正確に言えば第4世代後期)から環境についていけなくなったわけだし。第5世代から置いてきぼりだったなら、まさしくインフレ被害者だったんだけど
892 ななしのよっしん
2020/04/16(木) 11:02:58 ID: Zc3KR4Bub2
7世代のシンオウ杯でトップクラスの採用率だから、弱いはずないんだけどな
公式猛プッシュの他御三家に壊れ特性与えられたり、メガシンカに数値負けしたりと不憫な存在
コイツ自体はラティオスに敵わないあたり凄いいい調整だと思うよ
893 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 01:22:35 ID: vAmrDyJmrV
土台エンペといい4世代はテコ入れされないのが多くて不憫だな
エンペはそれでも7世代では食らいつけてたけど
894 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 12:55:22 ID: nA/aOAqCWV
剣盾新規習得技は「スピードスター」と「こらえる」のみとのこと

テコ入れする気がないのか、あるいは技データ追加しただけで剣盾に出す予定がないのか
895 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 07:55:16 ID: TEKh7NlsiE
>>892
>>シンオウ杯でトップクラスの採用率だから、弱いはずない

前提条件があまりに特殊過ぎる・・・

急上昇ワード