編集  

バトルロイヤルゲーム単語

バトルロイヤルゲーム

概要

バトルロイヤルゲーム[Battle royale game]とは、シューターFPS,TPS)で大人数同時対戦を行い、相手を倒した回数などのスコアで競うのではなく、試合中の復活しのルールで最後に生き残ったプレイヤーが勝者となるビデオゲームの総称である。

2017年3月リリースされた「PlayerUnknown's BattlegroundsPUBG)」の流行をきっかけに、多くのフォロワー的タイトルや同様の対戦ルールを導入したゲームが数多く登場した。PUBGの登場後まもなく、それまでの10年間でオンライン対戦のプレイヤー人口が最も多かったゲームジャンルMOBADotA系)をえる勢いがあり、新しいゲームジャンルのひとつとして定着したと言えるだろう。

オンライン対戦用ゲームにおける世界的な流行といっても、先に触れたMOBA(およびそのタイトル群)は日本国内では何だか影が薄かったりもした。一方で、このバトルロイヤルゲームの場合は、PUBGFortniteなどのゲームタイトルの知名度、そして日本人プレイヤー人口も多く、日本語版や専用サーバー内専門のサポート運営口も用意されているゲームタイトルもある。各動画サイトでのプレイ動画投稿や配信も盛んであり、日本国内でも人気が高い様子が十分伺えると思う。

"バトルロイヤル"という言葉自体は大規模な乱戦を意味する一般的な単ではあるが、ゲームジャンルとしての名称の由来になったのは、PUBGの前身でこのゲームジャンルパイオニアであり影の大きかった「PlayerUnknown's Battle Royale(PUBR)」とも考えられる(PUBRが登場した頃は"Hunger game"とも呼ばれていた)。ゲームジャンル形成の詳しい過程は後述する歴史の項で解説する。ちなみに、このPUBRのルールと名称は日本映画の「バトル・ロワイアル」が元ネタであることが開発者自身によって明言されている。

基本的なルール

ゲームタイトルによって異なる部分もあるが、概ね以下のような基本ルールが導入されている。

歴史

まず、前身の前身とも言える「DAYZ」について解説する。これは「Arma2」というFPSMOD2012年初頭に登場した。オープンワールド軍事シミュレーターであるArma2ゾンビ・対人サバイバルゲームに作り替えた内容であり、MODという形式ながらも元になったArma2の売り上げを5倍に引き上げるほどの人気があった。後年には多くのフォロワータイトルも登場することになる。このDAYZ自体には試合や基本ルールという概念はく、あくまでプレイヤーサババルを体験するためだけのゲームだった。

DAYZ人気は非常に高く、DAYZ用のMOD(つまりMODMOD)も数多く制作された。その中のひとつに「DayZCherno+」があった。これはDAYZの対人戦に焦点を当てバランスを調整変更したものである。このMOD製作したのは、本名Brendan Greene、もとい"PlayerUnknown"氏である。PU氏はDAYZとそのMOD群をきっかけにゲーム開発に興味を持つようになり、さらなる自身のMOD制作を続けた。

その後まもなくPU氏はDAYZの対人戦をより発展させたMODDAYZ:Battle Royale」を制作開した。元々は身内仲間と一緒に遊ぶため程度に作ったものであったが、DAYZ関係のコミュニティ上で人気となり、自分で運営していたサーバーが満員になる日が連日続くことになった。映画バトル・ロワイアル」の劇中に登場する禁止エリア元ネタにしたプレイエリアが時間経過とともに縮小されるというルールがここで完成される。

2013年12月DAYZArma2MODから独立して、スタンドアローンのゲームタイトルDAYZ:SA)として再開発されることになった。これを受けてPU氏は自身のバトルロイヤルMODの開発ベースDAYZから「Arma3」に移行し、2014年4月に「PlayerUnknown's Battle RoyalePUBR)」をリリースした。ゲームエンジンを移行したことでより柔軟な開発が進められるようになり、このMODでパラシュート降下での試合開始が導入された。他にもピストル限定モードや復活ありの"WARモード"なども追加され、これらは後年のPUBGにおけるイベントモードの原になった。現在でもこのMODは配布されており、PU氏自身によってサーバー運営が続けられている。

余談として、シューターFPS)の対戦において生き残りで勝者を決めるルールは「Unreal Tournament(1999)」の"Lastman standing"というものがあった。バトルロイヤルというゲームジャンルを解説する上でサバイバルゲームLastman standingを掛け合わせたようなゲームと形容されることもある。また、映画ハンガーゲーム」を元ネタにしたMinecraftMOD映画開と同じ年の2012年に登場しており、PU氏との関係性は現在バトルロイヤルゲームタイトルの発祥元とは若干異なるものの、同じ様なルールを導入したゲームの最初期の例としてられることもある。


PUBR以降のPU氏は自身のバトルロイヤルゲームをより発展させるために、MODから独立した新規ゲームタイトルとしての開発を検討していた。最初にArmaシリーズの開発元であるBohemia Interactiveにをかけたが、当時、同社はDAYZArma3の開発で手一杯だったようで、バトルロイヤルゲームの共同開発は実現しなかった。

一方で、ゾンビ・対人系サバイバルゲームの「H1Z1」の開発運営を行っていたSony Online Entertainment現在Daybreak Game Company)のスタッフPUBRと開発者であるPU氏に興味を示しており、2015年PU氏は監修という形でH1Z1の開発に参加した。バトルロイヤルモードが追加のゲームモードとして実装され、同作の売り上げを大きく飛躍させることになった。後の2016年には「H1Z1:King of the kill」としてバトルロイヤルモードスタンドアローンタイトルとして独立、さらにその後は本家H1Z1と置き換えられる形で名称が変更され、H1Z1PU氏がきっかけで全く別のゲームになってしまったとも言える。

しかしながら、この時のPU氏はあくまで監修の立場であり開発の導権を持っていなかった。自身のゲーム制作するためにH1Z1と同開発スタジオから離れることを決めた。幸いにもこの頃にはPU氏のバトルロイヤルゲームが注されており、数多くの開発スタジオからのオファーを受けていた。

PU氏はMMORPGTERAを開発運営していたBluehole Studioに移籍し、同スタジオスタッフと共に新作バトルロイヤルゲーム制作に取り掛かった。そして、2017年全な新規バトルロイヤルゲームとして「PlayerUnknown's BattlegroundsPUBG)」がリリースされた。同作は発売後まもなくSteamtwitchの統計記録を大きく更新し、それまでの10年近い間プレイヤー人口の上位を維持していたMOBAタイトルや対戦FPSの代表格であったCounter-Strikeの記録を塗り替える大ヒット作になった。

2017年9月Epic Gamesより「FortniteFortnite Battle Royale)」がリリースされる。元はPvEを体としたゲームとして2011年頃から開発が進めれていたが、PvPモードとしてバトルロイヤル実装された。PUBGとは異なるカートゥーン調のグラフィックデザインクラフト(防や砦の建築要素)による独自の戦闘が評価され、F2Pであることも踏まえてこちらも大ヒット作になった。ただし、PU氏とは一切関りがく、PUBGの開発スタジオPU氏は類似性に苦言を呈してもいる。

新しいゲームジャンルの登場とその影によって議論されるような一面もあるかもしれないが、このバトルロイヤルゲーム人気は既にひとつのゲームタイトルという範疇を大きくえているとも言える。これからも様々な形でバトルロイヤルゲームが登場することが予想されるだろう。

記事のあるバトルロイヤルゲーム

関連記事


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 5526846 リビジョン番号: 2584900
読み:バトルロイヤルゲーム
初版作成日: 18/05/01 14:18 ◆ 最終更新日: 18/05/01 14:18
編集内容についての説明/コメント: 初版
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バトルロイヤルゲームについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/06/22(金) 20:12:13 ID: wVAifo9xKV
現状はジャンルっていうよりFPSTPSの1ルールって感じがするな、デスマッチ取り、旗取りと同列の
そのうち他のジャンルを巻き込んで1ジャンルとして確立するのか、それともFPSTPSの1ルールに収束するのか
2 : ななしのよっしん :2018/08/07(火) 19:53:16 ID: dUj6+FRahz
漸く現代のゲーム進化させる方向性が定まったという感じかな
次世代機に向けて今後の3年間は土台作りをどこまで成長させ続けるか、それとフォートナイト1強状態を打ち崩せるバトロワが現れるか否かで、明暗が分かれそう
3 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 07:15:30 ID: HNdLXHHU29
動画としてはDAYZH1Z1時代が一番面かったな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス