ディアドラ(ファイアーエムブレム)単語

ディアドラ

ディアドラ(ファイアーエムブレム)とは、二人のする男を破滅させた悲劇のヒロインである

CV:井上喜久子(FEヒーローズ)

概要

キャラクターとして

シミュレーションRPGファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の前半第1部のメインヒロインである。銀髪、あるいは薄紫色のウェーブがかったを伸ばした少女

ヴェルダンシャーマンとして暮らしていたが、シグルドと出会ったことによって大陸を揺るがす陰謀の中心人物として数奇な運命をたどることになる。

第1章にて登場。この時点では彼女精霊で暮らすシャーマンでしかなく、また、彼女は掟によってから外の世界に出ることを禁じられていた。しかし、前半主人公シグルドと出会うと互いに一に落ち、一度は離れるものの、敵の遠距離魔法に苦しむシグルド軍を助けるために再度シグルドの前に姿を現す。ディアドラの持つ「サイレス」によってシグルド軍は事に敵を撃破することができた。その後、ディアドラは禁を破ってシグルド結婚し、彼とともに外の世界に出ていくことになった。

第3章ではすでにシグルドとの間に長男であるセリスが誕生しており、シグルドは多難なの面とは裏に、私の面では実に幸せ庭を築いていた。この章ではディアドラ赤子セリスの世話を優先して、出撃せず本で待機することになる。しかし、第3章の途中でディアドラ戦場シグルドを見舞おうとセリスシグルドの保護下にあったイザークのシャナン王子に託してを抜け出した際、暗教団のマンフロイによって誘拐されてしまう。

妻の失踪を知ったシグルドは当然すぐに捜索を命じようとするも、そのときすでにシグルドは陰謀によって反逆者の汚名を着せられており、本から派遣されたシグルド討伐軍がすぐそこにまで来ていた。シグルドは妻の身を案じつつも、捜索をあきらめて討伐軍から逃れていくしかなかった。

次にディアドラストーリーに登場するのは前半のクライマックスバーハラの悲劇」の場面である。シグルドたちをにはめたヴェルトマ公爵アルヴィスは、実はグランベル王皇太子クルトの隠し子で今は自らの妻となったディアドラシグルドに見せつける。ディアドラはマンフロイによって記憶を失っており、連れ去られた先でアルヴィスの妻となっていたのであった。

行方不明だった妻との突然の再開と、その妻が別の男と結婚していたという事実混乱するシグルド。だが、その直後にシグルド軍は卑劣なだまし討ちを受け、壊滅。シグルド自身もアルヴィスとの一騎打ちの末に死亡し、ディアドラとの縁が再び交わることはかなわなかった。そして、ディアドラアルヴィスとの間に子供をもうけ、その子たちがグランベル王から編されたグランベル帝国を継承する、はずだった。

ディアドラの母、シギュン

ディアドラ、シギュンはかつて外界とかかわってはならぬという掟を破り、ヴェルトマ公爵ヴィクトルの妻となっていた。シギュンとヴィクトルの間に生まれたのが、『戦』本編で登場するアルヴィスである。

しかし、ヴィクトルは女遊びがやめられず、シギュンは他の女のところに通う夫に泣き続ける日を送っていた。そんな彼女を慰めたのがグランベル王皇太子クルトであった。慰めと感謝の感情がやがて情に変わるのに時間はいらず、ならぬの果てにシギュンはクルトの子を妊娠してしまう。

自分の妻が仕えるべき王人間寝取られていたことを知ったヴィクトルは絶望し、自ら命を絶ってしまう。このことはシギュンにも息子アルヴィスにも大きな影を落とした。シギュンはクルトの子を身ごもったまま出奔。にも知られることなく故郷の精霊に帰っていった。そして、そこで生まれたのがディアドラである。

つまり、アルヴィスディアドラは異兄妹であり、二人はそれを知らなかったとはいえ、近親相姦を行ってしまったことになる。そしてそれは、シギュンの血に隠されていた暗黒神の復活につながっていく。

ディアドラの血の秘密

聖戦の系譜』の舞台となるユグドラ大陸は、かつて暗黒神の血を引く皇帝が治める「ロプト帝国」が支配していた。ロプト帝国はやがて「器」を携えた戦士たちによって打倒され、戦士たちの末裔が治める現在の体制に移り変わっていくが、ロプト帝国皇帝の血は途絶えていなかったのである。

戦士に敗れ、地下に潜ったロプト帝国の残党は暗教団を結成し、かつて皇帝に反逆した皇族マイラの子孫を探し始める。マイラの子孫には薄いながらも暗黒神の血が流れており、子孫同士が交わって子供を作ればかつての皇帝並みの濃さで暗黒神の血を引くものが生まれ、暗教団に保管されていた闇の魔道書「ロプトウス」を持たせることで暗黒神の復活がなるのである。

マイラの子孫は当然その危険性を認識しており、精霊深くにひっそり暮らして外界との接触を控え、なおかつ複数の子供を設けてはならないという掟を作っていた。しかし、シギュンがその掟を破り外界に出て男女子供を産み、さらにディアドラも自らが暗黒神の血を引くと知っていながら掟を破って外界に出てしまったため、暗教団によって誘拐され、異という真実を知らぬままにアルヴィスと番わされ、暗黒神の復活に手を貸してしまうことになった。

ディアドラの最期

アルヴィスディアドラの間に生まれた双子ユリウスとユリアのうち、ユリウスはまさに暗教団めていた人物であった。ここに暗教団の宿願はい、ユリウスの体をもってロプトは復活を果たす。そして、ユリウスはかつて敗れた魔道書「ナーガ」を使えるグランベル王の者、すなわちディアドラユリア殺しようとする。

ディアドラは最後のをもってユリアを逃がすことに成功するが、自らは逃れることはできなかった。自らが犯した過ちと、シギュンが犯した過ち、その結果として生まれてしまった息子ユリウスの手にかかり、ディアドラはその運命を閉じるのであった。

ユニットとして

クラスシャーマン。使用武器は魔法およびクラスチェンジはできない。

者ヘイム直系の血のおかげで魔法の武器レベルは武器レベルB。加入時点で魔法オーラ」と敵の魔法を封じる「サイレス」およびスキル「祈り」「ライブ」を付与する「サークレット」を所持している。

ステータスと成長率も者ヘイム直系の血のおかげで魔魔法防御は高いが、その他はそれほどでもない。

スキルは「見切り」。敵の「必殺」などを防ぐことができる有用な防御スキル

一応、オーラを使った攻撃もできるが、基本は回復のを買って回復に専念させたほうが良いだろう。オーラは攻撃は高いものの、重く、また、ディアドラ自身も防御に不安がある上に、攻撃スキルを持たないためどうしても敵ユニットを減らすのには使いにくい。

母親として

固定カップルのため、ほかのユニットのようにを相手にするかという議論の対にはならないが、ディアドラの成長がセリスユリアステータスに関わってくるため、できる限りレベルは上げておきたい。

出撃制限もある上に第3章途中で離脱という時間制限もあるので、本の闘技場で負けたキャラを回復させるなどして経験値を急いで稼ごう。

雑記

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディアドラ(ファイアーエムブレム)

1 ななしのよっしん
2019/08/22(木) 15:14:02 ID: CFPtqAi/nl
悲劇のヒロイン(ガチ)