井山裕太単語

イヤマユウタ

井山裕太(いやまゆうた)とは、日本囲碁棋士である。1989年(平成元年)5月24日生まれ。日本棋院(関西総本部)所属。九段。大阪府出身。石井邦生九段門下。

2016年4月には囲碁棋士として史上初の棋聖名人本因坊王座天元碁聖十段七冠独占】という偉業を達成。2017年10月には二度七冠独占を達成した。

概要

2002年入段。同年二段。2003年三段、2005年四段と順調に昇段後、同年、規定により七段に飛び昇段。2008年八段。そして2009年九段に史上最速で到達。

20歳の若さ名人位を獲得して以来、十段天元本因坊碁聖王座棋聖(獲得順)と七大タイトルすべての獲得を経験(グランドラム)。

2013年張栩から棋聖を獲得し史上初の六冠となる。その後、十段位は結城聡に奪われてしまうが、山下敬吾から名人を奪い返し六冠に復帰。そして2014年、夢の七冠独占へ――と思いきや惜しくも、十段戦挑戦者決定戦で高尾紳路に敗れてしまい、2014年七冠独占はお預けとなったが、2015年に(十段位を除く)全てのタイトルを防衛・奪取し3度の六冠に。

そして2016年4月に、最後の十段も奪取し、ついに前人未到の七冠を達成している。

2016年には本因坊碁聖5連覇を達成し、二十六世本因坊・名誉碁聖資格を得る。本因坊の号は文裕(もんゆう)。

さらに2017年には棋聖5連覇を達成し、名誉棋聖資格を得る。そして、前年失った名人を奪還し、二度七冠を達成

2018年には国民栄誉賞を受賞。

2011年から7年連続で囲碁プロランキング一位、6年連続で賞総額1億円え。2012年から6年連続で最優秀棋士賞も獲り、名実ともに囲碁トップ棋士である。

2012年には将棋女流棋士室田伊緒(井山と同じ、1989年5月24日生まれ)と5月24日結婚するも、2015年末に離婚

囲碁界での活躍

1996年 とあるアマ大会に出場。石井九段をうならせる。
1997年 少年少女囲碁大会にて優勝(山下敬吾と同じく小学二年生での全制覇
2002年 院生リーグ46連勝を含む71勝8敗(当時12歳)。
同年プロ入り。ちなみにこの前年にもプロ試験を受けていたが、残念な事に落ちていた。もしも受かっていたら趙治勲の最年少入段記録を1ヶあまり更新していた。残念。

以下

もういいお前チートだ。

年表

色付きタイトル獲得。最優秀棋士賞、優=優秀棋士賞、率=勝率一位賞、勝=最多勝利賞、対=最多対局賞、連=連勝賞、際=際賞、哉=秀哉賞。賞対局料の単位は万円、色付きの年は全棋士1位

棋聖 十段 本因坊 碁聖 名人 王座 天元 一般棋戦
局料

2008年 張栩
3-4
大和
玄杯
優 対 3,209
2009年 張栩
4-1
大和 優 勝
対 哉
6,244
2010年 高尾紳路 4-0 大和 5,648
2011年 張栩
2-4
張栩 3-2 山下敬吾 2-4 結城
3-0
竜星 優 勝 対 9,151
2012年 張栩3-1 山下敬吾 4-3 羽根直樹 3-0 張栩
3-0
河野臨
3-0
竜星 勝 対 率 哉 10,620 五冠
2013年 張栩
4-2
結城聡2-3 高尾紳路 4-3 河野臨
3-2
山下敬吾 4-1 張栩
3-1
秋山次郎 3-0 アジア 勝 対
際  哉
16,461 六冠
2014年 山下敬吾 4-2 田篤史 4-1 河野臨
3-2
河野臨
4-1
村川大介 2-3 高尾紳路 2-3 棋戦
14,078 六冠
2015年 山下敬吾 4-3 山下敬吾 4-1 山下敬吾 3-1 高尾紳路 4-0 村川大介 3-0 高尾紳路 3-0 棋戦

連 哉
17,212 六冠
2016年 山下敬吾 4-0 田篤史 3-1 高尾紳路 4-1 村川大介 3-0 高尾紳路 3-4 余正麒 3-0 一力遼 3-1 13,494 七冠
2017年 河野臨 4-2 余正麒 3-1 本木克弥 4-0 山下敬吾 3-0 高尾紳路 4-1 一力遼 3-0 一力遼 3-0 NHK
際 哉
15,981 七冠
2018年 一力遼 4-0 村川大介 3-0 山下敬吾 4-1

(2018年7月1日現在

世界での活躍

内でこれだけの活躍をしていても、海外棋戦でも活躍できるかどうかは疑問視されていた。
いくら強くても井山はほぼ全ての棋戦トップリーグに在籍しているので、海外棋戦の為にスケジュールを割り振る事ができないという、贅沢な悩み、というか、日本棋院の層の薄さを露呈するというか、 そういう問題が存在するのである。

現在は「日本人でも井山は別」と中国韓国棋士などが上位を占めている囲碁界の中で一、海外棋士から一置かれており日本の最終兵器と評されている。

棋風

囲碁棋士としてはしく、得意なや決まったを持たない。つまり、実利のでも勢でも攻めでも受け守りでも居飛車でも振り飛車でも勝ててしまう、オールラウンダー(将棋世界2013年4月号の井山夫妻(当時)へのインタビューより)。
院生時代までは攻めっけが強いだったが、さすがに周りが強くなると通用しなくなってきた。
この頃がスランプの時期で、11歳の最年少入段を逃している。
以降、善してバランスの棋に至る。(石井邦生師匠インタビューより)

また、自分が最善と思った手は愚形や悪形(例:生ノゾキなど)であっても常識にとらわれずに打つので、解説者も普段なら「これは悪手です」と断言する場面で、井山が同じ形を打つと「この形は悪いですが、井山君が打つなら何かあるのでしょう」となることもしばしば。
あとで井山に聞けば大抵理にかなった答えが返ってくるが、稀に「あの手はやはり悪かったです」と返されることも。

最近は中盤以降に最強手を連打する傾向にあり、勝負手を発見すると時間を惜しみなく使いきってでもそのまま最強手を連打するのが井山流(なお序盤に時間を多く使う傾向は全盛期趙治勲に似ているかも)。 
特にNHK杯での時間の使い方は異常。 
また、投げっぷりが悪い往生際が悪い最後まで勝負を諦めないのも特徴で、敗勢のをひっくり返すことも。

 井山トリビア

エピソード 

5歳の時に、囲碁テレビゲームで覚える。 祖アマ六段だった事もあり、その手ほどきを受け成長。 現在左手石を打つのは「右活性化」の為ということで祖導の名残である。

その後メキメキと成長し、わずか1年でアマ三段に。 とあるテレビ番組に出場したところを番組の解説者の石井邦生九段が「才に惚れた」事によりスカウト。 子とする。

石井九段は当時を振り返り、 「めちゃくちゃ強い。しかもい。ただ速いだけでなく、大事な局面では、ピタッと手が止まるんですね。 そういうリズム感というか感性が素らしくて。 びっくりしたのと同時に感動しました。」 「私は50歳を過ぎて、この年になってタイトルを獲れないようではだめだろうと限界も感じていたので、『これからはもう思い切り遊ぼう』と思っていたんです。 子をとるなんて、まっぴらゴメンだったんですよ。」

ちなみに、石井への子入りを押したのは祖だったと後にっている。 とはいえ、上記のようにノリノリだった。 両親には、 「一銭もいりません。この子の才にほれ込んでのことですから。 もし気が済まないようでしたら、と暮れに値のらないものを」と…。 出世払いで、とでも言っておけばよかったかな(笑)

井山が一人っ子だった事、両親の気苦労や時代の変化などもあり、石井九段は内子(自分のに住ませる)とする事を断念。 ネットを駆使し、これまで1000局近くも打った。 かつては師と対局するのは子入りの際と独立時の2回程度で、最近はプロなどが行う囲碁教室などから入段する例もあるが、石井の井山に対する導法は今でも異例である。

その一方で、院生時代から自分の棋譜を取り、自身の考えと合わせて師に送り、時間を置いて添削してもらうという勉強法をとっていた。 一言でいえば赤ペン先生方式。 石井は最後の頃には送り返さなくなっていたが、井山はプロの高段になるまで儀に棋譜を送り続けたという。

二人の師は有名。 ついには著書「天才井山裕太」を執筆してしまった。

関連生放送

関連動画

↓元                                                    ↓こんな時期もあった

  

↓入段直後のインタビュー

関連商品

こんな顔だったかな? 

おそらく史上最速の自戦記

師匠がこんな本出しちゃいました。

関連コミュニティ

井山裕太に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%95%E5%B1%B1%E8%A3%95%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

井山裕太

90 ななしのよっしん
2017/11/15(水) 20:48:22 ID: WwmE09XSih
世界最強の柯潔に2度勝利
91 ななしのよっしん
2017/12/08(金) 02:37:43 ID: PD9DrFwtnE
さすがに内での囲碁七冠将棋七冠じゃ意味合いが違うよ。
逆に囲碁内人口が将棋くらい多くなればどうなるか分からない。
日本の文化として将棋の方を盛り上げようとする流れと
将棋の競技人口の多さを考えれば
やはり将棋の方が盛り上がってしまうのは仕方ない。
92 ななしのよっしん
2017/12/15(金) 06:54:09 ID: 1lLqV/caD/
>>88
日本においては将棋較的メジャー囲碁マイナーというだけの話さ
どんな競技にも凄いってのは必ず居て人気が出るかどうかは競技自体の関心度次第
たとえば野球サッカー海外レベルの高いリーグがあってトップに立てたのなんてイチローくらいだ
それでも松井秀喜本田圭佑内での人気は根強い。他にも人気選手はたくさんいる
井山があまり注されないのは世界レベルがどうとかは関係い。日本人囲碁自体に興味がないだけ
93 ななしのよっしん
2018/01/06(土) 07:50:09 ID: gulZR6iQuA
2018年1月5日 国民栄誉賞受賞 おめでとう

>政府は5日、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治氏(47)と囲碁で2度七冠独占を果たした井山裕太氏(28)に対する国民栄誉賞の授与を正式に決定した。(朝日新聞デジタル
94 ななしのよっしん
2018/01/28(日) 11:53:17 ID: wzJyRXBPGk
井山トリビアNHK杯のとこもとっちゃってガセビアになっちゃったね
95 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 00:28:14 ID: IFmkYseqpC
囲碁に関してはヒカルの碁で増えたファンをそのまま放置して
まるごと逃したのが痛かっただろうね
スラムダンクバスケもそうだけど
あそこでちゃんと次の一手を打ててれば今の囲碁界は全然違っただろうね
将棋界だと羽生さん藤井さん3月のライオンりゅうおうのおしごとで増えたにわか将棋ファンをひたすら囲い込もうとしてる姿勢が
ファンの人数差に繋がったと思う
96 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 18:37:29 ID: fSiuLBM46K
>>93
タイミング最悪だな
羽生おまけハンパない
実際おまけなんだろうけど
97 ななしのよっしん
2018/02/16(金) 23:09:55 ID: IiHjC45jHC
ヒカルの碁人気内にとどまらなかったしむしろ中韓の競技人口増加に拍をかけたからな。そのせいで作者が右からかれたりもしたっけ。
98 ななしのよっしん
2018/03/22(木) 11:13:24 ID: RduQ1oxHdy
記事の情報いろいろ古いな
99 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 16:13:50 ID: b6rWANJzLh
ヒカルの碁囲碁を全く知らなくても面いからな
ファンが増えて当然の作品だったよなぁ
だらだら長く続かずアッサリ終わったのも作品としてよかった
ただアッサリ終わったのは囲碁界にとってはデメリットだったわけで