一人暮らし単語

374件
ヒトリグラシ
5.8千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

一人暮らしとは、配偶者やルーシェアの相手、などと一緒に暮らさず一人で暮らすこと。

例:「隣室は一人暮らしの女子短大生が住んでいる」

植物ペット幽霊悪魔堕天使などと同居している場合でも一人暮らしと言われる。

一人暮らしの始まり

一人暮らしを始める一番多いのは、進学・就職に伴い元を離れた子供が始めるパターンである。毎年4月になると胸を希望でいっぱいにして新しい一人暮らし生活を始める若者があちこちで見られる。元々はカップル家族で暮らしていたが、子供の自立や同棲の解消・離婚・死別で結果的に一人暮らしになってしまうパターンもある。

実家から独立して一人暮らしを始める場合、予算・人数から一軒ではなくアパートマンション等を借りる場合が多い。学校によっては学生寮、企業によっては社員寮に住む場合もある。

単身赴任で家族ひとりだけ一人暮らしになる場合もある。転勤する際に子供家族現在環境を気に入っていたり転校などで大きく変えたくない、様々な理由で持ちを手放せない場合など。

家族をなくして一人暮らしになる場合にも、これまで暮らしていた住居が一人暮らしに見合わない物件だったときにはやはりアパートマンションなどの小さな物件に移ることもある。しかし、持ちだった場合にはすぐに処分できなかったり、高齢者の一人暮らしに難色を示す物件オーナーも多く、同じ物件に住み続ける場合もある。

一人暮らしのメリット・デメリット

メリット

一人暮らしの最大のメリットは、家族に気兼ねせず自由生活できることである。休みの日にいつまで寝ていても、どれだけ夜更かししてゲームにふけっても、それをとがめる者はいない。食事の時間も自分で決めていいし、外出の予定も家族に確かめる必要もない。若者にとっては人を自宅に招いて、ちょっと色々イチイチャするのにも家族を気にすることは一切なくなる。

デメリット

デメリットは、庭内の作業をすべて一人で行わなくてはならないことである。基本的に料理掃除洗濯・買い出し・ゴミ出し、計管理、手続きといった事全般を一人で行わなければならない、何もやらなければ盛大に何も始まらないため、カーチャンのありがたみが分かるかもしれない。

生活皆無だとそれ相応のストレスだったり、寒い風邪を引いた際などは孤独を感じることもある。生活が足りないと、様々な問題も生じる。自炊できないと外食・デリバリーに頼ることが多くなってエンゲル係数が跳ね上がったり、掃除が苦手だと部屋ごみ部屋化してしまったり、自己管理ができないと生活スケジュールがめちゃくちゃになってしまったりする。

また自分しかいないため、防犯・トラブルなども個人で対処する必要が出てくる。

一人暮らしのトラブル

個人でのトラブルへの対処もめられる。

防犯について

複数人が同居する庭と較すると、一人しかいないという点が防犯上の隙となる。

一人暮らしであれば外出時は自ずと留守と分かる、帰宅時にを開けたら一緒に入ってくる、出されたゴミから個人情報を推測されるなどの多数の犯罪手口がある。不審な勧誘などはきっぱり断る、言い分をみにしない(偽を確認する)、うかつにドアを開けない、ドアチェーンでの応対、周囲を確認する、通報など一定の防犯意識も必要となる。

集合住宅のドアノブをガチャガチャしていき、開いていたに押し入るといった怖い手口もある。

ちなみに自宅敷地内においては正当防衛の効果が特に最強になるため、押し入られた緊急事態などは警告でフルボッコにして問題ない。

賃貸契約・公共料金などについて

特に一人暮らしにありがちなのが、賃貸物件の契約公共料金などの契約に関するものである。

一人暮らしをするにあたって、アパートマンションの一室を借りるのが一般的であるが、通常の賃貸契約以上の問題になりがちなのは、契約の際に一人で対応するがゆえに見落としや理解不足が発生しやすいことである。

賃貸契約終了時に部屋を退去する際に、支払う必要のない法外な費用を請されるといったトラブルもよくあるため、知っておくと役立つ。

妙に賃が安い、安すぎる場合などにも注意したほうが良い。(単純に交通アクセスが悪すぎる場合もあるが)

もちろん一人暮らし用の部屋などは勝手に同居してはいけない。退去命賃割増請もありうる。

NHKの集人には「テレビ持ってません」「見れる環境がありません」で構わない。捜状を持った警察ではないので、部屋に立ち入って確認する権限など持っていない。「お帰りください」で帰らなければ不退去罪である。

自治会町内会に入らない(会費を支払わない・協しない)とゴミ置き場などの設備を使わせないなどの不利益があるが、これは違法である。自治会町内会入会は任意であり、ゴミ捨て場の利用は公共行政サービスであるため。一応共用ゴミ置き場自体の維持管理費などが必要な場合はあるが、町内会の強制加入はセットではない。

トイレ生活トラブルなど「費用が一番安い[1]」、病院など「ここが一番近いから」と選んでしまうととんでもないハズレを引いてしまう場合もある。近年はレビュー等も見ることができるので活用してみよう。ちなみにトラブルに限っては局に問い合わせればちゃんとした業者を紹介してくれる。

基本的に自分の詳しくない分野・事は相手側が圧倒的有利であるため、調べるをつけると役立つ。

その他

  • 孤独な心の隙間(話し相手が欲しいなど)に優しくび寄る怪しげな勧誘などもある。
  • 提出期限・返却期限・支払期限のあるものの期限を忘れやすい。
  • 遅刻しそうでもも起こしてくれない。
  • 騒音問題などもあり、自身が騒音になってしまう場合もある。

年齢による一人暮らしの変化

15歳18歳の場合、現代においてはかなり特殊な状況となる。現代においては未成年は保護されるものとして扱われるため、子供監督下に置かれるのが普通だからである。それでも15歳で一人暮らしをする特殊状況は、以下のようにいくつか存在する。

18~20代前半の場合、大学への進学や就職などで一人暮らしを始める人が一番多い時期である。大学生はこれまでよりもアルバイトを増やす、社会人になったら給料がもらえるなど自由に使える額も増え、部屋を自分好みに作り替える楽しみにも覚めるだろう。人によってはカップル同棲などで一人暮らしを終える人も出てくる。

20代後半~50代の場合、社会人として働きつつ、結婚も考える時期である。一人暮らしの自由を楽しむ人も多いが、結婚すれば当然、一人暮らしはおしまいである。その一方、仕事での単身赴任や離婚などで新たに一人暮らしを始める人も存在する。

60代以降になると、子供独立パートナーとの死別などで一人暮らしを余儀なくされることがある。近年は一人暮らしの老人の孤独死などの問題もあり、住人の異常に気付いた時には特殊清掃が必要になっている場合もある。

創作と一人暮らし

創作の中の「未成年の一人暮らし」

上記のように、通常、高校生まではの元で暮らす場合が多い。これは、高校生(通常18歳以下)は未成年者であり、単独で契約を結べない場合が多いこと、まだ一人暮らしするがないためであり、一人暮らしを始めるのは高校卒業後に進学したり就職してからという人がほとんどである。(本当に両海外などで働いている、両が死んでいる、地方企業社長で富みたいな庭で、東京の名門校に通わせるため高校から一人暮らし、などの理由で高校から始める人もいる)

しかし、現代を舞台にした創作世界では、物語舞台中学校高校にしている場合、中学生高校生で一人暮らしをしているというキャラクターがよく登場し、しばしば不自然であるという摘を受けたりする。

このような物語舞台となるのが中学校高校物語に若年層がメインターゲットライトノベル少年漫画に多く、主人公自身が一人暮らしをしているのであれば「を気にせず異性を自分のに呼ぶことができる」「や周囲にバレれば必ず咎められる秘密を隠せる」などのメリットを享受することができ、主人公以外が一人暮らしをしているなら「一人暮らしをしている大人びた同級生」「一人暮らしをしているミステリアス少女」などのような味付けができる。

代表例

SF/ファンタジー/伝奇創作の中の「大人の一人暮らし」

大学生以上の一人暮らしは、現実でもありふれたものであり、それ自体に「ミステリアス」「大人びている」などの魅は存在しなくなる。

しかし、現代日本舞台にした作品においては「突如乱入してくる来訪者」「家族にも明かせない秘密」などの要素を物語上で運用するには一人暮らしは相変わらず便利であることには変わりなく、両と同居していては発生するであろう問題の回避策として使われ続ける。

また、独身男性の一人暮らしに魅的な人外女性が入り込む物語などは割と多く、現代のつかれた男性癒しとなっている。この話の類は異類婚姻譚にめることもできるかもしれない。昔話の『雪女』は一人暮らしの木こりのもとに正体を隠した雪女物語である。

あるいは、山や離など人里離れた辺鄙な場所で一人暮らしをしている老人が実は…、というような物語の導入としても使える。かつては栄に満ちた人生を送っていた人がどうして人を避けて一人暮らしをするようになったのか、という転落とそこからの再起は、物語として非常に面いものとなるだろう。

代表例

SF/ファンタジー/伝奇要素のない創作の中の「大人の一人暮らし」

SFや伝奇から離れた現代劇においては、一人暮らしは現実と同様にカップルの成立や結婚などで終了してしまうものとなっている。必然的に、一人暮らしを満喫している創作作品というのは独身貴族主人公とし、彼ら彼女らの気ままな生活を描くものとなるだろう。

また、昭和から平成初期までの創作では、アパートマンションを舞台として、一人暮らしをする主人公と近所に住む人たちとの交流もよく描かれていた。ご近所で集まってのイベントが行われたり、隣室の一人暮らしのお姉さんが作りすぎたおかずをおすそ分けしてくれたりといった人とのつながりがよく見られた。近年ではセキュリティ意識の高まりや近所付き合いのめんどくささが優先され、あまり見られなくなっている。

代表例

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *着手が安いだけで雑費をどんどん上乗せされ、ボッタクリ法外請になるパターン
  2. *18禁PCゲームのため、年齢はぼかされているが、描写的には高校2年生

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: まりもの王
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

一人暮らし

1 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 00:28:54 ID: +W49CTxUva
>>sm18342716exit_nicovideo

一人暮らしで防犯を怠った末路
👍
高評価
1
👎
低評価
0