バーサーカー(帝都聖杯奇譚)単語

バーサーカー
5.9千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

「ケッ!!戦の役に立たねえ技だの位だのくだらねえ連中だ!!」
戦場じゃ強いが勝つだけなんだよ」

バーサーカー(帝都聖杯奇譚)とは、経験値による聖杯戦争作品「帝都聖杯奇譚」に登場するサーヴァントの一騎である。

サーヴァントについては、サーヴァント(聖杯戦争)を参照。

概要

大柄な体を厳めしい甲冑でった武者の英霊魔人アーチャーこと織田信長によって帝国陸軍握されてしまった状況をよしとしない間少佐(演:ワカメ)によって召喚される。

近年のバーサーカーサーヴァントにおいては今やお染みとなった“言葉を話すバーサーカー”ではあるのだが、先達たちの例に漏れなく、彼もまた意思疎通が困難な部類(不可能ではない分、余計タチが悪い)。それだけならばまだしもしい気性の好戦的な性格の持ちであり、その言動ももはや常軌を逸している有様。加えて、何の関係もない女子供まで積極的に殺しようとするばかりか、ゲーム感覚で得点を付けた上でこれを実行しようとするほどの危険人物。このため、鬼畜外道という言葉が生温く聞こえるほどであり、むしろ異常と呼ぶに相応しい。

その一方で、自身が暴走したために令呪にて自害を命じようとしたにも関わらず、マスターを裏切るつもりは毛頭ないことから、ある程度の義理堅さと武人の持を持ち合わせている。ただし、令呪の宿った腕はぶったりました。

ともあれ、そのような経緯の後に陸軍にて殺戮の宴を繰り広げる(幸い、このシーンいつもの経験値チックデフォルメ絵のおかげでかなりソフトな描写となっている)。本来であれば、このような法を信長が見逃すはずもないのだが、どういうわけか当の本人はバーサーカーと戦うことに関しては消極的な姿勢を取っているが・・・・

真名は(ネタバレにつき反転織田臣団の一人、森長可。彼の名は知らずとも、そのである森蘭丸の名は広く知られていよう。類なき武勇を誇ったため武蔵の異名を持つ猛将。だが、その一方では血で血を洗う戦国の世ということを考えても、あまりにも残虐すぎる逸話に富んだ悪でもある。そんな彼でも死の運命は免れず、小牧・長久手の戦いにて秀吉方について奮戦するも、敵の弾を額に受け討死。その死に、自営の兵からは喜ばれたという。

その逸話からネットにおいては戦国DQN四天王と見なされる彼だが、織田には忠実で在り続け、また領として商業振とした統治で尽したり、書道茶道を嗜む文化人であったり(ただし言動はやっぱり血生臭い)、義である池田恒興からの信頼を勝ち取っていたり(彼が秀吉の下に馳せ参じたのも恒に従ったため)するなど、断じてそれだけの男でないこともまた事実

ちなみに、ノッブの後ろ向きすぎる姿勢も、彼のである功臣森可成に恩を感じているため。それと蘭丸に嫌われたくないから。史実でも、信長は長可を寵愛しており、彼の数々の藉を許していたという。

なお、「帝都聖杯奇譚」の設定段階で紹介されていた武蔵とはおそらく彼のことであり、またマスターの方も宮本武蔵を召喚しようとしていた模様。

余談だが、長久手の戦いにて、家康と共に長可・恒による子連合隊と突したのが徳川四天王赤鬼井伊直政。この戦にて音に聞こえし“井備え”ががましくも世に出るととなり、そして古きの死と同時に新たな戦国の世に産を上げた間でもある。

後述する装備により、戦いを仕掛けてきたランサーを圧倒するも、乱入してきた桜セイバーこと沖田総司と交戦。彼女明三段突きを受け敗北。最初の脱落者となる。

ちなみに、初期設定においては召喚したマスターを殺し、後に自身を死んだ息子だと思い込んでいる女性マスターとなるらしかった。彼に関する逸話として、本能寺の変にて蘭丸たちの討ち死にを知りに暮れる母親に付き添い慰めていたという。彼なりに、何か思うところのあったのだろうか。その蘭丸を討ち取ったヤツを後に召し抱えたのはナイショな。

Fate/Grand Order」にて、この「帝都聖杯奇譚」を下敷きとしたイベントぐだぐだ帝都聖杯奇譚~極東魔神戦線1945~」が実装されたわけだが、残念ながら彼が姿を見せることはなかった。
一応、彼と思しきサーヴァントが召喚されていたらしいが、別のランサーにより撃破されてしまった模様。

※一応フォローしておくと、当時の一向一揆というものは、ほとんど宗教テロ同然のゲリラでした。これにはノッブどころか、色んな戦国武将が泣かされてきました。特に家康さんに至っては、臣まで一に加わるというも当てられない大惨事に見舞われ、危うく死にそうになりました。この人こんなんばっかだな・・・

能力

狂化:D バーサーカークラススキル理性と引き換えに驚異的な暴力を所持者に宿すスキル。筋耐久が上昇するが、言が単純化し、複雑な思考を長時間続けることが困難になる。ちなみにランサーで召喚してもライダーで召喚してももれなく付いてくる。
汚染:B 錯乱しているため、精干渉系の魔術をシャットアウトできる。
血塗れの蛮勇:A 返り血でに染まったという、血生臭い逸話からのスキル。敵を攻撃すればするほど攻撃が向上するが、引き換えに防御が下がっていく。

生前にて戦い抜いてきた武勇は健在であり、高名な武術であるランサー天才たるセイバーを相手に渡り合っていた程の卓越した使い。日本出身ではあるものの、知る人ぞ知る人物に知名度補正の恩恵はほとんどない可性が高い。そのため、彼をバーサーカーとして召喚したこと自体はある意味では理に適ったことと言える。また、狂化ランクが低いことで判断などが失われずにすみ、そして前述のように断じてとして認めた相手を裏切らないなど、バーサーカーサーヴァントとしては較的扱いやすい部類に入るはず・・・なのだが、先述の通り会話可である代わりに意思疎通が困難である上に、スキル“精汚染”のためにやっぱり扱いにくいかもしれなかったり・・・・。要するに諸刃の剣、といったところか。

それはそれとして、その実もさることながら、の自己再生にてランサーらを圧倒していた。サーヴァントでは考えられないその回復の秘密は彼の甲冑にあった。

バーサーカーが装備している甲冑の正体で、その実態は拘束具。陸軍第四魔導機関第三帝国による技術提供により完成に漕ぎ着けたという代物。その効果は、土地から魔を吸収することにより、致命傷すらも治させるほどの回復を得る。これこそが、ランサーらを圧倒していた秘密であると同時に、またバーサーカー特有の尋常ならざる魔消費量を解消。このために、バーサーカーのより安定した運用に一役買うはずだった。

その反面、この拘束具による魔吸収はあまりにも強引なものであるため、使い続ければ土地が死んでしまう、というデメリットも存在している。ただし、この拘束具は元々“バーサーカーを敵地に投下して使う殲滅兵器”というコンセプトの下で運用される予定であったため、そこまで問題視されていなかった模様。

だが、現実は非情である。それらの利点も、当初の構想も、バーサーカー暴走によりほとんどご破産という結果に。

ともあれ、これを撃破するには一で消し飛ばすだけの火力叩き込むか、胸部の炉心を心臓ごと消滅させるかのどちらか。そのどちらも有していないランサーは苦戦を強いられ、逆に桜セイバーは事崩壊による対物破壊に特化した魔人の技を有していたため、撃破することができた。

なお、この使い方は第三帝国が想定していた使い方と異なるらしいが・・・・

宝具

「嗤え『人間』」

ランク:C / 種別:対人宝具 / レンジ:1 / 最大捕捉:1人
身の丈ほどもある巨大な片面には人間、裏面にはと彫られたを持ち、また穂先に突き立てられた首級がを突き抜け石突まで達したという逸話が残され、「このの前では人間などいも同然」と謳われし。すなわち、二代和泉守兼定・・・・通称ノ定作の十字人間。この頃のシリーズにてよく見られるようになった現存する宝具の一つである。
「どんなヨロイクズ同然」しており、事実真名解放を行なっていない直の状態でも人間をその言葉そのままに輪切りにするほどの威を持つ。ただでさえ凄まじい攻撃を誇っていながら、真名解放によって本来の姿となる。穂先の展開ギミックによって変形した先は、もはや十字というよりはむしろ十字のような形をしたチェーンソー、といったところ。なお、解放前の状態で突き刺してから、強制的にを開いて敵の内部から破壊、というのが本来の使用用途らしい。このような防御視の効果を持っていながら、消費魔が少なく、マスターの魔消費も少量という極めて実戦向きの優れ物。

ランサー、あるいはライダーとして召喚された場合に使用可となる宝具であり、生前のく、自身の居である金山の石段100段を駆け上るほどの健脚を持つと言われている甲斐、すなわち。どうやら、どこぞの中華サイボーグと同様に合体ができるらしい。その名も「パーフェクトDQNMORI・NAGAYOSHI
・・・・何とも、身も蓋もない名前である。

・・・・というか、この戦国ガジェット人間といい、合体付きの段といい、一体の仕業なんだよ・・・・?

Fate/Grand Order

CV谷山紀章  イラスト:Dd

イベントオール信長総進撃 ぐだぐだファイナル2019」にて実装
イベント内では鉄砲玉として扱われ、魔切れの所をカルデアのマスターに救われて臣従することになる。(戦国基準で考えたら)器の小さそうなマスター若干の反りの合わなさを感じる中、なんと生前の大殿ですら足軽扱いという体制に大爆笑と共に評価をめ、以後大いにマスターに懐く。

さながらの残虐性を持ちながら、忠のような素直さと人懐っこさを兼ねた性格を持っており、生前の乱暴藉を「まぁ、仕方ないか」で黙認されていたのをどこか納得してしまう嬌がある。
乱暴さが立つが忠心は実は生前からしっかりしていたようで、イベントエピソード内でもすぐに血なまぐさい手段を取ろうとするのをマスターが窘めるというシーンでは愚痴すもちゃんと留まってくれる。
「(沸点は低かったが)達筆で茶の湯愛した文化人」な部分も描かれる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%28%E5%B8%9D%E9%83%BD%E8%81%96%E6%9D%AF%E5%A5%87%E8%AD%9A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バーサーカー(帝都聖杯奇譚)

22 ななしのよっしん
2019/11/22(金) 07:31:28 ID: mSE1JP/GNu
一応君は自分のマスターの事を最初は『甘い』って思っていたけど自分のマスター普通に交流している内に

君「マスターは『甘い』けど、こんな『甘い』普通に生きていける時代って凄く平和世界なんだろうな。でもそれ位平和なら自分みたいな武人は必要い、っつーか居場所なんて何処にもいんだろうな。まあ、良いや( ´` )b」

って『異聞帯の韓信』みたいに悟っているなんだよ
23 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 17:47:13 ID: wPmF5OqTxB
そういや、人間って兼定の作らしいから、
君と土方さんと式()で、兼定パーティーが組めるな
24 ななしのよっしん
2020/07/14(火) 19:12:48 ID: 5AaRGBxx9s
普通に頭が良いから韓信同様に自分が客観的にロクデナシの類いに入ってるのを認めてるんだよな。

本人的には一緒にいたい気持ちもあるんだろうけど、一番はマスター穏だからマスター幸せに出来ると信用に値する相手なら喜んで託すだろうな。

日常生きる現代の人間戦場でしか生きられない過去の武人たるサーヴァントとの関係上、悲しいけど仕方ないんだ。
25 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 23:12:47 ID: Yqx+52UWaG
このイカれた時代へようこそ♪
>>sm37472324exit_nicovideo
26 ななしのよっしん
2020/10/12(月) 23:39:06 ID: dyRO1TnqgQ
>>16
レイオスは本来の適正はライダー戦車に乗っていた)かアーチャーペルシャ王はを使う)だけど、個人の武勇伝
さらに手に負けまくった事と部下に裏切られて死んだことしか逸話も
そもそもFGOに参戦していることが間違いと呼べるレベルなんで…
27 ななしのよっしん
2020/11/01(日) 19:19:32 ID: Yqx+52UWaG
知ってるコイツ森忠政、以外)も皆戦死している戦闘民族なんだぜ!!
28 ななしのよっしん
2020/11/25(水) 11:58:02 ID: xCJtCBiXaH
何気に令呪使い切っても裏切ったりしない義理堅い人?
しかし腕られたら使えなくなるとか、令呪の強制相手には甚だ頼りにならないなあ…
29 ななしのよっしん
2020/11/28(土) 23:38:47 ID: Yqx+52UWaG
もう少ししたら君が出てくるかもね・・・・・・
>>sm37787537exit_nicovideo
30 ななしのよっしん
2021/04/19(月) 23:32:08 ID: wPmF5OqTxB
>>28
ワカメ自害し―― ザシュ
くん「安心しろよ、ぁ君殺しなんてひでーことはしねえから」モギトッタウデニギリツブシー

自害し―― ザシュ
ジャック魔術師って不便だよね。呪文を唱えなきゃいけないんだもん」アゴリオトシ

令呪潰しするサーヴァントはだいたいこんなん。
ガラムにおべっか使って適当令呪使わせてようやく殺したって言うメディアさんはなんだったんだろう。
31 ななしのよっしん
2021/07/14(水) 22:24:23 ID: d/eI1IT999
>>30
坊やならぬ、お嬢様だからさ。