編集  

Minecraft単語

マインクラフト

Minecraftマインクラフトとは、"Notch"ことMarkus Persson氏が作成した、サンドボックスのものづくりゲームである。

現在Jeb氏が開発の中心となり、Notch氏の設立した開発スタジオMojangからリリースされている。

2011年11月18日に製品版リリース

概要

レトロゲーを想起させるドットテイスト3Dブロックが溢れる世界で、自由に探索・採掘し、思い通りの世界を組み上げることが出来るゲームである。ほぼ限に自動生成される地形は全て立方体ブロックで構成され、ブロックを壊すとそれをアイテムとして入手できる。集めたブロックを設置して建物を立てたり、様々なアイテムクラフトしてあちこちへ探索できる。

現在異世界や遺跡の探索、農耕や牧畜、村人との交易など世界を形作る要素も追加されている。

PCMac版を中心に、現在 Android, iOS, Fire OS, Windows Phone, Xbox360, PS3, PS Vita, Xbox One, PS4, WiiU,Nintendo Switchでも販売されている。

詳細

今に続く「サンドボックス型ゲーム」のムーブメントのさきがけとなった。本作から影を受けたゲームも多い。海外インディーズゲームの中では大成功を収め、インディーズゲーム業界の活性化にひとつの影を与えている。

Notch氏のブログによると、元々はDwarfFortressの影を受けてゲーム制作を試行錯誤をしていたが、ある時Infiniminerと衝撃的な出会いを果たし、このゲームの面いところを抽出してもっと洗練させられないかと考えた氏は、Minecraftの原を作り上げるに至ったようだ。

2009年に開発版が開されると、その独特のゲーム性が動画サイトや口コミを通じで爆発的に広まった。そのムーブメントは日本でも伝えられ日本ゲーマー達にも知られるようにまでなった。ニコニコ動画でも様々な動画投稿され、ベータ版時点にも関わらずプレイ人口が右肩上がりに増加し、ゲームプレイ動画のひとつのジャンルを形成するまでに至った。

その後、長いテスト期間と数々の要素追加を経て、2011年11月18日日本時間で19日)に製品版1.0がリリースされた。現在も精的にアップデートが続けられ、様々な要素が追加されている。

2017年Minecraftの開発・運営会社であるMojangを買収したMicrosoftにより、プラットフォームの統合が行われ、メインJava版からC++版に切り替わった。

第一歩を踏みだそう

ゲームモード 特徴
サババルモード 探索や採掘・クラティング・戦闘を通して生活を楽しむ基本モード
ハードコアモード 一度でも死亡するとワールド消去かスペクティターモードになる
クリエティモード ブロック自由に配置でき、建築やものづくり要素に集中できるモード
アドベンチャーモード プレイヤーが作成したワールドを遊ぶためのモード
※初期選択は不可能、他のモードプレイ中にチートコマンドモード変更することでできる
スペクティターモード 観察モードプレイヤーは透明になりブロックアイテムに干渉できない
MOBを左クリックするとそのMOBの視点に切り替わる。

ゲームを開始するとあなたは見知らぬ土地にひとりで放り込まれる。木を切り、土を掘り、速拠点を作っても良いし、気ままに探索するのもよいだろう。自動生成される地形では様々な環境に巡りあうことができる。洞窟を見つけたら探索してみよう。地下は重な鉱石の宝庫だ。

とはいえになると敵モンスターが襲ってきたり、洞窟を掘り進むと敵に取り囲まれることもあるだろう。初めのうちは、襲われないように拠点を作って逃げても良いが、武器をクラフトすると戦うことができる。重な鉱石は地中の深く、困難をえた先にあるのが世の常だ。鉱石を集めてより装備を強化していこう。

ブロックの設置は自由気ままで、を作ったり、を作ったり、農場や牧場を作ったり、を作ったり、…とアイデア次第で色々なものが作れる。徹底的に建築にこだわるのもよし、農作や牧畜をして生活基盤を築くもよし、戦闘と探索に明け暮れるもよし。自分のスタイルで気ままにプレイしてみよう。

マルチサーバーで多くのプレイヤーと協して遊ぶことも可だ。

バージョン・種類

名称・俗称 ラットフォー 価格
Minecraft
Minecraft

(Better Together Update)
(Bedrock Edition)
(Bedrock Codebase)
(PC版)
(BTU版)
(統合版)
PC
Windows 10 [1]
3,150
Android 840円
iOS 840円
Fire OS 840円
Xbox One 2,350円
Nintendo Switch [2] 3,888
Gear VR 690
Java Edition
Minecraft: Java Edition

(旧PC版)
(Java版)
PC (Windows)
Mac
\3,000
Legacy Console Edition / その他 [3]
Minecraft: Apple TV Edition [4] Apple TV (iOS) 2,400円
Minecraft: Xbox 360 Edition Xbox360 2,138円 (パッケージ)
2,057円 (DL)
Minecraft: Xbox One Edition Xbox One 2,160
Minecraft: PlayStation 3 Edition PS3 2,057
Minecraft: PlayStation 4 Edition PS4 2,057
Minecraft: PlayStation Vita Edition PS Vita 2,057
Minecraft: Wii U Edition Wii U 3,888
Minecraft: New Nintendo 3DS Edition [5] New3DS 3,888

現行のMinecraftは、モバイル機器でも軽量に動作しやすいよう「Pocket Edition」のプログラムコードC++)をベースにして開発された、「Bedrock Edition」がメインとなっている(Bedrockは開発に使われたゲームエンジンの名前)。これまでPC版とされてきたJavaオリジナル版は「Minecraft: Java Edition」の名称に変更され、ゲーム自体は引き続き提供されるものの、メインラットフォームではなくなっている。

2017年に実施された大アップデートBetter Together Update」により、XboxSwitchのような据置ハードからAndroidiOSなどといったモバイルハードまで、複数の異なるプラットフォームでも同じ間でプレイすること(クロスプレイ)が可になっている。[6]
任天堂系のハードクロスプレイが可だが、この統合対ソニーPlaystationハードは含まれていない。

なお、統合されたバージョンの名称は全て「Minecraft」に統一され、「Minecraft for ○○」という名称に変わった(統合版が提供されなかった旧来のハードのものはMinecraft: ○○ Editionのままとなる)。ただし、アップデートは統合版だけでなく引き続き各エディションにも配信されるとのことで、取扱終了したというわけではないようである。

ちなみに、Java版とC++版には互換性がないのでJava版のデータC++版へ移植することはできない。そのため、Java版でワールドを作ってきたユーザーC++版に乗り換えた場合は最初からもう一度作ることになる。(C++版はエクスポート機が追加されているためC++版どうしならデータの移動・共有は可)。

2017年以前のハード展開

ハード 名前 価格(税込み)
PCMac Minecraft 3000円
(2016/3/1から日本円対応)
Android
iOS
Fire OS
Windows Phone
Minecraft: Pocket Edition 700円 (Android,iOS,WP)
600円 (FireOS)
Windows 10 アプリ Minecraft: Windows 10 Edition 1,000円
Xbox360 Minecraft: Xbox 360 Edition 2,138円 (パッケージ版)
2,057円 (DL版)
Xbox One Minecraft: Xbox One Edition 2,160
PS3
Minecraft: PlayStation 3 Edition 2,057
PS4 Minecraft: PlayStation 4 Edition 2,057
PS Vita Minecraft: PlayStation Vita Edition 2,057
Wii U Minecraft: Wii U Edition 3,888

現在のものはスマホや据置ハード向けにも使用できるようにプログラミング言語C++」で再度コードを書き直しているが、もともとは開発者のNotchがPC向けにプログラミング言語java」で開発していた。[7]

上記の内容はプラットフォーム統合前のものである。また、移植版(WindowsMac版以外)は古いバージョンベースに作られているため、最新の内容と違う場合があるので注意されたし。

購入方法

2017年よりプラットフォームが統合・大幅に仕様変更され、初期の頃から「PC版」と呼ばれてきたものは、「Minecraft: Java Edition」に名称変更されている。購入する際には内容を必ず確かめ、お間違えのないように。

決済(支払い)にはクレジットカードが必要な場合があるが、クレジットカードがない人は「VISA」「マスターカード」「JCB」などのブランドマークがついているデビットカードプリペイドカードでも可。それらのカードクレジットカードのような支払いができるので代用もできる(決済時にクレジットカードと同じシステムを利用しているため。なお、詳細については以下のそれぞれの記事を参照すること)。

近年は、「AppStore&iTunesギフトカード」や「Amazonギフト券」のようなプリペイドカードが充実していたり、各携帯キャリアの料に上乗せするまとめ払い系のシステム(キャリア決済)でも払えたりと、クレジットでなくても購入できる手段がさまざまにある。

しかし、2017年8月よりJava版 + Win10版のダウンロードカード(購入することでコードが有効化されるタイプ)が店頭向けに出てきたので、もう決済手段なしでも直接購入できるようになっているようだ。

PC版 (Win10版)

価格は3,150(税込)現在メインとなっているものはMicrosoftストアのページから購入する。PCのようなプログラムというよりはスマートフォンに入れるようなアプリの形になっており、インストールするとスタートメニューの「ゲームエンターテインメント」に自動登録されるようになっている。

なお、ストアページから買うと上記価格になるが、すでにJava版を持っているユーザーMojang.comから配布されているコードを使うと無料で手に入るため、先にJava版を買うというのもありだろう。

旧PC版 (Java版)

お値段は3000円。まず公式サイトにてアカウント無料作成し、その後、そのアカウント上から購入手続きを行うことでゲームプレイ権限を付与された課金済みアカウントになる、というシステムになっている。ライセンス購入制なので複数のPCインストールすることも可(ただし同時にプレイできるのは1アカウントにつき1人のみ)。

Java版の場合は今でも運用されているMojang公式サイトMinecraft.net)から購入する形となる。手続きにはMojangアカウントを作成する必要があり、上記の文章内容と同じくアカウント課金することで有料アカウントになる。
自分のアカウント上からギフトコードを買って友達にプレゼントすることもできる。友達がアカウントを作成したあとでそのアカウント上からギフトコードを入して認されれば、友達は購入手続きを行うことなく課金済みアカウントになることが可

ちなみに日本からのクレジットカード決済では少々タイムラグがあるため、手続き確認メールが届くまで待ってみよう。何度やっても手続きに失敗する場合、Paypal経由でうまくいったという報告もある。

必要スペックの目安

最低環境 推奨環境
プロセッサー Intel Pentium D 2.6GHz
AMD Athlon 64 (K8) 2.6GHz
Intel Core i3 2.8GHz
AMD Athlon II (K10) 2.8GHz
メモリー 2GB 4GB
ストレージ 200MB 1GB
グラフィック オンボードCPU内蔵】
Intel HD Graphics
AMD Radeon HD Graphics
(OpenGL 2.1対応)

【単体
Nvidia GeForce 9600 GT
AMD Radeon HD 2400
(OpenGL 3.1対応)
GeForce 2xx シリーズ
AMD Radeon HD 5xxx シリーズ
(OpenGL 3.3対応)

※内蔵チップセットは除外
DirectX    
その他 Java 6 Release 45 Java 8 の最新版

ドットテイストな見たに反して3Dゲームだけあり、スペックはそれなりに要される。

現世代ではCPUIntel Core i3,i5,i7、内蔵GPUだけでも低画質設定ならばそこそこ遊べる。高画質で遊びたいならばグラフィックボードが必須。AMDのA8,A10 APUの場合は内蔵GPUの性が高めなので、バニラならばグラボしで快適にプレイメモリ4GB程度あれば普通にプレイできるだろう。より快適なプレイすならより強パーツを積むとよい。

また、グラボについては、マインクラフトDirectXではなく、OpenGL3Dを描写されている。
そのため、商業的な都合上(CAD業務用に専用グラボを売りたいため)OpenGLに大きな制限をかけているnVidia GeForceシリーズでは同クラスAMD RADEONシリーズよりも1ランクパフォーマンスが落ちる。かといってOpenGL用のグラボはそこそこのスペックでも諭吉さん5人以上の世界である上、通常用途では不都合も多い。

もしも、「マインクラフト以外のDirectX11世代、GeForce寄りの高負荷3Dゲームは考えていない」というのであれば、その辺も一考するといいだろう(量販店に行って「マインクラフトやりたいんですけど」と言ってもGeforceを勧められる傾向にあるので、全体的な的を明確にしてから買いに行くことを推奨します)。

MOD、特にShader系(影MOD)を入れる場合はより高いスペックを要されることもある。なお、負荷を下げるMODも存在する。

MOD要素

ベータ版の頃からユーザーが開発し、ゲームに数々の機を追加できる「MOD」導入機に対応し、ユーザーによるMOD文化も盛ん。テクスチャを差し替えるものから、ゲームシステムを追加するもの、グラフィックを大幅に強化するものなど多種多である。プレイ動画を見て「の持ってるMinecraftと違う」と思った時は、何かしらのMODが使用されていることが多いだろう。

なお、MODPC版のみ対応している。

関連動画

プレイ動画

タグ検索:MinecraftシリーズPart1リンク

建築物・その他

関連コミュニティ

脚注

  1. *Windows 10PCだけでなくスマートフォンタブレットなどにも入っているため、「PC」という限定的な範囲に入らなくなっている。
  2. *現状はまだ統合されていない。2018年アップデートでBedrockが配信される予定。
  3. *現状で言うと旧版にあたるもの。アップデートは引き続き提供されるものの、統合版となるBedrockは非対応とされ提供されない。
  4. *Bedrockが配信されるのかは不明。
  5. *3DS版のコードはBedrockより生させた独自バージョンであるため、Bedrockの配信およびクロスプレイは不可である(開発チームの人がTwitterでの質問において予定がないと返答している)。
  6. *【Xbox E3 2017 Briefing】「Minecraft」、全プラットフォームの統合によってもたらされる新たな冒険の世界! (GAME Watch 2017年6月12日 15:37)
  7. *Windows 10 Edition – Official Minecraft Wiki (公式Wiki・英語)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/minecraft
ページ番号: 4466148 リビジョン番号: 2579877
読み:マインクラフト
初版作成日: 10/09/19 17:49 ◆ 最終更新日: 18/04/15 23:04
編集内容についての説明/コメント: ダウンロードカードの追加(購入方法・関連商品) ※掲示板内容の反映
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


理想と現実

pumpkin

橙=土、緑=葉、茶=原木

新のフォント

Minecraft昔のフォント

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Wet Hands

Minecraftについて語るスレ

4137 : ななしのよっしん :2018/09/25(火) 21:59:47 ID: 19M5RXdweZ
バニラ塊は1.11.2で追加されたばかりだから仕方ない
でもインゴット引換券でしかないのは寂しい
4138 : ななしのよっしん :2018/09/27(木) 12:48:56 ID: hfu08/GktJ
素数は確かに多いけどとっちらかってるからプレイしてるとそこまで多いとも感じないんだよね。
クリエ体だと印がかなり変わってくるだろうけど、サババルだと拠点が安定しちゃうとどうしても飽きちゃうのは自分だけかな。

ところでこれ↓はマイクラにも影が大きそうだ
https://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180926-77013/
4139 : ななしのよっしん :2018/09/27(木) 16:27:55 ID: JC1/ColfrR
>>4135
火打ち石と打ち・釣竿トリップワイヤーフック
この辺りはインゴットじゃなく塊でいいんじゃないの? と思う
4140 : ななしのよっしん :2018/09/27(木) 17:14:07 ID: V/KrFbyZe7
それより階段ブロックの方がどうかと思います
4141 : ななしのよっしん :2018/09/27(木) 18:20:42 ID: LQsFNYWgcr
>>4138
BE版来るんかねぇ
それがあるならPSVRVRマイクラ来る可性も見えてくるが
4142 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 14:08:10 ID: 8ohwUjKd26
マイクラMODって色々あるけど意外と着せ替え用のとかそういうのが案外ない
あと武者とかも有りそうで見かけない・・・
やっぱ見たはスキンでどうにかなるからアイテム化までしないんかなぁ
4143 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 17:51:36 ID: V/KrFbyZe7
パンダ実装嬉しい
4144 : ななしのよっしん :2018/10/06(土) 00:14:01 ID: F6Da/MG0Ib
マイクラ実写映画ってマジでやんの?
4145 : ななしのよっしん :2018/10/17(水) 16:00:27 ID: N6uZmB3zeR
今の記事、「課金」という言葉の用法が全に間違ってるので
課金アイテムの略とかでもなくて、単に「購入」のことをそう呼んでるっぽい)
掲示板を見てる編集者さんがいたら修正して欲しいです

初期から17/05/23 21:30まで(つまりずーっと長い間)は普通に「ライセンス購入」とだけ書いてあったんですが
17/06/02 22:35水月さんという編集者の方によって今の内容に置き換えられてしまったようです
4146 : ななしのよっしん :2018/10/17(水) 19:27:49 ID: hfu08/GktJ
>>4145
っ「一般会員記事作成記事編集依頼スレ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス